右足 親指 しびれ。 足の親指にしびれがあるときに考えられる原因と治すための方法5つ

痛風発作の前触れは「足の親指」に現れる!痛風発作の前兆はこんな症状が

右足 親指 しびれ

正座などによって引き起こされる足のしびれは自然なものですが、これといった理由もないのに足のしびれが続く場合には注意が必要です。 正座をしていたわけでもないのに、足がジンジンしびれる• 腰痛がつらくて、足のしびれも気になる• いつも足の裏に何かが張り付いているようで、しびれている このような症状があるとき、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 足のしびれの原因となる病気 足のしびれは何かしらの病気が原因となって起きることがあります。 神経や骨の病気 足のしびれを引き起こす神経や骨の病気としてよくあるものは次の通りです。 腰椎椎間板ヘルニア 背骨の骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板が、腰への負担などによって変性し、神経の通っている脊柱管内へ脱出することで神経を圧迫している状態です。 腰痛が主な症状ですが、足やお尻の周辺にしびれや痛みを伴うこともあります。 足根管症候群 そっこんかんしょうこうぐん 足の裏に行く神経が、内くるぶしの部分で圧迫されて起こります。 かかとを除く足の裏から足の指にかけてしびれて痛くなり、足の甲や足首より上にはしびれがないことが特徴です。 足の裏に何かがついているような感じを伴うこともあります。 体の病気が原因となる足のしびれ 次のような原因で足のしびれが起きることもあります。 脳血管障害 一般的にと呼ばれている病気です。 大きく分けて、脳の血管が破れて出血する、脳の血管が詰まって起こるがあります。 いずれの場合も、手足のしびれ、意識がおかしい、呂律が回らないなどの症状がみられることがほとんどです。 発症後すぐに適切な処置をすることが大事な病気のため、おかしいと感じたらただちに受診した方がよいでしょう。 受診の目安とポイント 足のしびれが続いていてよくならない場合や、他の症状が伴っている場合などは一度受診した方がよいでしょう。 基本的には整形外科への受診でよいですが、原因によっては他の科目を紹介されることもありますので、医師の指示に従いましょう。 受診時には、いつからどんな強さで足がしびれているのか、しびれるのは片足だけか・両足か、しびれの他にいつからどんな症状があるのかなどを伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の原因によって、足のしびれを感じるケースもあります。 一時的な神経の圧迫 正座などで一時的に神経を圧迫することで足がしびれることもあります。 一時的なしびれを感じたら 無理に動かすとしびれを悪化させるたり、こむらがえりの原因となることがあります。 しびれが自然におさまるのを待ちましょう。 血行不良 冷えなどの血行不良によってしびれを感じることもあります。 血行不良を感じたら ぬるめのお風呂にゆっくりとつかるなどして血行を促進しましょう。 湯船で足裏から足の付け根にかけてマッサージするのもよい方法です。 冬はもちろん夏でもエアコンの効いた室内にいる時には、靴下などで冷えすぎないように調節しましょう。 デスクワークの合間に軽く足首や足の指を動かすストレッチなどを行い、足先の血行をよくするのもよいでしょう。 よくならないときには 日常生活でできる対処法を試しても症状がよくならない場合には、一度病院を受診してみましょう。

次の

足のしびれの原因と治し方!症状がひどい時は病気の可能性はあるの?

右足 親指 しびれ

靴を履いたときに注意する2つのポイント 圧迫感 靴を履いたときに強い圧迫感があったら、次第に血行不良になって親指にしびれを感じるようになるので、よく履く靴はサイズをしっかり確かめる必要があります。 圧迫感から解放されれば治りが早くなるので、しびれを感じたときは靴のサイズが合っているか確認しましょう。 不自然に曲がる 足の親指が人差し指の方へ曲がり続けていると、負担がかかって次第にしびれを感じるようになります。 特に、靴を履いたときに起こりやすい方は、適切なサイズに変えて悪化させないようにし、しびれが取れないときは病院で状態を診てもらうことが大切です。 足の親指にしびれが発生する原因は、靴のサイズが合っていないことがほとんどのため、しびれや痛みを感じるようになったら早めに変えて、症状が改善されなかったら早めに病院へ行ってくださいね! 2 血行不良によって発症する病気 足の親指のしびれは血行不良の状態でも発生するので、思い当たる節があったら手遅れになる前に対策を取ることが重要になります。 そして、血行不良になると命に関わる病気に発展するので、症状を進行させないようにしましょう。 しびれを引き起こす2つの病気 動脈硬化 血行不良といえば動脈硬化で、血管にコレステロールや中性脂肪が溜まると発症するので注意が必要です。 動脈硬化を防ぐために大切なこと4つ ・定期的な検診を受ける ・カロリーが高い食事 ・運動不足 ・高血圧 動脈硬化を防ぐためには定期的に検診を受けて異常がないか確認をし、食事や運動不足などに気を付けることが重要になりますので、圧迫させていないのに足の親指にしびれを感じたら、動脈硬化を疑って病院へ行きましょう。 脳梗塞 動脈硬化が脳へと続く血管に起こった場合、症状が進行すると脳梗塞を引き起こして命に関わる事態になります。 脳梗塞は足の親指にしびれを感じる以外にも、頭痛やめまいを引き起こす場合があるので、思い当たる症状があったら早めに病院へ行って治療を行いましょう。 圧迫していないのに足の親指にしびれがあるときは、血流が悪くなって動脈硬化を引き起こしている可能性があるので、すこしでもおかしいと感じたら脳梗塞にまで発展する前に対処する必要があります。 そして、動脈硬化は規則正しい生活をして、高カロリーの食事を控えると発症率を下げることができますが、可能性は完全になくせないので定期的に検査を受けてくださいね! 3 しびれが出てきたら糖尿病に注意 足の親指のしびれは糖尿病の初期症状である可能性があるので、高血糖の状態が続いている方は悪化させないように注意しましょう。 そして、糖尿病にはしびれ以外の症状も現れるので、気になる異常があったら病院へ行って検査を受けることが大切です。 4 腰の異常でもしびれが現れる理由 足の親指のしびれは、腰に異常が現れたときでも発生するので足と腰に異常がある方は注意しましょう。 そして、足の親指にしびれを起こす可能性があるのが椎間板ヘルニアで、腰の神経の痛みが足に伝わってしびれを発生させる特徴があります。 基本的にしびれと同時に腰が痛くなりますが、しびれが先に出る場合もあるので自己判断で放置せず病院へ行って検査をしましょう。 腰の椎間板ヘルニアは少しの衝撃でも激痛が走って、酷いときには生活が困難になる場合があります。 特に、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、長時間同じ姿勢でいることが多い方は椎間板ヘルニアになりやすいので、腰の痛みに加えて足の親指がしびれているときはすぐに病院へ行ってくださいね。 5 足の親指のしびれを予防する方法 足の親指のしびれを予防するためには、今までの生活を見直して体に負担をかけないようにすることが大切になるので、しびれが発生する前に対策を行いましょう。 しびれを予防する3つの方法 血液をサラサラにする食事 足の親指のしびれは血行不良によって発生するので、血液をサラサラにする食事を摂る必要があります。 血行不良が改善されると、動脈硬化や脳梗塞などしびれの原因となる病気を防ぐことができるので、魚、海藻類、納豆、野菜、緑茶などを積極的に食べるようにしましょう。 履くものを変える しびれの原因は靴のサイズが合っていない場合が多いので、普段履いているものを見直しましょう。 そして、靴下を何枚も重ねて履いていると血行不良になりやすくなるので、冬場は特に重ね着に注意して過ごすことが重要です。 定期的な運動 定期的に運動をすると、血液を体中に送る筋肉が働くようになるので血行を改善するためには欠かせません。 ただし、いきなり「毎日走ろう!」と意気込んでも、今まで運動習慣がなかったら長続きしないので、まずは数分のウォーキングから初めることが大切です。 足の親指のしびれは履くものに気を付けて、バランスの良い食事や運動をすると防ぐことができるので、改善できそうな所から直してみてくださいね! 足の親指にしびれを感じたとき、原因の大半はサイズが合っていない靴による圧迫のため、まずは適切な靴に変えることが重要になります。 そして、しびれは血行不良でも発生するので、靴下の重ね着や運動不足など色々なことに注意する必要があります。 特に、血行不良で発症する動脈硬化は、脳梗塞のような命に関わる病気を引き起こすのでしびれを感じたら注意しましょう。 また、足の親指のしびれには腰の異常が原因で発生することがあるので、自己判断で治そうとせず病院へ行って検査を受けるようにしてくださいね! 今回ご紹介した内容に関連する記事として• も併せてご覧ください。 記事カテゴリー• 135•

次の

足の指にしびれが。これって一体……?専門家に聞いてみた!

右足 親指 しびれ

スポンサードリンク 足の親指が片方だけしびれる人の治し方、考えられる病気・足以外や足の指自体の原因、まず何科に受診すればという疑問にお答えします! ・正座をしていて足が痺れて立てないという経験は、誰しも一度はあるかと思います。 しかし、親指だけに痺れを感じることはあまりありませんよね。 足の親指だけに見られる痺れには意外な病気が隠されている可能性があるので侮れません。 「足の親指の外側がしびれるので他の病気もないか心配で整形外科に来ました……」 あなたも同じような経験はありませんか?私の整形外科にはこのような患者さんがおおく来院されます。 つい先日も「足の指にしびれが…」という患者さんがいてレントゲンで腰をみたりしましたが、腰には病気は見つからず足の外反母趾の治療をして安心して帰られた方がいらっしゃいました! 今回は、足の親指に痺れを感じた時の治し方や、片方だけに考えられる病気とその原因、そして何科を受診すればいいかをまとめました。 例えば長い時間正座をしていて足に負担をかけている場合は、ふくらはぎをマッサージして血液の流れを促しましょう。 そうすることで足の親指の痺れはかなり改善されます。 また、足首をぐるぐる回すことや、膝の曲げ伸ばしも有効ですよ。 私の祖母は足が痺れた時に、よくこの方法を行っていました。 昔からの教えですね。 そして、冷えや、つま先の細い靴が原因でしびれている場合は、つま先の血液循環を良くしましょう。 シャワーを湯船に浸かる事に変えるか、洗面器にお湯を張って足だけ浸け5分程足湯をしてみると痺れは解消されますよ。 気持ちがいいのでぜひやってみてください。 足の親指のしびれが症状の病気をご紹介します。 足自体の原因とそれ以外によって症状が違うのでよく確かめてみてくださいね。 足自体の原因であれば緊急を要することは少ないのでご確認を! 片方の足だけに起こることが多く、両足がしびれる場合は腰のヘルニアの症状が強い人や糖尿病性の場合もあるので気をつけていきたいですね。 スポンサーリンク 足以外の原因 痛風 足の親指の付け根が痛むことが一般的に知られていますが、 長期的な痺れも症状として起こります。 体内の老廃物である尿酸が排出されず、関節部分に溜まって痛みを引き起こします。 糖尿病性ニューロパチー 糖尿病の症状として 初期段階に見られるのが、足の親指のしびれです。 血液の流れが悪くなるため、神経の働きが弱くなり、感覚が鈍くなります。 最終的には感覚が無くなり壊死するか、足の親指の切断を選択させられる危険性がありますので要注意。 脳梗塞・脳出血等の脳の疾患 脳内で出血を起こすと手足に命令を出す神経を圧迫するため、手足の痺れが起こります。 ダメージを受けている脳の反対側の手足がしびれたり、動かしずらくなったりします。 その他、ろれつが回らない、吐き気がするといった症状もある為、足の親指の痺れ以外にも症状がある場合は早急に病院へ行きましょう。 椎間板ヘルニアなど腰の疾患 骨と骨の間にある椎間板が飛び出して神経を圧迫し痛みが起こるのが椎間板ヘルニア。 足の神経は腰から出ています。 椎間板ヘルニアで圧迫される神経は足にもつながっている為、しびれを起こすという原因になっています。 普段から椎間板ヘルニアや腰の患者さんを多くみてますが、親指だけしびれるというのはかなりレアなケースだけですね。 しびれがある場合は、だいたいの人がお尻や太ももの後ろ側にあることが多いです。 まずレントゲンや足の神経の異常を調べてもらう事が先決でしょう。 最近よくみかける、ペインクリニックも同様に痺れの治療も診てくれますよ。 また、 痺れ以外の症状として頭痛、吐き気、急な体重の変化があった場合は脳神経外科か内科を受診してみてください。 よくある事と甘く考えずに、体の異常を知らせるサインを見逃さないようにしてくださいね。 血行を良くすることを心がけてもよくならない時は、すぐに病院へ。 気になる!健康記事ランキング•

次の