香港 人権 法案 と は。 株式市況/トランプ大統領が香港人権法案に署名して成立!

★「香港人権・民主主義法案」の衝撃と”破壊力” 2019年11月23日

香港 人権 法案 と は

iFOREX(レバレッジトレード)は、国際法人iFOREXが提供するサービスです。 投資にあたっての意思決定・最終判断はお客様ご自身の裁量でお願いいたします。 本取引は、その取引についてお客様が預託すべき証拠金に比べて大きな額になるため、通貨等の価格または金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあります。 なお、当該損失の額が有効証拠金の残高を下回った際には、自動反対売買により決済されます。 レバレッジトレードは、インターネットを利用する取引であるため、お客様のパソコン・ネットワーク環境に不具合が生じた場合や、当社システムに障害が発生した場合などには、取引ができなくなる可能性があります。 当社ホームページで公開しているデータに関しては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。 また、弊社が提供するすべての情報について、弊社の許可なく転用・販売することを禁じます。 iFOREXは日本金融庁に登録のない、海外ブローカーで、本サイト・サービスは主に日本国在住者を対象としておりません。 支払い決済サービスは、F. Formula Investment House Clearing Ltd により提供されます。 iFOREXは、iFOREXグループ内の組織が所有する商標です。 このウェブサイト上に表示されているその他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。 このサイトは Formula Investment House Ltd. が運営しています。

次の

米、香港人権法が成立 中国「内政干渉だ」報復言及 (写真=AP) :日本経済新聞

香港 人権 法案 と は

【関連記事】 ・ ・ 賛成は417、反対1だった。 香港問題を巡っては米議会の足並みがほぼそろっていることを映した。 下院は10月に類似の法案を可決していたが、上院が19日に全会一致で可決した法案と内容を調整したうえで20日に再び採決した。 上下両院は圧倒的な賛成多数による法案の可決によって中国政府と香港政府をけん制し、米国が重視する民主主義や人権を尊重するようメッセージを送った。 もしトランプ氏が署名に応じず拒否権を行使した場合、上下両院でそれぞれ3分の2の賛成多数で再び可決すれば法案は成立する。 ロイター通信などは20日、関係者の話として、トランプ氏は署名する見通しだと報じた。 成立すれば、中国政府は報復措置をとる構えをみせている。 今回の下院の法案は上院と同じ内容で、香港で人権弾圧などがあれば中国政府関係者らに制裁を科せるようにする。 米国が香港に提供してきた関税やビザ発給の優遇措置の見直しにつながる可能性もある。 下院本会議では、香港市民の弾圧に用いられた催涙ガスや催涙スプレーなどの輸出を禁じる法案も可決した。

次の

トランプ大統領の「香港人権法案」土壇場署名の背景

香港 人権 法案 と は

アメリカ合衆国では香港のデモ騒動が大きく取り上げられており、中国による民主主義弾圧への反撃、その象徴的な出来事と捉えられています。 このデモ騒動によって中国の人権侵害へ注目が集まり、2017年に議会に提出された「 Hong Kong Human Rights and Democracy Act」 「香港人権・民主主義法」と訳されます が下院で議論されることになりました。 この「 香港人権・民主主義法」は まだ法案 bill の段階ですが、超党派の議員の賛成を得て早期に可決されるだろうと目されています。 この記事を制作段階では法案 bill だったのですが、2019年11月28日、トランプ大統領が署名し、法律 law となりました。 「香港人権・民主主義法」は国務省・大統領に要求する この法案は以下のようなACTIONを骨子としています。 Reaffirm the principles set forth in the United States-Hong Kong Policy Act of 1992, including support for democratization, human rights, and the importance of Hong Kong remaining sufficiently autonomous from China to justify different treatment under US law. 1992年の「合衆国-香港政策法」に定められた原則を再確認する。 これには、香港における民主主義、人権、および十分に自立していることの重要性をもって、合衆国の法の下に中国とは違った待遇を受けるものとすること、を含む。 Reinstate the requirement for the Secretary of State to issue a report on conditions in Hong Kong of interest to the United States, including developments related to democratic institutions in Hong Kong, no later than 90 days after enactment and every year through 2023. 制定後90日以内および2023年までの毎年、香港における米国の利益に関する条件についての報告書を国務長官に発行することとする。 この報告書には香港の民主的制度についての動向を含むものとする。 香港について中華人民共和国と異なる扱いをする新しい法律、協定を制定する前に、国務省は香港が十分に自立していることを確認すること。 Require the President to identify persons responsible for the surveillance, abduction, detention, or forced confessions of certain booksellers and journalists in Hong Kong, and other actions suppressing basic freedoms, and to freeze their U. -based assets and deny them entry into the U. 大統領は、香港の特定の書店、ジャーナリストに対して監視、拉致、拘禁、強制告白を行った責任者を明らかにすること。 また、基本的自由を抑圧したりなどの行動については、その者の合衆国における資産を凍結し、その者の合衆国への参入を拒否すること。 2014年香港に居住したビザ申請者は、香港の選挙に関する非暴力的な抗議活動に参加したとして逮捕されたり、拘留されたり、その他の不利となる政府の措置を受けたことがあっても、それを理由にビザを拒否されることがないものとする。 大統領には「香港の自由、民主主義」を圧迫する者、その責任者を明らかにし、合衆国法においてできる制裁 資産凍結・合衆国への参入拒否 を課すよう要求しています。 ちなみに同法案は、共和党の マルコ・ルビオ議員 Marco Antonio Rubio とクリス・スミス議員 Chris Smith が提案したもの。 以前、Money1でもご紹介したことがありますが、ルビオ議員は中国に圧力を加える幾つもの法案を提出している対中国強硬派の急先鋒として有名です。 追記 2019年10月15日『香港人権・民主主義法案』は下院を通過しました。 2019年11月19日『香港人権・民主主義法案』は上院を通過しました。 2019年11月28日『香港人権・民主主義法案』はトランプ大統領の署名によって法律となりました。

次の