アントニオ 猪木 という 名 の パチスロ 機 天井 期待 値。 猪木 スロット新台 6号機 天井 設定判別 フリーズ 解析

闘魂継承アントニオ猪木の天井恩恵や期待値・狙い目は?プラスのやめどきやハイエナゲーム数も解説!

アントニオ 猪木 という 名 の パチスロ 機 天井 期待 値

スペック解析 基本情報 導入日 2019年10月21日 導入台数 (販売目標) 約12,000台 タイプ AT AT純増 約4. 6 97. 9 98. 5 100. 0 104. 9 108. 6 114. バトル勝利期待度は違えど、 抽選を3回突破することでAT突入の権利を得られる点はリゼロや猛獣王と同じです。 スペック面で注目したいのは設定6の機械割が114. また、最深天井以外にも100G消化毎にCZ「闘魂GP」突入抽選が行われるようです。 通常時の打ち方 1. 左リール上段付近に 青7を狙いつつ右リールは適当打ち。 枠内チェリー停止時は中リールも適当打ち。 スイカテンパイ時は中リールにも 青7を目安にしてスイカをフォロー。 下段青7停止時は中リールも適当打ちで消化する。 まずは左リール上段付近に青7を狙い、そのままの勢いで右リールは適当打ちしてしまいましょう。 中リールの目押しが必要なのはスイカがテンパイした場合のみで、スイカをフォローする時には青7を目安にすればOKです。 スイカには強弱の概念はなく、スイカテンパイハズレの停止形はチャンス目となります。 なお、チェリー成立時には中&右リールの停止形から強弱判別できます。 AT中の打ち方 1. 押し順ナビ発生時はナビに従って消化する。 猪木カットイン発生時は画面の指示に従って消化する。 演出発生時は通常時の打ち方手順でレア小役をフォローする。 押し順ナビ&演出非発生時は適当打ちで消化。 小役確率 闘魂継承アントニオ猪木で出現率に設定差のある小役は、共通ベルとスイカの2役です。 ただし、共通ベルは通常時もAT中も成立を見抜くことができないため、スイカだけをカウントしていく形でいいでしょう。 少しでも設定判別精度を高めたい場合には、ベルを合算してカウントしてトータル出現率をチェックするのがいいですね。 それに加えて、スイカをコツコツとカウントして設定の高低を絞り込んでいきましょう。 また、終了画面やエンディング中には設定示唆要素が盛り込まれているため、それらの示唆内容も事前に把握しておきましょう。 6 闘魂GP突入率は設定1と設定6で約2. 1倍、闘魂チャンス突入率は設定1と設定6で約2倍の差と、どちらの設定差も大きめです。 CZを経由しないAT直撃確率にも大きな設定差が付けられているため、しっかりとチェックしておきましょう。 レア役解除当選率 通常滞在時 設定 弱レア小役 強レア小役 1 0. 強レア小役(強チェリー・チャンス目)からの解除よりも弱レア小役(弱チェリー・スイカ)からの当選率の設定差が大きく、さらに通常滞在時の弱レア小役での解除率に顕著な差が付けられていますね。 内部状態を完全に把握するのは難しいですが、通常濃厚と思われる状況で弱レア小役から解除した場合は粘ってみる根拠になります。 AT直撃確率 レア役解除時のCZ・AT振り分け 設定 CZ AT 1 98. 低設定でも1. 天井選択率 設定 100G 300G 700G 1 6. 57 設定狙いの際にカウントしておきたいのはスイカ。 状況を問わずサンプルを集められるので、取りこぼしや漏れのないよう気をつけながらコツコツとカウントしていきましょう。 共通ベルはスイカよりも大きな差が付けられていますが、成立を正確に察知することが難しいため、設定判別要素として活用するならベルフラグを合算してサンプルを集めていく形になります。 闘魂GP・超通常時・ボーナス終了画面 終了画面 示唆内容 キャラなし 基本パターン 敵キャラ 奇数設定示唆 猪木(2D) 偶数設定示唆 ラウンドガール 高設定示唆 ファン 設定2以上確定 コスプレガール 設定4以上確定 猪木&長州&藤波(実写) 設定5以上確定 笑顔の猪木(実写) 設定6確定 闘魂継承アントニオ猪木は闘魂GP終了画面、超通常時終了画面、そしてボーナス終了画面で設定を示唆しています。 中でも注目なのが実写終了画面で、これらが出現した時点で設定5以上確定となります。 闘魂継承アントニオ猪木の設定5の機械割は108. 設定4以上確定となる 「心の扉」は赤文字で、設定6確定となる 「馬鹿になれ」は金文字で詩が表示されるため、視覚的にも分かりやすい高設定確定パターンですね。 サンプルを集めづらい要素ということもあり、設定差はそれなりに大きそうです。 フリーズが発生すればATストック5個に加えて道ボーナス、そしてAT100ナビスタートという恩恵があり、道の期待値は 約1,900枚と言われています。 バトルは最大で8戦まで継続し、 8連勝時にはお馴染みのプレミアフラグ「道」が発生します。 ・バトルに3連勝すればAT「闘魂チャンス」に突入する。 ・対戦相手によって表示されるチャンスアップ役成立に応じて展開が変化。 ・闘魂GP突入契機はレア小役からの抽選のほか、規定ゲーム数到達時にも突入抽選あり。 炎超戦 ・闘魂GP3連勝(4~7戦目)で突入し、バトルに勝利する度に闘魂チャンスをストックする。 怒ポイント ・規定ゲーム数到達時や演出失敗時など、打ち手にとって良くない状況で怒ポイントが蓄積。 ・怒ポイントがMAXになると「コロシアムゾーン」に突入する。 コロシアムゾーン ・15Gor30Gor無限継続する闘魂ボーナスの高確率ゾーン。 ・コロシアムゾーン中にボーナスorATを引けなくても闘魂GP突入する。 ベルナビ消化後には「超通常時」へ移行ということで、引き戻しを絡めながら出玉を伸ばしていく仕様はヘイ鏡や猛獣王でお馴染みですね。 闘魂チャンス ・闘魂チャンスはベルナビ回数管理タイプのATで、AT純増枚数は約4. ・ベルナビ消化後に「お願いしまーす!」が発生すれば闘魂チャンス継続。 6択チャレンジ ・6択に正解すればATセット数を上乗せ。 超通常時 ・ベルナビ消化後に移行する闘魂チャンスの高確率ゾーン(引き戻しゾーン)。 ・超通常時は最大50G継続する。 超コロシアムゾーン ・AT中のボーナス高確率状態。 ・超コロシアムゾーンに突入すればボーナス非当選でも闘魂チャンスへ。 初代モード ・初代モードに突入すればストックを消費せずにATを消化できる。 ボーナス中ゲームフロー・解析情報 6号機のアントニオ猪木のボーナスは全て擬似ボーナスで、道ボーナスは道を経由してのみ当選するATストック性能が強化されたボーナスです。 また、闘魂ボーナスと道ボーナスはゲーム数で管理されていますが、闘魂レギュラーはATと同じようにベルナビ回数で管理されています。 闘魂ボーナス ・30G継続する擬似ボーナス。 ・消化中にはATセット数ストック抽選あり。 ・6択に正解すればATセット数をストック。 8でATをストックできる。 非常識 ・様々なタイミングで発生する可能性のある出玉増加トリガー。 猪木フェスティバル ・通常時のリプレイ成立時の一部で突入。 長州夢想 ・闘魂GP開始時の一部で突入。 ・長州夢想の恩恵は闘魂GP5~7戦目までの勝利確定。 非常識闘魂チャンス ・AT開始時の一部で突入。 謝罪会見 ・超通常時終了時の一部で突入。 ・謝罪会見は10G間のATストック高確率状態。 エンディング ・有利区間完走時には専用のエンディングが発生。

次の

【高確移行率に設定差!】闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機

アントニオ 猪木 という 名 の パチスロ 機 天井 期待 値

リセット時判別 リセット恩恵 リセット判別方法 項目 リセット時 据え置き時 有利区間ランプ 消灯 消灯 ステージ プロレス会場スタート プロレス会場スタート 怒りポイント 再抽選 引き継ぐ 内部状態 再抽選 引き継ぐ 猪木は有利区間ランプでの判別が通常時消灯しているので、 リセットなのか据え置きなのかの判別をすることができません。 当日100G踏んですぐ高確or前兆が入った場合は、リセットの可能性が高くなります。 逆に宵越し100Gの所で高確or前兆が入った場合は据え置きの可能性が高くなります。 いずれも確実ではないので無理して据え置き狙いはせず、 ホールのリセット傾向を踏まえた上で狙っていければと思います。 リゼロで例えるとコンビニステージです。 コロシアムゾーン(CZ は外れても 闘魂グランプリ確定の為実質当たりに等しいです。 通常時は演出の失敗やハマりで怒りポイントを獲得できるのですが、 それを狙えるかということについてはオススメはできません。 唯一怒りポイントマックスが確定しているセリフがあるので 「迷わず打てよ、打てばわかるさ」 上記セリフが出現して有利区間リセットされていない台があれば打てますが それ以外のセリフについては基本無視で大丈夫です。 なので猪木はゲーム数の天井狙いに絞って立ち回りましょう。 まとめ 個人的には結構拾えるイメージです。 また毎回天井行くって訳でも無い機種なので 6号機の中では安定して勝てる機種の一つとなっております。 ただ闘魂チャンス AT は結構時間効率悪いので閉店時間を考慮しましょう。 閉店1時間前から打つと場合によっては取りきれないので。 個人的には閉店2時間前に300Gくらいがあればギリ打てるの認識です。

次の

闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機 天井期待値・狙い目・やめ時

アントニオ 猪木 という 名 の パチスロ 機 天井 期待 値

天井到達時には前兆を経由してCZ「闘魂GP」に突入します。 天井狙い目 闘魂継承アントニオ猪木の天井狙い目は、 通常時350Gハマリを目安ということで。 闘魂継承アントニオ猪木にはまどマギの「穢れシステム」に似た「怒ポイント」という概念があるので、解析次第ではハマリ台がより狙い目になってくるかもしれません。 また、最深天井以外の規定ゲーム数到達時にもCZ抽選が行われるため、これらの続報次第で天井狙い目は微調整していきます。 なお、 その時点の正確なハマリゲーム数は液晶に表示されているので、天井狙いの際にはそちらのゲーム数を参考にしましょう。 ホール備え付けのデータ表示機の場合、引き戻しゾーン「超通常時」のゲーム数もカウントされている可能性があります。 実戦値でも300Gゾーンの当選率が高くなっており、天井狙いも300Gゾーンの手前の 290G付近から打っていけそうです。 ゾーン情報 闘魂継承アントニオ猪木は100G毎にCZ抽選が行われています。 スペックを見る限りでは、天井以外のゾーンは弱くてゾーン狙いできるほどではないと予想しているのですが、実戦値や解析続報が判明すれば改めてゾーン狙い考察をしてみます。 そのほかに狙い目になるとすれば、怒ポイントですね。 有利区間リセット時にAT抽選に関わるポイントもリセットされるといった6号機の仕様上、ポイントが溜まるペースはそれなりに早そうです。 やめどき 闘魂継承アントニオ猪木のやめどきは、 CZ「闘魂GP」or引き戻しゾーン「超通常時」が終了してから液晶にゲーム数が再表示されてからということで。 AT終了後に引き戻しゾーンに突入するといった仕様上、ATを消化した後に即やめができないという点にだけは注意してください。 もし規定ゲーム数以内のCZ突入、怒りポイントを示唆するような演出が盛り込まれていれば、それに合わせて臨機応変にやめどきを調整していこうと思います。 <解析まとめ・記事一覧>.

次の