電子 レンジ で いちご 飴。 いちご飴作り方は簡単!電子レンジなら失敗知らずで屋台のような味が楽しめる!

パリパリの「いちご飴」の作り方!絶対失敗しないレシピ3選

電子 レンジ で いちご 飴

〈このレシピで使う材料〉• 砂糖 180g• 水 50cc• このレシピで使う砂糖は1カップ。 ただ、砂糖の1カップって言われても、計量カップがない分かりません。 計量カップがない場合のために一応グラムを紹介。 上白糖は130g• グラニュー糖180g• ザラメ 200g 健康志向な人に人気のきび砂糖を使う場合は、上白糖と同じ130gです。 計量カップがない場合はぜひ参考にして下さいね。 こちらも鍋で作るレシピ。 ポイントは先ほどと同じです。 絶対にかき混ぜないようにしましょう。 煮詰める時間が早いと、水飴状になりベタベタに。 ほんのりきつね色なった瞬間がベストな状態です。

次の

【おうち時間の過ごし方】レンジで簡単!パリパリいちご飴を作ってみよう♡

電子 レンジ で いちご 飴

市販されている飴をそのまま食べるのも 美味しいですが、一度飴を溶かして 自分が好きな型に流し込んで オリジナルの飴にして食べたいと 思われる方も少なくないようです。 そこで、今回は飴を溶かす方法について ご紹介していきたいと思うのですが、 実は飴を溶かすのは結構コツがいる作業なので、 適当にやってしまうと失敗してしまう 可能性が結構高いものなんですよね。 というわけで、早速飴を失敗せずに 溶かす方法についてご紹介していきたいと思います。 飴を溶かす方法! さて、飴を溶かそうと思った場合には 単純に温めていけば溶かすことができるのですが、 いくつか温める方法があります。 おそらく一般的なのは、• 湯煎にかける• 電子レンジで加熱する• オーブンレンジで加熱する というような感じだと思うのですが、 溶かす前に飴を小さく砕いておいてから 飴を上記のような方法で溶かすと良いかと思います。 また、これらの方法の中で使いやすいと思うのが 「湯煎」と「電子レンジ」で溶かす方法になるのですが、 湯煎と電子レンジではそれぞれメリットデメリットがあるので、 それらを理解した上で使い分けると良いでしょう。 まず、湯煎で飴を溶かすメリットとしては 焦がしてしまって失敗するリスクが低いということです。 一方でデメリットとしてはヤケドしてしまう 可能性があるということになります。 一方で、電子レンジのメリットとしては 飴を溶かす手間が非常に少ないといことで、 デメリットは加熱時間が少し長くなると すぐに飴が焦げてしまうということになります。 電子レンジと湯煎だったらどっちがおすすめ さて、ここまでは飴を溶かす方法について ご紹介してきましたが、 飴を溶かし慣れていない初心者の場合は 電子レンジと湯煎どちらで飴を 溶かした方がやりやすいのでしょうか? 個人的には初心者の場合は 電子レンジで飴を 溶かすようにした方がやりやすいのではないかと思います。 ただ、先程もご紹介した通り、 少しでも加熱する時間が長くなってしまうと 飴が焦げて失敗してしまうので、 10秒ずつというように短い時間で 区切って加熱して焦げていないかチェックして というふうにして溶かしていくようにして 焦がさないようにするのがコツです^^ ・ まとめ 今回は飴を溶かす方法についてご紹介しました。 飴は溶かしてもすぐに冷えて固まってしまうので、 何度も溶かして型に流し込んで… という作業を繰り返さなければならないので 比較的溶かすのが大変になると思いますが、 きれいなオリジナルの飴が出来上がると テンションが上がりますので、 ぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか?.

次の

【おうち時間の過ごし方】レンジで簡単!パリパリいちご飴を作ってみよう♡

電子 レンジ で いちご 飴

シリコンケース(耐熱性の深いお皿でもOK)• 竹串(つまようじでもOK)• キッチンペーパー• 気になる方は包丁で切ってもOKです。 苺をふく作業がかなり大事になります。 つまようじでやる場合は1本だと苺の重みがあるので、2本さしてください。 このとき砂糖が下に溜まってしまうことがるので、 しっかりと溶かしてください。 砂糖が溶けてドロドロになればOKです。 ここで砂糖が ぶくぶく泡立っていたらOKです。 苺をくるくるする回数は 1周~1周半くらいで大丈夫です。 あまり欲張って 砂糖をつけすぎてしまうと、パリパリ感がなくなってしまうので注意しましょう。

次の