2020 四緑 木星。 【四緑木星】2020年6月の運勢

四緑木星の運勢と吉方位・性格・相性【2020年版 完全ガイド】

2020 四緑 木星

結婚を見据えた真面目で誠実な恋愛は吉です。 そろそろ結婚したいなと考えているのであれば、恋愛結婚にこだわらずにお見合いしてみたり、婚活サイトなどで真面目なお相手を探してみるとよいでしょう。 パッと見、派手なイケメンよりも、地味で少し不器用ながらも誠実な男性とのご縁が強い年です。 燃え上がるような恋愛に発展しにくいお相手ではありますが、安定感と安心感はバツグンでしょう。 普段から少し小悪魔的な魅力のあるあなた。 相手を焦らしたり、心を揺さぶるようなアクションを無意識にとってしまいがちですが、今年はそこに自らの迷いも加わってお相手に優柔不断すぎるイメージを与えてしまいそうです。 迷ったときは、母親など信頼できる年上の女性に相談するようにしましょう。 すでにお付き合いしている人がいるあなたは、今年は彼との愛がいっそう深まる年となります。 彼氏から突然のプロポーズが!なんてことも。 返事は引き延ばさずに、あなたの素直な気持ちを彼に伝えましょう。 金銭に対しては、長期的な計画を立てると吉とでます。 大きな買い物は控えて、この先どういったふうに遣えば一番お金が活きてくるのかを考えてみましょう。 2020年の金運自体はあまりよくありませんから、できる限り節約を心掛けて少しでもお金を貯めることを考えてください。 ドカンと儲かるようなこともなければ、棚ボタ的なラッキーな出来事も期待薄です。 本業で儲かりにくいと、ついついサイドビジネスでも…と考えてしまいがちですが、今年は地道に本業に専念するに越したことはありませんよ。 買ったつもりで「つもり貯金」をするなり、外食を控えてお弁当に切り替えるなり、節約して小銭をコツコツと貯めることを第一としてくださいね。 ギャンブルにもツキがありません。 投資や投機なども思わぬ損を招いてしまいそうですから、控えるようにしたほうがよいでしょう。 奉仕活動やボランティアに参加するのは吉です。 自分の利益よりも他者のためになることを心掛けて。 仕事運 沈みがちだった運気は後半に向かうに従って、ゆっくりと上昇し始めます。 2020年の間ははっきりとした結果はでないかもしれませんが、今はひたすら耐える時期。 嫌な仕事も面倒な頼まれごとも、できる限り気持ちよく引き受けるようにしてください。 キャリアアップを真剣に考えているというあなたは、今年は勉強の時間を多く作るようにしましょう。 副業に手を出したところで大きな成果は得られませんから、本気で今の仕事をやっていくつもりであれば資格習得や関連の勉強に励むべきです。 新しい分野に挑戦したいという場合も、今はまだ実行に移すときではありません。 現在の仕事を継続しつつ、希望する職種に関する情報を集めたり、勉強したりするのが将来的には吉とでるでしょう。 今年は古い問題が持ち上がりやすい時期でもあります。 以前にうやむやのまま捨て置いたような仕事があれば、それに関するトラブルに見舞われることも。 今度こそきっちりとカタをつけるようにしてください。 健康運 2020年の健康運はゆっくりと回復傾向にあります。 気分も安定していくようになりますし、モチベーションもアップしていくでしょう。 なにごとにもやる気が出てきますが、全体的な運気も回復傾向にある中でまだまだストレスの元となるようなことが多いかもしれません。 どこかで躓いたからといってすべて失敗に繋がるわけではありませんから、なるべく気楽に持ち前の楽天性を活かして乗り切っていってください。 一つだけ気になることがあるとすれば、無理をすると過去に罹った病気や持病が再発する恐れがあります。 必要以上に恐れることはありませんが、不調を感じたり、疲れが抜けにくいなどの違和感があれば速やかに病院へと向かいましょう。 今年は体質に合わないことは、より一層受け入れ難いという傾向もあります。 自らの体質をしっかりと把握して、それにあった健康法を実践するように心掛けてくださいね。 美容に関しては合わない高い化粧品を使うよりも、プチプラ製品をうまく使うことが大切です。 去年よりも少し運気がアップし始めます。 シングルのあなたは、出会いの機会にも恵まれるでしょう。 四緑木星の男性は物腰も柔らかく社交家な面がありますから、基本的にモテるタイプです。 しかし、誰かを傷つけまいという気持ちから決断力に欠ける点があります。 今年は普段よりも決断力に欠けるような精神状態になりやすく、女性からすると少し頼りない、誰からも好かれようとし過ぎている、といった辛らつな評価を下されてしまいそうです。 ここ一番でしっかりキメたいのであれば、早めに迷いは吹っ切って、ただ一人の女性のことだけを考えるようにしてくださいね。 そうすれば恋は順調に実っていくでしょう。 恋人のいるあなたは、二人の関係をもっと深めていける年です。 結婚の二文字が頭を過ぎることもあるでしょうが、今の四緑木星の男性はなにごとも準備期間に充てるための期間で時期尚早。 彼女にプロポーズするのはOKですが、籍を入れるのは来年2月まで待ちましょう。 金運 金運は低迷中です。 食うに困るようなことはなさそうですが、大きく儲かるようなこともないでしょう。 今は我慢の時期ですから、派手に遊びまわるのは止めて、なるべくお金を遣わずに済むような生活を心掛けてください。 蓄財には適した時期ではありますが、大金が入ってきにくい時期でもあります。 地道な節約でコツコツと小金を蓄えるようにしましょう。 将来的にどういったことをしたいか、貯めたお金をどう活かすかを考えるのは吉とでます。 事業を興したい、家を建てたいなどの夢があれば、それに向けた準備を整えていきましょう。 すでに持ち家があるという方も、今年はリフォームや建替え・建増しなどは慎重に。 決断力に欠けるこの年に大きな金額を動かすのは得策とはいえません。 どうしても手入れしなければいけない場合以外は、来年に持ち越したほうがよいでしょう。 また、各種業者との交渉にも難ありですから、うっかり断りきれず不本意な契約をしないように気をつけてください。 仕事運 運気は後半に向かうに従って徐々に上昇していきます。 どんなに嫌な仕事を回されたとしても、文句一つ言わずにコツコツと地道に取り組むことでさらに運気は上昇していくでしょう。 仕事に真面目に取り組んでいくことで、引き立て運や援助の運気もアップしていきますよ。 派手に目立つような運気ではありませんから、あなた自身が誰かのサポートをつねに心掛けていくと尚良いでしょう。 本業が厳しいからといってサイドビジネスに打ち込むのは、この時期の得策ではありません。 仕事で活かせる知識を仕入れたり、資格を取ることで、この先の展望は明るくなっていきます。 すぐに結果がでないからといってふてくされたり、やる気を失くさないように気をつけましょう。 何年か後にこの年の努力がかならず活きてきますよ。 人間関係には恵まれた一年ですから、人との繋がりをより一層大切に。 転職や独立、開業には不向きですから先延ばしにして、今年一年間はその準備に手間暇をかけるとよいでしょう。 健康運 運気は徐々に上昇していく傾向にあります。 だからといってまだ上昇途上にある運気ですから、無理は禁物です。 精神的にも肉体的にも無理を重ねてしまうと、過去に罹った病気の再発や持病の悪化などが懸念されます。 少しでも異変を感じたのであれば、早めに医師に診てもらうようにしましょう。 モチベーションも少しずつアップしていきます。 特に男性はジム通いをしたりして、基礎的な体力の向上に努めると吉。 全体的な運気もまだまだ回復し始めたところですから、ストレスが溜まりやすい出来事も多いでしょう。 胃腸の不調や消火器系の疾患には注意して、暴飲暴食を控え、楽しいお酒の席でストレスを解消するのもいいですね。 社交的なタイプが多い四緑木星の男性であれば、他人との楽しい交流でストレスを発散することもまた一興でしょう。 プライベートでまで愛敬を振りまくのは面倒だというのであれば、快眠できるような環境作りを心掛けてくださいね。

次の

【四緑木星】2020年6月の運勢

2020 四緑 木星

「高島易断 四緑木星 2020年」(基本的な運勢) 「大正13年生」「昭和8年生」「昭和17年生」「昭和26年生」「昭和35年生」「昭和44年生」「昭和53年生」「昭和62年生」「平成8年生」「平成17年生」「平成26年生」の方に対応しています。 世代に関係がなく、多くの女性は占いが好きですよね。 もちろん男性の方でも占いを信じている人がいます。 今回は「高島易断」「四緑木星」をテーマにしており、 読み方は「たかしまえきだん」「しろくもくせい」です。 周囲で話を聞くと評判は極端です。 占いには「合う合わない」があるので、他人の評判も大切ですが、一度手に取って読んでみることをお勧めします。 あなたにとって、「高島易断」が「絶対にすべらない占い」だといいですよね。 運命を予め知り、幸運を手に入れる 人は誰でも運命を予め知り、幸運を手に入れることができます。 「九星気学」とは 「九星気学」とは、この地球上の生きとし生けるものに影響を与え左右している、目には見えず、耳には聞こえず、手には触れられぬ力、例えば大気や磁気、運気や元気、病気などの「気」を解明する法則体系、東洋科学です。 (中略) 東洋文明、東洋思想が形作られる過去数千年もの間、幾多の先人、賢人達が知恵を絞り、検証を重ね、理論的にも統計的にも積み重ねられてきた人類の知恵、それが「陰陽五行法」を基礎とする「九星気学」です。 何の根拠もない占いは多いですが、「高島易断」は理論的にも統計的にも積み重ねられてきた人類の知恵ということです。 自分の「本命星」はどうやって見るの? 本の表紙をめくると表があるので、生まれ年によって「本命星」が分かれています。 例えば、私は昭和60年生まれなので、「本命星」は「六白金星」になります。 「本命星」ごとに本が販売されています。 地域によって販売がされていないかもしれませんが、本は100均でも購入が出来ます。 スタートは無料で、後から高額請求をされる占いと比較すると、追加費用もなく、中身もしっかりしているので、コストパフォーマンスは最高にいいと思います。 「四緑木星」の基本的な運勢 四緑木星の人は、物腰が穏やかで根が善良です。 そして、人のためによく尽くし、特に女性は魅力的です。 交際範囲が広くて人との親睦も深く、多くの人に好かれますが、 移り気な性格で1か所に留まることはありません。 男性でも女性でも、若い時から実力を認められ、結婚も早いでしょう。 また、自分のためよりも、世のため、人のために尽くします。 信用や名声を得ますが、貯蓄が不安要素なので、将来を踏まえた上で、よく考えて行動して下さい。 四緑木星の人は、「早年運」で、一生涯の内に三度、25歳~28歳、34歳~37歳、43歳~46歳の時期に人生最高の運気が訪れます。 仕事運 社交性、協調性、柔軟性に優れており、 各分野での活躍が期待されるでしょう。 特に営業などの交渉事に向いています。 若い時は、周りの人や先輩から気に入られて協力が得られ、 中年期以降になると、今までの業績が評価されて地位を得ることになります。 また、部下にも慕われるので、よきアドバイザーとなるでしょう。 指導力、決断力を身に付けて、優柔不断を克服するといい方向に進みます。 金銭運 金銭への執着があまりなく、 貯蓄や投資への関心も薄い傾向です。 若い時は派手にお金を使っても、誰かが助けてくれるなど、あまりお金に困ることはありません。 また、人柄がいいので、中年期以降はお付き合い関連の出費が多くなります。 若いうちから計画性のある生きたお金の使い方や貯蓄をする習慣を身に付けておくことが重要です。 家庭運 温かい家庭で心身共に健やかに育ったため、親に心配をかけることはないでしょう。 家庭を持ってからは、男性はマイホームパパになり、 女性は良妻賢母になります。 晩年におこる相続問題は、家庭で力を合わせて乗り切って下さい。 愛情運 社交性があるので、万人に好かれますが、情に流されての交際は控えましょう。 お付き合いをする相手は慎重に選んで下さい。 男性は親切で優しく、結婚後は家庭を守り、 女性はよく気が付くので最高の妻となります。 健康運 バランスが取れた食事など、日頃から健康に関心があります。 生まれつき丈夫な方ですが、子供の頃は突然の発熱や気管支炎を起こす人がいます。 大人になってからは胃腸、呼吸器、神経痛などに気を付けて過ごしましょう。 あなたの適職 四緑木星の人は、風の影響を強く受けた生き方で、 風のようにどこからともなく現れて、どこかに去ってしまいます。 動き回ることによって活躍しますが、 何事に対しても、決断力が乏しく迷いがちな性格です。 一方で、優しく温厚な社交家の面があり、信用が厚く、 金銭を扱う仕事や秘密を守る職種に適しています。 四緑木星の人に適した職業・職種は、以下の通りです。 貿易関係、運輸・運送関係、船舶業、大工、通信販売業、通信関係、細工物師、材木商、広告・宣伝業、洋品店、俳優業、創作関係、美術関係、家具・建具業、移動販売業、理美容関係など。 「高島易断」で、あなたの人生が輝けるといいですよね。 まとめ 「高島易断」は「理論的にも統計的にも積み重ねられてきた」占いです。 「占い」も参考にできるところは参考にして、仕事・プライベート・人間関係・健康などに役立てて下さい。 「占い」にいいことが書いてあると、読んだだけで気持ちがハッピーになりますよね。 占いを信じることによって、幸せが引き寄せられると、あなたの人生はより豊かになると思います。 「引き寄せ」って大切なんです。 人生の節目で占いを読むと、ハッと気付かされることもたくさんあります。 今以上にもっと幸せになれるのであれば、あなた自身を知り、開運する考えや行動を身に付けてみてはいかがでしょうか?.

次の

「高島易断 四緑木星 2020年」(基本的な運勢)

2020 四緑 木星

こんにちは!開運鑑定師のシャンティーです。 2019年は9年のサイクルで「停滞」を表す年で、何事も上手いかないことの多い試練の年でした。 新しいことにチャレンジするより、現状維持で目の前のことにコツコツ取り組むと成果が上がりやすかったと思います。 2019年は充電期間でしたが、2020年はどうでしょうか? そこで、2020年の吉方位、運勢(恋愛運、結婚運、仕事運、金運、健康運)、開運するための方法を現役の占い師である私がお伝えしたいと思います。 1年の始まりにどういう年になるか予測しておけば、良いことは更に良くできますし、悪いことは防げます。 それでは、2020年の四緑木星について詳しく解説していきたいと思います。 【 吉方位】• 北 【普通方位】• 東南 【 凶方位】• 北東 (本命的殺)• 東(五黄殺)• 南(歳破)• 西(暗剣殺)• 南西(本命殺) 四緑木星が2020年に年盤(1年間の方位)で吉方位になるのは、 北です。 吉方位に外出すると、それぞれの九星の良い象意(元々方位が持つ影響)の出来事が起こるでしょう。 吉方位への移動の効果につきましては、こちらの記事を参考にしてみてください。 普通方位は、 北西と東南になります。 普通方位は、特に吉凶が関係しない方位です。 凶方位は、 北東・東・南・西・南西です。 凶方位の方角に出かけるときは、 注意が必要です。 特に長距離(100km以上離れた場所)・3泊以上の長期間の旅行を凶方位の方角で行うときは、十分に気を付けてください! できる限り凶方位へのお出かけは控えることが、開運のポイントでもあります。 もし、どうしても凶方位へ行かなければならない場合は、下記の記事を参考にしてください。 続いて、月ごとの吉方位を見ていきましょう。 大吉、吉、普通、凶に分けた下記の表をご覧ください。 吉方位の方角と時期に行えば、その方角の良い象意が現れるでしょう。 もし、年盤が吉方位、月盤が凶方位の方角で行えば、その方角の吉凶どちらの象意が現れることとなります。 すでにイベントが決まっていて、日にちをずらすことができない場合は仕方がありません。 しかし、もし移動できるのであれば、凶方位の方角を回避して、吉方位の方角と時期で行うことをおすすめします。 スポンサーリンク 2020年の四緑木星の全体的な運勢は? 恋愛運 5. 0 結婚運 4. 0 仕事運 4. 0 金運 4. 0 健康運 3. 0 総合運 4. 0 2020年の四緑木星の運勢を表にしました。 総合運、恋愛運、結婚運、仕事運、金運、健康運に分け、星の配置を見ながら運勢を5段階で評価しました。 2020年の四緑木星の運勢は、9年のサイクルの中で『 復調』を表す年になります。 2019年は、思ったように上手く行かないことが多かったはず…。 しかし、今年は運気が少しずつ回復することに伴い、物事がスムーズに進むようになります。 季節で表現すると、長く厳しい冬の期間が終わり、春に向かう時期と言えるでしょう。 例えば、協力者が現れて、ずっと悩んでいた問題に解決策が見つかるかもしれません。 諦めずに努力してきたことに、ようやくスポットライトが浴びるようになります。 ただ、 いきなりギアを全開に上げて頑張りすぎても、空回りしてしまうので気を付けてください! 2020年は、あくまでこれからやってくる発展期への準備期間です。 ですから、去年と同じようにあまり大きな目標を立てず、目の前のやるべきことをコツコツ行うことが大切です。 また、2019年は人間関係でも誤解などからトラブルが起こりやすく、信用を失いやすい時期でした。 ですが、今年は信頼を回復したり、または上手く行っていた関係の場合は信頼をより強固なものにできるでしょう。 運気が回復してきたからといって調子に乗らず、周りとの協調性を大切に、謙虚に地道に努力していくことで、良い運気の波に乗ることが出来ます。 ここで、四緑木星の2020年の開運法をお伝えします。 新しいことにチャレンジする• 社交性を活かして人脈を広げる• 家族や友人との絆を深める まず、2020年は 積極的に新しいことにチャレンジすると良いでしょう。 去年はチャレンジしても上手く行かなかったことが、運気の上昇で今年は上手くいくことが増えてきます。 特に、今までやったことがない分野に挑戦すると、視野が広がり多くのものを吸収できる暗示があります。 気になっていたことは、ぜひ今年チャレンジしてみましょう。 社交性を活かして、人脈を広げるのもおすすめです。 もともと四緑木星は、人当たりがソフトで明るい社交性の持ち主。 2020年は発展運へ向けての準備期間ですから、今のうちに良い人脈を作っておくと将来に活きてきます。 ですから、実力者や尊敬できる人からの誘いは、できるだけ断らないようにしてください。 また、 家族や友人との絆を深めるのも良い時期です。 2020年は家族や友人など、身近な人間関係がひとつのポイントになります。 あなたが助けてもらうことも増えますので、感謝の気持ちを伝えたり、恩返しができると良いですよ。 親孝行や家族旅行、食事会など、交流を深めていくと運気がさらにアップします。 以上が2020年の四緑木星の全体的な運勢と開運法でした。 ちなみに 四緑木星は、一生を通じて安定した運勢をキープできるラッキーなタイプ。 四緑木星の一生の運勢、また基本運勢について詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてみてください。 続いて、四緑木星の2020年の恋愛運を見ていきましょう。 去年は恋が上手くいかずに、悔しい思いをした人も多かったのではないでしょうか。 しかし、今年は運気の良い波に乗って、 異性から注目を集めます。 四緑木星と言えば、人当たりが良くて社交的なので、もともと異性からの人気は高いタイプ。 あなたの何気ない仕草にも、異性が自然と惹かれてしまうでしょう。 また、今年は異性から深い愛情を感じて、「本当の愛とは何か」を感じることができる時期でもあります。 いつもは相手に尽くしがちなあなたも、相手からの愛情を受けて幸せな気持ちになれるはず。 スポンサーリンク フリーの人 現在フリーの人は、今年は 多くの異性からアプローチされ、モテモテの時期を過ごせるでしょう。 爽やかで社交的、優しくて話し上手なあなたは、異性からの注目されます。 自分からアクションを起こさなくても、異性の方からデートに誘ってくれたり、告白してくれることが増えそう。 もちろん、あなたからアプローチしても、成功する確率は高いですよ! 異性との出会いの場所にも、積極的に出かけるようにすると良いでしょう。 友達の紹介からもステキな出会いがあるかも。 ただし、 気になる異性が多すぎて、一人に絞れないという嬉しい悩みも起こりがちです。 感情に流されたり、二股をかけたり、優柔不断な態度をとると、せっかくの良い出会いもダメにしてしまいます。 欲張ってはいけません。 パートナー選びは冷静に、そして慎重に行ってくださいね。 また、理想が高すぎてもチャンスを逃してしまうので注意しましょう。 スポンサーリンク 恋人のいる人 すでに恋人がいる人は、 お互いの魅力を再確認できる年になります。 特に、今年は四緑木星のあなたの魅力が高まるので、恋人も思わずあなたにうっとりしてしまうはず。 あなたの方も、恋人の愛情にこたえることで、絆が深まります。 恥ずかしくてなかなか言えない「好きだよ」の一言も、照れずに言ってあげてください。 普段は尽くす恋に慣れているあなたも、相手の方が尽くしてくれるようになりますよ。 また、今年の恋愛の特徴として、「恋愛の延長線上に結婚」という意識が芽生えます。 ですから、恋人がいる人は将来の結婚について話し合うことも増えるでしょう。 もし、結婚の話をして真剣に向き合ってくれるようなら、具体的に話を進めてみると良いですよ。 ちなみに、四緑木星と他の九星の相性は、下記の記事を参考にしてください。 続いて、2020年の四緑木星の結婚運を見ていきましょう。 今年結婚すると、誠実なパートナーに恵まれて幸せな結婚生活が続きますよ。 ですから、結婚したいと思っている人は、積極的に行動してください。 現在フリーの人で、結婚相手を見つけている人は、 異性の集まる場所にどんどん行きましょう。 特に、自分の趣味のイベント、サークル、友達との食事会、友達の結婚式や二次会などで素敵な出会いがありそう。 気になる人がいたら、あなたの方から声をかけると良いですよ。 今年はあなたの人気運がアップしているので、声をかけられた異性もまんざらでもない反応をするはず。 現在恋人のいる人で結婚を考えている人は、 結婚の話を切り出したり、今年プロポーズすることをおすすめします。 なぜなら、今年は結婚の話がまとまりやすく、家族や友人など周りにも祝福されて結婚できるからです。 昨年は結婚の話をしても、親から反対されたり、トラブルが起きてスムーズにいかなかったことも多かったかもしれません。 しかし、2020年は一転して、結婚に向けての準備が整います。 注意点は、 チャンスの時に勇気が出せず、優柔不断な態度をしてしまうこと。 四緑木星は、相手の顔色を気にしすぎて、本音を言えないところがあります。 相手のこと、周りのことを考えすぎて、本音とは違うことを言ってしまうと後々トラブルが起きてしまうことも…。 結婚を考えてくれている恋人も、あなたの煮え切らない態度に困ってしまいます。 言うべきことは、勇気を出してしっかり伝えることが大切です。 特に、将来の結婚の話は先延ばしにするのではなく、結婚運が上昇している今年に話をすると良いことを覚えておいてください。 あなたのちょっとした勇気で、明るい未来が待っているのですから。 昨年はやる気とは裏腹に、空回りしてしまうイマイチな運勢でした。 努力してもなかなか良い成果に繋がらず、悔しい思いをした人も多かったことでしょう。 しかし、今年は運気が少しずつ上昇してくることに伴って、努力が報われます。 あなたの実力や才能が発揮しやすい年で、周りからも良い評価をされるはず。 そのため、今年の前半は色々な仕事を頼まれます。 その中には面倒な仕事や雑務も含まれますが、ここで不平不満を言ってはいけません。 他人の嫌がることを率先して自ら行うことで、あなたの評価はさらにアップして周りから一目置かれます。 目立たない仕事かもしれませんが、一生懸命に取り組むことで将来に活きてきますよ。 今年の後半からは、重要な仕事を任されたり、新しいプロジェクトに参加したりと、チャンスが多くなります。 注意点は、 謙虚さを持つことと、周りのアドバイスに耳を傾けること。 運気は上向きといっても、まだまだ回復している途中です。 少し成果があがったといって、調子に乗ると足元をすくわれてしまいます。 決断を迫られたときも、自分だけで決めずに周りのアドバイスを聞くと上手くいきやすいでしょう。 あなたが素直に耳を傾けることで、協力者が増えて良いネットワークが広がります。 2020年は謙虚な気持ちで協調性をもって、地道にコツコツ努力することが仕事での開運のポイントになるでしょう。 運勢の上昇とともに、今年は金運も回復していきます。 もともとお金には関心が薄いので、お金があってもなくても、本人はあまり気にならないタイプ。 ただ、今年は運気の回復で外に出かけることが多くなります。 それにともなって、交際費や接待費などの支出が増えるでしょう。 今年は昨年よりもお金が入ってきますが、出費もかさみます。 お金が入ってきたからと、無計画でどんどん使うと後で後悔することに。 ですから、今年は貯蓄にぜひチャレンジしてください。 お金に無頓着で貯蓄とは無縁だった人も、貯蓄を習慣化する良いチャンスですよ! 本当に必要なものと、無くても困らないものの区別をしっかりすると、無駄遣いが減ります。 節約術などが書かれた本を読んだり、貯蓄が得意な友人にアドバイスを求めるのも良いでしょう。 今年貯蓄の習慣ができると、将来の金運にも良い影響を与えるので、ここはひとつ頑張ってみてくださいね。 見た目は柔和で穏やかなイメージのため、あまり体力がありそうなタイプには見えないかもしれません。 しかし、意外と気力でカバーでき、見た目よりもタフです。 そして、健康にも気をつけている人が多いので、食事、睡眠、運動など生活習慣は基本的にしっかりしています。 ただ、今年は外出する機会が多くなるので、生活が乱れがちに…。 外食でお酒を飲みに行って飲み過ぎたり、コレステロールの高い食事を続けてしまったりと、特に食事面で心配なことが増えそうです。 また、友人や知人からの誘いも増え、人が良くて断るのが苦手な四緑木星は、ついつい無理をして付き合ってしまいます。 すると、知らず知らずのうちにストレスと疲れが溜まって、身体が悲鳴を上げるように体調を崩してしまうでしょう。 ちょっとした風邪を放置したことで悪化して、入院してしまう暗示もあるので注意が必要です。 運気も上がっているとはいえ、 本調子ではないので無理は禁物。 疲れたなと感じたら、誘いを断る勇気も必要ということを覚えておいてください。 スポンサーリンク まとめ 2020年の四緑木星の運勢、いかがでしたでしょうか? 運気が停滞していた昨年と違い、 今年は運気が徐々に回復してきます。 まだまだ本調子ではありませんが、少しずつ良い結果が現れるでしょう。 全体的な運勢もアップしていくので、昨年上手くいかなかった不安やストレスも減っていくはず。 恋愛や結婚でも、明るい兆しが見えます。 四緑木星の魅力を発揮しやすい年ですので、積極的に行動することが良い結果を生みます。 仕事でも、昨年上手くいかなかった流れが、好転してスムーズに回り始めます。 お金も急激な増収は見込めませんが、節約に注意すれば収支は黒字にできそう。 一番心配な健康面も、無理をせずに生活習慣を整えれば問題ありません。 四緑木星にとって、2020年が幸せな年であるよう、心から祈っていますよ! 2020年の毎月の運勢と吉方位が知りたい人は、下記の記事をご覧ください。

次の