四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳。 四面(しめん)楚歌(そか)

史記 「四面楚歌」 現代語訳

四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳

兵少 ナク食尽 ク。 項 こう 王 おう の 軍 ぐん 垓 がい 下 か に 壁 へき す。 兵 へい 少 すく なく 食 しょく 尽 つ く。 項王軍は垓下の城壁の中に立てこもった。 兵の数は少く食料も底を尽きた。 漢軍及 ビ諸侯 ノ兵囲 レ ムコト之 ヲ数重 ナリ。 漢 かん 軍 ぐん 及 およ び 諸 しょ 侯 こう の 兵 へい 、 之 これ を 囲 かこ むこと 数 すう 重 ちょう なり。 漢軍と諸侯の兵は、これを幾重にも取り囲んだ。 是 レ何 ゾ楚人 之 の 多 キ 也 や ト。 「 漢 かん 皆 みな 已 すで に 楚 そ を 得 え たるか。 是 こ れ 何 なん ぞ 楚 そ 人 ひと の 多 おお き や。 何と楚の人間が多いことだ。 項王則 チ夜起 チテ飲 二 ス帳中 一 ニ。 項 こう 王 おう 則 すなわ ち 夜 よる 起 た ちて 帳 ちょう 中 ちゅう に 飲 いん す。 項王はそこで夜中(にも関わらず)起き上がり、陣の帳の中(=帳をめぐらした陣営の中)で宴をした。 有 二 リ美人 一、名 ハ虞、常 ニ幸 セラレテ従 フ。 美 び 人 じん 有 あ り、 名 な は 虞 ぐ。 常 つね に 幸 こう せられて 従 したが ふ。 虞という名前の美人がいた。 常に項王に寵愛され付き従っていた。 駿馬 アリ、名 ハ騅。 常 ニ騎 レ ル之 ニ。 駿 しゅん 馬 め あり、 名 な は 騅 すい。 常 つね に 之 これ に 騎 き る。 騅という名の駿馬があった。 いつも項王はこの馬に乗った。 こうして。 そこで、項王は悲しげに歌い、憤り嘆いて、自ら詩を作って歌うことには、 力 ハ抜 レ キ山 ヲ兮気 ハ蓋 レ フ世 ヲ 力 ちから は 山 やま を 抜 ぬ き 気 き は 世 よ を 蓋 おお ふ 我が力は山をも引き抜き、我が気はこの世をも覆う。 虞よ虞よ、汝をどうしたらよいのか、と 歌 フコト数闋、美人和 レ ス之 ニ。 項王泣数行下 ル。 歌 うた ふこと 数 すう 闋 けつ 、 美 び 人 じん 之 これ に 和 わ す。 項 こう 王 おう 泣 なみだ 数 すう 行 こう 下 くだ る。 (項王は)数回繰り返して歌い、虞もともに(調和して)歌った。 項王ははらはらと涙を流した。 左右皆泣 キ、莫 二 シ能 ク仰 ギ視 一 ルモノ。 左 さ 右 ゆう 皆 みな 泣 な き、 能 よ く 仰 あお ぎ 視 み るもの 莫 な し。 続きはこちら「是に於いて、項王乃ち馬に上りて騎す。 ~」 -.

次の

項王の最期(1)『四面楚歌』原文・書き下し文・現代語訳

四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳

是 ここ に 於 お いて 、 項 こう 王 おう 乃 すなわ ち 馬 うま に 上 の りて 騎 き す。 こうして。 そこで、項王は馬にまたがった。 麾下 ノ壮士、騎 シテ従 フ者百余人 ナリ。 麾 き 下 か の 壮 そう 士 し 、 騎 き して 従 したが ふ 者 もの 八 はっ 百 ぴゃく 余 よ 人 にん なり。 直属の部下の兵士で、馬に乗って(項王に)従う者は八百人余りであった。 直 チニ夜潰 レ ヤシ囲 ミヲ、南 ニ出 デテ馳走 ス。 直 ただ ちに 夜 よる 囲 かこ みを 潰 つい やし、 南 みなみ に 出 い でて 馳 ち 走 そう す。 (項王は)すぐにその夜、敵の囲みを破り、南に出て馬を走らせた。 平明、漢軍乃 チ覚 レ リ之 ヲ、 令 し 下 ム 騎将灌嬰 ヲシテ以 二 ヰテ五千騎 一 ヲ追 上レ ハ之 ヲ。 平 へい 明 めい 、 漢 かん 軍 ぐん 乃 すなわ ち 之 これ を 覚 さと り、 騎 き 将 しょう 灌 かん 嬰 えい をして 五 ご 千 せん 騎 き を 以 ひき ゐて 之 これ を 追 お はしむ。 項王渡 レ ル淮 ヲ。 騎 ノ能 ク属 スル者、百余人 耳 のみ。 項 こう 王 おう 淮 わい を 渡 わた る。 騎 き の 能 よ く 属 ぞく する 者 もの 、 百 ひゃく 余 よ 人 にん のみ。 騎兵の中でついて来ることができた者は、百人余りだけであった。 項王至 二 リ陰陵 一 ニ、迷 ヒテ失 レ フ道 ヲ。 問 二 フ一田父 一 ニ。 項 こう 王 おう 陰 いん 陵 りょう に 至 いた り、 迷 まよ ひて 道 みち を 失 うしな ふ。 一 いち 田 でん 父 ぷ に 問 と ふ。 項王は陰陵にまでやって来たところで、迷って道がわからなくなった。 (そこで、)一人の農夫に道を尋ねた。 田父紿 キテ曰 ハク、「左 セヨト。 」 田 でん 父 ぷ 紿 あざむ きて 曰 い はく、「 左 ひだり せよ。 農夫は嘘をついて、「左に行きなさい。 」と言った。 左 ス。 乃 チ陥 二 ル大沢中 一 ニ。 左 ひだり す。 乃 すなわ ち 大 だい 沢 たく 中 ちゅう に 陥 おちい る。 (項王は)左へ進んだ。 そこでなんと広い湿地帯の中に入り込んでしまった。 以 レ テ故 ヲ漢追 ヒテ及 レ ブ之 ニ。 故 ゆえ を 以 もっ て 漢 かん 追 お ひて 之 これ に 及 およ ぶ。 そういう理由で漢軍は項王の軍に追いついた。 項王乃 チ復 タ引 レ キテ兵 ヲ而東 シ、至 二 ル東城 一 ニ。 項 こう 王 おう 乃 すなわ ち 復 ま た 兵 へい を 引 ひ きて 東 ひがし し、 東 とう 城 じょう に 至 いた る。 乃 チ有 二 リ二十八騎 一。 漢騎 ノ追 フ者数千人 ナリ。 乃 すなわ ち 二 に 十 じゅう 八 はっ 騎 き 有 あ り。 漢 かん 騎 き の 追 お ふ 者 もの 数 すう 千 せん 人 にん なり。 そこで(残った項王の軍)は二十八騎だった。 漢軍の騎兵で追ってくる者は数千人であった。 続きはこちら「項王自ら脱することを得ざるを度り、其の騎に謂ひて曰はく、~」 -.

次の

四面(しめん)楚歌(そか)

四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳

・ 「四面楚歌」とは「まわりが敵や反対者ばかりで、孤立して助けのない状態にあること」を意味します。 ・ 「史記・項羽本紀」の次のような記述に由来しています。 項王の軍は垓下の城壁の中にたてこもった。 兵士は少なく食料も尽き果てた。 漢軍と諸侯の兵士が、幾重にもこれを取り囲んだ。 夜、漢軍が四方で皆楚の国の歌を歌うのを聞き、項王がたいそう驚いて言うには、「漢はすっかりもう楚を手に入れてしまったのか。 なんと楚の人の多いことか。 項王は、夜起きて陣営のとばりの中で酒を飲んだ。 美人がいた、名は虞という。 いつも寵愛されてつき従っていた。 名馬がいた、名は騅という。 いつもこれに乗っていた。 そこで項王がとても悲しげに歌い憤り嘆いて、自分で詩を作って歌うには、 私の力は山をひき抜き、私の意気は天下を覆うほどだった。 時の運は私に利がなく、騅も前進しない。 騅が前進しないのをどうしたらよいのか。 虞よ、虞よ、お前をどうしようか。 数回くり返して歌い、美人もこれに合わせて歌った。 項王はいく筋かの涙を流した。 ばに仕える者たちも皆泣いて、仰ぎ見ることのできるものはいなかった。 [ 書き下し文 ] 項王の軍垓下に壁す。 兵少なく食尽く。 漢軍及び諸侯の兵、之を囲むこと数重なり。 夜漢軍の四面皆楚歌するを聞き、 項王乃ち大いに驚きて曰はく、「漢皆已に楚を得たるか。 是れ何ぞ楚人の多きや。 項王則ち夜起きて帳中に飲む。 美人有り、名は虞。 常に幸せられて従ふ。 駿馬あり、名は騅。 常に之に騎す。 是に於いて項王乃ち悲歌忼慨し、自ら詩を為りて曰はく、 力山を抜き気世を蓋ふ 時利あらず騅逝かず 騅の逝かざる奈何すべき 虞や虞や若を奈何せん 歌ふこと数闋、美人之に和す。 項王泣数行下る。 左右皆泣き、能く仰ぎ視るもの莫し。 [ 詳しい解説 ] 項王軍壁垓下。 兵少食尽。 項王の軍垓下に壁す。 兵少なく食尽く。 ・ 壁 … 城壁の中にたてこもる 項王の軍は垓下の城壁の中にたてこもった。 兵士は少なく食料も尽き果てた。 漢軍及諸侯兵、囲之数重。 漢軍及び諸侯の兵、之を囲むこと数重なり。 ・ 数重 … いくつも重なっている 漢軍と諸侯の兵士が、幾重にもこれを取り囲んだ。 夜聞漢軍四面皆楚歌、 夜漢軍の四面皆楚歌するを聞き、 ・ 四面 … 周囲 ・ 楚歌 … 楚の地方の歌を歌う 夜、漢軍が四方で皆楚の国の歌を歌うのを聞き、 項王乃大驚曰、 項王乃ち大いに驚きて曰はく、 ・ 乃(驚きの語気を表す) 項王がたいそう驚いて言うには、 「漢皆已得楚乎。 「漢皆已に楚を得たるか。 ・ ~乎 … ~なのか 読み「~か」(疑問・詠嘆) 「漢はすっかりもう楚を手に入れてしまったのか。 是何楚人之多也。 」 是れ何ぞ楚人の多きや。 ・ 是~(~の部分を強める) ・ 何~也 … なんと~なことか 読み「なんゾ~や」(詠嘆) なんと楚の人の多いことか。 項王則夜起飲帳中。 項王則ち夜起きて帳中に飲む。 ・ 則(主語を明確にする) ・ 帳 … 垂れ下げられた布、とばり 項王は、夜起きて陣営のとばりの中で酒を飲んだ。 有美人、名虞。 常幸従。 美人有り、名は虞。 常に幸せられて従ふ。 いつも寵愛されてつき従っていた。 駿馬、名騅。 常騎之。 駿馬あり、名は騅。 常に之に騎す。 ・ 駿馬 … 足の速い優れた馬 名馬がいた、名は騅という。 いつもこれに乗っていた。 於是項王乃悲歌忼慨、自為詩曰、 是に於いて項王乃ち悲歌忼慨し、自ら詩を為りて曰はく、 ・ 於是 … そこで ・ 乃(驚きの語気を表す) ・ 悲歌 … 悲しそうに歌う ・ 忼慨 … いきどおり嘆く ・ 自 … 自分で ・ 為 … つくる そこで項王がとても悲しげに歌い憤り嘆いて、自分で詩を作って歌うには、 力抜山兮気蓋世 力山を抜き気世を蓋ふ ・ 抜 … ひき抜く ・ 兮(置き字・語調を整える) ・ 気 … 精神の盛り上がり ・ 蓋 … 覆う 私の力は山をひき抜き、私の意気は天下を覆うほどだった。 時不利兮騅不逝 時利あらず騅逝かず ・ 時 … 時のめぐり合わせ ・ 利 … 都合が良いこと ・ 逝 … 前進する 時の運は私に利がなく、騅も前進しない。 歌数闋、美人和之。 歌ふこと数闋、美人之に和す。 ・ 闋 … 一曲の歌が終わること ・ 和 … 合わせる 数回くり返して歌い、美人もこれに合わせて歌った。 項王泣数行下。 項王泣数行下る。 項王はいく筋かの涙を流した。 左右皆泣、莫能仰視。 左右皆泣き、能く仰ぎ視るもの莫し。 ・ 左右 … そばに仕える者 ・ 莫 … ない ・ 能~ … ~できる(可能) そばに仕える者たちも皆泣いて、仰ぎ見ることのできるものはいなかった。

次の