10 キロ 痩せる と 見た目。 10キロ痩せたいならやりたい10個の方法

10キロ痩せたら見た目はこれだけ変わる!芸能人の例

10 キロ 痩せる と 見た目

身長159センチ、体重74キロの36歳。 私はこのダイエット法に出会うまで、かなりのぽっちゃり体型を維持していました。 子供の頃から、ややぽっちゃり体型だった為、「自分が太っていると言うことに関心が無かった」とでもいえばいいのでしょうか。 本当に少し前まで74キロに何の違和感も無く過ごしていたのです。 そんなある日、知り合いの人から「本気で痩せましょうよ」と言われたことをきっかけに、そういわれるほどに自分は太っているのかと、目を開きました。 その日から、管理栄養士の母からアドバイスをもらい痩せると言うことを自分なりにいろいろと試してきました。 そして、1年半で10キロのダイエットに成功しました。 痩せると、見た目はもちろん、生活が、生き方が変わりました。 はっきりいいます。 太っていていいことは何もありません。 ちょっと痩せるだけでも見た目はこんなに変わる!-10kgまでの軌跡! 3キロ痩せたら 体が軽くなったのが少しわかりました。 上の写真は10kg痩せたときの写真ですが、3kgだけでも違いがはっきりと分かります。 まだ周りの人からは確実に「痩せたね!」と気づかれるレベルではないのですが、いつも顔周りやお腹周り、二の腕などを気にしてる自分自身から見たら歴然と分かるくらい。 特に顔のあご周りの肉付きや、お腹についてるお肉には大変差を感じました。 5キロ減ったとき 洋服がゆるくなり、自分がいかに太っていたのかを自覚しました。 分かりやすく説明すると、例えばSMLで展開されてる洋服でしたら、1サイズ変わるくらい体型が変わります。 2~3kg痩せたのを前後するときは周囲の人の反応はとくに変わらなかったのですが、5kgも痩せると割と高い可能性で、「痩せた?」とか、「ちょっと雰囲気変わった?」などと言われるようになりました。 10キロ減ると... !? 見た目が変わり周りの反応が劇的に違ってきて、少し食べ過ぎても太らず、よく動ける体になりました。 よく動いて代謝されるから太りにくくなったのか、ただ痩せたのが嬉しくて元気になってるだけなのか良く分からないですが、間違いないのは、以前より楽しく生活がキラキラしてて、何より考え方が前向きになれたということ。 まだまだ太ってはいるのですが、むしろ太っている時よりも気持ち的に咎めることなくご飯も美味しく食べれていますし、何より努力すれば私も痩せれるんだ!という自信がついたからでしょうか。 昔ほど食べることを後悔したり、無理に我慢したりとする事も少なくなり本当に満足な生活を贈れています。 私は痩せることで、心も体も軽やかになれることを実感しています。 ですが本当に、痩せることと、食べることは切っても切れない関係です。 どんな風にこのダイエットを成功させたか話します。 私が成功したダイエット方法 私が成功したダイエット方法は、とてもシンプル。 世間には何かと女性の悩みにつけこんだ商品が多いとは思いませんか?全部が悪いとは言いませんが、やはり自分自身での努力もある程度は必要なんだなと実感しています。 ストレスは太るもとですから、「我慢しすぎない!」事も大切です。 ただいま、10キロ痩せてから、5ヶ月。 おかげさまで、リバウンドも無く過ごしています。 それは、カラダに必要なものを必要な分だけ食べているからです。 この方法なら、5キロでも10キロでも20キロでも、健康的に自分が目標とする体重まで痩せられます。 「ほんのちょっとでいいから、やせたい!」と言う人も是非この方法を、まずは1週間でいいので試してみてください。 誰もが間違いなく、カラダの変化を感じるはずです。 頑張り過ぎないダイエット、今日から始めてみませんか? 少しだけどエステにも通った エステは繰り返し通うとけっこうお金がかかっちゃうのがネックですよね。 ただ、定期的にボディエステに通って結果が出ている人がたくさんいるのも1つの事実です。 最初はお試しで安く体験出来たりするプログラムも多いので、もし良いエステを知っていれば、探して通ってみるのもいい方法だと思います。 体型維持のために必要なアドバイスや、体がどういう状態なのかも見てくれますので、私も少しですがエステに通っていました。 【ここだけ情報】今なら500円の体験エステがある。 美容エステサロンのはご存知ですか?全国にある美容エステサロンの中でも数多くの実績がある大手美容エステサロンですが、そのエルセーヌがいま 初回500円で体験エステを実施しています。 お尻の部分痩せだけではなく、全身の痩身を目的としている施術にはなりますが、 プロのエスティシャンが貴女の全身のバランスを見て施術してくれます。 また、理想の体型になるには日々のホームケアも欠かせません。 しかし、自己流でリンパマッサージやセルライトケアをしてしまうと状態が悪化してしまうことがあります。 特にリンパマッサージは力加減がとても難しいので、あまり強くマッサージをしてしまうと逆に リンパ管を傷つけてしまう可能性があります。 エステ体験を通して、今の自分の体に適したリンパマッサージの力加減や正しいセルライトケアなどを学ぶことも、憧れのお尻になるために必要なことです。 体験エステはwebからの申し込みのみ可能です。 500円でもちゃんと施術してくれるの? この体験エステはフルコースの体験なので、500円で 70分間しっかりと施術をしてくれます。 日々の食事やトレーニングもとても大切ですが、まずは美容のプロに自分の体の状態を診てもらい、自分はなぜ体に脂肪が多く付いているのか、どんな食事やケアが必要なのかなど、確かな自分の体の状態と確実な情報を得ることが ダイエットの近道になりますね! 1日のランチを1日お弁当にするだけで適格なアドバイスが貰えるのはお得です。 ここまで低価格で体験が行えるのも、エルセーヌに 一度の施術で大きな効果が出せる実績があるからでしょう。 ポイント!エルセーヌの店舗は清潔感の溢れるとても綺麗な内装になっていて、ゆったりとくつろげます。 時間が取れたとき、ちょっとした自分へのご褒美にも良いと思います! しつこく勧誘されたりしないの? 施術の後はアンケートや今後のコースの提案などはあると思いますが、施術を受けてみた素直な感想を伝えればエスティシャンの方もきちんと対応してくださるので安心してくださいね。 【施術の流れ】 ヨウムのもこちゃん 10キロ痩せたのは、こんなダイエット法です! 食べないダイエットは続きません。 年齢に関係なく体に負担をかけず、かつ効果的に痩せるには、野菜を中心にして、しっかりとした献立の食べ物を体に入れていくこと。 食べる量を少しだけ減らす 子供用の茶碗や器を使うのがお勧めです。 器が小さい分、小盛りに見えないのが良いところ。 外食でも、「ご飯は少なめで」と注文したり、後2口を残してみるなど、ほんの少し口に入れる量を減らしてみましょう。 残すことをためらわないことが、ダイエット成功への第一歩です。 朝は酵素たっぷり自家製ジュース 朝は生の野菜とフルーツを使った生ジュースにして、「酵素」をたっぷりと入れましょう。 酵素には、食事からとって栄養分をエネルギーや新しい体細胞などに変える働きがあります。 酵素が不足するとエネルギーなどに変換できない為、どうしても体内に脂肪として蓄えやすくなります。 ダイエットに欠かせない酵素ですが、加熱すると壊れてしまう為、朝は生ジュースにして、効率よく摂取します。 糖質の多いご飯やパン、イモ類などは制限します。 糖質は即効性のアルエネルギー源の為、糖質をとるとまず先に糖質から使われて、減らしたい体脂肪は後に回されてしまいます。 そこで、体脂肪から先に消費するように糖質を制限して、効率よく体重を落としていくのです。 参考: 4. 体重を量る 朝と晩、体重計に乗ってカレンダーなどに記録しましょう。 1日2回が大変なら1回でもかまいません。 数字が目に見えることで、やる気も出てくるものです。 食べるルールはたったの3つだけ! 痩せ体質になる鍵の一つがビタミン、ミネラル、酵素。 これらが多く含まれていて、手軽に取れる食材と言えば、生野菜やフルーツです。 上手なとり方を「酵素学的生理リズム」とともにご紹介します。 1日のカラダの酵素学的生理リズム 酵素とは、生きる為に欠かせない栄養素。 体内には、消化酵素と代謝酵素の2種類があります。 この2つはバラバラに活動していて、1日のうちで力を発揮する時間帯がそれぞれ異なります。 酵素を効果的に使うためには、そのリズムに合わせた食事を取ることが大切です。 手軽にたっぷり取れる"生ジュース"にするのがベストですが、時間がないときはそのまま食べてもOK。 代謝に欠かせないビタミンやミネラルをしっかりとることが出来ます。 また、酵素栄養学では朝は老廃物を出す「排出の時間」。 酵素は排出の為に使いたいので、大量の消化酵素を必要とするような重い朝食はNGです。 消化酵素を働かせると、代謝酵素が不足して、ダイエットにブレーキをかけることにもなりかねません。 その点ジュースなら自分で酵素がたっぷり持っていて自己消化できるので最適です。 昼:好きなものを食べてOK! 私たちの体には24時間のリズムがあります。 このリズムに合わせて食事を取るのがベスト。 昼の12時~20時は消化酵素が活発に働く「消化の時間」なので、外食するなど、好きなものを食べてもかまいません。 とはいえ、大盛りのカツ丼やラーメンライスなど、明らかなカロリーオーバーは、もちろんNG。 また、揚げ物やファーストフードは脂質の取りすぎに、パスタなどの単品料理は野菜不足になりやすいので、避けるようにしましょう。 おススメはいわゆる定食です。 メインのおかずに、副菜、汁物が付いているので栄養のバランスがとりやすくなります。 そして出来るだけ20時までにとることをおススメします。 夜は、それまでの消化モードから代謝モードに切り替わり、代謝酵素が活性化する時間帯です。 でも、ガッツリ食事を取ってしまうと消化のほうが優先され、代謝が疎かになってしまいます。 さらに夜遅くなるほど体は脂肪をためやすくなるので、「ガッツリ夜遅く」はデブ体質を作るもとに。 そこで、野菜中心のサラダとスープの軽いメニューを提案しています。 野菜は消化が良いので、代謝が疎かになることもありません。 ダイエットを継続する為に ダイエットを成功させるには、とにかく継続することが大切です。 そのためには、頑張り過ぎない「ゆるさ」が大切です。 ダイエット中ではありますが、どうしても揚げ物が食べたくなった日は、迷わず食べてください。 その代わり、その日の夜ご飯を減らしたり、次の日の昼を抑えたり、「食べ過ぎの連続」を避けましょう。 ダイエットを成功させたいなら、「ゆるさ」が大事です。 たまには自分に甘くなって、ストレスをためないように続けましょう。 夜ご飯でもいつもと同じ食事でOK! せっかくダイエットをしていても、帰宅が遅くなると、時間が無いので簡単にお腹にたまるものを食べて、いつの間にか元の食事に戻ってしまう、ということがよくあります。 忙しい人にもぴったりの続けやすいダイエットなのです。 栄養面を考えた食事で、健康的に痩せられる 単品ダイエットや食べないダイエットは、無理があるので長続きしません。 そればかりか、代謝に欠かせない酵素、ビタミン、ミネラルなどの必要な栄養素が不足するので、ますます太りやすい体質に・・・。 ダイエット後によくリバウンドするのは、それが一つの原因です。 無理なダイエットは、便秘や肌荒れなどの不調を招くことも。 健康的に痩せるには、適量をバランスよく食べること。 綺麗に痩せられて、その後も美しい体型がキープしやすくなるのです。 お酒も甘いものも、適度ならOK! ダイエットに禁物とされるお酒や甘いものですが、種類を選べば、そんな悪いものではありません。 それより、好きなものを完全にシャットアウトすることはストレスに繋がり、かえって逆効果です。 お酒は、週に2~3回などと決めて適量(グラス1~2杯)を守ればOK。 どうしてもおつまみが欲しい時は、枝豆や野菜スティックなどのヘルシーなものにします。 甘いものは、ケーキやチョコレートなどの糖質、脂質の多いお菓子は出来るだけ避け、フルーツや手作りスイーツがおススメです。 なお、飲み物だけは、甘い清涼飲料水ではなく、水やお茶にしましょう。 カロリー計算などの面倒な手間が要らない 一日の食事を細かくカロリー計算したり、1食500キロカロリーを目標に献立を立てたりするのは面倒なものです。 そもそも、上手くカロリーコントロールが出来ていれば、今さらダイエットの必要なんて無いはず。 カロリーチェックが苦手だからこそ、太ってしまったのです。

次の

【画像】5キロ痩せると見た目はこのくらい変わる!ダイエット方法も伝授!

10 キロ 痩せる と 見た目

ボクシングなどの格闘技では計量があるため、1ヶ月で10キロ減少する選手も珍しくありません。 ただ、ボクシングを始めとして体重制限のある競技の減量と一般的なダイエットの目的は全く違います。 体重制限のある競技の場合は 計量の時だけ決められた体重をクリアすれば基本的にクリアできます。 極限まで身体を絞った状態での計量になります。 一方で、 一般的なダイエットの目的は「健康的に体重を減らしスリムな身体を手に入れること」です。 この点を踏まえて、1ヶ月で10キロ落とすことは簡単ではないですが、可能です。 もちろんアスリートのように普段から節制している状態から10キロの減量は本当に過酷ですが、一般の方で痩せたいと思っている方達ならば、今からお伝えする事を少しでも多く実践していただければ、一か月後には見違えるくらいスッキリした自分になることが出来ます。 今回のダイエットの基本的な食事のルールを朝・昼・晩に分けて説明します。 この3つのポイントを意識することで、自宅で簡単にジュースを作ることが出来ます。 ただし、暴飲暴食はNGです。 ダイエットのコツで紹介した方法を取り入れて下さい。 まず、鍋がダイエットに最適な理由を説明していきます。 *野菜やキノコなどを効率よく摂取しやすい。 食物繊維も豊富に含まれているので、腸内環境を良くして便秘解消に最適です。 食物繊維には2種類あって「水溶性食物繊維」キノコ類や春菊、ほうれん草「不溶性食物繊維」寒天、海草類、豆類に含まれています。 2種類の食物繊維をバランスとることができます。 詳細は以下バナーをクリックしてください。 しかし、ビタミン類は熱で壊れやすいため、生で食べられるサラダほうれん草が、ベストです。 生姜には、レモン汁と同様の効果も期待できますが、伝統的薬根として漢方に使われています。 消化能力改善効果があるので、内臓機能が活発になりダイエット効果も期待できます。 どちらも、少量で効果があるので、積極的に使って欲しいです。 <番外編レシピ:生姜紅茶> 生姜には、体を温め発汗を促し血流の流れを良くし、紅茶には、カフェインによる利尿作用と身体を温めてくれる効果があります。 この2つの相乗効果で身体を温め体内の余分な水分を排出することで、むくみを取り除く効果が期待できるのです。 慣れないうちは、紅茶の渋みと生姜の辛みで、飲みにくい方もいるかと思いますが、黒砂糖やはちみつなどで味をマイルドにして飲みやすくすることをおすすめします。 ダイエット効果という意味でも、体内の代謝を高めて脂肪燃焼効果が期待できます。 まずは、満腹中枢を刺激して満足感を与えることが大事です。 野菜やキノコ類の低カロリーな食品を暖かい鍋を食べることで、満腹中枢が刺激して食べ過ぎを防ぎ、摂取カロリーも大幅に抑えることが出来ます。 一般的な料理では、どうしても炭水化物が恋しくなってしまいますが、鍋料理をメインにすれば、その心配はなくなります。 夕食を鍋にするだけで減量効果が期待できます。 食物繊維も多く含まれていますし、低カロリーなので、満足感をしっかり得ることが出来ます。 ポイントとしては、すりおろした大根とポン酢をいれて食べるのが効果的です。 キノコ類との相性も抜群です。 長ネギの辛み成分「アリシン」には、免疫機能をアップする効果があります。 白菜やキノコ類、豆腐や肉類のレパートリーがしやすいし、タンパク質や食物繊維もしっかり摂れるし、低カロリーの食材を使っているので、ダイエット効果抜群です。 食物繊維を多く含んでいるキノコと相性が良く、材料のバリエーションが豊富です。 (キノコ類をたくさん使って下さい。 (地味ですが、よく噛むことはダイエット以外にも、ボケ防止、唾液の分泌を促すことで虫歯になりにくい、消化不良を防ぎ内臓にも優しい、様々な健康効果も期待できます。 理由は血糖値が急上昇することによって脂肪を蓄えやすい状態になってしまうからです。 ・目玉焼き3個(黄身は2つ分)をキャベツの上にのせて、鰹節をかけて、ソースやマヨネーズなどでお好み焼き風に食べる。 *シンプルな料理ですが、キャベツの千切りを蒸らすと食べた時の満足感もあり、味付けや、卵を肉に変えるなどアレンジしやすいです。 ・茹でた肉や目玉焼きなどをのせる。 (キノコ類を炒めてトッピングしても良し。 ) ・味付けは、ポン酢で食べることをオススメします。 *先ほどの満腹キャベツと同じで、モヤシに肉などをトッピングして満足感を出すメニューです。 モヤシは、蒸すよりも炒めた方が食べやすいと思います。 (もやしは蒸すと水っぽくなり美味しくないため) 人間が空腹を感じる時は、2パターンあります。 1パターン目は、お腹の中が空っぽ(胃の中に何もない状態) 2パターン目は、お腹の中や胃の状態ではなく、血糖値の関係で脳の指令によって起こる空腹と感じてしまう状態 実は、この2パターン目の時がダイエットの大敵になってしまうのです。 少し詳しく説明します。 人間は食事をすると炭水化物からグリコーゲンを作られ体内の血糖値が上がるため、脳が満腹感を感じます。 そして時間がたつとともに、血糖値が下がり、お腹が空いた状態になります。 実は、この時、脳が勝手にお腹が空いたと判断しているだけで、本当に身体が食事を求めているわけじゃないのです。 この時に、脳の要求に従って食事をしてしまうから、カロリーオーバーになり太ってしまうのです。 おそらく今まで空腹でイライラしてしまう方達も、この状態の時に我慢をするからストレスになってしまうんだと思います。 自分が現役中の時も、減量中にこの空腹感を何度も経験しています。 その時に、自分がしていた対処法は、 血糖値を上昇させるために、糖分の入っている甘い缶コーヒーを飲んでいました。 減量中に甘いものを意識して飲むことは、矛盾しているかと思いますが、体内の血糖値を上げる事で、空腹感(イライラ状態)を抑える事が出来るのです。 注意点は、温かいものに限定する必要があります。 理由は、冷たい飲み物だと、一度にたくさん飲めてしまうので、カロリーオーバーになってしまう危険性があります。 温かい飲み物であれば、ゆっくり少しずつ飲めるし、胃腸も冷やすことがないので、少量でも満足感を得ることが出来ます。 1ヶ月で10キロ痩せるために、運動は必須です。 ボクサーのように毎日ハードに動いて、食事量を減らし、水分を調整しても10キロ減量することは大変です。 これを一般の方が実践するのは不可能に近いと思います。 ここでは、ボクサー式運動法というよりも、効率的に痩せて引き締まる運動法を紹介していきたいと思います。 有酸素運動(ランニング)無酸素運動(筋トレ)どちらが良いか。 意見が分かれていますが、 ダイエット目的の運動は、カロリー消費よりも基礎代謝を上げることが重要になってきます。 理由としては、運動でのカロリー消費だけで短期間で大幅に脂肪を燃焼させることが出来ないため、基礎代謝を上げることで、安静時でのカロリー消費を増やし、食事制限との相乗効果で脂肪を燃やし続ける身体作りを目指します。 ビック3といわれている。 上半身・下半身・背中の身体に占める筋肉の大きい部分を効率的に鍛えることで、基礎代謝を格段に上げることが出来ます。 太ももの前側の大腿四頭筋、お尻の筋肉である大臀筋、太ももの裏側の筋肉のハムストリングを効率よく鍛えることが出来ます。 *下半身の筋肉の割合は高く(身体全体の筋肉量の約60パーセントを占めます。 デッドリフトとは、床に置かれたバーベルを引き上げる動作を行う種目になります。 スクワットと同様に下半身を使う動作がメインになるのですが、バーベルを持つ腕の筋肉や 全体的な身体のバランスが重要になってくるので、全身を鍛える運動でもあります。 *注意点として、難易度が高い種目になるので、必ずジムのスタッフやトレーナーに補助をしてもらって下さい。 「ダイエット=ランニング」とは昔から言われてきましたが、なぜダイエットに効果的なのかを説明します。 有酸素運動の代名詞といえば、ランニングです。 道具や器具を必要としないため、手軽に出来るのがポイントです。 それ以外にも、血行を促進するので、冷え性や肩こり改善、肌のターンオーバーといって肌表面の古い角質がとれて新しい肌に生まれかわるサイクルが促進されるので、美肌効果も期待できます。 このポイントを意識すれば、怪我などを防ぐことが出来ます。 小分けにして走ることもオススメします。 走り始めて苦しくなったら歩く、呼吸が楽になったらまた、走る。 この繰り返しで大丈夫です。 自分もそうなのですが、走り始めの時は、身体が温まるまで走って歩くペースを15分くらい続けてから本格的に走っていました。 1ヶ月に10キロ痩せるダイエット方法ということで、ボクサー時代の経験を生かした内容で書かせていただきましたが、短期間での体重の増減(理想的な基準は、体格の差はありますが、1ヶ月に3キロ前後が目安)は多少なりとも身体に負担をかけてしまいます。 ダイエットの基本は「健康的」が根底にあります。 食事と運動のバランスを取りながら、自分の体調としっかり向き合い実践していってください。 運動法に関しては特に、専門家(ジムのスタッフやトレーナー)の指導を受けることをお勧めします。 詳細は以下バナーをクリックしてください。

次の

【10kg痩せてやる】2ヶ月で必ずダイエットに成功したいあなたへ

10 キロ 痩せる と 見た目

1ヶ月ダイエットを成功させる食事レシピや筋トレや運動メニュー! 10キロ痩せたい。 でも、長々とダイエットを続けるのは苦手だから、できれば1ヶ月で痩せたいけれど、そんなことは本当に可能なのかな・・? このように悩んでいる方はいませんか? 1ヶ月で10キロのダイエットをするなんて、一見無謀にも思えますが、全く以て不可能というわけでもなさそうです。 そこで今回は、1ヶ月で10キロ痩せるダイエットについて調べてみました。 ダイエットと言っても食事や運動など様々なものがあり、どんなことをしたらいいのかよくわからない方も多いと思いますが、短期間で痩せるための方法をご紹介したいと思います。 体重が10キロ落ちたら、見た目はがらっと変わります。 もはや別人に変身・・できるかも知れません。 1ヶ月で10キロ痩せることは可能?体に影響はない? 脂肪1キロを落とすためには、7,000キロカロリーの消費が必要と言われています。 今回は10キロですから、単純計算で70,000キロカロリーの消費が必要となり、これを1ヶ月(30日)で割ると一日に消費すべきカロリーはおよそ2,300キロカロリーほど。 成人女性の一日の摂取カロリーは1,800~2,200キロカロリーと言われているので、これを半分に減らし、残りを運動による消費カロリーで補うことができれば、絶対的に無理という話ではなさそうです。 また、実際にダイエットをして1ヶ月で10キロ痩せたという方はいます。 芸能人やモデルなどは、それよりももっと短い期間で痩せていることもあるため、1ヶ月で10キロ痩せることは可能と言えるでしょう。 ただし、体に必要な栄養が不足したり、過度の食事制限ハードな運動によって心身共に強いストレスを感じて、体調不良に陥りやすいと言われています。 本来、無理なく痩せるには1ヶ月に1キロの減量(ないし体重の5%未満)が理想と言われているため、この数字を見るだけでもかなりの負担になるということがわかると思います。 1ヶ月で10キロダイエットを行う時は、体調不良にくれぐれも気を付け、どこか具合が悪くなったらすぐに中断するようにしましょう。 運動や食事制限しなくても1ヶ月ダイエットで痩せることは可能? ダイエットはしたいけど、運動も食事制限も苦手という場合、そのどちらもしなくても1ヶ月で10キロ痩せることは可能なのでしょうか。 これは結論から言うと、不可能と言えるでしょう。 なぜならダイエットでは摂取カロリーを抑えるか、消費カロリーを増やすことで体に蓄えられている脂肪を燃やす必要があるからです。 食事制限によって摂取カロリーを減らすと、体はエネルギーを作るためにまず筋肉を分解しますが、その次には体脂肪を燃やしてエネルギーを作ろうとします。 また、酸素を多く摂りこむ有酸素運動は直接脂肪を燃やす作用のあるものですし、筋トレは筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げ、痩せやすい体質を作ってくれます。 このように、ダイエットにおいて食事制限と運動は切っても切り離せないもの。 特に1ヶ月で10キロ痩せるためには、どちらも行う必要があるくらいなので、食事制限も運動もせずに痩せるのは不可能と考えられます。 1ヶ月ダイエットでキレイに痩せる効果的な方法 ダイエットはただ体重が減ればいい・・と考えている方は少ないのではないでしょうか。 せっかく体重が落ちても、やつれたような顔や体では努力もムダに思えてしまうもの。 どうせダイエットするなら、見た目も綺麗に痩せたいものですよね。 1ヶ月ダイエットでは、食事制限と運動を同時に行うのが基本となりますが、その中でも筋トレは綺麗に痩せるためには欠かせないものと言えるでしょう。 筋トレの効果は先述した通り、筋肉量を増やして基礎代謝を上げることですが、それ以外にもたるんだ皮膚や脂肪を引き上げ、見た目をスッキリと引き締まったラインに整えるという効果もあります。 そのため、1ヶ月ダイエットで効果的にかつ綺麗に痩せるためには筋トレは必要不可欠と言えるでしょう。 1ヶ月ダイエットを成功させる筋トレメニュー5選 1ヶ月ダイエットを成功させるには、筋トレによって筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることが欠かせません。 そこでここでは、ダイエットに役立つお勧めの筋トレをご紹介したいと思います。 この時、つま先と膝は同じ方向に向けましょう。 また、膝がつま先よりも前に出ないように注意して下さい。 自転車を漕いでいるイメージで行うとよいでしょう。 足は床に着けず、ギリギリまで下ろして元に戻します。 1ヶ月ダイエットを成功させるカロリー消費の多い有酸素運動5選 脂肪を直接減らす効果のある有酸素運動は、ダイエットを行う上では必要不可欠なプログラムと言えます。 ここでは、ダイエットをより効率的に行うために、カロリー消費の多い有酸素運動をご紹介したいと思います。 水泳 全身をくまなく使う水泳は、数ある有酸素運動の中でも最も脂肪燃焼作用が高いと言われています。 中でもバタフライのカロリー消費が一番なのですが、バタフライはできない人も多いですよね。 でも心配はいりません。 クロールでもカロリー消費が十分見込めます。 縄跳び バタフライに次いでカロリー消費が多いのが縄跳びと言われています。 水着になるのはちょっと・・という方は、縄跳びを始めてみるのがよいかも知れません。 ジョギング 有酸素運動の代名詞的な存在であるジョギングも、カロリー消費の高い一つになります。 脂肪燃焼効果を高めるには、走るスピードよりも時間と「息が切れるほど行わない」ことが大切になります。 エアロビクス ただ走っているだけや泳いでいるだけでは飽きてしまいそうという方は、エアロビクスがお勧めです。 音楽に合わせて踊るので、1時間があっという間に過ぎてしまいます。 踏み台昇降 専用のステッパーがなくても、階段の一段目や古雑誌を積み重ねて昇り降りするだけでも、十分な効果が見込めます。 単純な動きですが、カロリー消費はかなり高めです。 有酸素運動で効率的に脂肪を燃焼させるコツ 有酸素運動で効率的に脂肪燃焼させるためには、どの運動においても息が上がるほど激しく行ってはいけないということです。 有酸素運動は体にできるだけ多くの酸素を摂り込むことが目的となるため、息が苦しくならないように行いましょう。 なお、運動の際に最も脂肪が燃えるのは、最大心拍数の60~80%程度の運動強度を保つこと。 最大心拍数は、ジムのランニングマシーンで「もうこれ以上走れない」という限界まで体を追いこんで計算するのが本来なのですが、誰もがみなそのような計算ができるわけではないので、次の計算式を利用するのがよいでしょう。 これに目的の運動強度をかけることで、有酸素運動時の理想的な心拍数がわかります。 7=133となり、133前後に心拍を保って運動をすることで脂肪燃焼効果を上げることができます。 1ヶ月ダイエットでおすすめの食事の摂り方! 1ヶ月で10キロの体重を落とすには、食事はかなり低カロリーのものを選ぶ必要があります。 カロリーが低く、かつ栄養の多いものと言えば野菜がありますよね。 また、きのこ類も低カロリーのためダイエットに向いている食材と言えます。 1ヶ月ダイエットでは、これらを組み合わせた食事がメインになると思われます。 とは言え、それだけでは当然ながら栄養不足になってしまいます。 特に、筋トレを行っている場合には、お肉やお魚に含まれるたんぱく質を摂ることが大切なので、低カロリー高たんぱくの食事を心掛けるのがよいでしょう。 なお、一日の総摂取カロリーの半分をしめてしまう炭水化物(糖質)はできるだけ摂らない方がダイエットにはよいですが、体にとって必要不可欠な栄養であるため、極端に制限するのは止めた方がよいでしょう。 1ヶ月のダイエットを成功させる食事レシピ ここでは、低カロリー高たんぱくのメニューを中心に、1ヶ月ダイエットにお勧めの食事レシピをご紹介したいと思います。 朝食のレシピ3選 スムージー 野菜や果物はカロリーが低く、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養が豊富なため、朝食のメニューとして最適です。 おかゆ 炭水化物が食べたい場合は、朝食に食べることによってその後に消費されやすくなり、脂肪として溜まりにくくなります。 ご飯の場合、おかゆにすると腹持ちもよくなり、カロリーも半分で済みます。 卵を入れるとたんぱく質も摂ることができますよ。 ヨーグルト ヨーグルトは低カロリー高たんぱくな上、腸内環境を整えてくれる乳酸菌も含まれており、デトックス効果も期待できます。 ヨーグルトだけでは物足りないという場合は、果物を添えてよいですがシロップはカロリーが高いので注意しましょう。 昼食のレシピ3選 オムレツ 低カロリー高たんぱくの卵を使ったオムレツは、昼食にお勧めのメニューとなっています。 オムライスではないので注意しましょう。 そば ダイエット中でも麺類が食べたい時は、うどんやパスタよりもそばの方が炭水化物が少ないのでよいでしょう。 なお、冷たいそばよりも温かい方が体を冷やさないため、ダイエットに向いています。 サラダ 低カロリーでダイエットに欠かせないメニューと言えば、やはりサラダですよね。 ただし、いくらサラダであってもドレッシングをたっぷりかけてしまうとカロリーオーバーになるので注意しましょう。 夕食のレシピ3選 きのこ鍋 きのこは低カロリーの上、食物繊維が多く、歯応えもあるので満足感の高い食材と言えます。 鍋にすることで体が温まり、数多くの種類を食べられるのでお勧めです。 野菜スープ 生野菜は苦手という方でも、スープにすると食べられる場合も多いのではないでしょうか。 水分を含むため少量で満腹になり、野菜から溶け出した栄養も逃さず摂ることができるのでお勧めです。 味噌汁 日本伝統の食事の一つである味噌汁は、近年海外のセレブからダイエットスープとして人気が高まっています。 野菜やきのこを多く使うことで満足感も高くなります。 1ヶ月ダイエットをサポートするサプリ3選 1ヶ月ダイエットを行う時は、サプリメントを利用するのもよい方法と言えます。 ここでは、ダイエット効果のあるお勧めのサプリメントをご紹介したいと思います。 カロリミット 食事による糖質や脂質の摂取を抑えてくれる成分が含まれているサプリメントです。 つい食べ過ぎてしまったという時でも、カロリーをオフしてくれます。 参考URL: ラクトフェリン 脂肪の分解を促す働きのあるラクトフェリンが含まれているサプリメントです。 また、内臓脂肪を減らす効果があると言われているため、ぽっこりお腹を減らす作用も期待できます。 参考URL: カプシエイトナチュラ 脂肪燃焼作用のあるカプサイシンが配合されたサプリメントです。 トウガラシに含まれるカプサイシンには血行促進作用があり、代謝のアップや冷えの解消に役立つと言われています。 参考URL: 1ヶ月ダイエットをサポートするアプリ3選 ダイエットを始めても、食事のメニューに困ったり、一人で続けることに挫折しそうになることってありますよね。 そのような時はスマホのアプリを使って、上手にダイエットを乗り切りましょう。 ここでは、1ヶ月ダイエットをサポートしてくれるアプリをご紹介したいと思います。 ダイエットMEMO 身長と目標体重を入力すると、割り出されたBMI指数が表示されます。 後は毎日体重を計って入力するだけで、BMI指数と現在の体の状態をすぐに確認することができます。 参考URL: 体脂肪計タニタの社員食堂 体重計メーカーのタニタが監修しているレシピアプリです。 500㎉以内のレシピが豊富に掲載されているので、ダイエット中の食事に困った時に利用できます。 参考URL: レコリズム 友達と一緒にダイエットを始めて、アプリ内で励まし合うことができます。 また、検索でダイエット仲間を見つけることもできます。 参考URL: 1ヶ月ダイエットを成功させる為に日常生活で気を付けるポイント 1ヶ月ダイエットを行う時は、体調不良に気を付けなければいけません。 極端な食事制限や過剰すぎる運動は、体を壊す原因となってしまうため、痩せたい一心に無理なダイエットをしてはいけません。 また、それ以外に大切なのが日常生活の過ごし方です。 いくら食事や運動の管理が上手く行っていたとしても、毎日の生活リズムが崩れているとそこから体調不良を起こしかねません。 そのため、1ヶ月ダイエットを行っている時は普段にも増して規則正しい生活を送る必要があります。 特に、早寝早起きを心掛け睡眠不足にならないように心掛けましょう。 睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が低下するため、代謝が下がってダイエットの妨げになるだけではなく、心身へのストレスが大きくなり、イライラや集中力の低下などダイエットの失敗に繋がってしまいます。 なお、寝る1~2時間前にお風呂に入ると、体温が一旦上がるため寝入りがよくなると言われています。 お風呂は代謝も上げてくれるため、毎日シャワーで済ませてしまうとう方はぜひダイエットの一環としてお風呂に浸かることをお勧めします。 ダイエット成功後のリバウンドを防ぐ方法 1ヶ月で10キロのダイエットに成功したら、その後に怖いのはリバウンドですよね。 当然ながらダイエット前の生活に戻ってしまえば、すぐに体重が元通りになってしまいます。 ダイエット成功後は、それまでの食生活を見直し、運動や筋トレはもちろんのこと、ある程度の食事制限は必要となってきます。 ただしそれは、「一生ダイエットを続ける」ということではありません。 そもそも太ってしまった原因は、過剰なカロリー摂取や運動不足によるもののため、これらの生活を改めることでリバウンドを防ぐことができます。 1ヶ月ダイエットで10キロ痩せ美しく見た目を変える方法!のまとめ 1ヶ月で10キロのダイエットに成功したら、周囲の誰もがその努力を認めてくれることでしょう。 見た目も大きく代わり、きっとあなたは自信に満ち溢れるはずです。 しかし、本来であれば1ヶ月で10キロ痩せるのはとても無謀な方法と言えます。 できれば、時間をかけて体に無理なくダイエットを行うようにして下さい。

次の