Zoom 画面 共有 音声。 【簡単図解】Zoomで画面共有する方法(動画・音声)

【簡単図解】Zoomで画面共有する方法(動画・音声)

Zoom 画面 共有 音声

今回は声が聞こえにくいと言われた時を想定して「Microphon」の項目を設定してみます。 「Microphon」の項目ではパソコンにマイクをセットしていない場合、 パソコンの内蔵マイクを使用します。 入力音量と書かれてある部分は手動で変更する事ができ、音量調整をパソコンに任せたい場合は 「マイク音量を自動調整します」にチェック入れると勝手に音量調整してくれます。 ほとんどの場合は「マイク音量を自動調整します」で問題ないと思いますが、声量が人より少なくてよく人に、 iPhoneを使って画面共有している時の音量調整 ZoomアプリをiPhoneを使って使っている場合は音量調整をパソコンの様に細かく設定できません。 iPhoneで音量調整したい場合は、iPhone側の音量を調整する様になります。 例えば、相手の声が聞きこえにくいと感じる場合は、 iPhone側面のボリュームボタンで調整する様になります。 逆に声が聞こえづらいと感じる場合はいくつかの原因がありますので以下の記事を参考に対処してみましょう。 関連記事 iPhoneのマイク・カメラの設定 iPhoneでこちらの 映像が出ない時や 声が聞こえない時はマイクとカメラの設定も見直しましょう。 まず左上と左下の「スピーカー」「マイク」が「オン」の状態であることを確認します。 そして次にiPhone側の設定をします。

次の

【お役立ち情報】Zoomで音源を共有する方法!

Zoom 画面 共有 音声

zoomを使ってお客様とコンサルティングやセッション、セミナーをする際に、 「相手の音や映像が届かない!」というケースは、意外と頻繁に発生します。 特に、相手がzoomの操作に慣れていない場合はこうしたケースが多発しがち。 相手の画面が見えないため対処しづらいかと思いますが、この記事で 「音声や映像が届かない相手の画面はどうなっているのか?」をキャプチャーして対処方法を整理しましたので、この記事に書いてある通りに先方に伝えてトラブル解決にご活用ください。 *この記事は、• 自分がzoomのホスト(主宰側)を行っており、 参加者(スマホから)の接続がうまくいかない。 というケースを想定しています。 この他「自分がホスト・ゲストは関係なく、 スマホから接続しているがうまくいかない」という場合もこの記事の対処方法で解決できますので、併せて参考にしてください。 音声も映像もどちらもOKの場合 まず 大前提として、自分のスピーカーがオフになっていないかを確認してください。 また、スカイプやfacebook電話、LINE電話など音声やビデオを使うものにリソースが割り当てられている時もありますので、いったんこれらのアプリケーションをすべて終了させてもらってください。 やり方がわからない方は、を参考に! その上で、相手のマイクやカメラのアイコンがどうなっているかを確認します。 相手の画面のアイコンはこんな風に「白いマイク・白いカメラのアイコン」になっているはずです。 相手のアイコンがこの状態になるように、一つ一つ確認してあげましょう。 音声が届かない場合の対処方法 次に書いてある通りに相手にお伝えして一緒に解決してあげてください。 画面にマイクかイヤホンのマークは見えていますか? 画面に何もアイコンが出ていない場合は、、、画面の空いているスペースをどこでもいいのでタップしてください。 スマホの扱いに慣れていない方だと特にここで「???」となるのですが、慌てず落ち着いて操作していただければOKです。 アイコンのマークはどんな風になっていますか? 表示されたアイコンが「ヘッドホンマークと緑の矢印」の場合・・・ 「インターネットを使用した通話」をタップするように伝えてください。 多くの場合はこれで音声が届くはずです。 表示されたアイコンが「赤いマイクに斜線」の場合・・・ マイクがミュートになっているので、アイコンをタップします。 これで相手の音声が届くようになるはずです。 それでもダメな場合は、次のケースが考えられます。 「このアプリがマイクにアクセスできない」とのメッセージが表示される場合・・・ zoomにマイクの使用を許可してあげる必要があります。 一旦ホーム画面に戻り、設定へと進みます。 設定画面をスクロールして、zoomアプリをタップ。 マイクとカメラがオン(図の状態)になっているようにしてください。 これで再度、zoomの画面で、マイクのアイコンがどのような表示になっているか確認してください。 音声が聞こえない場合のパターンは3つ 相手の画面が見えないのでホスト側もあたふたしてしまいがちですが、改めて整理すると音声が聞こえないパターンは大きく3つです。 1.オーディオに参加していない 2.マイクがミュートになっている 3.zoomアプリにマイクの使用が許可されていない いずれかの対処方法を落ち着いて試してみて下さい。 3つともやったけど聞こえない!!という場合は、相手のマイクの断線か、こちらのイヤホンの断線の可能性も疑う必要があるのですが、機材がNGの場合はどうしようもないので、messengerの通話やLINE電話など、「いつも電話をするような形」に切り替えるしかありません。 映像が届かない場合の対処方法 この場合も、相手のカメラアイコンがどうなっているかを診断しながら進めましょう カメラのアイコンはどんな風になっていますか? 「赤いカメラに斜線のアイコン」の場合 この場合はカメラがオフになっているので、カメラアイコンをタップしてあげればOKです。 「このアプリがカメラにアクセスできない」とのメッセージが表示される場合・・・ zoomにマイクの使用を許可してあげる必要があります。 一旦ホーム画面に戻り、設定へと進みます。 設定画面をスクロールして、zoomアプリをタップ。 マイクとカメラがオン(図の状態)になっているようにしてください。 相手の映像が見えない場合のパターンは2つ 相手の画面が見えないのでホスト側もあたふたしてしまいがちですが、改めて整理すると相手の映像が見えないパターンは大きく2つです。 1.カメラがオフになっている 2.zoomアプリにカメラの使用が許可されていない いずれかの対処方法を落ち着いて試してみて下さい。 これで再度、zoomの画面で、カメラのアイコンがどのような表示になっているか確認してください。 ごく稀に、「カメラの不具合でそもそも映像が撮れない」というケースもありますが、この場合は音声だけで会を進めるしかありません。 相手が初めてzoomを使う場合は、事前に練習会をしておくことを強くおすすめします。 こちらの記事もおすすめです。 青山華子よりお知らせ 青山華子の学びのコミュニティ「先生相談室」では、zoomを使った勉強会やイベントを定期的に開催しています。 集客や運営の負担なしで先生相談室メンバー向けにZOOMセミナー講師として登壇できる機会もあります。 ZOOMセミナーに登壇する際には、青山華子からセミナー内容のアドバイスや操作練習なども無料で受けられ、オンライン講師としてデビューするチャンスです。 アマゾン2連続1位を獲得できたコンサルタント。 私のこれまでのがけっぷちな人生で起きた様々なビジネルトラブルや体験談も、限定公開しています。 【保護中の限定記事のパスワードは、メルマガ1通目のプレゼントで全て公開中!】.

次の

Zoomで画面共有している時に音量調整する方法[PC/iPhone]

Zoom 画面 共有 音声

セミナー・講座、プレゼンテーションなどを行う場合、パワーポイントで作成したスライド資料を共有しながら進めることがあります。 会議室などで対面で行う場合は、プロジェクターにパワーポイントのスライドを投影しながら進めますが、では、オンラインで実行する場合は、どのように操作すれば良いのでしょうか。 WEBセミナーツールの「Zoom」では、パワーポイント作成したスライド資料を「 画面共有」機能を使うことで参加者に共有できます。 今回は、パソコン版Zoomの画面共有を使ったパワーポイントの見せ方についてご紹介致します。 参加者を招待する方法はこちらの記事で解説しています。 (あらかじめ画面共有したいファイルを開いておく必要があります。 中央下にある、緑のボタンです。 今回は パワーポイントで作成した資料なのでその画面を選択し共有をクリックします。 これで、スライド資料が参加者と共有できます。 他ページを見せたい時などは「共有の一時停止」ボタンをクリックします。 これらの、画面共有をオン、オフする機能を使いこなして会議・セミナーを進行していきます。

次の