俺 は 東京 生まれ ヒップ ホップ 育ち。 R&B・ヒップホップの質問一覧

KjとZeebra「因縁の2人」が同じ番組に出演 「歴史的瞬間」期待も...?: J

俺 は 東京 生まれ ヒップ ホップ 育ち

Zeebra(ジブラ、本名:横井 英之〈よこい ひでゆき〉、1971年4月2日 - )は、日本のヒップホップMC。 DJ DIRTYKRATES名義でDJとしても活動している。 別称は、ZEEBRA Tha Ill Skill、鼻息荒いシマウマなど。 別称(a. a)は、「ZEEBRA Tha Ill Skill(ジブラ・ザ・イル・スキル 」、「鼻息荒いシマウマ」、「Zeebra The Daddy(ジブラ・ザ・ダディ)」,「都会の野蛮人」、「Mr. Dynamaite(ミスター・ダイナマイト)」、「城南ハスラー」、「Z(ジー)」、「ZBR(ジー・ビー・アール)」など。 少年時代、週刊少年ジャンプ連載の漫画『テニスボーイ』を愛読してテニス選手に憧れ、アメリカに短期間のテニス留学をした。 そこでは英語を習得し、後の活動の基礎となった。 1982年のホテルニュージャパン火災により、祖父の横井英樹が実刑判決を受けたこともあり、学校で高学年生からのいじめ等を受けた。 中学時代は素行不良などの理由で2年生時に落第、慶應義塾普通部を自主退学。 セント・メリーズ・インターナショナル・スクールに2日間だけ登校し、都内の区立中学校卒業。 その後、文化学院を1年の2学期で中途退学。 ラスタファリ運動に影響を受けており、牛肉や豚肉類をまったく食べない。 出典:.

次の

【ラッパー】Kダブシャイン、「日本の『日本語ラップ』ファン、関係者の85%はヒップホップを理解してない [muffin★]

俺 は 東京 生まれ ヒップ ホップ 育ち

2020年05月26日 ラッパーのKダブシャインさんが2020年5月26日にツイッターを更新し、ヒップホップファンや関係者について持論を語った。 Kダブさんは以前に、日本社会における新たな「教育」の提案について、ヒップホップ論を交えながら語っていた。 これについて、あるユーザーが25日にツイートした。 「教育はいいとして、ヒップホップは最近良くないイメージ(特に危険薬物のイメージ)が多い」ため、「今はSTOP」した方がよいという旨の投稿だ。 これに対しKダブさんは26日、「残念ながら、日本の『日本語ラップ』ファン、関係者の85%はヒップホップを理解してない。 理解しようともしてないかもしれない。 『好き』になることと『理解』することの違いを知ってもらいたい。 いくら好きでも、理解してるかどうかは別問題だ。 ラップが好きなら、ヒップホップをよく理解して欲しい」と引用リツイートで反応した。 そして、これに賛同したユーザーへの引用リツイートで、「受験勉強と同じだけど『情報』と『知識』が勘違いされている。 名前や地名、年号を覚えても、登場人物の背景や感情までは気にならない。 新曲をやたら紹介はするけど、クラシックアルバムの内容すら語れない。 それなのに、知った口をたたく現象が自称ヒップホップ専門家に多く、この機会に絶滅してほしい」と続けた。 ヒップホップで用いられる「クラシック」とは、一般的にヒップホップの名盤や名曲を意味する。 そのほか、Kダブさんの姿勢を「自分が自分であることを誇り、社会に問題提起し、弱者を励まし、体制に決して迎合しない姿勢」と評したユーザーには 「オレはね、90年代当時に来日したリアルヒップホッパーのDJ、MCたちから『日本のヒップホップを頼むぞ』という使命を与えられたんだよ」と、自身の「使命」を語っている。 引用元:.

次の

俺は東京生まれヒップホップ育ち【grateful days】の替え歌が話題!おもしろ10選!

俺 は 東京 生まれ ヒップ ホップ 育ち

02年の「公開処刑」でKjを痛烈批判 Dragon Ashはヒップホップ、パンク、ラテンミュージックなど様々な音楽を融合させた「ミクスチャーロックバンド」として知られる。 Kjさんは99年発売のDragon Ashのシングル曲「Grateful Days」でZeebraさんと共演。 CDは90万枚を超えるヒットを記録し、Zeebraさんが曲中で披露した「俺は東京生まれヒップホップ育ち」というフレーズは広く知れ渡った。 しかし、Zeebraさんは02年に所属するヒップホップユニット「キングギドラ」の楽曲「公開処刑」でKjさんについてラップで言及。 当時若者から高い人気を得ていたKjさんのラップスタイルが自身のスタイルの模倣だと批判するもので、「おめえのグレートフルデイズも今日まで」とかつてのヒット曲を引き合いに出して「ディス」(貶す)をかました。 この一件以降、KjさんとZeebraさんの音楽的な共演は見られず、音楽ファンの間では2人の関係を「因縁の関係」だとする認識が広まってきた。 Grateful Days披露への期待もあったが そうした中、20年4月28日に今回の「STAY HOME, STAY STRONG~音楽で日本を元気に!~」の出演者が発表された。 そこにKjさんとZeebraさんが共に名を連ねていたことから、ツイッター上の音楽ファンからは、 「とんでもない事件が起きてる... 」 「歴史的瞬間になるんじゃないですか!」 など驚きの声が広まった。 中には「Grateful Days聴けないかな」とかつてのヒット曲を通じた2人の共演を期待する声も上がっていた。 しかし、6日の放送ではKjさんは松田聖子さんの「SWEET MEMORIES」を弾き語りでカバー、Zeebraさんは自身のオリジナル楽曲をそれぞれ披露したため、音楽的な意味での「共演」はならなかった。

次の