アイス コーヒー の 作り方。 自宅でできる!急冷アイスコーヒーのおいしい作り方[分量・方法]

【美味しいアイスコーヒーの作り方】プロ直伝のハンドドリップで美味しい自家製アイスコーヒーを入れる方法|深みを調整してベストな味を探求!

アイス コーヒー の 作り方

アイスコーヒーの作り方とおいしくするポイント インスタントでのアイスコーヒーを作る場合の方法とおいしくするためのポイントは以下の通りです。 濃いめのコーヒーを少し作る 最初に、少量のお湯でコーヒーの粉をしっかり溶かします。 おいしくするための一つ目のポイントは、アイスコーヒーを作る場合、 コーヒーの粉の量をホットコーヒーの時より、少し多めにすることです。 1杯分 150cc であれば、ホットコーヒーの場合、約2g ティースプーン山盛り1杯 ぐらいです。 でも、アイスコーヒーの場合は、 約3g ティースプーン2杯 いれちゃいます。 砂糖も最初に入れておく おいしくするための2つ目のポイントは、 砂糖を多めにしておくことです。 これは体験的に、みんな分かっていることなのですが、冷やすと、甘味をそんなに感じなくなります。 例えば、甘いアイスクリームを溶かして、飲むと、無茶苦茶、甘ったるくなりますよね。 それと同じ原理です。 水と氷で冷やしながら薄める 水の代わりに牛乳を入れると、カフェオレとなります。 ちなみに私は、断然、カフェオレ派です。 そんな方のためには、 「水で溶けるインスタントコーヒーを使う」 ことをオススメいたします。 代表的なのが、ネスカフェの ネスカフェエクセラです。 ちなみにネスカフェでは、 コーヒーの粉と水を混ぜる場合の黄金比率があると説明しています。 作り方は、 1. 冷たい水、150mLに対して ネスカフェエクセラ約2g スプーン約2杯分 を入れる。 氷を2~3個入れる だけです。 詳しくは、をご覧ください。 ちなみにアイスカフェオレにしたい場合は、牛乳150mlに対して、ネスカフェエクセラを約3g コーヒー約3杯分 と、少し濃いめに入れるとおいしくなります。 甘くするときは、お好みでシロップなどを入れるようになります。 アイスコーヒーを作り置きする際の注意点 アイスコーヒーを作り置きしておけば、その都度、作る手間が省けるので、もっと楽になりますよね。 ただ、作り置きしておく場合は、 2~3日で飲み切るぐらいの量にすることをオススメいたします。 長くても1週間以内には飲み切るようにして下さい。 なぜなら、コーヒーは、 時間が経つと酸化して風味が段々落ちてくるからです。 また、アイスコーヒーの酸化を防ぐためにも、 気密性の高い容器に入れた上で、冷蔵庫で保管するようにし下さい。 まとめ このように、アイスコーヒーは、意外と簡単に作れますし、作り置きも効率よく行なえば、インスタントでもしっかりおいしさを楽しむことが出来ます。 暑い時期を迎えるようになっても、おいしいアイスコーヒーを飲んで元気に乗り切って下さい!.

次の

アイスコーヒーのおいしい作り方!自宅でかんたん、やってみよう

アイス コーヒー の 作り方

アイスコーヒーの作り方とおいしくするポイント インスタントでのアイスコーヒーを作る場合の方法とおいしくするためのポイントは以下の通りです。 濃いめのコーヒーを少し作る 最初に、少量のお湯でコーヒーの粉をしっかり溶かします。 おいしくするための一つ目のポイントは、アイスコーヒーを作る場合、 コーヒーの粉の量をホットコーヒーの時より、少し多めにすることです。 1杯分 150cc であれば、ホットコーヒーの場合、約2g ティースプーン山盛り1杯 ぐらいです。 でも、アイスコーヒーの場合は、 約3g ティースプーン2杯 いれちゃいます。 砂糖も最初に入れておく おいしくするための2つ目のポイントは、 砂糖を多めにしておくことです。 これは体験的に、みんな分かっていることなのですが、冷やすと、甘味をそんなに感じなくなります。 例えば、甘いアイスクリームを溶かして、飲むと、無茶苦茶、甘ったるくなりますよね。 それと同じ原理です。 水と氷で冷やしながら薄める 水の代わりに牛乳を入れると、カフェオレとなります。 ちなみに私は、断然、カフェオレ派です。 そんな方のためには、 「水で溶けるインスタントコーヒーを使う」 ことをオススメいたします。 代表的なのが、ネスカフェの ネスカフェエクセラです。 ちなみにネスカフェでは、 コーヒーの粉と水を混ぜる場合の黄金比率があると説明しています。 作り方は、 1. 冷たい水、150mLに対して ネスカフェエクセラ約2g スプーン約2杯分 を入れる。 氷を2~3個入れる だけです。 詳しくは、をご覧ください。 ちなみにアイスカフェオレにしたい場合は、牛乳150mlに対して、ネスカフェエクセラを約3g コーヒー約3杯分 と、少し濃いめに入れるとおいしくなります。 甘くするときは、お好みでシロップなどを入れるようになります。 アイスコーヒーを作り置きする際の注意点 アイスコーヒーを作り置きしておけば、その都度、作る手間が省けるので、もっと楽になりますよね。 ただ、作り置きしておく場合は、 2~3日で飲み切るぐらいの量にすることをオススメいたします。 長くても1週間以内には飲み切るようにして下さい。 なぜなら、コーヒーは、 時間が経つと酸化して風味が段々落ちてくるからです。 また、アイスコーヒーの酸化を防ぐためにも、 気密性の高い容器に入れた上で、冷蔵庫で保管するようにし下さい。 まとめ このように、アイスコーヒーは、意外と簡単に作れますし、作り置きも効率よく行なえば、インスタントでもしっかりおいしさを楽しむことが出来ます。 暑い時期を迎えるようになっても、おいしいアイスコーヒーを飲んで元気に乗り切って下さい!.

次の

【美味しいアイスコーヒーの作り方】プロ直伝のハンドドリップで美味しい自家製アイスコーヒーを入れる方法|深みを調整してベストな味を探求!

アイス コーヒー の 作り方

全盛期を迎えた感じですね。 どこに行っても水出し水出し。 お茶もコーヒーも水出しだらけ。 実はワタシ、もともと水出しコーヒーの味が苦手なほうで。 でもおいしい水出しコーヒーに出会ったりうちにだいぶ慣れてきました。 ですが、ワタシと同じようにどうしても水出しコーヒーの味に抵抗があるという方も、実は多いのではないでしょうか?だけど専門店のリキッドコーヒーは割高だし、かといってスーパーの1本90円のコーヒーだと物足りない、、。 そんなこんなの2018年夏、やっぱり急冷したアイスコーヒーもおいしいよね!ということで2日に1回ペースで仕込んで毎日おいしく飲んでます。 ホットコーヒーと違ってアイスコーヒーはある程度作り置きできるし、ホットよりも味の劣化が少ないというのも決め手。 とはいっても自宅でアイスコーヒーなんて作れるの? そんな方の為に今回は、わが家の急冷アイスコーヒー簡単レシピ(グラス約3,4杯分)を写真付きでご紹介しようと思います。 急冷アイスコーヒーを作る方法(約700cc分) 使うものは普段自宅でホットコーヒーを入れる人なら同じものでOKです。 特に特別なものが必要というわけではありません! それではまず始めに急冷アイスコーヒーを作るのに必要な物(分量)・作り方の手順を文字でご案内します。 ここでは全体の流れを掴んでいただければと思います。 意外と簡単そうですよね! それでは実際に作っている様子を写真付きで解説しながらご紹介しますね。 急冷アイスコーヒーの作り方(写真付き) 1:サーバーにドリッパーをセットし、中挽きにしたコーヒーを40g入れる 2:お湯を約40cc全体的に注ぎ、粉を蒸らす 3:約2分半でコーヒーが500cc抽出されるよう、お湯を注いでいく ゆっくり、円を描くように。 4:抽出完了 サーバーにメモリがついてる場合はそれを目安に500ccのコーヒー抽出を完成させます。 ワタシは無印の「耐熱ガラスピッチャー・小(0.7L)」をこの夏、新たに導入して使ってます。 ビン上部のくびれ始める部分がちょうど500ccなので、分量が分かりやすいのが決め手。 それに他の容器に移して保管する必要が無いところも気に入ってます。 5:氷を約200g投入 6:マドラーでまんべんなくかき混ぜる 氷が溶けてなくなるまで混ぜます。 7:完成! あとは冷蔵庫で冷やして、2日を目安に飲み切りましょう! アイスコーヒー用のコーヒーってあるの? あります。 ただあくまでも各メーカー・コーヒーショップがオススメと謳っているだけなので、専用品というわけではなく。 もちろん、コーヒーのプロがアイスコーヒーの為だけに仕上げたブレンドというものも存在してるので、それはそれで試す価値があります。 じゃあどんなコーヒーがアイスコーヒー向けなの?といわれる事もあります。 一般的には深煎りのコーヒーが良い、といわれていますが浅煎りの豆で作ったコーヒーもおいしいです! もう、これは好みの問題で良いんじゃないでしょうか? アイスコーヒー専用ブレンドが、実はホットで飲んだらおいしかった!なーんてこともあるので、ねぇ。 有名どころのアイスコーヒーブレンドはこのあたりでしょうか?• 急冷する意味は? アイスコーヒーは抽出後、できるだけ早く冷やすのがオススメです。 そうすることによってコーヒー本来の香りやコク、酸味などを閉じ込めることができるといわれています。 試しに急冷したものと、そのまま常温で冷ましたものを飲み比べると、、後者はあまり飲めたものではありませんでした、。 つけ麺の麺も、一気に冷やしますものね、それと一緒でしょうか? あとは見た目的に「急冷」はおいしそうに感じる気がします。 これが自宅でアイスコーヒーを作れば半額以下で飲めてしまいます。 例えば200gで1200円のコーヒーを使い、今回ご紹介したレシピで作った場合、、 1gあたり6円なので、50g使ったとして約300円。 これで3杯分は作れるので1杯100円!(さらにを使えばちょっと良い豆を使ったとしてもさらにその半額程度で、、これ以上は言えません!) かなりお得ですよね! もちろんお店で作ってもらう場合はいろんなコストが含まれたうえ、妥当な価格だし、悪いとも思いません。 店と自宅カフェは使い分けが前提だと思います。 メリット・デメリット メリット ・味の劣化が遅い ・安価に楽しめる デメリット ・水出しよりも手間がかかる.

次の