伊吹山ドライブウェイヒルクライム2020。 大会開催可否に関しまして

【開催中止】伊吹山ドライブウェイヒルクライム2020

伊吹山ドライブウェイヒルクライム2020

ベンジャミ・プラデス(チームUKYO)が中根英登(愛三工業レーシングチーム)を下し優勝 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟 桜が咲くなかドライブウェイの料金所をスタートするP1クラスタ Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟 4月のJプロツアー5連戦初戦となる伊吹山ヒルクライム。 今年からレースレイティングがA-hとなり、1位には第1戦の宇都宮クリテリウムの1000点よりも多い1400点が与えられ、勝者がリーダージャージを着用する可能性の高いレースに。 積雪の少ない今年はフルコース14. 9km(標高差1035m)が使用され、3000人以上が参加した一般の部ののちにJBCFのレースが行われた。 コースレコードはホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)が2013年に出した40分01秒のタイム。 桜吹雪の中14時にスタートしたJプロツアー(P1クラスタ)のレースは、4km地点で2013、14年の覇者のトリビオのアタックをきっかけに活性化。 才田直人(リオモ・ベルマーレ レーシングチーム)が先行し、昨年覇者のオスカル・プジョル(チームUKYO)が反応する展開でペースを上げた。 11km地点、才田直人(リオモ・ベルマーレ レーシングチーム)ら4人の先頭集団 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟 ラスト1km、先頭はベンジャミ・プラデス(チームUKYO)と中根英登(愛三工業レーシングチーム)の2人に Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟 さらに11km地点でプラデス、中根英登(愛三工業レーシングチーム)、才田、そして増田成幸(宇都宮ブリッツェン)の4人が抜け出した。 才田がペースを上げたのちに中根がアタック、最後はプラデスと中根の2人でのスプリント勝負となり、これをプラデスが制した。 プラデスは昨年マトリックスパワータグ所属でツール・ド・熊野個人総合優勝、ツアー・オブ・ジャパン南信州ステージ優勝、そしてJBCF東日本ロードクラシック南魚沼大会優勝などの成績がある。 今シーズンはチームUKYOへ移籍し、2戦目にしてプジョルとの連携により初勝利を挙げた。 Fクラスタはリーダージャージを着る唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が圧勝 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟 Fクラスタ表彰。 (左から)2位の福田、優勝の唐見、3位の福本 Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟 唐見がJフェミニンツアー首位「シスターローズジャージ」を守った Photo: JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟 P1結果(14. 9km) 1 ベンジャミ・プラデス(チームUKYO) 42分04秒 2 中根英登(愛三工業レーシングチーム) +0秒 3 才田直人(リオモ・ベルマーレ レーシングチーム) +19秒 4 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +35秒 5 オスカル・プジョル(チームUKYO) +42秒 6 安原大貴(マトリックスパワータグ) +47秒 Jプロツアーリーダー(ルビーレッドジャージ) ベンジャミ・プラデス(チームUKYO) U23リーダー(ピュアホワイトジャージ) 田窪賢次(マトリックスパワータグ) F結果(14. 9km) 1位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) 54分08秒 2位 福田咲絵(フィッツ) +2分35秒 3位 福本千佳(Toyo Frame) +3分02秒 Jフェミニンリーダー(シスターローズジャージ) 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム).

次の

【伊吹山ドライブウェイヒルクライム2020】一般エントリーは2019年12月11日スタート!【ファンライド】

伊吹山ドライブウェイヒルクライム2020

新型コロナウイルス感染拡大予防が求められる状況下で、連盟として日々議論を重ねて参りました。 残念ながら4月上旬の大会については中止の判断となりました。 下記、ご確認をお願いいたします。 富士ヒルクライム 6月7日 エントリー開始時期について主催者と調整中です。 <連盟より> 舞洲大会および伊吹山ドライブウェイヒルクライムに関しましては、 開催地域との意見交換やレース規模等を総合的に判断し、中止の決定となりました。 延期して開催する可能性も模索しましたが、年内いっぱい会場都合が合わず断念致しました。 ご理解頂ければと思います。 なお舞洲大会、及び伊吹山ドライブウェイヒルクライムに既にエントリー済の方には、 参加費の一部を返金致します 伊吹山HCはランナーズポイント「RUNPO」による返金。 返金額や方法等を決定次第、事務局よりメール致します。 東日本ロードクラシックと西日本ロードクラシックは、開催となった場合にはエントリー期間が10日間しかありません。 ご注意下さい。 なお開催の判断の後、「政府よりイベント自粛の要請が出た」「開催地で新型コロナウイルス感染者が発生した」等、 レース開催が困難と思われる事態となった場合、大会を中止とする可能性があります。 その場合は参加料の返金は行わない旨、ご理解頂ければと思います。 大会実施の判断をした以上は、感染症対策を含め、開催に向けて最大限の努力を致します。

次の

【速報結果/リザルト】2018年第6回伊吹山ドライブウェイヒルクライム

伊吹山ドライブウェイヒルクライム2020

種目 スタート 参加料 状況 【ROAD】 1.エキスパート(中学生~高校生) 【参加資格】:上級者として参加を希望する男女 09:30 7,500円 受付終了 1.エキスパート(一般) 【参加資格】:上級者として参加を希望する男女 09:30 8,500円 受付終了 2.男子A(中学生~高校生) 09:30 7,500円 受付終了 2.男子A(~22歳) 09:30 8,500円 受付終了 3.男子B(23歳~29歳) 09:30 8,500円 受付終了 4.男子C(30歳~34歳) 09:30 8,500円 受付終了 5.男子D(35歳~39歳) 09:30 8,500円 受付終了 6.男子E(40歳~44歳) 09:30 8,500円 受付終了 7.男子F(45歳~49歳 09:30 8,500円 受付終了 8.男子G(50歳~59歳) 09:30 8,500円 受付終了 9.男子H(60歳~) 09:30 8,500円 受付終了 10.フェミニン(中学生~高校生) 【参加資格】:(女性、車種区分無し) 09:30 7,500円 受付終了 10.フェミニン(一般) 【参加資格】:(女性、車種区分無し) 09:30 8,500円 受付終了 【MTB】 11.MTBクラス(中学生~高校生) 【参加資格】:(中学生~高校生の男女、年齢区分無し) 09:30 7,500円 受付終了 11.MTBクラス(一般) 【参加資格】:(男女、年齢区分無し) 09:30 8,500円 受付終了 申込期間 2017年12月6日 水 ~ 2018年2月4日 日 開催場所 岐阜県不破郡関ヶ原町 伊吹山ドライブウェイ 事務局 千葉県我孫子市布佐3265-59 JBCF業務部内 2018伊吹山ドライブウェイヒルクライム大会事務局 電話番号 04-7189-0100(平日9:00~17:00) FAX番号 04-7189-0022 問い合わせ先 WEBサイト 参加通知書について 参加受理書は、メールにて配信致します。 jbcf. メールは、申込時に申告していただいた「大会情報受信メールアドレス」にお送りいたします。 その他、大会情報を大会オフィシャルHPに掲載いたしますので、随時ご確認ください。 尚、この件に関しましては、下記大会事務局へお問合せ願います。 (未舗装、受付会場より少し遠い駐車場) 競技方法 【車輌基準について】 1.ロードレーサーはフリーホイール式で前後ブレーキを装着した車輪径26インチ以上の車輌。 5インチ(38mm)以上のフラットハンドルの車輌。 なお、タイヤ外側の形状については、問わないとする。 (スリックタイヤなど) 3.競技で使用する自転車は、競技上危険となるドロヨケ、キャリア、スタンド等の付属部品は取り外し、危険な突起物のないようにしなければならない。 4.サイクルメーター、ディスクホイール、テンションディスクイホイールの使用は認める。 5.全てのクラスに於いて、ピストバイクはフリー式で前後ブレーキが付いているタイプのみ出走を認める。 なお、使用により発生した事故等について主催者は責任を負わない。 6.電動アシスト自転車、軽快車、実用車での参加は禁止とする。 7.自転車は事前に検車を行い、検車証明書を提出すること。 なお、出走前に整備不良の自転車・規則違反の部品使用、衣服等が競技役員より指摘された場合にはペナルティーの対象となる。 8.小径車(ミニベロ、ハンドサイクル、リカンベント)は禁止とする。 【ハンドル規定について】 本大会では、設けておりません。 1.大会主催者が設けた全ての規約、規則、指示に従っていただきます。 2.ご自身の健康管理に細心の注意を払い、大会及びその他付帯行事の開催中参加に当たって関連して起きた死亡・負傷・その他の事故の場合にも、自己の責任において一切処理し、主催者、管理者、オフィシャル役員及び係員並びに参加選手など大会関係者を非難したり責任を問わない事をお誓いいただきます。 尚この事は事故が主催者に起因した場合でも変わりありません。 3.大会及びその付帯行事の開催中、ご自身の所有品及び用具に対し一切の責任はご自身でお持ちいただきます。 4.大会に関する新聞、放送、放映などの報道及びスポンサー、主催者などに参加者様自身のお名前及びお写真等を自由に使用することを許可していただきます。 5.豪雨、強風その他の気象条件又は止むを得ない理由により大会の中止又は競技種目の変更になることがございます。 またその場合の参加費が返金されないことをご了承していただきます。 自己都合による不参加の場合も同様とします。 6.参加者様の個人情報を、JBCF業務部が運営するイベント情報や各種サービスに関し、必要な範囲で利用することに同意していただきます。 規約 1.競技規則は(財)日本自転車競技連盟競技規則、ロードレースの部を準用いたします。 2.車両基準(各種目確認の事) ・ランプ、ミラー、スタンド、泥除け、サドルバッグなど競技に不要なパーツは危険ですので外して下さい。 ・ブレーキは最低2つ以上ついていること。 ・ハンドルバーの先はキャップされていて尖っていないこと。 ・DH、スピッチタイプバーなどのハンドルバーの使用は危険ですので禁止します。 ・検車は行いません。 自転車の整備は各自必ず責任を持って行って下さい。 特に、古いリムセメントは事前に塗り替え、タイヤを確実に装着して下さい。 3.豪雨、強風その他の気象条件またはやむを得ない理由により大会を中止した場合、および自己都合による不参加の場合、参加料の返金は致しかねますのでご了承ください。 4.18才未満の出場者は、保護者の同意を必要とします。 5.大会事務局より認められていない代理出走は禁止します。 6.競技、試走には必ずヘルメットを着用して下さい。 7.レース中の事故による負傷などについての応急処置は主催者側で行いますが、その後の処置は参加者の負担とします。 (健康保険証を持参して下さい) 参加者全員に傷害保険を掛けております。 (治療費は自己負担。 死亡・高度障害状態358万円、通院1日2700円、入院1日4500円) 従ってこの傷害保険金額以上の補償には応じられませんので、不足の方は各自で別途対応して下さい。 頂戴したメールに申請フォームをお送りいたします。 () 注)レースコース以外の場所での事故に対しては保険が適用されませんので予めご了承下さい。 8.各自のゴミは必ず持ち帰って下さい。 9.大会スケジュールは予定です。 変更することがありますので場内アナウンス及びインフォメーションボードを必ずご確認下さい。 10.やむを得ない理由により大会を中止する際は、大会前日に中止連絡を致しますので、連絡の取れる連絡先を必ずご入力下さい。 開催場所 伊吹山ドライブウェイヒルクライム2018の口コミ• 参加して良かったです。 来年も参加したいです。 参加賞のタオルも良かったです! さん 2018-04-16 返信 件• 決して安価なイベントでも無いのに個人の完走書も発行されないとはね。 残念だな。 さん 2018-05-04 返信 件• 駐車場も早くからキープして小雨の中迷いながら、準備。 スタート直前30前から、また、きつく降り始め心が折れました。 レースイベントでなければ、午後から回復予報だったのでずらすことは可能だったのでしょうが、ヒルクライムの本降りは初心者にはハードルが高かった。 来年は、晴れるといいですね。 さん 2018-04-17 返信 件• 今年初参加でした。 強風のためフィニッシュ地点が10. 7km地点となってしまいましたがそれでも走りがいのある山でした。 景色も神秘的でよかったです。 山頂からの景色も見てみたいですね。 ドライブウェイに行った事がなかったので、今度車でも行ってみようと思います。 さん 2018-04-17 返信 件.

次の