フォール アウト 4 レジェンダ リー。 レジェンダリー任務で最強クラスの敵を撃破せよ

限定レジェンダリースキンなどが入手できる『Apex Legends』の「オクタンエディション」が配信開始!

フォール アウト 4 レジェンダ リー

意義 レジェンダリー効果の装備品は、ものによってはゲームバランスに多大な影響が出るほど強力な効果を発揮するので、やりこみ派のマニアでなくとも、好みのレジェンダリー装備品が出るまで厳選し続けることは決して無駄ではない。 効率性 前述のとおりレジェンダリー装備品の有用性を考慮すると厳選に意義を見いだせなくもないが、効率性を考えると実際に有益なプレイかどうかには疑問が残る。 というのは、まず通常の難易度のフォールアウト4にレジェンダリー装備品が無ければ苦戦するような敵が存在しないことが挙げられる。 実際にはノーマル品で十分通用するので、苦行的なプレイをしてまで目当てのレジェンダリー装備品を出す必要性が感じられない。 次に、1ヶ所でセーブ&ロードを続けて時間と労力、収穫物 経験値やアイテム を無駄にし続けるくらいなら、ロードせずに次々と戦場に移して次の場所で手に入る かもしれない レジェンダリー装備品に期待したほうが得策だということ。 最後に、次項で詳述するが、レジェンダリー効果の付与は完全なランダムで行われるのではなく、今までに出た効果以外の効果を優先的に出そうとするシステムが働くと言われている。 もし、それが本当なら、その時点で出る可能性が0である効果は何度セーブ&ロードを繰り返しても絶対に出ない点がネックになる。 厳選に適した条件と状況 上記を考慮すると、厳選に適した条件とは、ロード直後にレジェンダリー装備品が手に入り、時間や労力が極力無駄にならないこと。 そして、厳選すべき状況とは、ロールプレイ等の為にどうしても目当ての装備品が必要だという差し迫った理由がある場合だろう。 上記のような条件や状況でない場合は、厳選の行為自体が徒労となることが多く、次々と戦場を移して気ままにプレイしたほうが収穫面でも精神衛生上も好ましいことが多いと言える。 この点を踏まえた上で、次項に厳選のポイントをまとめていく。 効果付与の仕組み フロー レジェンダリー効果付与のシステムは、内部的には下記のようになっていると言われている。 伝説の敵がスポーンする• レジェンダリー装備品の種類が決まる• その装備品に付与可能な効果がリストアップされる• 最近出た効果のリストが参照される• 付与可能な効果から「最近出た効果のリスト」にある効果が省かれる• 残った効果の中からランダムで効果が選ばれる• 今回出た効果が「最近出た効果のリスト」に追加される• 効果が一周すると「最近出た効果のリスト」がリセットされる 上記のプロセスを経るのであれば、レジェンダリー効果の出現は完全なランダムではなく、数ある効果を1つずつ排出していくことになる。 この場合、確率は等分であっても、効果が一周するまでの間は、これまでに出た効果が二度と手に入ることはない。 この点を踏まえておかなければ、厳選に費やす時間と労力を大いに無駄にする可能性がある。 しかし、効果が出る確率については偏りが無いようで、特定の効果が出やすかったり、出にくかったりすることはないと考えられている。 装備品 どの装備品が選ばれるかは、完全なランダムではなく、装備品を持って現れる伝説の敵のレベルやプレイヤーのレベルの影響を受けると考えられている。 まず、伝説の敵のレベルのほうが高い場合は、プレイヤーキャラクターのレベルが評価されるようである。 つまり、この場合、プレイヤーキャラクターのレベルより上位とされる装備品は出現しない。 一方、プレイヤーキャラクターのほうが高い場合は、伝説の敵のレベルが評価されるようである。 つまり、この場合、伝説の敵のレベルより上位とされる装備品は出現しない。 したがって、高レベルの伝説の敵が出る場所で、高レベルのキャラクターを使用して厳選しなければ、パイプ銃などの期待外れなアイテムばかりが出る結果になるということである。 セーブ種別 セーブ&ロードをする際に、クイックセーブとオートセーブのいずれを選ぶかによって結果が異なると考えられている。 伝説の敵がいるロケーションに入る前にクイックセーブを行い、入った時に自動的にオートセーブが行われる場合、クイックセーブをロードすると伝説の敵が持っている装備品の種類も効果も変わり、オートセーブをすると装備品は同じで効果だけが変わるという。 例えば、上記のような状態で伝説の敵を倒し、好みの装備品でなかった場合は、装備品の種類が変わるクイックセーブをロードするべきだということが分かる。 逆に、好みの装備品だが、効果が好みでなかった場合は、オートセーブをロードすればいいことになる。 当サイトによる検証 検証場所 ナショナルガード訓練場の奥にあるバラックに入る前にセーブし、入った時にできるオートセーブも利用した上で検証を行った。 セーブ種別による変化 一般に言われているように、部屋に入る前のクイックセーブをロードすると、中にいる敵が毎回変わった。 これを利用して伝説の敵が出現するまでクイックセーブのロードを繰り返した。 入る前のクイックセーブをロードすれば、スポーンする敵が変わるのは間違いないようである。 ただし、これはリスポーンに十分な時間が経過して「クリア済」が消えたロケーションに初めて入る場合に限られる。 一度でも中に入って敵がスポーンした後にクイックセーブしたデータをロードしても敵は変わらない。 ロードを繰り返し続けると、2階にいるフェラルの1匹が伝説になったので、倒して装備品を確認したところ、興味のないアイテムに興味のない効果が付いていた。 ここで、バラックに入った直後に自動保存された最新のオートセーブをロードしてみたところ、2階の同じフェラルが伝説だった。 何回ロードしても、同じフェラルが伝説だった。 つまり、オートセーブが作られた時点で伝説の敵はすでに確定していることが判る。 しかし、伝説の敵が持っているレジェンダリー装備は、種類も効果も毎回異なるものだった。 この点だけが一般的な説と相違する部分である。 オートセーブをロードした場合は、装備品は同じで効果だけ変わるとのことだったが、実際には、装備品も効果も毎回違うものが現れた。 装備品の種類を固定することはできなかったが、伝説の敵を固定することには成功。 オートセーブのロードを繰り返し、目当ての効果が付いた目当ての装備品を手に入れることができた。 効果の分布 効果の分布については、一般的に言われているように特に偏りはなかった。 同じ効果が何度も出ることはなく、一部で言われているような強力な効果が出にくいということもなかった。 様々な効果が満遍なく出現し、強力なレア効果「ツーショット」もすぐに出現した。 装備品の種類 装備品については特定のものしか出なかった。 武器に限って言えば、10mmピストル、レバー・アクションライフル、ラジウムライフル、ミサイルランチャー、コンバットライフル、コンバットショットガン、いくつかの種類の近接武器しか出なかった。 下位の銃器と考えられるパイプ銃、パイプリボルバー銃、パイプボルトアクション銃は1丁も出現せず、上位の銃と考えられる. 44ピストルは1丁も出なかった。 したがって、伝説の敵のレベルおよびプレイヤーキャラクターのレベルによって、出現する装備品の格が決定されているというのは間違いないようである。 効率的な厳選 まとめ 手順 まず、上位の装備品が出る条件を整えるためにプレイヤーキャラクターのレベルを上げておく。 プレイヤーキャラクターのレベルを上げておけば、伝説の敵のレベルだけ調整することによって、出現する装備品をある程度操作することが可能だからである。 理想を言えばキリがないが、レベル40〜50に達していれば、まあ問題ないと思われる。 次に欲しい装備品のランクを絞る。 プログラム内部での正確な分類を確認する術はないが、概ね下記のような3ランクくらいに分けられていると推測される。 上位:. 44ピストルなど• 中位:ほとんどの装備品• 下位:パイプ銃など 狙う装備品が決まったら、敵の強さが対応するロケーションを選ぶ。 上位:連邦南部 ボストンなど• 中位:連邦北東部 リビアなど• 下位:連邦北西部 レキシントンなど そして、選んだロケーションから遠く離れた場所で、20日経過させてリスポーン条件を整える。 現地に着いたら、入り口の扉の前でクイックセーブを行う。 それから中に入り、伝説の敵が居なかったらクイックセーブをロードする。 これを伝説の敵が出るまで繰り返す。 難易度を Very Hard に設定して伝説の出現率を上げておくとスムーズ。 伝説の敵が出現したら倒してレジェンダリー装備品を確認。 出現した装備品や効果が目当てのものでない場合は、ロケーションに入った時に作られるオートセーブをロードして再開する。 以降、目当てのレジェンダリー装備品が手に入るまでオートセーブのロードを繰り返す。 人気の厳選スポット ロケーション• クエスト「The Arrival」 クエスト「」の最後、報酬を受け取る前にセーブし、好みの品が出るまでロードする。 報酬が固定されてしまう時は、に入る前のオートセーブから再開する。 クエスト「Close to Home」 クエスト「」の最後に、報酬としてカスミの祖父の遺品が貰える。 そのコンテナを掘り起こす前にセーブし、欲しいアイテムが出るまでロードする。

次の

伝説装備 (レジェンダリー) の厳選

フォール アウト 4 レジェンダ リー

猛烈 同じターゲットを連続で攻撃するとダメージが増加されるレジェンダリです。 一見強そうに見えますが、 上昇数値に上限があるようで、そこまで伸びません。 Fallout4では強いレジェンダリだったので期待をしていたのですが、残念レジェです。 狂戦士 ダメージ耐性が低いほど威力が高くなるレジェンダリです。 ダメージ耐性とはいわゆる防御力で、 紙装甲の場合攻撃力が上がります。 逆に、ダメージ耐性が上がると威力が下がるので、防具を装備してしまうと意味のないレジェになります。 防具縛りプレイをしていると強いですが、拾った武器が弱かったのか、わたしが試しに使ったものはそんなに上がっていませんでした。 ジャンキー 禁断症状が増加するほどダメージが増加するレジェンダリです。 要は 薬物中毒になればなるほど攻撃力が増す武器です。 わたしの友人が、近接武器でジャンキーが出て試しに薬中になったのですが、そこまで強くはないそうです。 わたしも後々ジャンキー武器を拾い試してみましたが、薬物中毒は思った以上に早く治ります。 薬中を維持するための 薬を確保するほうが大変そうです。 元々火力の高い武器に、 ブースト的に使うと良いでしょうね。 追記: 中毒の自然治癒がなくなりました。 そのおかげで、維持がすごく楽になったレジェンダリーです。 扇動 相手が無傷の時、与えるダメージが2倍になるレジェンダリです。 これは、 ステルス攻撃と組み合わせるとさらに効果を発揮します。 最初の1撃のみダメージが2倍になるので、武器自体の火力もないと、その効果の恩恵を得られません。 強い武器についたらラッキーと思える良いレジェンダリです。 処刑人 ターゲットの体力が40%未満なら、ダメージが50%増加するレジェンダリです。 ですが、ほとんどのエネミーは、体力が40%なる前に蒸発します。 強力な武器で攻撃しまくると、40%以下だから・・・と武器をチェンジしていたら倒されていたというオチです。 このレジェは、主に スコーチビーストや スコーチビーストクイーンなどの、 体力がものすごく多いボス級エネミーに使うことをオススメします。 それら以外には、効果をあまり感じられないと思っていいでしょう。 血塗れ 先程の「狂戦士」と似ていますが、こちらは「体力が減少するほど、与えるダメージが増加する」レジェンダリとなっています。 防御と違い、こちらは 体力なので調整しやすいです。 防御をガチガチにして、効果の発動するギリギリの体力までRAD値を上昇させれば、スティムパックで回復しても効果を維持することができます。 ツーショットと爆発が弱体化したら、強いレジェンダリの候補と言われています。 しかし体力が少ないので、集中砲火に弱かったり、強力な攻撃にも弱かったりします。 対アーマー ターゲットのアーマーの50%を無視するレジェンダリです。 アーマーと書いていますが、実はこれ 物理ダメージ耐性のことを指していて、 防具のないエネミーでも効果があるレジェンダリです。 ツーショットや爆発などと同じように、 常時発動するタイプのものなので、こちらも強いレジェンドの候補となっています。 ツーショットと爆発 今回話題のレジェンダリです。 ツーショットは弱体化しても25%、 爆発は20%の追加ダメージと、先程紹介した対アーマーと同じように 常時発動タイプのレジェンダリです。 弱体化しても尚、強いレジェンダリなので、店売りするのはもったいないです。 所持しておいて損はないですし、自分が使わないのであれば、誰かにあげるといったことをすれば、自分も相手もWinWinです。 おわりに 以上、レジェンダリ考察でした。 ざっくりいうと、 対アーマーが強いかな。 その次に、自分にペナルティを与えないのであれば、 ツーショットと 爆発。 ペナルティを与えるのであれば、 血塗れが強いです。 面白いものがたくさんあるから、レジェ掘りは飽きないんですよねw 選択の幅が増えることになるので、良いのでは?とポジティブに捉えておきますw さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。 それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出しましょう!.

次の

【Fallout76】不屈ビルド〜わたしの戦闘ビルドを公開(2020.4.18更新)〜|トミートグチ.com

フォール アウト 4 レジェンダ リー

FALLOU 76には様々なビルドが存在しますがその中でも1,2位を争うビルド ジャンキービルドを紹介します。 名前は知ってるけど血濡れとの違いが分からない方や、現在血濡れビルドで「どんな敵でも瞬殺だぜヒャッハー!」な方も、これからジャンキービルドが必要になる可能性についても記載しているので、目を通して頂けると嬉しいです。 血濡れビルド解説はこちら ジャンキービルド人気の理由• 体力満タンの状態で高火力• 様々な武器、防具を幅広く活用できる• 必須PERKが無い自由なPERK構成• 比較的序盤でもビルドしやすい 今作最も火力の出せる 血濡れビルドより火力は劣りますが、体力満タンで行動できるのでダウンしづらく安定した火力を出す事ができます。 血濡れビルドが紙装甲超火力アタッカー、ジャンキーは中火力タンクといった位置づけでしょうか。 DANGER状態でも火力を出せる ジャンキービルドではしゃがむ動作を行う事なく、ダッシュして敵に近づき、火力で押し通すプレイが可能、さらにPERKに関しても必須PERK、必須変異が無いためENDURANCEに振ったカチカチな構成でもSNEAK特化のステルス構成などでも運用できるのでFALLOUTシリーズならではの、 PERKによる自由なカスタマイズが楽しめます。 さらにDANGER状態になりやすい近接やヘビーも選択肢に入れる事ができ、ジャンキー効果の付いたレジェンダリーが手に入れば幅広い武器を使う事が可能。 アーマーに関してはメイン効果に依存しないので サブ効果は良いのにメイン効果が微妙なレジェンダリーでも装備できるので厳選がしやすい事も良い点です。 デメリットとして特攻プレイの場合、血濡れより火力が劣るので消費弾薬が多い、雑魚戦でも攻撃を受ける事が多いので防具の修理が必要になる、中毒によるステータスダウンなどが挙げられます。 高火力と言っても 高レベルの敵をDANGER状態でワンパンは難しく、素材が枯渇しやすくなり必然的にジャンク拾いの頻度が高くなるので素材の供給が必要です。 クラフトはFALLOUT76の特徴の一つなので自分は楽しく行えますがスカベンジングが面倒と思うプレイヤーもいるかと思いますのでデメリットとして挙げます。 ジャンクを効率よく集められる方法をまとめているのでこちらを参考にしてみてください。 また、中毒のマイナス効果でSTR低下による持ち運べる重量の減少、CHA低下によるベンダーとの取引額の減少、PER低下によるV. S命中率減少などが起こります。 PERK構成、S. Lの割り振りで解決は出来ますが上限があるため、血濡れビルドに慣れたプレイヤーなら少し不便を感じるかもしれません。 ビルドの組み方 ジャンキービルド構成にするにはまず、「中毒になっている数ほどダメージがアップする」という効果「ジャンキーの~」がついたレジェンダリー武器を所有している事です。 このレジェンダリー効果の武器を持っていない場合ただの ステータスの低い中毒者になってしまいますね。 そしてこの効果を上げるために薬物かアルコールを大量摂取して中毒になる事が必要ですが、マイナス効果が存在し、中毒の種類によってマイナス効果が異なります。 薬品のマイナス効果は以下の通り。 中毒マイナス効果一覧 薬品 マイナス効果1 マイナス効果2 サイコ STR-1 DMG耐性-10 バファウト STR-1 END-1 オーバードライブ STR-1 AGI-1 フューリー STR-1 PER-1 フォーミュラP CHR-2 LUK-2 カルメックス PER-2 AGI-2 MED-X AGI-1 DMG耐性-10 ダディオ INT-1 PER-1 デイトリッパー LUK-1 CHA-1 アルコール系 AGI-1 CHA-1 メンタス系 CHR-1 X-セル 全スペシャル-1 これらのマイナス効果はステータスのみに適応されるので、PERKカードが装備出来なくなる事は無いので安心して中毒をお楽しみください。 また、中毒を消す際は「アディクトール」か「おいしいラッドスコルピオンのエッグオムレツ」で消えますが全中毒が消えてしまうのでご注意を。 サイコタス、バフタスなどのドラッグカクテルは前にある薬品名の中毒にかかる(サイコタスならサイコ、バフタスならバファウト)、アルコール中毒はアルコール全てが対象、メンタスは全てのフレーバーが対象となる。 お勧め構成 戦闘スタイル毎のお勧め中毒です、実際のところS. Lの1ポイントの差は 誤差程度なのでフォーミュラP・カルメックス・X-セル以外ならそこまで神経質に厳選しなくても良いと思います。 特攻型 防御力と体力の低下を抑えた、ジャンキービルドの特徴を最大限に生かした構成例です。 遠距離武器全般にお勧めで、マイナス効果のバランスが良いのでデメリットを感じにくいのが特徴。 PER、AGIの低下が気になる方は不要な中毒をサイコに変えても良いと思います。 薬品 マイナス効果1 マイナス効果2 オーバードライブ STR-1 AGI-1 フューリー STR-1 PER-1 デイトリッパー LUK-1 CHA-1 ダディオ INT-1 PER-1 メンタス CHR-1 合計 STR-2 PER-2 CHA-2 INT-1 AGI-1 LUK-1 ステルスV. S 防御面は若干落ちますが、まずはステルスで狙撃してDANGER状態になったら特攻するスタイルにお勧めの構成です。 薬品 マイナス効果1 マイナス効果2 サイコ STR-1 DMG耐性-10 バファウト STR-1 END-1 MED-X AGI-1 DMG耐性-10 デイトリッパー LUK-1 CHA-1 メンタス CHR-1 合計 STR-2 END-1 CHA-2 AGI-1 LUK-1 DMG耐性-20 近接 火力に依存するSTRのマイナスを抑えた構成になります。 薬品 マイナス効果1 マイナス効果2 MED-X AGI-1 DMG耐性-10 ダディオ INT-1 PER-1 デイトリッパー LUK-1 CHA-1 アルコール AGI-1 CHA-1 メンタス CHR-1 合計 PER-1 CHA-3 AGI-1 LUK-1 DMG耐性-10 血濡れビルドとの比較 一番のメリットである「ダウンしづらい」という点、FALLOUT76ではデスペナルティがほぼないためダウンしづらいというのは あまり恩恵を受けられないかもしれません。 火力面、ステータス上限アップ、有用なPERKと変異が揃う血濡れビルドと比較するとやはり血濡れに軍配が上がると思います。 「ならダウンしてもメリットが多い血濡れでいいんじゃない?」と思われる方も居ると思いますが血濡れビルドより メリットが発揮されるシーンも存在します。 それは過去行われた「Primal Cuts」というイベントクエストです。 ウェーブ制で押し寄せてくるクリーチャーを時間内に倒すというクエストなのですが、多数のクリーチャーが 一気に突撃しながら出現、さらに ステルス無効の制限があったため、血濡れビルドのプレイヤーは火力を発揮できずクリーチャーにワンパンされ時間内に達成できないシーンが多々ありました。 常設クエストでも乱戦になりやすい、スコーチビースト・クイーン戦やENCRYPTEDなどにも有効で、ダウンせず常時火力に貢献できます。 そういった 特殊な制限がかかったクエストが今後実装された場合とても有用なビルドだと思います。 また、ジャンキー+不屈というビルドも存在します。 ジャンキー武器に不屈防具「体力が少ない程(END以外)S. 不屈防具でS. Lの減少を抑えつつ、血濡れビルドと同じ火力を維持できるが、「ほぼ血濡れビルド」となっており、ジャンキービルドでも火力を出したい方は試しても良いでしょう。 いかがだったでしょうか? 「なんとなくダウンするのは嫌だ」「血濡れは体力管理が面倒」「屈伸に疲れた」と思ってる方も、ジャンキーのレジェンダリーと薬品などを手に入れてしまえば安定した火力アップを狙える楽しいビルドだと思います。 以前は中毒勝手に消えるなどのバグがありましたが、今はそんなことはなく常に中毒状態を保っています。 この記事が参考になったという方は是非シェアよろしくお願いいたします! シーユーレイダー!.

次の