ブルー コメッツ。 ジャッキー吉川とブルー・コメッツの「ブルー・シャトウ」: エムズの片割れ

ジャッキー吉川さん追悼~私のブルー・コメッツ5選|フクシマミチコ|note

ブルー コメッツ

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の

ブルー・コメッツのTV出演情報

ブルー コメッツ

私、GSが好きでして。 特に大好きなのはザ・スパイダースなのですが、色々と遡って調べていくうちに、ジャッキー吉川とブルー・コメッツも絶対通る道で、ロックバンドとして惹かれるようになりました。 訃報に接してからの私の足跡でもあります。 5曲は、Apple Musicで配信している曲の中から。 Spotifyは編集盤1枚しか配信がなかった泣。 ビートルズほか、数多のロックバンドがカバーしています。 日劇解体に際してのイベント『サヨナラ日劇ウエスタンカーニバル』(81年)で再結成した際にも演奏しています。 ライブ音源のCDが出ており、私はその演奏を聴きブルコメが好きになりました。 エルヴィス・プレスリーのカバーが有名です。 ゲストボーカルを迎えた演奏と思いますが、資料がないので分かりません。 ご存じの方がいたら教えてください。 ゴールデンカップスは好きですが、元曲を好きでない私は「こんなブイブイとグルーヴしてるカバーあったんだ!」と驚きました。 イントロのドラミングが好きです。 3月に英語詞盤を、7月に日本語盤を発売しています。 専属作家契約をかいくぐるための海外レーベル発売の意図があったとか!(下の貼ったドキュメンタリー番組より) 字余り感が青い息吹となって迫ってきます。 やっぱりドラムが好きで選びました。 最初に書いた通り、私はにわか者で、GS特集で必聴と書かれている曲もほとんど聴いたことがありません。 今入手できるCDや配信アルバムは、すべて再編集盤なのです。 販売でも良いから配信してくれたらなぁ… もっともっとブルーコメッツの演奏を聴きたいです。 〝リンダリンダリンダ〟なシャウトが有名な「太陽の娘」はニコ動にありました。

次の

「ブルー・コメッツ」ジャッキー吉川さん死去 「ブルー・シャトウ」が大ヒット― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ブルー コメッツ

・大賞 チャート最高順位• 概要 [ ] 1967年3月15日に発売され、レコード売上150万枚 の同グループ最大のヒット曲となり、を受賞した。 またこの曲は『』(1967年)の際の出場曲で、同時にグループとして2回目の出場曲でもある。 作詞、(当時。 後に井上大輔)作曲、編曲。 この曲はもともと、作曲者の井上忠夫がに提供する作品を書いているうちに出来たものである。 カナダのレイクルイーズホテルに宿泊中作曲した。 その後むしろ男性が歌うべきと考え、ブルー・コメッツの作品として発表したといわれる。 ファとシを除いた「」を基調とした日本風の曲であり、井上は発表当時「外国のリズムと日本のメロディーの新しい組み合わせを考えた」と語ったという。 また、当時のレコードジャケットのライナーノーツには、この曲がわずか3分で出来たものであることと、発表前に関係者に聴かせたところ「この曲、何となく の 『』に似ている」と言われたことが記されている。 しかし後年(1987年)、井上自身はこの曲が大ヒットしたことを、もともと洋楽っぽく格好いいもの、ひいては新しいものを目指してきたグループ・サウンズ(GS)というジャンルにとっては「悲劇だった」と振り返っている。 「でも実は(『ブルー・シャトウ』を作ったことは)ジレンマでね。 目標としてきた洋楽とは正反対のものを作っちゃったんだから。 他のGSがそのまねをさせられ始めたのもつらかった。 あの曲からGSの悲劇は始まったと思う」 (井上) さらに井上は「新しい音楽をつくるつもりだったのに、結局は歌謡曲に飲み込まれてしまった」と、当時の悔いを口にしている。 作詞家のは、当時週刊誌のインタビューで「紅いバラの バラの かおりが」のような印象的な歌詞があっていいとは思いますが、メロディーはまったく歌謡曲ですね」と答えたことで、週刊誌上で論争になったという。 そのため、(のちの)の「」の作詞を依頼されたとき、ディレクターから「作詞は井上さんからの推薦で湯川さんに」と聞かされたときはびっくりしたという。 (実際にこの曲がヒットした後、「」「」など、「売れ線」として歌謡曲調の作品をGSが歌わされるケースが増え、それらは目論見どおりヒットしたため、洋楽に傾倒した作品はますます隅に追いやられる結果となった。 因みにのも、やはり後年になって、洋楽色が薄まった「」のヒットについて、「曲が来た時に物凄く抵抗があったが、皮肉なもので当たってしまった」といった旨を語っている ) その後井上は、シャネルズのデビュー作「」を世に送ったが、この曲を作った時に「やっと決着がついた気がした。 (GSの時代に本当に)やりたかったことをやっとやれたってね」 と述懐している。 一方で井上の死後、は「GSブームはいい曲をたくさん残した。 (井上)はそれを誇ってよかったんだ」と語っている。 ブルー・コメッツの曲としては、先行する「」・「」に続くであり、前2作と同様に、橋本・井上のコンビの作品である。 また、1月にはB面を「青い瞳」(日本語・バージョン)に、更ににはB面を「」にそれぞれ差し替えて再リリースされ、には8cmシングルCDとして初リリースされた。 ただしカップリング(B面)は1969年再リリース盤同様、「青い瞳」(日本語・ステレオ音源バージョン)となり、シングルとなっている。 青いシリーズ [ ] 1a. 青い瞳(英語版) 1966年 1b. 青い瞳(日本語版) 1966年 2. 青い渚 1966年 3. また井上は1967年にの「」(作詞・作曲)の編曲も手がけている。 収録曲 [ ] オリジナル盤 定価は370円(当時) タイトル 作詞 作曲 編曲 時間 1. 「ブルー・シャトウ(Blue Chateau)」 橋本淳 井上忠夫 2:46 2. 「甘いお話(Sweet Talk)」 ささきひろと 3:10 合計時間: 10:56 替え歌 [ ] この曲がヒットした直後から、歌詞の各単語の語尾のところに「トンカツ」「ニンニク」「コンニャク」「テンプラ(テンドン)」などといった(主として)食べ物の名前を付けた替え歌が当時の子供たちの間で大流行し、一種の社会現象となった。 また、ブルー・コメッツ自身も1969年にで放送された『』で替え歌の歌詞を歌っている。 2002年に『』内で放送された「めざまし調査隊SP」の調査結果によると、『』でが歌ったのが流行のきっかけとされる。 また、がアルバム「戦後日本歌謡史」のなかで、「ブルー・エンペラー」(演奏:ジャッキー佐藤とブルー・コメットさん)という替え歌を歌っていた。 に放送されたの『パスビタンD』のCMの中でこの曲の替え歌が使用されていた。 収録アルバム [ ]• ブルー・コメッツ=オリジナル・ヒット第2集• アメリカのブルー・コメッツ• ベスト・オブ・ブルー・コメッツ• THE TALES OF BLUE COMETS PAST MASTERS 1965-1972• THE TALES OF BLUE COMETS PAST MASTERS BOX 1965-1972• 他 カバーしたアーティスト [ ]• - アルバム『』(2006年)に収録。 - アルバム『』(1968年)に収録。 - 同グループ主演のテレビ番組『青空に飛び出せ! 』(1969年)のなかで替え歌版を歌唱。 - アルバム『レッツ・ゴー・ナナ』(1968年)に収録。 及び所属のGSだった、の西信行が編曲を手がけた。 メイジャー・チューニング・バンド - メドレー曲「ソウル・これっきりですよ!! 」(同名シングル(1977年)に収録)の1曲として歌唱。 ザ・マイクハナサーズ - メドレー曲「ブルー・シャトウを君だけに」(シングル『二人でカンパイ! 』(1989年)に収録)の1曲として歌唱。 - アルバム『』(1994年)に収録。 - アルバム『二十世紀の名曲たち』(2007年)に収録。 - アルバム『』(2010年)に収録。 - ブルー・コメツブとして「」内『』で替え歌版を歌唱。 - 映像作品『Takamiy 2015 夏限定 復活バケーション! Live at Pacifico Yokohama Aug. 2015』(2016年)に収録。 - アルバム『G. meets The KanLeKeeZ』(2016年)に収録。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の