雪ノ下 はるの。 #1 雪ノ下陽乃を無視し続けた結果

雪ノ下はるの

雪ノ下 はるの

Contents• 雪ノ下陽乃SS・二次小説おすすめランキング 陽乃さんがメインの作品をランキングにしてみました。 女王様と犬のクオリティが高すぎてちょっとこれを越える作品が出るとは思えないレベルです。 2位の犬とお姫様は女王様と犬の続編になっているので前作を読んでから読みましょう。 先輩八幡と雪乃の組み合わせがとてもいいことに気づかせてくれた作品です。 もともと雪乃は妹属性、というか普通に妹で、八幡はお兄ちゃんだからツンツンする妹を苦笑いを浮かべながらも優しく包み込む八幡とか最高だと思います。 あれ? 小町は? 妹キャラクターとして凡夫が一番好きなキャラクターは小町です。 千葉の妹はレベル高いけど高坂さん家の妹より小町の方が可愛いです。 ラブリーマイエンジェルです。 ・・・・・・小町メインのSSを探さなきゃ(使命感)。 女王様と犬 完結 原作再構成もの。 雪ノ下陽乃にヒッキーが振り回される話。 ヒッキーが陽乃の一つ下という設定でお送りしています。 原作再構成もので、陽乃二次小説の傑作です。 凡夫はここの陽乃さんが一番好きです。 特に最終話の『雪ノ下陽乃の最初にして最後の敗北』の場面はアニメで視たいレベルです。 この二次作品をもとにして、今度発売するゲームのルートを組み込んでくれ。 どこが歪んでいるけど本物な2人の関係性はとてもいいです。 歳が近ければ八幡と一番相性がいいのは陽乃だったのかもしれません。 そうそう。 魔王に振り回されてすぎてここの八幡はかなりのハイスペックになっています。 原作再構成• 魔王な陽乃様を楽しめる名作 犬とお姫様 『女王様と犬』の続編です。 陽乃が卒業した後、八幡が三年生、原作同級生の面々が新一年生として入学してきます。 原作再構成もの。 女王様と犬の続編で八幡が3年生の時に新一年生として雪のんが入学してきます。 八幡は兄で雪乃は妹だからなのか先輩・後輩関係の方が安定感がありますね。 後輩雪のんがかわいすぎてやばい。 これもう雪乃ルートでいいのでは・・・・・・、よくありませんねすいません。 やっぱ魔王様には勝てませんというエピソードが掲載されています。 それがこちら。 誰かイラストにするんだ。 はやく! ・『女王様と犬』の続編 ・ゆきのんは妹としてみると最高にかわいい ・やはり姉はいいものです やはり俺の魔王攻略は間違っている。 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」の八幡と陽乃メインSSです。 再び紅茶の香りを取り戻した比企谷八幡の日常。 そんな中、雪ノ下陽乃との関わりが徐々に変化して行く。 温泉出ます。 原作設定のまま陽乃ルートに突入というか拉致されてしまうSSです。 陽乃ルートの魅力は、圧倒的なスペックを誇る魔王様じゃないと八幡は基本的に攻略不可能だからだガンガンいってください!という点です。 どんな点だ。 こんなにたくさん魅力あるヒロインがいるのに、一番攻略難易度が高そうなキャラクターが主人公の八幡ってやっぱ間違っているよな。 だから好きなんだけど。 八幡は受け身なキャラクターなので振り回す妹キャラ・姉キャラと相性がいいと思うけれど、俺ガイルに姉キャラって陽乃さんしかいないんだよね。 静ちゃんは先生だから。 年齢がかけ離れているとかないから。 やはり捻くれボッチにはまともな青春ラブコメが存在しない。 原作再構成 眉目秀麗、成績優秀で音楽、運動も得意。 おまけに対人能力も高く、常にニコニコと明るく振舞っている雪ノ下陽乃は、まさに完璧超人と言える存在だった。 しかし、その完璧さは彼女が幼い頃から人前に出てきた中で作り上げた外面であった。 比企谷八幡はボッチのまま高校生活の3年目を迎えていた。 そんな彼はとある出来事をきっかけに、今までもこれからも関わっていくことがないと思っていた同級生の雪ノ下陽乃と絡んで行くこととなる。 同級生の目線になると、完璧さよりも危うさが見えやすくなって支えてあげたくなるね。 でも凡夫としてはやはり魔王様には振り回されたいんだ。 ・・・・・・Mじゃないよ! Mだとしてもそれはなんか良い感じの紳士さ! やはり俺の幼馴染みが彼女なのは間違っている。 雪乃「何を言っているのかしら?」• 雪ノ下姉妹と八幡が幼なじみだったらという原作再構成SS。 1が共通ルートで2が雪乃エンド、3が陽乃エンドです。 ・・・・・・こういうギャルゲーはないものだろうか。 俺妹は原作補完という側面もあるけどそのくらいの密度でキャラゲーを作成してもらえないものだろうか。 いやもう、ほんとうに陽乃と結婚する未来線にいる八幡が見たい。 ・・・・・・「きっと、女の子はお砂糖とスパイスと素敵な何かでできている。 」って、パワーパフガールズかな? もしくはマザーグース。 魔王に見出された景虎を待つ運命はいかに。 なので俺ガイルメンバーはあまり登場しないと思われます。 大学生が高校に関わる機会ってあんまないですよね。 そりゃあ陽乃さん、暇人大学生扱いされますわ。 魔王様が魔王さましているのもいいけど、実はやっぱり女の子なんだよねという面を強調した作品も好きです。 陽乃が好きすぎて辛い。 原作とかアニメだと可愛い要素ないはずなのに、脳内補完しているからとんでもなく好みのヒロインになっています。 何かしらの病気ですね。 わかってます。 俺ガイル関連記事•

次の

#1 雪ノ下陽乃を無視し続けた結果

雪ノ下 はるの

やはり雪ノ下雪乃にはかなわない ハーメルン やはり雪ノ下雪乃にはかなわない 作者: 『プロローグ』恋人ができても比企谷八幡は高校生の時の八幡であった。 そんな八幡であっても、恋人の存在が彼を変えてゆく。 やはり雪ノ下雪乃にはかなわない。 『はるのん狂想曲編』開幕。 雪ノ下陽乃。 雪ノ下家長女にて後継者。 企業経営も似合いそうだが親父さんの地盤を引き継いで議員なんかも似合いそうだ。 彼女がその気になれば総理大臣にもなれそうなところが本気で怖い。 俺からすれば極上の笑みを浮かべながらトラブルを投げ込んでくるはた迷惑な姉ちゃんだが、周りからの評価はすこぶる高かった。 それは陽乃さんが周りから望まれている役割を演じているからに他ならないだろう。 両親からの要求。 同級生からの羨望。 下級生からの憧れ・・・。 それらの期待をおまけまで付けて演じていれば、その輝かしいカリスマ性も当然と言える。 だけど俺はここで立ち止まる。 では、雪ノ下陽乃自身が望むものとはいったい何か? 雪ノ下陽乃が指揮する狂想曲。 彼女の振るうタクトに皆魅了される。 『愛の悲しみ編』愛? 雪ノ下陽乃にとって愛には価値がない。 百歩譲って愛があるとしても、愛なんて刹那的な衝動であり、移りゆくものである。 つまり愛なんて幻想にすぎない。 夫婦も打算と妥協によって維持成立するとさえ思っている。 そもそも自分の結婚でさえ親の要求の一部にすぎないのだから期待さえしたことがなかった。 諦めと言われればそうかもしれないが。 そんな愛を知らない雪ノ下陽乃が愛を知ったらどうなるか? 生まれたころから愛を知らない彼女は、愛を知っても戸惑う事ばかり。 雪ノ下陽乃が奏でる愛の悲しみ。 彼女のピアノの音色に皆涙する。 SS速報VIPで毎週木曜日に更新している『やはり雪ノ下雪乃にはかなわない第二部(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている )』を加筆修正し、追加エピソードを加えたものを掲載しています。

次の

雪ノ下はるの

雪ノ下 はるの

私は全国的にも有名な国立の大学へ、八幡と結衣は都内の同じ大学に合格、入学し、日々充実した毎日を過ごしていた。 新生活の始まりという時期で、以前のように頻繁には会えないけれど、 毎日欠かさずくれる電話口や、会った時の顔を見ていると、凄く満ち足りた感じが伝わってくる。 今日も結衣と大学の近くにあるカフェでお茶を飲みながら、日常の些細な事ばかり話題にしている。 でも、そんな些細なやり取りも、今の私には嬉しくて楽しいものばかりだった。 結衣のこの顔にはいい思い出がない。 結衣「だから~ヒッキーのこと!上手くいってるの?」 …ほら、やっぱり。 もう、事ある毎にそんな質問ばっかり。 別に嫌ではないけれど… 雪乃「別に。 普通だと思うわ。 八幡も教師になるって夢に向かって頑張っているし、私も応援しているし」 結衣「そうじゃなくて。 …心配になったりしない?ほら、ヒッキー大学行ってから変わったし」 雪乃「信用しているもの。 それに、彼に浮気する度胸なんてあると思う?」 結衣「それは…ないと思うけど。 なに?なにかあるの? 結衣「あ、ち、違うよ!?そんな不安そうな顔しないで!ゆきのんが想像してるようなもんじゃないから!」 雪乃「っ、別に不安になんて…」 結衣「じ、実はね、私も最近知ったんだけどね?」 雪乃「…」 結衣の慌てたような言い回しに、ドクリと胸が波打つ。 結衣「あのね、うちの大学の女子の間でね、その……ヒッキーの写真が出回ってて…」 雪乃「…………は?」 結衣「な、なんか女子の間で凄い人気らしい…ってか人気で…」 雪乃「どういう事かちゃんと説明して結衣」 結衣の話を聞いて思わず身を乗り出して詰め寄ってしまう。 …私も一度見せてもらったから間違いないし…」 雪乃「………」 ふつ、ふつ、と… これ、私は怒っていいのかしら? 唖然としながら聞いている私の背後を、数人の女性が昼食を終えて過ぎていった。 あなたは何も後ろめたい事なんか無いのでしょうね。 キラキラと、本当、初めて出会った頃には考えられないほどの笑顔で私に手を振って。 八幡「なんか久々だな、こうやって朝から……雪乃?」 雪乃「…………」 一方で、私はムスッと不機嫌顔。 まるで初めて出会った頃のように。 イライラする。 もやもやする。 だから、私はなにも言わずに… なにも説明せずに、話さずに… 有無も言わせず、強引にあなたに口づけをした。 驚いた顔。 …ざまぁみなさい。 戸惑った瞳…いい気味よ。 それでも私を抱きしめてくれる腕。 …それだけじゃ許してあげないんだから。 私を見つめてくれる、愛しげに細められた暖かな眼差し。 ……大好きよ。 雪乃「あの頃とは、もう違うのよ」 こうやって堂々と嫉妬できるのは、私があなたの特別でいられるから。 ありがとうございました。

次の