胃腸 炎 腹痛 いつまで。 ウイルス性胃腸炎で食事はいつからOK?完治を早める正しい食事法

急性胃腸炎の下痢はいつまで続く?原因や色で危険度が分かる?

胃腸 炎 腹痛 いつまで

10日の夜に下痢、腹痛、吐き気、発熱がありました。 次の日には、吐き気と発熱は治まりました。 しかし今現在まで下痢と腹痛、更に胃の不快感が続いています。 10日の夜は下痢と腹痛で寝ることも出来なかったのですが今は1日に1~3回程度、水のような便だったり軟便が出ます。 食べ物は、12日頃からお粥やうどん、梅のおにぎりを食べています。 薬はビオフェルミン錠剤というのを1回1錠、4時間おきに服用しています。 良くなっては、いるのでしょうが早く完治してほしいと切実に願っています。 どれくらい経てば下痢と腹痛がなくなり胃の不快感もなくなり完治するのでしょうか? 後、何かアドバイスなどありましたら宜しくお願い致します。 Q 感染性の胃腸炎と診断され、1ヶ月近く軽い下痢と嘔吐が続いていました。 その後、下痢と嘔吐はぱったりなくなり、胸焼けと喉の違和感が強くなった為、「逆流性食道炎の疑い」として、6日間ほど薬を飲んでいました。 今は、胸焼け・嘔吐・下痢もなくなり、胃腸炎も食道炎も治ったのだと思っています。 ですが、便秘が続きやすい(3日間でない)のと、食欲に波があり、食べれるときは普段どおりに近い量を食べれるのですが、1口食べるとすぐにお腹いっぱいになってしまうこともあります。 無理して食べるのも怖いのですが、きちんと食べないと違う病気になりそうな気がして少し不安です・・・。 栄養価が高く、摂取したほうが良い食べ物や・・・逆に、摂取しないほうがいい食べ物はなんでしょうか? また、カフェインなどは胃に悪いときくので避けているのですが・・・逆に、胃に良い食べ物はどういったものでしょうか。 腸によさそうなヨーグルトは食べてるのですが、胃に良い食べ物が検討つかず・・・少し悩んでおります。 A ベストアンサー 多発性潰瘍で入院した際、点滴のみからまず潰瘍食を併用されたんですが、 ごはんではなくずっとお粥でした これは作る側の問題もあったかも?。 けど、おかずは結構なんでも出てましたよ。 ただ、全体的にうす味だったことと、刺激物は当然なかったですが。 一番多かったのは、煮魚でしたが、これも白身魚限定でもなかったです。 肉の煮たのも、脂身はなかったですが出ましたしね。 医者から特に指示がないのであれば、胃に良いものを意識するより、 消化が良くないといわれているものと、脂っこいものを避けるのが 賢明だと思います。 要は調理法なのかも知れませんね。 胃に一番良いと思われるのは、その成分そのものが胃薬に使われている 大根でしょう。 大根おろしなどは、そのままでもよし、何かに添えても よしなので、毎夕食必ず食べてみてもよさそうですね。 あと、りんごも胃によいとされています。 口当たりも良いですので、 食が進まない時などには何も食べないよりは、ずっと良いかと。 飲み物では牛乳です。 冷たいのは避けた方がよいので、レンジで冷たさを 取って、毎日飲まれると良いかと思います。 多発性潰瘍で入院した際、点滴のみからまず潰瘍食を併用されたんですが、 ごはんではなくずっとお粥でした これは作る側の問題もあったかも?。 けど、おかずは結構なんでも出てましたよ。 ただ、全体的にうす味だったことと、刺激物は当然なかったですが。 一番多かったのは、煮魚でしたが、これも白身魚限定でもなかったです。 肉の煮たのも、脂身はなかったですが出ましたしね。 医者から特に指示がないのであれば、胃に良いものを意識するより、 消化が良くないといわれているものと、脂っこいもの... A ベストアンサー はじめまして。 ルームシェアの相手がウイルス性胃腸炎になられたのことで、心配ですよね。 私は看護師をしているものです。 又、つい10日ほど前に、うちも子どもと夫婦3人そろって、ウイルス性の胃腸炎にかかったところです。 ウイルス性胃腸炎は基本的には、かかっている人が排泄した嘔吐物、便を他の人が触り知らず知らずのうちに口からウイルスが入っていく、接触 経口 感染です。 しかし、嘔吐物や便の付着したもの 例えば衣類等 を、そのまま放置していると、それが乾くことで、乾燥したウイルスが空気中を漂うこともあります。 ですので、空気感染もありえます。 ウイルス性胃腸炎の消毒には『次亜塩素酸ナトリウム』が効果的かと思います。 家庭にあるもので言えばハイターを薄めたものです 消毒されてから、洗濯されると良いかと思います。 予防はやはり、『手洗い』これが一番かと思います。 ルームシェアの方にも、嘔吐物の片付けのあとや、トイレのあとなど、しっかりと手洗いをしてもらい、質問者さんもしっかりと手洗いをしましょう。 ウイルス性胃腸炎と言いましても、人によって強く出てくる症状が違います。 早くよくなられるといいですね。 はじめまして。 ルームシェアの相手がウイルス性胃腸炎になられたのことで、心配ですよね。 私は看護師をしているものです。 又、つい10日ほど前に、うちも子どもと夫婦3人そろって、ウイルス性の胃腸炎にかかったところです。 ウイルス性胃腸炎は基本的には、かかっている人が排泄した嘔吐物、便を他の人が触り知らず知らずのうちに口からウイルスが入っていく、接触 経口 感染です。 しかし、嘔吐物や便の付着したもの 例えば衣類等 を、そのまま放置していると、それが乾くことで、乾燥したウイ... Q 2歳になる娘のウイルス性胃腸炎をもらってしまい、土曜日から吐き気に襲われ、昨日の夕方から今日の午前中は激しい下痢に見舞われました。 結局土曜日は食べたら吐きそうだったので、昼食は食べずに、夕食を少し食べた程度で、吐かずに済みました。 ただ、その後一向に気持ち悪さが抜けません。 本気で嘔吐しそうというほどではなくなったのですが、吐き気が続き、まるでつわりが続いているようです。 100%つわりの可能性はありません 今まで子供からもらってなったウイルス性胃腸炎では嘔吐は1日で終わり、その後吐き気が残ることはなかったのですが、今回は3日目になっても吐き気がおさまらずまったく食欲もわきません。 吐き気はだいたいどれくらいでおさまるものなのでしょうか。 下痢は水のようなものが何度も出ましたが、今日の午後にはおさまりました。 嘔吐しなかったから、胃に菌が残っているとかでいつまでも吐き気が残るのでしょうか。 いつまで続くのか不安です。 経験談でよいので、だいたいどれくらい吐き気が続くものか教えていただけると嬉しいです。 今日の午前中に病院で診ていただきましたが、整腸剤をいただいただけです。 娘のウイルス性胃腸炎は、便の検査は特にしませんでしたが、便が白くなるということはなかったので、ロタではないと思います。 ウイルスが何だかは特定していません。 2歳になる娘のウイルス性胃腸炎をもらってしまい、土曜日から吐き気に襲われ、昨日の夕方から今日の午前中は激しい下痢に見舞われました。 結局土曜日は食べたら吐きそうだったので、昼食は食べずに、夕食を少し食べた程度で、吐かずに済みました。 ただ、その後一向に気持ち悪さが抜けません。 本気で嘔吐しそうというほどではなくなったのですが、吐き気が続き、まるでつわりが続いているようです。 100%つわりの可能性はありません 今まで子供からもらってなったウイルス性胃腸炎では嘔吐は1日で終わり、その... Q はじめまして。 表題の件ですが、私ではなく友人の話なので 要領を得ない話もあるかもしれませんがご容赦下さい。 2週間位前から腹痛とその後の便意、吐き気、熱っぽさや体の 倦怠感等が続いており今も一向に改善されていないようです。 発症してから2,3日後に医者へ行き診断は急性胃腸炎という 事で、整腸剤を処方されたようです。 それからも症状は改善する 事無く2日前の木曜日に薬を変えたようですが相変わらず症状 は改善しないようです。 友人が言うには朝一番起きた時が一番腹痛がキツイようです。 お伺いしたいのは以下の点です。 2週間と長期で改善されないが、入院等をしなくても大丈夫なのか? 2. 胃腸炎は薬で治るものなのか? 私も以前、腸炎になり病院で2週間ほど点滴生活を行って回復 した覚えが有ります。 その時は、食べ物食べたりしたら結局炎症 が悪化して一進一退だから、何も食べずに生活するのが一番の 治療なのかなーとか勝手に納得してました。 今回友人が医師から薬を処方されて、始めはそうやって薬でも 治るものなんだなーって思ってましたが、さすがにこれだけ長期 なのと、自分の経験もあり単純に胃腸を使わない生活にしないと 回復できないんじゃないかと心配になってきました。。 ここまで症状が長期にわたって改善しない状況で入院などの 話を出さない医者もどうなのかなーって思ったりもしますし。。 何かアドバイス頂ければ助かります。 それでは、よろしくお願いします。 はじめまして。 表題の件ですが、私ではなく友人の話なので 要領を得ない話もあるかもしれませんがご容赦下さい。 2週間位前から腹痛とその後の便意、吐き気、熱っぽさや体の 倦怠感等が続いており今も一向に改善されていないようです。 発症してから2,3日後に医者へ行き診断は急性胃腸炎という 事で、整腸剤を処方されたようです。 それからも症状は改善する 事無く2日前の木曜日に薬を変えたようですが相変わらず症状 は改善しないようです。 友人が言うには朝一番起きた時が一番腹痛がキツイようです。 A ベストアンサー 急性腸炎等で入院する事態と言うことは、脱水が続き、 外来通院では、生活できない状況です。 友人は2週間寝たきりですか? 2週間のうち何回、病院に行きましたか? 熱っぽさでなく、実際には高熱であるとか、 水溶性下痢が1日中、頻繁に継続し、嘔吐も 継続し、外来で対応できなければ、入院もあり得ます。 ただ本人にとっては、症状も苦しいものがあると 思います。 もっと医師にどう説明し、検査や処置は 何を行ったのかという記載がほしいですね。 単なる胃腸炎や急性腸炎では入院は小児でなければ、 まずないです。 それが感冒性なのか、菌やウイルスによるものなのか 程度の検査は、2週間も続くならば、必要ですね。 症例的には珍しいですが、潰瘍性大腸炎やクローン病 という難病も隠れていますからね。 腸炎の初期は感染症でなければ、整腸剤だけで様子を 見ることもあります。 倦怠感は下痢のための症状ですし、 吐き気も同様です。 ただ吐き気がなければ、強力な下痢止めを使えますが、 下痢を止めた瞬間に、嘔吐になることもあるので、 むやみに下痢止めを使うのは怖いですね。 腸炎の初期はあまり下痢は止めません。 答えとしては、入院は相当重症でなければしません。 通常、脱水があればブドウ糖等の点滴、感染性、感冒性 であれば抗生剤の点滴を行いますが、いずれもなければ、 内服薬(胃腸薬)だけで治療し、治癒しますよ。 急性腸炎等で入院する事態と言うことは、脱水が続き、 外来通院では、生活できない状況です。 友人は2週間寝たきりですか? 2週間のうち何回、病院に行きましたか? 熱っぽさでなく、実際には高熱であるとか、 水溶性下痢が1日中、頻繁に継続し、嘔吐も 継続し、外来で対応できなければ、入院もあり得ます。 ただ本人にとっては、症状も苦しいものがあると 思います。 もっと医師にどう説明し、検査や処置は 何を行ったのかという記載がほしいですね。 単なる胃腸炎や急性腸炎では入院は小児でなければ、... Q 胃炎になってから、おなかはすくのですが何を食べていいかわかりません。 また具体的に「何を食べたい!」という気持ちにもならなくなり、困っています。 食べないと頭がボーっとしますし、なんだか身体もだるいし、 まだ極端にやせてはいないのですが、徐々にやせており心配です。 おなかがすくと胃酸が出るのか胃が痛くなり(ただ、薬で少し改善されてます)、それを抑えるために何か食べると今度は胃もたれして時に気持ち悪くなって下痢をしたりします。 おなかをマッサージしたり、背中をたたいたり、飲み物や食べ物を摂取するとガスが必ず出ます。 そういうことが続き、おなかはすくのですが、何を食べてよいかわからなくなってしまいました。 甘い物は食べたくなりますが、毎日しかも主食のように食べるのは危険だからさすがに控えています。 何も食べないわけにはいかないので、果物(いちご、りんご、バナナ、キウイ、オレンジなど)、ヨーグルト、納豆とごはんや、お味噌汁、玉子焼き、お野菜のサラダ、2日に1度くらい豚肉や鶏肉を使った料理をここ最近は食べていますが、しかたなくという感じで食べると胃に負担がかかります。 食べたくないときは野菜のジュースをとったりしています。 たまに甘いものを食べると気持ち悪くなります。 何か対策というか、改善方法はあるのでしょうか? 胃炎と診断されて、薬は服用しています。 胃酸をおさえる薬と、腸内の乳酸菌を増やす薬と、ガスを出す薬です。 胃酸を押さえる薬は効いてます。 軽い運動などはしています。 睡眠も7時間くらい。 料理は好きなので、料理本とかをみるようにしたりもするのですが、あまり作りたいとも思わなくなってきてしまいました。 料理番組とかを見ても、一瞬、美味しそう!作ろうかな?と思っても、やっぱり胃もたれとかするのかなと思って躊躇して、結局作らないことが多いです。 胃炎になってから、おなかはすくのですが何を食べていいかわかりません。 また具体的に「何を食べたい!」という気持ちにもならなくなり、困っています。 食べないと頭がボーっとしますし、なんだか身体もだるいし、 まだ極端にやせてはいないのですが、徐々にやせており心配です。 おなかがすくと胃酸が出るのか胃が痛くなり(ただ、薬で少し改善されてます)、それを抑えるために何か食べると今度は胃もたれして時に気持ち悪くなって下痢をしたりします。 おなかをマッサージしたり、背中をたたいたり、飲み物や... A ベストアンサー お辛そうですね・・・どうぞお大事になさってください。 お役に立つかはわかりませんが、こんなサイトがあります。 家族に胃炎持ちがいるので消化の良い食事を、と思い探した頁です。 asahi-net. html あとうちの人は、テレビで見た「起きてすぐココア」を試してからは少し痛みが減った・・・かな? という状態みたいです。 これは、起きて、朝食15分前にココアを飲む、という方法です。 詳しく書いているブログを発見したので参考までにはっておきます。 sunnyday. html 食事は体を作るために大事です。 おいしく食べれるようになるといいですね。 Q 5月中旬に、胃腸炎を患いました。 感染したウィルスがかなり身体にダメージを及ぼしたのかは不明ですが、胃カメラ(胃のみ診て頂きました)や血液検査により、胃腸炎という診断を受けました。 その為の薬を処方して頂き、大分体調は落ち着きました。 ですが、いまだに味の濃いものや、辛い物などは、食べると胸やけがしたり、下腹に鈍痛があります。 通常、胃腸炎は長くても完治までに2週間はかかると医師の方には言われていたのですが、2ヶ月を超えてもまだ症状が残っているので、不安です。 主治医の方には、2週間毎に会っているのですが、「よほど感染したウィルスがきつかったのだろう。 」という診断を受けています。 明日、主治医の方にお会いする事になっているのですが、その前に皆様のご意見を頂き、参考にさせて頂ければ。。 と思い、こちらに投稿致します。 どうぞ宜しくお願い致します。 A ベストアンサー 過去に感染性胃腸炎を起こしたものです。 参考になればと思い書き込みさせて頂きます。 2ヶ月間同じ症状が続き、2週間ごとにお医者様には見ていただいているということですが、2週間ごとにその状況(胸焼けなどがおこり、かんばしくない)をご報告して、お薬の処方は変わっていますでしょうか? 自分は、感染性の胃腸炎を患い・・・その後大きな不調は無くなったものの、食欲不振と胸焼け、下痢がなかなか完治せずに3ヶ月以上内科に通っていました。 その時はほぼ週1ペースで通い、薬をなんども変えていただき(自分の場合は下痢もあったので、薬の種類が多かったこともありますが・・・)、なんとか3ヶ月たって治りました。 そのとき、ご質問者さまの主治医の方と同じように「感染性(ウイルスや細菌)の胃腸炎の場合、症状がすぐにおさまる人と、長引く人がいる」とおっしゃっていました。 感染した後、普通は2週間程度で激しい症状はおさまり、菌は微妙に体に残り、完全に死滅(居なくなる)までは1ヶ月ぐらいかかるそうです。 人によって、この菌が残っている間ずっと体調が悪い人もいれば、自覚症状が無い人もいるそうです。 自分は胃腸炎から3ヶ月間不調が続いて治った例ではありますが・・・自分の場合はもとから胃腸が弱いので、ご質問者様も同じ例になるかは・・・・ちょっと疑問なところもあります。 胸焼けなどが2ヶ月もあると、胃腸炎のなごり・・・・の他にもいろいろな要因も考えられますので、お金とお時間などがかかってしまいますが・・・まずは「他の病気」の可能性はないのか?あるとしたらどういう検査をすれば白・黒つけられるか。 自分と同じように2ヶ月以上不調が続いて、このままの薬と診断で治った例はあるのか・・などなど、不安な点どんどんつぶしていくのが良いかもしれません。 一番いいのは、もう一度胃カメラをのんで、胃炎がキレイに治ってるか見てもらう・・・ことかな・・と、シロウト判断で思いましたが、アレは苦痛な上に費用も時間もかかりますので、なかなか難しいですかね・・・。 1の方もおっしゃっていますが、今の主治医さんの信頼しつつ、他の医療機関で経緯を説明し、セカンドオピニオンを受けられるのも必要かと思います。 もしもそれで同じ診断が出れば、安心して主治医さんにお任せができるのではないかとも思います。 とりとめのない回答になってしまいましたが、ご参考になれば幸いです。 過去に感染性胃腸炎を起こしたものです。 参考になればと思い書き込みさせて頂きます。 2ヶ月間同じ症状が続き、2週間ごとにお医者様には見ていただいているということですが、2週間ごとにその状況(胸焼けなどがおこり、かんばしくない)をご報告して、お薬の処方は変わっていますでしょうか? 自分は、感染性の胃腸炎を患い・・・その後大きな不調は無くなったものの、食欲不振と胸焼け、下痢がなかなか完治せずに3ヶ月以上内科に通っていました。 その時はほぼ週1ペースで通い、薬をなんども変え... Q 先々週の日曜(3/1)からウイルス性胃腸炎で体調を崩し、4〜5日程断食状態でした。 ちょうど一週間後の日曜(3/8)くらいから回復しはじめ、昨日あたりには普通に食事がとれるようになり普段と変わらない状態にまで回復した・・・つもりでした。 しかし、昨日の夜辺りから軽い腹痛と吐き気があり、本日も朝からお腹の不調感と吐き気、胃部不快感があります。 ウイルス性胃腸炎になってから2週間近くたちますが、回復までにはどれくらいかかるのでしょうか? ぶり返してしまったのか、残遺症状なのか不安です。 (ちなみに、処方されていた整腸剤と吐き気止め(ナウゼリン)が昨日の朝で終了し、今現在は薬を飲んでいません。 そのことも関係しているのでしょうか?) それとも、(一昨日、昨日と外出しましたので)外出先で新しいウイルスをもらってきたのでしょうか・・・。 あの辛さがこれからもう一度と考えると堪え難いですが、そもそもウイルス性胃腸炎は何度もなるものなのでしょうか? 教えてください。 A ベストアンサー そうですね。 インフルエンザ等とちがって再び感染すれば何度でもかかります。 それにしても重症ですね。 私も丸一日は寝込みましたが翌日にはほぼ回復しました。 最初にかかったのは娘で、すぐに病院に連れて行き同じくナウゼリンや整腸剤を処方され、もしお母さん移ってしまったらこれを飲んでねと言われました。 同日に夫も発症し、外出先で脱水で倒れ、病院で点滴を受けて帰ってきました。 家族3人で寝込み熱も出ましたが、私はすぐに薬を飲んだせいか回復も早かったです。 娘を診てもらった医師は2~3日で治るよと言ってましたがその通り娘も回復しました。 一番重症だった夫も2日めの夕方にはどうしても行かなければならない仕事があると出かけましたが、何とか回復し食事もできたと言います。 実は私はほぼ一カ月前にもお腹を下しましたが、痛くもなく熱も出なければ寝込みもしませんでした。 ただお腹の調子が悪いのが一週間近く続き、いったい何だったのだろう?と思っていました。 今思えばあれもウィルス性胃腸炎だったのだと思います。 今回も、腹痛や吐き気などはほとんど感じませんでした。 吐き気はいきなりきて吐く、腹痛も急にきてトイレに駆け込むといった感じ。 出してしまえば比較的スッキリして大して苦しくはなかったです。 医師は、それがウィルス性の特徴だと言ってました。 しかしウィルスにもいろいろ種類があるようですし、質問者様はよほど悪質なウィルスに感染してしまったのかも知れませんね。 とにかくもう一度病院へ行って相談されることだと思います。 整腸剤はしばらく飲み続けた方が良いと思いますよ。 そうですね。 インフルエンザ等とちがって再び感染すれば何度でもかかります。 それにしても重症ですね。 私も丸一日は寝込みましたが翌日にはほぼ回復しました。 最初にかかったのは娘で、すぐに病院に連れて行き同じくナウゼリンや整腸剤を処方され、もしお母さん移ってしまったらこれを飲んでねと言われました。 同日に夫も発症し、外出先で脱水で倒れ、病院で点滴を受けて帰ってきました。 家族3人で寝込み熱も出ましたが、私はすぐに薬を飲んだせいか回復も早かったです。 娘を診てもらった医師は2~... Q こんにちは。 どうしても気になるので、投稿させていただきました。 先週土曜日、目が覚めるとものすごい頭痛と全身の倦怠感(筋肉痛に近いもの)、軽い腹痛がありました。 かなり寒い部屋で寝ていたのでお腹が冷えたのだろうと思い(寒暖の差が激しいとすぐ腹痛になります)、とりあえず頭痛薬を飲みました。 しかし夜になっても全く治らず、熱が38度でした(平熱は35度です)。 翌朝には39度になっていたのですが、夜には37度以下に下がっていました。 ただ腹痛と膨腹感(ガスがたまっているような)、下痢が酷く、昨日月曜日に病院へ行ったところ、胃腸炎だと診断され、食欲がなかったので点滴を打ち、整腸剤、腹痛止め、解熱剤、を頂き、今のところ4回毎食後に解熱剤以外の薬を飲んでいます。 土日に比べれば症状は軽くなりましたが、下痢と膨腹感と軽い頭痛が残っています。 下痢よりもガスが溜まって本当に痛いです。 お腹周りも調べてもらったので間違いないとは思うのですが、胃腸炎というのは、何日も続くものなのでしょうか?それと、胃腸炎の原因はどういったものなのでしょうか? もしストレスであれば、特にストレスと感じていなかったのですが、丁度仕事とプライベートで長期間困ったことがあったのでそれかなと思っています。 今月、不定期だった生理が珍しく予定通りに来たのにごくわずかな量だったのですが、ストレスかなぁと考えていた時に胃腸炎になりました。 いろいろ調べたり、お医者さんに伺ったのですが、いまいちよく分かりません。。 長文で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。 こんにちは。 どうしても気になるので、投稿させていただきました。 先週土曜日、目が覚めるとものすごい頭痛と全身の倦怠感(筋肉痛に近いもの)、軽い腹痛がありました。 かなり寒い部屋で寝ていたのでお腹が冷えたのだろうと思い(寒暖の差が激しいとすぐ腹痛になります)、とりあえず頭痛薬を飲みました。 しかし夜になっても全く治らず、熱が38度でした(平熱は35度です)。 翌朝には39度になっていたのですが、夜には37度以下に下がっていました。 ただ腹痛と膨腹感(ガスがたまっているような)、下痢が酷く... Q 汚い話ですみません。 3日前に水下痢になり、翌朝37度台の発熱と身体のだるさ、頭痛で病院に行き、血液検査の結果、風邪からくる腸炎だろうと言われ、抗生剤と整腸剤? ミヤBMなど と頭痛止めを3日ぶん処方していただきました。 良くならなかったらまた病院に来てくれ、とのことだったんですが、今完治している状態ではないものの、トイレに行く回数は減り、下痢も水様ではなく、形がわかる程度にはなってきています。 食事も昨日は何を食べても下してしまってましたが、今日は蒸しパンとプリンを食べて大丈夫でした。 ただ、お腹がぐるぐる鳴って便意が来ても、いざトイレに行くとちょっとしか出なかったり…食事量の問題? 食欲はありますが体が受け付けない感じがして、ガッツリはまだ無理ですが… これはもう食事などに気をつけていれば、治っていくものなんでしょうか? また、2日前から仕事を休んでいる状態 土日出勤の仕事 で、一応明日まで休みにしてもらっていますが、明後日から復帰できるのかどうか明日連絡するよう言われています。 もちろん明日の昼頃まで様子を見ようと思ってはいるのですが、もし出勤していきなり腹痛や便意がきたら…?と考えると怖いです。 でも、完治するまで休むという訳にはいかない気も。 まとまりのない文章で申し訳ないですが、 1 今の状態は快方に向かっていると考えて良いのか 2 まだ完治とはいえない段階で出勤しても大丈夫なものか 3 新入社員が入社間もなく病欠…やはり使えない、辞めたら?と思われてしまうものか アドバイスいただけたらと思います。 よろしくお願いします。 汚い話ですみません。 3日前に水下痢になり、翌朝37度台の発熱と身体のだるさ、頭痛で病院に行き、血液検査の結果、風邪からくる腸炎だろうと言われ、抗生剤と整腸剤? ミヤBMなど と頭痛止めを3日ぶん処方していただきました。 良くならなかったらまた病院に来てくれ、とのことだったんですが、今完治している状態ではないものの、トイレに行く回数は減り、下痢も水様ではなく、形がわかる程度にはなってきています。 食事も昨日は何を食べても下してしまってましたが、今日は蒸しパンとプリンを食べて... A ベストアンサー こんばんは。 辛いですね 私も汚い話になってしまいますが…何回も何回もお手洗いに行くほどの下痢と腹痛、高熱39度台、脱水症状からくるめまいで、ひーってなりながら病院に行きました。 私の場合ひどかったようで一週間の薬を処方していただきました。 質問者様の症状から医者は適切な日数分の薬を処方されたのだと思います。 ご説明を受けられたかもしれませんが、抗生物質は必ず飲みきってください。 ごはんは無理に食べなくて良いです。 水分をしっかりととってください。 白湯やポカリなどのスポーツ飲料。 牛乳、ヨーグルトなど乳酸菌飲料は口にしないようにしてください。 (1)私の場合、薬を飲みきってからもしばらく軽い下痢は続きました。 でもお手洗いにかけこむほどではないです。 質問者様が接客業や多忙なお仕事でなければ行ける範囲内かと思われます。 (2)私は(1)のような症状で会社に行ってました。 (3)ん~、マイナスにはなってしまうかと思いますが、明日ご連絡するときに現状を報告、謝罪、復帰後のやる気を伝えれば印象良く受けられると思いますよ。 今は治すことに専念して、またフレッシュにがんばりましょう!お大事にしてください。 こんばんは。 辛いですね 私も汚い話になってしまいますが…何回も何回もお手洗いに行くほどの下痢と腹痛、高熱39度台、脱水症状からくるめまいで、ひーってなりながら病院に行きました。 私の場合ひどかったようで一週間の薬を処方していただきました。 質問者様の症状から医者は適切な日数分の薬を処方されたのだと思います。 ご説明を受けられたかもしれませんが、抗生物質は必ず飲みきってください。 ごはんは無理に食べなくて良いです。 水分をしっかりととってください。 白湯やポカリなどのスポーツ飲料。 牛乳、ヨ... Q 一週間ほど前から、お腹の調子がパッとしなく(にやにやする感じで時々痛くなる)、昨夜腹痛がひどくなり下痢をしました。 軽い吐き気はあるものの今のところ嘔吐はなく、食欲はあり、今朝は普通の食事をしました。 熱はありません。 今日近くの診療所に行ってきました。 尿検査と問診の結果、尿蛋白が出ており、症状から感染性胃腸炎と診断されました。 そして、食べられないとは一言も言っていないのですが、点滴をされました。 明日も点滴をするので来るように言われました。 体調が良くなっても来るようにとのことです。 今日、口にしていいものは、おもゆと湯冷ましのみ。 その他、スポーツドリンクや果物など、一般的に体調が悪いときに食べるようなものは一切ダメ。 お腹に悪いんだそうです。 私からすると、吐いて食べられないというわけでもないのに1時間も縛り付けられるほうが、よっぽどお腹に悪いような気がするのですが・・・。 この先生は正しいのでしょうか?明日も点滴を受けに行かなければなりませんか? A ベストアンサー お体大丈夫ですか? さて 質問のお答えですが、医者によって考え方も違ってくると思いますが この先生はおそらく以下のようにお考えになられたのではないかと推測します。 まず 一週間もお腹の調子が悪く 胃腸炎をグズグズと長引かせている為 腸の負担を取り除くべく重湯と湯冷まし。 点滴に電解質と共に抗生剤を入れ 短期間でスッキリ直すことを目指しているのではないかと思われます。 腸も体と同じで 炎症があるときは安静が必要なんです。 吐き気がないので食べると 弱っている腸は働き続けます。 消化液も分泌し 水分の再吸収もし 便も作ります。 それらの負担を避けるため 胃腸からの水分の吸収より 直接血管に水分や栄養分薬を入れてやる。 胃腸の安静を守りやすい重湯と湯冷まし になったと考えられます。 納得できましたか?お大事にしてくださいね。

次の

胃腸炎の治し方を症状別に厳選しました!

胃腸 炎 腹痛 いつまで

急性胃腸炎とは そもそも、急性胃腸炎とはいったいどのような病気なのでしょうか? 突然襲ってくる原因不明の 猛烈な腹痛 そして、それに続く 下痢・・・ 急性、と名が付く通り 本当に何の前触れもなく、これらの症状が私たちを襲ってくるのです。 その痛みは言葉では言い表せないほどで、あまりの痛みにそこから身動き一つとれなくなってしまうことも少なくありません。 我慢するしか術はなく、ただただ痛みに苦しみながら収まるのを待つしかできない状態が続きます。 事実、私も去年急性胃腸炎になった際にはあまりの痛みで身動きができず、すぐそこの両親を呼ぶことすらできず地獄のような苦しみを味わいました・・・ 結局、 わずか3メートルほどの両親の部屋まで15分ほどかけて這っていき、親に報告、そのまま救急で入院となりました。 3日間の入院でしたが、何も食べることができず、退院後もしっかりと歩けるようになるまで数日かかりました。 この恐ろしい病気についてしっかりと伝えておくことが感染した私の使命だと思います。 そこで今回は、この病気について余すところなく紹介していきます!! 胃腸炎の種類 胃腸炎と一言で言っても、その種類は一つではありません。 大きく分けると• ウイルス性• 細菌性• 非感染性 の3つに分類されます。 それぞれがどういったものなのか、詳しく見ていきます。 ウイルス性 まずは ウイルス性の胃腸炎についてです。 この種類の胃腸炎はウイルスという名前から想像できるように、他者に感染していきます・・・• ノロウイルス• ロタウイルス• アデノウイルス 等が代表的なものとして挙げられます。 特にノロウイルスは最近日本でも猛威を振るっており、自分や家族が感染した方経験も多いのではないでしょうか。 しかし、 ロタウイルスの場合は長いものでなんと1週間も症状が持続するケースもあるとのことです。 本人の体調なども関係するとは思いますが、感染したウイルスによっては1週間以上の休みを取らざるを得ないようです。 細菌性 もう一つ代表的な種類として挙げられるのは細菌性の胃腸炎です。 赤痢菌• 腸管出血性大腸(O-157)• コレラ菌 等の恐ろしい伝染病を引き起こすものと• サルモネラ• 腸炎ビブリオ• カンピロバクター などの食中毒の原因となる細菌が知られています。 私たちの生活に身近なものは、サルモネラや腸炎ビブリオなどの食中毒でしょうか? 最も食中毒が多い季節である 夏に発生した胃腸炎のほとんどは、この細菌性のウイルスが原因だといわれています。 感染力はウイルス性のものに比べると弱く、手が触れた場合に発生する接触感染等はほとんど見られません。 ですが、 ウイルス性に比べて細菌性の胃腸炎の方が症状自体はかなり重くなるといわれています。 細菌性の胃腸炎を発症する理由としては• 『食べ物の調理が不完全』• 『過熱が不十分=生焼け状態』• 『作る人の手洗いが不十分』 等の理由により食べ物に細菌が残ってしまい、それが胃腸に到達、炎症を起こしてしまうのです。 非感染性 もう一つ、あまり知られてはいませんが 非感染性の胃腸炎というものも存在します。 食物アレルギー• 動脈硬化• 緊張などの神経性• 暴飲暴食 等が原因として挙げられます。 この 非感染性の胃腸炎に関しては生活習慣の改善により防げるものも多いので、日ごろからしっかりと自己管理をしておくことが重要です。 また、 食べ物や薬のアレルギー反応による胃腸炎は、場合によっては重篤化し、命にかかわる場合も・・・ 食後や服薬後、何か異変があった場合にはすぐ病院に駆け込みましょう!! その際、何を食べたか、どんな薬をいつ、何で飲んだか等の細かい情報を提供することが原因解明・早期回復への近道となります。 神経性については・・・ 緊張したら誰でもお腹が痛くなる ものです。 急性胃腸炎とは、簡単に言うと 突然襲ってくる胃炎・腸炎です。 そのため、症状も胃炎や腸炎のものと非常に似通っていて• 激しい腹痛• 下痢や血便• 咳や鼻水、発熱等の風邪症状• 胸やけや嘔吐• 全身を襲う倦怠感 といったものが代表的です。 咳や鼻水といった風邪の症状や、全身の倦怠感から 「あれ、風邪ひいたかな? 」 と勘違いしがちです。 そのため治療が遅れ、症状が重篤化したのちに病院を受診するケースも少なくありません。 ですが、 胃や腸が原因でない通常の風邪では我慢できないほどの腹痛や激しい下痢・血便といった症状は決して現れません。 これらの症状が出た場合にはただちに急性胃腸炎と判断し、少しでも早い病院の受診をすることが必要です。 重い症状の場合には、 急激な排便による血圧低下・それに伴う意識障害が発生することも考えられます。 特に高齢者はこれらの症状が体にかなりの負担をかけてしまい、場合によっては命を落としてしまうケースも・・・ 胃腸炎 という名前からついつい甘く見てしまいがちですが、 決して油断できない恐ろしい病気だということを肝に銘じていただけたらと思います。 急性胃腸炎に関する説明をしている動画を発見しましたので、こちらも紹介しておきます。 それでは、ここからは 急性胃腸炎の正しい治し方 について説明していきます。 どんな病気であれ、治療法は存在します。 恐ろしい病気ではありますが、正しい治療法さえ知っていればたとえ感染してもむやみにおびえる必要はなくなります。 しかし、何故かこの病気、 正しい治療法があまり知られていないんです。 下痢止め・吐き気止めはNG!! 多くの方が、下痢は吐き気に襲われた際、 下痢止め・吐き気止めを飲むかと思います。 ですがこの行為、実は 最もやってはいけない事なのです。 急性胃腸炎になったということは、体内に細菌やウイルスが入ってしまっている状態です。 これらを体外に排出するための体の防衛反応こそが排便や嘔吐なのです。 しかし、 薬でこれらの症状を無理やり止めてしまっては、せっかくのウイルスを体外に排出する機会を失ってしまいます。 私自身、感染したばかりですのでよくわかりますが、激しい下痢や嘔吐に襲われ続けるのは本当につらいものです。 ですがこれこそが、ウイルスを出し切り健康になるための近道なのです!! 辛いでしょうが、健康になるため、元気な体に戻るためと言い聞かせぐっとこらえましょう。 こまめな水分補給で脱水症状を予防しよう! 先ほど書いたように、 完治までの一番の近道は嘔吐や下痢で体内のウイルスや細菌を出し切ることです。 ですがこのとき注意することが一つ。 それは、 脱水 です。 下痢や嘔吐症状が続くと、一緒に体の水分も排出されてしまいます。 また、発熱が続くと体の水分はさらに奪われてしまうことに・・・ 高齢者や子供など体力のない人たちにとっては、病気による脱水症状こそが最も危険な症状といえるものなのです。 嘔吐が続いているときに水分を取るのはかなりつらいのですが、少量ずつでもいいので水分を取ってください。 脱水症状を予防するためにも、こまめな水分補給を心がけましょう。 水分摂取は経口補水液が理想 急性胃腸炎時の一番理想的な水分補給方法は経口補水液による水分摂取です。 普通の水でも水分補給はできるのですが、より早い回復を望むなら経口補水液にて水分を取ってもらえたらと思います。 ここでも間違えやすいポイントが。 それは、 スポーツドリンクによる水分摂取 これをしてしまう人が大勢いますが、いけません。 水分補給に限るならばスポーツドリンクでも十分なのですが、この飲み物、実は 消化吸収の際に胃腸へかける負担がかなり大きいのです。 そのため、胃腸が弱った状態にある急性胃腸炎時の水分摂取には適さないのです。 その点、経口補水液は• 胃腸への負担が少ない• 吸収しやすい• 手に入りやすい(薬局・ドラッグストアなど) と利点がそろっています。 その効果は高く、 病院での点滴と同程度の効果があるとまで言われています。 急性胃腸炎時の水分補給を行う際には、是非経口補水液を活用してもらえたらと思います。 ただ、一人暮らし等の事情で、どうしても経口補水液を買いに行くことができないといった方もいるはずです。 砂糖:40g• 塩:5g• 果汁な何でもいいのですが、もしあるならば りんごか、ビタミンCがたっぷり詰まったミカンの果汁を使用するのがおすすめです。 特にリンゴに含まれているペクチン等の食物繊維の効果で腸の働きを活発化し、消化吸収を助けてくれます。 更に整腸作用もあるので、まさに 急性胃腸炎のための果物とさえ言えます。 食事は控える 急性胃腸炎にかかった際には、食事は控えましょう。 弱った胃や腸に負担をかけてしまうからです。 下痢や嘔吐といった症状が治まった後も注意が必要です。 特に若い人などは やっと治った!! と喜び、いつも通りの食事をとってしまいがちです。 しかし、 病気の症状が治まっただけであって肝心の胃腸はまだまだ回復しきってはいません。 まずは白粥など胃に優しい、消化吸収しやすいものから食事を再開していきましょう。 油もの、アルコール、カフェインなど胃腸に負担をかけるものは絶対に食べてはいけません!! また、数日たっても下痢が治まらないという方は リンゴのすりおろしがおすすめです。 先ほど書いたように消化吸収に優れ、整腸機能もありますので弱った胃腸には最適です。 サプリメントで腸内環境改善! 胃腸炎の原因の一つには、 腸内環境の悪化があります。 腸の中には、体の中に侵入したウイルスを撃退する免疫細胞が多量に存在しています。 その数なんと、体全体の 7割!! 私たちの体を守ってくれているのは、腸に他ならないのです。 この 腸内環境が悪化すると、私たちの体は簡単にウイルスによる影響を受けてしまいます。 ウイルス性の急性胃腸炎にかかる場合は、腸内環境悪化に伴い免疫力が低下している可能性が高いと言えます。 また、胃腸炎に既になっている方も、腸内環境を改善していくことは回復力を高め、早期回復につなげていく非常に重要な行為です。 私が腸内環境改善のためにおすすめしているのは、 天然美通 と言うサプリメントです。 善玉菌をパワーアップさせるという従来にない方法で胃腸の活性化を図り、免疫力アップにつなげてくれます。 また、善玉菌が強くなることでおなかの調子もよくなっていき、急性胃腸炎の症状である• 吐き気• 腹痛 といった主症状の緩和につなげていくことも化膿です。 当然、 腸内環境改善を行うことで免疫力もアップしていきますから、急性胃腸炎をはじめとした胃炎・腸炎の予防にもつながります。 素人が勝手に判断して、間違った治療をしてしまっては回復も遅くなるどころか、悪化する恐れも・・・ 更に、場合によっては 違う病気である可能性までも潜んでいます。 水分が摂取できない場合には点滴も処方してくれますので、辛い症状に苦しむよりもまず最初に病院へと足を運んでもらったらと思います。 完治までの期間は? それでは最後に、 完治までの期間についてみていきます。 正しい治し方を実践した場合、すぐに治るのかといえばそうではありません。 初めに私の体験談を書きましたが、症状が治まり退院した後も数日はまともに歩くこともできませんでした。 それだけ回復の遅い病気なのです。 ウイルス性か細菌性か、あるいは非感染性の胃腸炎かにより異なりますが、 下痢や嘔吐といった主症状が治まるまでに 2日~1週間。 体力のない高齢者や子供は重篤化しやすく、さらに回復にも時間がかかります。 食事なども配慮し、しばらくは油ものや刺激物を控えましょう。 早い回復を望むなら、 胃腸をいたわった生活習慣を送るよう心がける必要があります。 終わりに いかがだったでしょうか? 今回は急性胃腸炎の正しい治し方やその症状、完治までの期間について紹介していきました。 最後にもう一度治し方をまとめると• 下痢止め・吐き気止めは飲まずウイルスを体外に出す• 食事は極力控える、刺激物もダメ• 水分補給はこまめにしっかり行う• 症状が治まってもしばらくは胃腸に優しい食事を心がける といったところでしょうか。 急性胃腸炎はその症状もなのですが、 胃腸がなかなか回復しないところも厄介な点と言えます。 こればかりは私たちがしっかりと自己管理を行い、胃腸に優しい生活を送るしか治す方法はありません。 病気について正しく理解し、完治するまで気長に付き合っていくことが重要です。 ここまでお付き合いいただき本当にありがとうございました!!

次の

急性胃腸炎の下痢はいつまで続く?原因や色で危険度が分かる?

胃腸 炎 腹痛 いつまで

急性胃腸炎ってどんな病気?何が原因? 急性胃腸炎とはその名前の通り、 急に胃や腸に炎症が起こる病気です。 この炎症のために吐き気・嘔吐、腹痛、下痢などの症状が出流と同時に、脱水や電解質バランスが崩れる影響で倦怠感が出たりします。 また、細菌やウイルスなどの感染症が原因の場合には同時に発熱などの症状も現れます。 これらの症状がある場合には急性胃腸炎の可能性が高いかもしれません。 急性胃腸炎の原因はいくつかありますが、 その大半は急性胃腸炎の中でも感染性胃腸炎と呼ばれる細菌・ウイルス感染が原因となる胃腸炎です。 夏場では細菌によるものが多く、冬場ではウイルスによるものが多い事が知られています。 これは夏場は温度や湿度が細菌の増殖に適しているため食材の中で増殖し食中毒を起こしやすく、冬場は乾燥した空気がウイルスの拡大に適していることが原因だと考えられています。 他の原因として、寄生虫で起こるもの、ストレスで起こるものも報告されています。 細菌による胃腸炎はどのようなものがある? 感染による胃腸炎のうち、まずは夏場に流行りやすい細菌性のものについて紹介します。 これは食材についた細菌が主な原因になるので、 ・食材の加熱 ・清潔な調理 ・適切な保存 これら3つが重要になります。 このうち、いくつか気をつけるべき食材と細菌について説明しましょう。 カレーや煮物などに発生するウェルシュ菌 まず気をつけたいのが ウェルシュ菌によるものです。 そのため、調理したカレーや煮物を再加熱して繰り返し食べるうちに再加熱が不十分だと菌が繁殖してしまい食中毒を起こしてしまいます。 ウェルシュ菌による胃腸炎は 食後10時間程度で下痢、膨満感などの症状が出て、熱はほとんど出ないのが一つの特徴です。 また、 症状は軽いものであることが多く、数日で回復することがほとんどです。 対策としては加熱を十分に行うこと、もしくは調理後すぐに小分けして冷凍することなどが挙げられます。 黄色ブドウ球菌 また夏場に気をつけたいのが 黄色ブドウ球菌による食中毒です。 この菌は手などの皮膚に常にいる常在菌ですので、夏場にはおにぎりなどの素手で調理することの多い食材が原因となり食中毒を引き起こすことがあります。 症状は 汚染された食材を食べてから6時間以内に出ることが多く、強烈な吐き気・嘔吐はあるものの下痢はないことやそこまでひどくないことが多いのが特徴です。 吐き気は強烈ですが治るのも早く、1日で軽快することも多くあります。 対策としては手をよく洗うこと、素手で調理しないこと、お弁当として持ち歩く場合には抗菌シートなどを上手に使ったり、昼に食べずに持ち帰ったおにぎりは食べないことなどが挙げられます。 その他、気をつける細菌 ・鶏肉などに存在する カンピロバクター ・卵などに存在する サルモネラ ・生肉に存在する 大腸菌 ・O-157 これらは夏に猛威をふるいます。 十分に食材を加熱して調理すること、低温で保存することを忘れないようにしましょう。 これらの細菌は摂取して数日から1週間も経ってから症状が出ることも多く原因を特定することが難しいのも難点です。 多くの場合には原因が不明でも抗生物質を使いつつ、脱水にならないように全身管理をしっかり行うことで症状は軽快します。 症状が続く期間は数日程度であることが多いですが、人によっては1週間ほどかかる場合もあるうえに、まれに感染後に尿毒症などの様々な病気を引き起こすことがあるので注意が必要です。 急に血尿が出たり、体に湿疹や斑点が出たりなどの症状があるときには病院にかかるようにしましょう。 ウイルスによる胃腸炎はどのようなものがある? 冬場に起こることが多いウイルス性胃腸炎では、 ノロウイルス、ロタウイルスなどが原因となることが多いです。 それぞれの特徴を見ていきましょう。 ノロウイルス ノロウイルスは生牡蠣などの食材から感染したり、ノロウイルスに感染した人から感染することが多いウイルスです。 ノロウイルスは感染力が強いことで知られており、感染して24〜48時間ほどで症状が出てきます。 症状としては 強い吐き気・嘔吐、激しい下痢、発熱がよく知られており、これらの症状が3日ほど続きます。 治療法としては特別なものはなく、脱水にならないように水分補給をしつつ症状が軽快するのを待つしかありません。 また、嘔吐物、排泄物は感染性があるので処理には十分気をつけるようにしましょう。 ロタウイルス ロタウイルスは特に子供に感染して胃腸炎を引き起こすことが多いウイルスです。 ロタウイルスは 強い下痢と嘔吐を引き起こすのが特徴で、特に白いっぽい下痢便を引き起こすことで知られています。 発熱などの症状はほとんど出ません。 これらの症状は1週間ほど続くので、脱水にならないように気をつけながら様子を見るようにしましょう。

次の