イトマン 事件。 イトマン事件の許永中氏の現在は?【画像】事件の真相をわかりやすく

戦後最大の経済事件「イトマン事件」とは何だったのか?(週刊現代)

イトマン 事件

許永中とは?イトマン事件とその現在! 許永中とは一体どんな人物か? 今の40代以上の方からすれば、許永中とは誰なのか薄っすらと覚えているかも知れない。 許永中とは一言で言うならば、日本の財団の裏で暗躍していた、闇のフィクサーである。 そんな許永中とはどのような人物なのか、許永中を大衆の知る所とした「イトマン事件」と共に見て行く事にしよう。 また、許永中の現在についても確認してみよう。 許永中とは、現在70歳の在日韓国人で生まれは大阪の大淀区の中津と言う、在日韓国人が多く住む場所で生まれた。 高校を卒業し大学に入学するも、途中で麻雀とパチンコにのめり込み、中退をしてしまった様だ。 許永中はその後、部落解放同盟の幹部と交友を持つ様になり、フィクサーの大物であった大谷貴義という人物にも弟子入りし、フィクサーとしての道を歩み始めた。 その様な経緯もあり、許永中の交友関係は色んな世界の有力者へと広がっていき、フィクサーとしての実力をつけて行く様になった。 許永中のフィクサーとしての凄さとは、この交友関係の広さにあるのかも知れない。 財界、政治界、将又許永中の交友関係は、いわゆる裏の世界までも及ぶまでになったという事なのだ。 この様にして、許永中は終いには「日本財界のフィクサー」と呼ばれるまでに至ったのである。 では許永中が関わった、戦後日本の最大経済不正経理事件と呼ばれる「イトマン事件」とは何のかを見て行く事にしよう。 イトマン事件とは、日本がバブルで湧いていた平成初期に発覚をした事件である。 イトマン事件の全容に関して簡単に説明すると、許永中がイトマンという繊維の商社を利用して多額の金額を不正に使わせて、そのお金を闇社会に横流しした事件だ。 許永中はイトマンの社長である河村らと結託をし、イトマンの会社の金を偽造品である骨董品や美術品購入に費やさせた。 その価格は市場価格よりも遥かに高い価格であった。 更には、許永中は地上げ屋や建設業にまで会社資金を使わせたのだ。 その額は総額で3000億円という額にまで及んだ。 そしてその事件が発覚し、許永中は逮捕される事になった。 その後許永中は刑務所に入る事になり、一時は韓国に逃亡をするなどした。 では許永中は現在、どうしているのだろうか? 現在はどうやら、仮釈放をされている様だ。 ただし、許永中が現在いる場所は日本では無く韓国である。 許永中は韓国で残りの刑期を服する事を望んで、韓国へ移送されて、日本の特別永住者の権利を失っているのだ。 そうして、現在は韓国のソウルの刑務所で仮釈放をされたのである。 スポンサード・リンク 許永中!藤原紀香、米倉涼子との関係!山口組とも関わりが!? 許永中は藤原紀香、米倉涼子と関わりがあると言われている。 また、山口組とはどの様な関係性なのだろうか? 許永中と藤原紀香、米倉涼子との関係性を見て行くと同時に、山口組との繋がりをみていこう。 許永中と藤原紀香と米倉涼子! 許永中と藤原紀香、並びに米倉涼子に どの様な接点があるのだろうか? この三者の関係性を調べてみたが、根拠が不確かな噂話ばかりであった。 藤原紀香と許永中に関しては、藤原紀香の前の所属事務所であるバーニングと関係性があった事により、藤原紀香と何かしらの関係性があったと言われている。 また、米倉涼子と許永中に関しては、米倉涼子が許永中の愛人だったという話等が出て来た。 どちらも、黒い噂話であるが、藤原紀香、米倉涼子、共に話の真意を確かめる事が出来なかった。 許永中と山口組!.

次の

DAIGOの父親はあのイトマン事件・許永中の片腕だった! 許に家を買ってもらい企業を恐怖支配|LITERA/リテラ

イトマン 事件

イトマン事件とは? 出典: イトマン事件とはバブル絶頂期に発生した事件で、 戦後最大の経済不正経理事件であると言われています。 わかりやすく解説されていたので、そちらから文章を引用したいと思います。 大阪の繊維系中堅商社「 イトマン 」は、繊維不況の 影響で業績が悪化。 経営建て直しのために、取引銀行で ある「 住友銀行 」の役員だった人物を社長に迎えます。 おっとり的な社風を新社長は「 モーレツ経営 」で変え、 業績も回復。 「 中興の祖 」と 高く評価されます。 繊維だけでは発展が見込めないと考えた社長は、 「 川下戦略 」である、消費者に近い事業を展開させる事を 決意、有名だった「 イトマンスイミングスクール 」を含む、 様々な事業を手がけますが、玩具の自販機販売事業など、 失敗する事業も出てきたり、居酒屋「 つぼ八 」は、 当初はフランチャイズの加盟側だったのを、「 儲かる事業だから 」と 役員を送りこんで乗っ取り、他の加盟店が離脱するなど 話題に なったりします。 失敗による減益で責任を追及されることを恐れた社長は、 不動産事業の拡大に力を入れますが、実態は利益を確保する 為だけの帳簿操作にも似た、不健全なものが多数でした。 「 イトマンが不動産事業に力を入れている 」という情報を 聞きつけた、地上げ屋 I氏が社長に接近。 弁舌巧みな 彼の話術に、社長は惑わされ、I氏を不動産事業の責任者に 就任させます。 彼は、自分の手がけていた事業をイトマンとの 共同事業に。 会社から多額の金を出させますが、それらを自分の 借金返済に充てるなど、不正行為を行います。 社長がスカウトしたI氏の事業なので役員は何も言えず、 勇気を出して忠告した幹部は左遷されたり、と 会社の 暴走はエスカレート。 メインの住友銀行も さすがに危険と 感じてI氏の解任を要請。 拒否した社長は他の銀行からも 金を借りるなどして事業を継続。 不動産や会計の不正が発覚、司法の手が入り、 社長やI氏は逮捕。 会社は創業以来、最大の赤字決算に。 住友銀行は 社長を送りこんだ責任を感じていたのか、 イトマンは「 倒産 」ではなく、住友金属の商社部門、 「 住金物産 」に吸収され、長い歴史を誇る「 イトマン 」は 終わりをつげました。 引用: バブル時代ということもあり、お金の動きがすごいですね。 3000億以上のお金が暴力団関係の闇社会に消えたということです。 3000億円って想像もできないほどの大金ですよね。 そんなお金を動かした許永中氏はどのような人物なのでしょうか? スポンサーリンク 許永中のプロフィール 出典: 【名前】:許永中 【読み方】:きょ えいちゅう 【出身地】:大阪府大阪市大淀区 【生年月日】:1947年2月24日 【年齢】:70歳 2017年12月現在 【身長】:180㎝ 【体重】:100㎏ 許永中氏高校を卒業後は大阪工業大学に進学したようですね。 大学では柔道部で活躍していたようですが、ギャンブルにハマってしまい大学も中退しました。 その後は不動産関係の仕事についたようで、そこで経営術を学んだそうです。 また戦後最大のフィクサーと言われた 大谷貴義氏に運転手兼ボディーガードとして働き そこでフィクサーについて学びました。 1975年に大淀建設の社長に就任した許永中氏は、 1990年にイトマン事件を起こしました。 1991年7月23日に大阪地検に特別背任の疑いで逮捕されましたが、 その後6億円もの保釈金を払い、保釈されました。 1997年に裁判所の許可を得て韓国に旅行に行った許永中氏は、 市内の病院に入院中に逃亡をはかりました。 しかし1999年に国内のホテルで身柄を拘束されました。 逃亡期間中に亀井静香氏や田中森一氏などにも会っていたそうです。 スポンサーリンク 許永中の現在は? 出典: 逃亡を試みましたが、あえなく身柄を拘束された許永中氏の現在はどうなっているのでしょうか? 2001年にイトマン事件により 大阪地裁は懲役7年6ヶ月と罰金5億円の実刑判決を言い渡しましたが、 許永中氏は控訴しました。 最高裁までいきましたが、2005年10月に最高裁が上告を棄却することが決まり、 許永中氏の実刑判決が確定しました。 また石橋産業から役179億円だまし取ったとして、 詐欺事件で懲役6年の実刑判決も言い渡されました。 こちらも上告しますが、最終的に上告棄却が決まりました。 2012年に母国である韓国への服役を希望した許永中氏は、 国際条約に基づき、韓国に移送されることが決まりました。 そして2014年9月に刑期を迎える予定でしたが、韓国は2013年3月に仮釈放しています。 仮釈放された許永中氏はインタビューで、 「1年も2年も韓国におるわけにはいかんよ。 あと半年で十分や。 日本でやらなあかんことが、たくさんあるんやから。 じっとしておられんよ」 引用: と語っていました。 ネット上の声 許永中とイトマン事件は大阪人にとっては肌で感じた経済事件でしたもんね。 今のセントレジスホテルのとこに、イトマン本社があったとか知らん若い人も多いでしょうねー — basa-spurs basassang 住友の実質管理下にある中堅商社伊藤萬を舞台としたイトマン事件です。 このとき闇に消えた金は3000億とも6000億とも言われており、いまだその全貌は明らかになっていません。 — fareast psk337 昭和から平成に変わった頃の大事件であるイトマン事件と許永中に関して調べて見直していた。 改めて凄い事件だったわ。 関係ないがイトマン事件の許永中は高校時代の友人の爺様の義理の息子だったとか。 いわゆる経済的なバックアップが必要で、箔付けのために養子にしたという。 株や不動産が高騰したバブル経済。 その代償が戦後最大級の経済事件と言われるイトマン事件です。 政財界や闇社会と深くつながっていた許永中氏は中堅商社・イトマンから不正に金を引き出した罪で実刑となりました。 その許氏が初めて沈黙を破りカメラの前で話したのです。 26日(火)夜10時放送です。 独占!元ヒルズ族・折口氏がNYで完全復活!トランプ大統領も応援!? — iijjiji iijjiji 来週のガイアの夜明けにイトマン事件の許永中氏が出るみたい。 — a24 kenken7507 許永中氏がテレビで語るのは初めてのことなので、イトマン事件について新事実が出てくるかもしれませんね。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 スポンサーリンク あなたにおすすめの記事.

次の

DAIGOの父親はあのイトマン事件・許永中の片腕だった! 許に家を買ってもらい企業を恐怖支配|LITERA/リテラ

イトマン 事件

来歴 [ ] 生い立ち [ ] (現・)の地区に生まれる。 許の父親は前にから日本に渡り通名として「湖山」を称した。 3月に卒業。 4月にの入学試験に失敗し、に入学。 大阪工業大学では部で活躍するも、とに熱中し、3年で中退した。 大阪工業大学中退後は、業者の兼として働く傍ら、について学んだ。 同じ頃に日本人女性と結婚する。 「湖山」姓が在日朝鮮人特有の姓であり、ビジネスで不利になるとの考えから交際中に日本人女性の姓である「藤田」を通名とした。 「フィクサー」 [ ] の幹部と昵懇になり、のに食い込む。 著『ヤクザ・リセッション』によれば、許自身は在日韓国人であったものの、許の生まれ育った中津では民が強大な権力を握っていたので、彼らと懇意になることによって許はでの出世を実現したという。 また、後最大のの1人といわれたに兼運転手として仕え、フィクサー業の修行をした。 にだった大淀建設を買収し社長に就任した。 その後、のなどとも関係を結ぶ。 1984年、株買い占め事件で注目を浴びる。 またの実弟とも交友関係を持ち、韓国政界にも人脈を持つ。 「イトマン事件」 [ ] 期初期の時に発覚した日本の戦後最大規模の経済不正経理事件と言われる「」で、を利用してや開発などの不正経理を行い、にの、並びに違反の罪でされた。 起訴された後、6億円のを支払いを受けた(許自身が3億円を負担し、残り3億円は弁護士団が負担した)。 逃亡 [ ] に妻の実家のを理由に裁判所の旅行許可を得て、9月27日から10月1日までの予定でに出国。 宿泊先ので倒れ、同市内の付属に入院した後に逃亡。 保釈を取り消されて6億円の保釈金は没取された。 これはがプライベートジェットで密出国し、保釈が取り消されたため合計15億円 保釈時10億円と再保釈時5億円 没取された、まで没取額としては最高額だった。 2年後のにので身柄を拘束されるまで国内外で潜伏を続けていた。 なお、逃亡中に韓国に渡っていたとの証言もある。 なお潜伏中にも、日本国内でや、と会っていたと言われ、亀井はそれを否定しているものの、田中は自書で、松井は週刊誌で会っていたことを認めている(田中はイトマン元常務であるの弁護人だが、許永中の弁護人ではない)。 現在 [ ] に、上記イトマン事件により地裁で7年6か月・5億円の実刑判決を言い渡されたが、その後、した。 しかし、にで上告棄却決定がされて、実刑判決がとなり、に収監された。 また、から合計約179億円のをだまし取った詐欺事件()で、懲役6年の実刑判決を言い渡され、上告していたが、平成20年(2008年)2月12日に上告棄却決定がされ、こちらの刑期が加算された。 12月、母国韓国でのを希望し、に基づき移送されていることが判明。 これにより日本におけるの立場を喪失した。 刑期満了日は9月だが 、その1年前の9月30日にソウル南部矯導所( ())より仮釈放された。 12月、日本のテレビ番組()に出演し、その健在ぶりをアピールした。 人物 [ ]• 身長180cm、体重100kgの巨漢で、がであった。 多くのや、大企業と関係を持っていたとされており、株買い占めや会社乗っ取りなど大型経済事件が起こるたびに背後にその存在が取り沙汰されてきた。 また亀井静香とはお互いに「兄弟」と呼び合う程親密な関係であった。 これらの関係を結ぶことで「闇世界のフィクサー」「地下金脈の大物」と呼ばれた。 「百万なら人は断るが、一千万なら受け取ってしまう」という、つまり相手の予想を超える金額を示し人を動かす手法で暗躍した。 一説には、10億円をその場で差し出し迫ったこともあると言われた。 元極真空手選手の松井章圭と深い関係にあり、死後にの大会スポンサーになったこともある。 トレードマークのは、元々からではなく、若い頃、敵対していた暴力団組織との抗争に巻き込まれ、寸前の大怪我を負わされた事が原因で、が低下してしまった為である。 在日韓国・朝鮮人の中には、許を「在日の恥」と考える者もいることについては本人も認めた上で「私のつたなさで、結局在日のイメージを貶めたことの反省というんか、申し訳ないという気持ちは間違えなくある」と述べている。 書籍 [ ]• 『許永中「追跡15年」全データ』 文庫、2000年11月。 - 産経新聞 2020年1月7日 2020年4月5日閲覧• 読売新聞 2012年12月15日. 2012年12月15日閲覧。 週刊現代 2012年12月20日• 週刊新潮 2012年11月15日号• 2017年12月26日. 2018年1月6日閲覧。 goo tv 2017年12月26日. 2018年8月1日閲覧。 関連項目 [ ]• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の