承知 しま した 了解 しま した 違い。 台湾語でOKや了解のいろんな言い方教えてください。了解了。ok了。以外にお...

台湾語でOKや了解のいろんな言い方教えてください。了解了。ok了。以外にお...

承知 しま した 了解 しま した 違い

「承知しました」の意味と類語 「内容を理解する」「引き受ける」という意味 「承知しました」には「内容を理解する」と「お引き受けする」の2つの意味があります。 かしこまったシーンでも使われる「承知」という単語に、丁寧語の「しました」を付け加えた単語である「承知しました」は、ビジネスシーンで多く使われる言葉です。 例えば、目上の相手から会議の内容が変更になったという連絡に対して「承知しました」と返事をした場合、「変更されたことを理解した」という意味で「承知しました」が使われています。 「お引き受けする」という意味で使われる場合は、「会議の内容をまとめておいてくれ」という上司の依頼に対し、「承知しました」となります。 「内容を理解する」と「お引き受けする」どちらの意味でもビジネスシーンでは使われるため、状況に応じて使ってください。 類語「了解しました」への言い換え 「承知しました」の類語となる言葉が「了解しました」です。 「承知すること」を意味する「了解」に丁寧語の「しました」を加えた敬語表現で、「承知しました」と同じく内容を理解した場面や依頼を受けるシーンで使われます。 類語「了解しました」は失礼ではない 目上に「了解しました」を使うことは失礼であり、「承知しました」の方が丁寧でビジネスシーンに適しているという意見がありますが、「了解しました」は目上の人へ使える言葉です。 「了解しました」を失礼と捉える側の意見としては、「了解」という言葉がくだけた物言いであり敬意を感じられないということが挙げられます。 しかし、「了解」という単語自体に「承知」という意味が含まれていることを考えると、丁寧語に変換された「了解しました」は目上に使える丁寧な言葉といえるでしょう。 ただ、注意が必要なのは言葉としては失礼ではないのですが、捉え方によっては失礼と感じる人がいるということです。 敬意を示しているつもりでも、相手に伝わってなければ意味がありません。 「了解しました」を使うことで失礼と捉えられる危険性があるのであれば、「承知しました」を使用することが無難だといえるでしょう。 「承知しました」の使い方 「承知しました」は上司へ使える 丁寧語の「しました」が付けられている「承知しました」は、上司や取引先の担当者など目上の相手へ使う言葉として適しています。 目上への敬意が感じられる「承知しました」を目下や同僚などに使用すると違和感がある場合もあるため、誰にでも使うのではなく状況に応じて「わかりました」などの柔らかい表現に言い換えることも大切です。 「承知いたしました」は二重敬語でない 「承知しました」を更に丁寧に表現した言葉が「承知いたしました」です。 「承知いたしました」は二重敬語だという意見もありますが、二重敬語には当てはまりません。 「承知」という言葉自体、「承る」の謙譲語であるため「いたす」と謙譲表現が重なってしまっているという意見がありますが、「承知」は1つの単語であり謙譲語は「いたす」のみです。 目上の相手へ使用できる「承知いたしました」ですが、親しい上司など距離の近い相手へ使うと、「堅苦しい」や「仰々しい」と感じられてしまうため状況に応じて使用してください。 「承知しました」はメールでも使える 「承知しました」はビジネスメールでも多く使われる言葉です。 話し言葉と違い、書き言葉は相手の声色や表情が分からない分、さらに丁寧な必要があります。 場合によっては「承知いたしました」と使い分けて丁寧なメールを心掛けましょう。 簡単に「承知しました」を使わない 簡単に「承知しました」と、何にでも返事をすることは避けた方がいいと言えます。 「承知しました」には「理解した」という意味の他に、「お引き受けする」という意味が含まれていることを説明しました。 話の内容をしっかり聞かず「承知しました」と答えてしまうと、相手は「引き受けてくれた」と解釈してしまう恐れがあります。 相手の話をしっかりと聞き、引き受けられる状況で「承知しました」を使ってください。 違和感がある場合は類語に言い換える 相手に「承知しました」を使うことに違和感がある場合は、類語に言い換えましょう。 相手との距離や密度によっては「承知しました」が堅苦しく感じられる場合や、フランクに感じられる場合があります。 丁寧な言葉だからといって、いつ誰にでも使えることにはなりません。 相手とコミュニケーションを取ることに、「これが絶対!」は無いため、相手や状況に応じてその場に合った適切な言葉を選びましょう。 1日の予定でしたが、15日に変更となりました」と、納期変更のメールが届いたとしましょう。 上記の例文の場合「納期変更の件、承知しました」と、「理解した」という意味で使われます。 相手との距離感によっては、「承知いたしました」と言い換えることも大切です。 上記の例文の場合「10個追加納品、承知いたしました」となり、「お引き受けします」という意味で「承知いたしました」が使われます。 まとめ 「承知しました」は「理解する」と「お引き受けする」の2つの意味が込められている言葉で、両方の意味がビジネスシーンで使われます。 「承知いたしました」は二重敬語に当てはまらないため、より丁寧にしたい場合は言い換えてください。 また、相手との距離感によっては類語と使い分けましょう。

次の

「承知しました」と「了解しました」の違いについて

承知 しま した 了解 しま した 違い

日常生活やビジネスなど様々な場面で使用されている『了解しました』。 でもこれって合ってるのか、間違っているのか・・・。 私の過去の経験談も含めて書こうと思います。 そもそも『了解』とは 了解の意味については ・理解 ・分かった ・心得た(こころえた) と、相手がこちらの言ったことを把握(はあく)したという事です。 またはこちらが相手の言った言葉を理解した時に使いますよね。 この『了解』という言葉、よく立場が上の人から下の者への言葉で使用されています。 本来そういう使用が正しいとしている本もあります。 そういえば昔、テレビや映画で自衛隊やら特殊部隊の司令官(しれいかん)が、部下の「配置完了しました。 」に対して『了解』と使っているのをちょくちょく見ましたね。 ああいう事で目上の者が目下の者に使う言葉だって事なんですかね。 でも部下もちょいちょい『了解!』って上司に使っていたのを記憶しています。 ホントはどっちなんでしょう・・・。 『了解しました』より『承知しました』!? 調べてみると『了解しました』よりも『承知しました』の方が丁寧(ていねい)だとする本やサイトが多く存在します。 その反面『承知しました』を『了解しました』の、より丁寧(ていねい)な言い方だというのは間違いである。 という内容のものも存在します。 ますます分からなくなってきました。 『承知』には『承る(うけたまわる)』という謙譲語(けんじょうご)が入っているので、こっちの方が正しいとする人。 そもそも『了解』も『承知』も謙譲の意味をなさないという人。 『了解致しました』や『承知致しました』など『致しました』をつければ丁寧になるという人。 プシュー・・・。 煙が出てきた。 やっぱり日本語って難しいですね。 ・・・だから面白いのか・・・。 過去の体験談 私が以前勤めていた会社での事です。 お客様との直接お会いして、商談をする業務でした。 電話であるお客様への日程の段取りを組んでいた同僚の話です。 お相手はかなり年配のお客様でした。 」と言ったところ。 あんたは日本語もまともに出来ないのか!! 客に対して『了解です』とは何事だ!!! お客様 と物凄い(ものすごい)剣幕(けんまく)で怒鳴っているのが受話器越しからも聞こえてきます。 その言葉に同僚は「え?いや・・・すみません。 申し訳ございません。 」と言うと もういい!! おたくの会社とは今後一切取引をしない!!! お客様 と電話を切られてしまいました。 その時からです。 『了解しました』『申し訳ございません』は正しくないのかと疑問を抱くようになったのは・・・。 『申し訳ございません』に関してはこちらからお願いします。 ビジネスメールでは 同じ会社内では『了解です』『了解しました』でも私は良いと思います。 それが同僚だろうが、上司だろうが(上司に怒られたらごめんなさい。 まあ私の考えなので合ってるかどうか分かりませんがね。 今となっては、『了解致しました』だったらお客様もあんなに怒らなかったかどうか分かりません。 でも『了解致しました』って、どうも耳がしっくりこない。 『承知致しました』だと何だか堅苦しいような気もするし、困ったものです。 私は 『かしこまりました』を使うようにしています。 無難(ぶなん)じゃないですか? これで怒られた事もないですし、堅苦しくもないですしね。 ビジネスのメールマナーとしては、『承りました』『承知致しました』が良いんじゃないでしょうか。 『致しました』って書いていてこれで怒るのはどうかと思いますけどね。 『了解致しました』は読んだ時もなんだかしっくりこないですね・・・。 『了解』って言葉がやっぱり目下に対する言葉だからですかね。

次の

「了解しました」と「承知いたしました」違いと敬語の正しい使い方

承知 しま した 了解 しま した 違い

Weblio公式 提案や依頼に対して 肯定的に返答する場合、日本語なら「」「了解です」のように返答しますね。 承諾や了承の意思を示す表現です。 対応する英語フレーズとしてはまず が思い浮かびます。 英語の O. も幅広い場面で使える便利表現ではありますが、それだけに何がどうOKなのか今ひとつ曖昧になりがちな表現でもあります。 表現そのものが幾分カジュアルであり、目上に人に対して使える表現でもありません。 英語における提案や依頼に対する肯定的な返答には、場面に応じた適切な返答フレーズがあります。 日本語だとどれも「わかりました」「」「承知しました」のように訳せてしまう言い方ですが、英語フレーズでは意味するところが違います。 フレーズそのものはどれも短くてシンプルです。 「場合に応じて承諾フレーズを使い分ける」という部分に意識が向けば、難なく使いこなせるはずです。 「理解」を伝える「わかりました」 軽い返事だけでは、相手の言ったことを自分がちゃんと理解している、ということが伝えられないことがあります。 さっと確認しただけでなく、「頭で理解した」ことを伝えるにはもう少し表現を工夫します。 I understand. その場の返事としての「了解」「」ではなく、「理解した」「内容をきちんと読んだ」「あなたの言っていることは適切に伝わっている」ということを伝えたいときは「理解する」= を使い、 I understand. と答えます。 メールなどの文面では「何が分かったのか」を understand の後に続け、自分が理解している内容を明確に伝えましょう。 理解した、というと日本語では過去形ですが、英語では I understood. と過去形にするのではなく、「今」理解しているという「状態」を示すため現在形を使います。 I understood. は「過去に理解していた」ということになるので過去の事を語るときのみに使われます。 Understood. の略で、受動態の understand を使って「その件は(個人・団体に)理解されている」という意味になります。 Can you buy bread on the way home? コピー 家に帰るときパンを買ってきてくれない? All right. 注文などを「承りました」というときや、クレームなどの対応で「今後そのようにいたします」という気持ちを伝えるときには、これらの表現を使うことで「これから行動する意思」が伝わりよりわかりやすくなります。 少しフォーマルな表現です。 receive (受け取る)は (注文)や (要求)などを「承諾した」という意味で使われます。 「きちんと受け取った」事実を伝えることで、「これから行動にうつる」ことが含意されます。

次の