プラバスタチン 副作用。 プラバスタチンNa錠の効果と副作用

プラバスタチンNa錠の効果と副作用

プラバスタチン 副作用

副作用名が有名だからといって、よくある副作用じゃないよ!! 今月に入ってコレステロールの薬であるクレストールやリピトールの副作用である「横紋筋融解症」を気にする人が増えています。 「って名前から「筋肉がドロドロに溶けちゃう」ようなイメージと某週刊誌がここ数回にわたって「危ない薬」「飲んではいけない薬」「医者に騙されて飲み続けては行けない薬」としてコレステロール治療薬を名指しで挙げている影響も大きいと思います。 某週刊誌のタイトルに「売れている薬だからと言って安全ではない」的な表現がありましたが。 有名な副作用だからといって、しょっちゅう起こるわけではない こと 有名な副作用だからといって必ずしも命を脅かすわけではない ということを知ってもらいたいのです。 何十万人に一人しかでない、それも命を左右するわけでない副作用に怯えて、コレステロールの薬の効果である心血管系疾患の予防の機会を逃すことは、科学的な判断とは言えないのでは無いですか? 薬剤性横紋筋融解症で死亡する確率はかなり低い コレステロールの薬でもスタチン系と呼ばれるものがあります。 これらの薬で有名なのが「薬剤性横紋筋融解症」です。 スタチン系のコレステロールの薬以外にも抗菌剤や高血圧の薬でも薬剤性の横紋筋融解症は報告されていますが、スタチン系の報告例が一番多いので今回はコレステロール治療薬を主にせつめいしていきますね。 seikatsusyukanbyo. phpより こんなに高脂血症の人は多いのです。 某週刊誌の副作用の記事にそそのかされて薬を中止したら、どんなことが起こるんでしょうか? この横紋筋が融解しちゃう、との言葉から筋肉が溶けちゃう副作用と考えて恐ろしい副作用がある薬を平然と処方しやがってと早合点してはいけません。 横紋筋融解症は骨を動かす骨格筋の細胞が壊死することによって、筋肉の脱力感や痛みを感じるものです。 筋肉細胞が破壊されます。 筋肉の細胞に含まれるミオグロビンが、腎臓に引っかかって腎機能までがダメージを受けることがあるために医師サイドも処方にあたっては注意が必要な症状であることには間違いはありません。 しかし、重大な副作用であったとしても、滅多に起こらない副作用であるならば患者さん・医師共に注意をしながら服用処方をすれば良いんじゃないですか? 大騒ぎするスタチン系の薬の副作用の頻度は? 気になる発症頻度ですが、権威あるThe New England Journal of Medicine に掲載された「Cerivastatin and Reports of Fatal Rhabdomyolysis」( 2002; 346:539-540)によれば、プラバスタチン(販売名はメバロチン)は8136万処方で3例、横紋筋融解症の発症が多いのではと言われているロバスタチン(販売名はクレストール、これは例の週刊誌で叩かれていました)は9919万処方で19例、最も売れているアトルバスタチン(販売名リピトール)は1億4036万処方で6例となっています. なお死亡例の場合は一番多いのがセリバスタチン(販売名はセルタ、バイコール)で981万処方で31例ですが、この死亡例の多さによって現在は販売は中止されています。 コレステロールの治療の為に薬を飲んで横紋筋融解症になり、死に至った例はかなり稀なのです。 重症ではない横紋筋融解症はどんな感じ? 横紋筋融解症の症状は命には影響しないような軽度なものは当院のような一般の診療所でも経験します。 自覚症状的には• 筋肉痛、特に大腿部が多い• 赤っぽい尿が出る• 全身の倦怠感 が多いみられます。 確定診断には筋肉の一部を取り出して顕微鏡で覗くことが必要になりますが、これでは手遅れになってしまいます。 このような症状が出た場合はすぐに血液検査をします。 筋肉の細胞に含まれていたクレアチンキナーゼ CK の上昇が血液検査で判明すると、横紋筋融解症を強く疑います。 しかし、筋トレをした後でもクレアチンキナーゼは上昇しますので、血液検査前の問診が重要となります。 また筋肉の細胞には「ミオグロビン」が含まれていますので、これが腎臓を通過することによって尿が赤っぽくなるのです。 この場合もすぐに血液検査を行いクレアチンキナーゼの上昇が認められるとコレステロールの薬による横紋筋融解症と診断されます。 時期的には薬を飲み始めてすぐではなく、数週間〜数ヶ月後に発症することが多いです。 ミオグロビンが腎機能障害を引き起こすために、重症化する場合もあります。 しかし、米国の調査によればコレステロールを改善するためにスタチン系の薬を飲んだ場合、筋肉痛は2〜7パーセント、クレアチンキナーゼの上昇は1. 0パーセント異界であり 重篤な障害は0. 008パーセント(10万人に8人)であり、死亡例は100万人中0. 15人とかなり低い確率 になっています(厚生労働省「重篤副作用疾患別対応マニュアル 横紋筋融解症」より)。 それでも副作用が出て、死亡者まで出ているだろう!!と某週刊誌の記事を信じ込んでしまった人は言うでしょうね。 2015年における日本人の死因として31万2000人が心血管系の疾患で亡くなっています。 コレステロールの値が高いと血管が弱くなってしまい心血管系の病気の大きな原因となります。 滅多に起こらない副作用を心配して、服薬を拒否したり中止することは果たして賢い選択なんでしょうか?多いに疑問です。

次の

プラバスタチンNa錠10mg「テバ」

プラバスタチン 副作用

高脂血症等の治療で利用されています。 本剤の主成分は、プラバスタチンナトリウム(Pravastatin Sodium)で、肝臓により合成される悪玉コレステロール(LDL)を減少させる作用があります。 また、善玉コレステロール(HDL)については増加させる作用があります。 これらの作用により、動脈硬化の進行や心筋梗塞等のリスクを抑制する作用等が期待されます。 適応症は以下の通りです。 ・高脂血症 ・家族性高コレステロール血症 また、心臓病の予防効果も確認されています。 このお薬は、HMG-CoA還元酵素阻害薬と呼ばれ、スタチン系の中でも最も古くからあるお薬です。 穏やかな作用で副作用も少ないと言われています。 本剤は、第一三共株式会社により製造販売されています。 スポンサーリンク 主な副作用 メバロチンの主な副作用を、症例の報告の多い順に記載すると、以下の通りです。 ・発疹ができる ・胃不快感がある ・下痢する 重大・重篤な副作用 重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。 重大・重篤レベル副作用リスト 副作用の名称 想定される症状等 横紋筋融解症 手足肩を中心とした筋肉痛・こわばりがある、手足が痺れる(しびれる)、赤褐色の尿がでる、脱力感がある、CK(CPK)値が上昇する、血中及び尿中ミオグロビン値が上昇する等、急激な腎機能悪化を伴う場合がある 肝障害 倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸困難になる、吐き気がする、常に眠たい、黄疸がでる、AST(GOT)値が上昇する、ALT(GPT)値が上昇する等 血小板減少(血小板減少症) 手足に赤い点(点状出血)ができる、あざができる、鼻血がでる、歯茎の出血がみられる等、死亡例あり 間質性肺炎 発熱する、咳嗽(がいそう)がみられる、呼吸困難になる、胸部X線異常がみられる、好酸球が増多する、動悸がする、息切れする、肺音の異常(捻髪音)がある等 ミオパチー 手足のしびれ感や痛みがある、足がだるい、低い椅子から立てない、転びやすい、腕が上げ辛い等 末梢神経障害 手足が痺れる(しびれる)、手足が痛む、灼熱感がある、筋力が低下する、筋萎縮がある等 過敏症状 ループス様症候群、血管炎等の症状。 発熱する、発疹がでる、糜爛(びらん)になる、蕁麻疹(じんましん)がでる、全身がだるい、痒み(かゆみ)がある、血管浮腫ができる、過敏性血管炎になる、関節痛がある等 血管炎 発疹ができる、足や腕に紫色や赤いアザができる、全身がだるい、発熱する、尿が赤い等 上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。 重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。 しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。 その他の副作用 その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。 尚、本剤の服用だけではなく、食事療法や運動療法にも、きちんと取り組む必要があります。 また、基本的に禁煙です。 持病やアレルギーのある方は事前に医師とご相談ください。 以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。 ・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方 ・妊婦の方 ・妊娠している可能性のある方 ・授乳婦の方 以下の方は、原則禁忌です。 ・腎機能に関する臨床検査値に異常のある方 以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。 ・重篤な肝障害のある方、又は、その既往歴のある方 ・アルコール中毒の方 ・腎障害のある方、又は、その既往歴のある方 ・以下の薬剤を利用中の方 ・フィブラート系薬剤(ベザフィブラート等) ・免疫抑制剤(シクロスポリン等) ・ニコチン酸 ・甲状腺機能低下症の方 ・遺伝性の筋疾患(筋ジストロフィー等)の方、又は、その家族歴のある方 ・薬剤性の筋障害の既往歴のある方 ・高齢の方 ・小児等 以下の薬剤等との併用は、基本的に禁忌です。 ご利用されている方は、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。 ・フィブラート系薬剤 ・ベザフィブラート等 以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり、効果が増減したり、副作用を増強したりする可能性があるため、注意が必要なので、飲み合わせにつきまして医師とご相談ください。 ・フィブラート系薬剤 ・ベザフィブラート等 ・免疫抑制剤 ・シクロスポリン等 ・ニコチン酸.

次の

プラバスタチンNa錠10mg「テバ」

プラバスタチン 副作用

プラバスタチン(成分名:プラバスタチンナトリウム)は、コレステロールを合成するHMG-CoA還元酵素という酵素を阻害することで、細胞内でコレステロールが合成されるのをおさえる作用があります。 コレステロールの合成をおさえることより、肝臓の細胞内に含まれるコレステロールの量が低下するため、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の肝細胞への取り込みが増加し、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を下げる効果が得られます。 プラバスタチンは、高脂血症と家族性高コレステロール血症の治療に使用される薬です。 高脂血症は、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値またはトリグリセライド(中性脂肪)値が高すぎる状態のことで、主に生活習慣の乱れなどから引き起こされる疾患です。 家族性高コレステロール血症は、遺伝的な要因により生まれつき血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値に異常がみられるという、まれにみられる疾患です。 プラバスタチンで痩せるって本当? プラバスタチンは、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を大幅に下げる効果がありますが、その点のみに注目したダイエット目的での使用は危険です。 LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を下げるには、適度な食事と運動、生活習慣の乱れを改善することが最も効果的です。 プラバスタチンは、高脂血症、家族性コレステロール血症の疾患に対してのみ処方される薬であり、適切な症状に使用しないと副作用のリスクが非常に大きくなります。 プラバスタチンの安易なダイエットへの使用は避けてください。 通常、プラバスタチンナトリウムとして15歳以上の成人には、1日10mgを1回または2回に分けて使用します。 なお、年齢や症状によって量を調整して使用しますが、重症の場合には1日20mgまで増量して処方されます。 薬の使用の際は、医師の指示にしたがってください。 プラバスタチンの主な副作用として、発疹、下痢、胃の不快感、紅斑、かゆみ、貧血などが報告されています。 このような症状に気づいたら、担当の医師や薬剤師に相談してください。 重大な副作用 発生の頻度は非常にまれですが、以下の疾患が重大な副作用として報告されています。 ・横紋筋融解症:筋肉痛、脱力感、赤褐色の尿、CK(CPK)の上昇など筋肉に関する数値の異常 ・ミオパチー、免疫性壊死性ミオパチー:筋肉痛、筋肉のけいれん、脱力感、CK(CPK)の上昇など筋肉に関する数値の異常 ・肝障害:黄疸、AST(GOT)・ALT(GPT)など肝臓に関する数値の異常 ・血小板減少:貧血、紫斑、皮下出血など ・間質性肺炎:発熱、せき、呼吸困難、胸部X線異常など ・末梢神経障害:手足のしびれや痛み、手足の動きづらさ ・過敏症状(ループス様症候群、血管炎など):発疹、湿疹、じんましん、かゆみ、紅斑、脱毛、光線過敏 特にプラバスタチンの使用後に、手足や肩・腰などの筋肉痛、手足のしびれ、手足に力が入らない、こわばり、脱力感、赤褐色の尿などの症状が現れた際には、横紋筋融解症の発症の前兆であるおそれがあります。 横紋筋融解症により、急性腎不全などの重篤な腎障害、呼吸筋の障害による呼吸困難、多臓器不全など命に関わる重大な疾患を併発する確率が高まります。 上記の症状に気づいたら、ただちに担当の医師や薬剤師に相談してください。 過去にプラバスタチンの薬剤の成分に対して、過敏症を起こしたことのある方は使用することができません。 また、腎機能に異常のみられる方で、フィブラート系の薬剤(ベザフィブラートなど)を使用している場合、原則としてプラバスタチンは使用できませんが、医師の判断で使用されるケースがあります。 使用に注意が必要な方 以下に該当する方は、医師・薬剤師の指示にしたがって慎重に使用してください。 いずれも、重大な副作用である横紋筋融解症があらわれやすいとの報告があります。 ・重篤な肝障害のある方、または過去に肝障害があった方 ・アルコール中毒の方 ・腎障害のある方、または過去に腎障害のあった方 ・フィブラート系薬剤(ベザフィブラートなど)、免疫抑制剤(シクロスポリンなど)、ニコチン酸を使用中の方 ・甲状腺機能低下症の方 ・筋ジストロフィーなど遺伝性の筋疾患のある方、血縁者が過去に遺伝性の筋疾患にかかったことのある、または現在かかっている方 ・薬剤による筋肉の障害を起こしたことのある方 高齢者の方の使用は? 高齢者(65歳以上の方)は、加齢による腎機能の低下を考慮して慎重に使用します。 腎機能に何らかの障害がある場合、横紋筋融解症が現れやすくなります。 一般に高齢者は生理機能が低下しているため、副作用と思われる症状が現れた場合には、すみやかに担当の医師・薬剤師に相談してください。 妊娠中・授乳中は使用できる? 妊婦の方、または妊娠している可能性のある方は使用できません。 授乳中の方は、医師により治療上やむを得ないと判断されて使用する場合には、必ず授乳を中止してください。 飲み合わせに注意が必要な薬があるので、プラバスタチンを使用している場合は、医療機関を受診した際に必ず医師に申告しましょう。 併用が禁止されている薬 腎機能に異常のみられる方は、プラバスタチンとフィブラート系の薬剤(ベザフィブラートなど)を原則併用することはできません。 急激な腎機能の悪化をともなう横紋筋融解症が現れやすくなります。 併用に注意が必要な薬 腎機能に異常があるかないかに関わらず、プラバスタチンとフィブラート系の薬剤との併用は、横紋筋融解症が現れやすいので注意が必要です。 また、重篤な腎障害のある方が、プラバスタチンと免疫抑制剤(シクロスポリンなど)、ニコチン酸を併用すると横紋筋融解症が現れやすくなります。 筋肉痛、脱力感、赤褐色の尿などの自覚症状が現れた場合には、すぐに担当の医師・薬剤師に相談してください。 プラバスタチンは、メバロチンのジェネリック医薬品であり、日医工やトーワ、サワイなど多くの製薬メーカーから販売されています。 先発品メバロチンと、プラバスタチンの主なメーカーとの価格の違いは以下の通りです。 (価格は1錠あたりの値段です。 ) 5mg 製品名 製造会社 薬価 メバロチン錠5 第一三共 45. 5円 プラバスタチンNa錠5mg「ケミファ」 日本薬工 24. 4円 プラバスタチンナトリウム錠5mg「日医工」 日医工 17. 4円 プラバスタチンNa錠5mg「トーワ」 東和薬品 プラバスタチンNa錠5mg「サワイ」 沢井 10mg 製品名 製造会社 薬価 メバロチン錠10 第一三共 84. 8円 プラバスタチンNa錠10mg「ケミファ」 日本薬工 44. 5円 プラバスタチンナトリウム錠10mg「日医工」 日医工 33. 先発品とジェネリックの違い ジェネリック医薬品は先発品と比べて多額の研究開発費がかからないため、成分や効果が同じでありながらも安価で購入できる薬です。 安いから効きが悪いという心配はありません。 しかし実際には、ジェネリックに変えたら薬の効きが悪くなった、というケースはあります。 これは、含まれている添加物の違いにより、吸収に若干の影響を与えてしまうからではないかと考えられています。 もしジェネリック医薬品を使用して違和感を感じるのであれば、先発品に戻すことも考えてみましょう。 ジェネリックの製薬メーカーごとの違い ジェネリック医薬品は製薬メーカーごとに価格が異なることがありますが、安いから質や効きが悪いといった心配はありません。 プラバスタチンのように価格帯が複数あるジェネリック医薬品で、特定の価格帯を希望する場合は、事前に薬を購入する薬局に問い合わせることをおすすめします。 薬局によっては薬の取り寄せに時間がかかる場合もあるので、手持ちの薬がなくなる前に相談しましょう。 おわりに プラバスタチンは、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値の低下作用に優れ、高脂血症、家族性高コレステロール血症の治療に十分な効果が期待できる薬です。 しかし、飲み合わせを誤ったり、適切な症状に使用しないと横紋筋融解症などの重大な副作用を引き起こすおそれがあります。 薬の使用後に異常がみられた場合には、医師・薬剤師に相談してください。 医師や薬剤師の指示のもと、必ず用法・用量を守って使用しましょう。

次の