本 木 雅弘 大河 ドラマ。 大河ドラマ 一覧 | 大河ドラマ

本木雅弘

本 木 雅弘 大河 ドラマ

『麒麟がくる』公式ホームページより 明智光秀を主人公にしたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が好評だが、光秀の子孫にあたる人物がこのドラマについて言及し、ちょっとした話題になっている。 5月23日放送のバラエティ番組『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日)に登場したのは、光秀の娘・細川ガラシャの子孫であるジャーナリストの細川珠生氏と、15歳の息子・片平凌悟くんだ。 主君・織田信長を本能寺の変によって滅ぼした明智光秀には、どうしても「裏切り者」のイメージがつきまとうが、凌悟くんはこの悪いイメージを覆したいと熱弁。 光秀の「ちょっといいエピソード」をプレゼンすると、番組MCのサンドウィッチマンや芦田愛菜も大ウケだった。 そんな中、現在放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』について言及する場面があった。 歴代の大河ドラマで織田信長を演じてきた俳優を振り返ると、江口洋介、豊川悦司、反町隆史といった二枚目俳優が多い一方で、明智光秀を演じてきたのは、春風亭小朝、岩下尚史、マイケル富岡といった、少々クセのある役者たちばかり。 これに対し珠生氏は「光秀は個性派の方が演じて、ストーリーも良くは描かれない」「全てが納得いかない!」とバッサリ斬り捨て、笑いを誘った。 しかし、今回の大河ドラマでは長谷川博己が光秀役に大抜擢。 これには珠生氏と凌悟くんも「かっこいい!」「ようやく我が家の時代が来た!」と大納得だったそうだ。 ところが、珠生氏は続けて「(ドラマ制作の発表には喜んだが)今のところの大河を見てると『あれ? これ光秀の大河?』っていうくらい出番が少ない」と、まさかの不満をぶっちゃけた。 「実際の明智家子孫の方がそんな風に思いながら大河を観ていたというのが面白いですよね(笑)。 確かに、これまでの放送ではほとんど光秀の見せ場がなく、長谷川博己さんは素敵なんですが、ちょっとまだ地味な印象が拭えないですよね。 正直、序盤のMVPは迫力のある斎藤道三を演じた本木雅弘さんでしょう。 視聴者からの反響も本木さんに集中していたとか。 ですが、もちろん後半戦には光秀の見せ場も用意されています。 なんたって、『本能寺の変』という最大のテーマが残っていますからね。 今は新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影がストップしており、もしかしたら話数が予定より減ってしまうかもしれませんが、『本能寺の変』は壮大に描いていくはずです」(テレビ局関係者) 『麒麟がくる』は、出演者が薬物使用で逮捕され放送開始日が遅れるなど、災難続きではあるが、ますます盛り上がる後半戦に向け、視聴者だけでなく明智家の子孫たちの期待にも応え得るドラマチックな展開を願いたいところだ。

次の

描きたいのは「光と影」ディレクターが感じた “本木雅弘” とは──? プロフェッショナル 仕事の流儀 |NHK_PR|NHKオンライン

本 木 雅弘 大河 ドラマ

最新のラテックス(液状の特殊ゴム素材)を用い、テレビの時代劇としては「麒麟がくる」が初導入となった特殊メイク。 インターネット上には「本木雅弘の頭の形の良さに惚れ惚れする。 本当に剃髪したかの如き斎藤道三」などと絶賛の声が相次ぎ、反響を呼んだ。 俳優の長谷川博己(43)が主演を務める大河ドラマ59作目。 第29作「太平記」を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。 物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に紡ぐ。 本木が演じるのは、光秀の主君・斎藤道三。 出家前の「斎藤利政」時代から描かれている。 第15話は「道三、わが父に非(あら)ず」。 1554年(天文23年)、道三は仏門に入り、ついに長男・高政(伊藤英明)に家督を譲った。 本木は冒頭から美しい剃髪姿を披露。 SNS上には「僧形の本木雅弘の美しさにビビっておるよ」「黒着物に赤袈裟、大河はまた美坊主を生み出した」「本木雅弘さんの入道姿、100点満点の上に赤ペンのインクが切れるまで花マルを付け続けるわ。 黒を基調とした、でも落ち着きとギラギラ感が両立している道三の装い、いいぞー!」などの書き込みが続出した。 修行僧に扮した1989年の主演映画「ファンシイダンス」(監督周防正行)でも剃髪姿になった本木は「世の中の皆さんがイメージする入道姿の斉藤道三に、ようやく変貌することができました。 何だか、さなぎから出た蝶のような気分です。 これから、ますます道三パワーをまき散らしていきたいと思っています!多少の老けメイクも施されていますが、監督さんからは『にもかかわらず、あくまでも精気を失わない道三でいてほしい』との指示を頂き、一筋縄ではいかない道三に磨きをかけました!」と手応え。 ただ、増量したヒゲをつける時間も含め、この特殊メイクを施すには毎回3時間かかる。 落とす作業も「1時間以上かかります(泣)」と漏らした。 昨年11月に行われた合同インタビューの最後、道三役の今後の楽しみを問われると「ハゲかつら。 4K撮影にも耐え得る、継ぎ目の見えにくい特殊メイクで、ツルッとさせて60代を演じます」と笑いを誘っていたが、その実は「誰よりも早い入り時間が連日続いた時もあり、ロケの撮影日は日の出前から準備し、その日1日、頭の中だけサウナ状態で過ごすのは結構、悲惨でした(泣笑)」と涙ながらに(?)明かした。 1556年(弘治2年)、高政との父子による合戦「長良川の戦い」がドラマ序盤最大のヤマ場。 本木は「このささやかな影の苦労が報われるよう、皆さん、『麒麟がくる』を引き続き見守っていただけますと、ありがたく思います」と懇願した。

次の

「麒麟がくる」斎藤道三“怪演”本木雅弘の剃髪姿にネット反響「美坊主」「頭の形の良さに惚れ惚れ」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

本 木 雅弘 大河 ドラマ

オススメ!2020. 独特な存在感で世界的な評価を得る国民的俳優・本木雅弘さん(54)が、初めて密着取材を受け入れました。 22年ぶりの出演となる大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台裏にカメラが潜入し、その一部始終を記録。 半年にわたる密着取材で、本木さんの知られざる素顔に迫る73分スペシャルです。 「長い間、役者として踏み迷っている感覚が抜けない。 それを吹っ切るための密着取材は、英国での休日、テレビ初公開となる自宅にまで及びました。 本木さんは素直に私生活をさらしました。 狂気と正気。 混沌と秩序。 番組ディレクターインタビュー 番組では、「麒麟がくる」齋藤道三役の舞台裏にも完全密着。 リハーサルから本番収録の様子にとどまらず、自宅で役作りに没頭する姿も初めて公開されます。 半年に及んだ密着取材を終えたばかりの東森勇二ディレクターに取材エピソードを聞きました。 大河ドラマの演出の担当も言っていましたけど、本木さんは現場で「本木コンピューター」と呼ばれるほど細かく計算して設計されてるんです。 たとえば、そのシーンで斎藤道三がどういう状況に置かれていて、どんなセットで照明はどう当たるか、どういうカメラで、どの位置からどのサイズで撮るか、ということまで想定して、演技プランを組み立てていくんですよね。 「ここはアップの 画 えだから、顔をこう作ったほうがいいよね」とか細かくイメージして、こうじゃないかな、ああじゃないかなって言って、ご自宅で演技プランを考える段階から仮説を立ててトライしていく。 現場でカット割りが変わったらまた調整していく。 水を飲むシーンでは、どのくらいの大きさのどんな食器で、どういうふうに飲んで…というイメージまで。 本木さんは、カメラが回っていないところでもよくお話をしてくれました。 今回の「プロフェッショナル」が番組としてどうやったらおもしろくなるかとか、このシーンはどういう意味で撮るんだっけとか、そんなことをオフの場面で話すことができたので、取材者としての僕自身の覚悟が問われるし、自分の目線の浅さも見抜かれてしまうようでしたね。 本木さん自身、ドキュメンタリーの密着は初めてで、自分がどう描かれるか興味もあるし、覚悟を決めて出てくれました。 本当は、密着ドキュメンタリーなんて絶対にやりたくないことだったらしいんですよ。 でも、あえてイヤなことをやってみることで、化学反応が起こって新しい気づきがあるかもしれないなと思われ、この取材を受けてくださいました。 密着した6ヶ月の間には、一喜一憂したりネガティブになったり、本木さんも偶発的なことをきっかけに深く自分と向き合うことになったり、表層的には小さな変化だけど本木さんの中では大きく変わったものがあったんじゃないかなと思います。 皆さんがお持ちのパブリックイメージでも「ミステリアス」というのがあると思いますが、未だにわからない部分も多いです。 奥さんの内田也哉子さんにもお話を伺ったんですけど、結局也哉子さんも「わかりません。 私もわからないから、東森さんも『本木迷宮』に入っちゃいましたね」って言われたんですよ。 「捉えどころのないところが彼の個性」というふうに、矛盾していたり捉えどころがなかったりすることを能動的にやっているところもあるし、自身の目指す姿として、メジャーな存在でいたいと言う日もあれば、もっととがった表現者でありたいと語る日もあって、インタビューしていても内容が変わることがありました。 でもその両軸とも持っていて、本木さんの言葉を借りると「自分は何者なのか自分で決めてしまったら限界値を定められた気分になる」と。 だからできるだけ規定されたくない。 そういう彼の矛盾する中で揺れていることが、結果的にミステリアスな人を作っているのかもしれません。 本木さんの役者魂のような部分は見ていただきたいし、存分に楽しんでもらいたいです。 しかも、まだ「麒麟がくる」ではオンエアされていない部分も少しご覧いただけるかなと思うので、「麒麟がくる」をよりおもしろく見ていただけると思うし、斎藤道三の役の見え方もより深まるかと思います。 73分で描きたいのは、「本木雅弘の光と影」です。 特に「影」の部分は見たことのない本木さんが見られると思います。 見たあとに、重たいパンチを食らったような、クラクラしてしまうけど心地いい読後感が残る番組を目指しています。 あと、圧倒的なカッコよさもポイントですね。 イケオジの急先鋒、本木雅弘のビジュアルだけでも楽しめます。 54歳ですが同性から見ても、顔も心もイケメン。 そこも楽しんでもらいたいです。 都内にある本木さんの自宅にテレビカメラが入ったことも初めて ディレクター・東森勇二 2011年入局。 初任の高知局時代に「プロフェッショナル~カツオ漁師・明神学武」などを制作。 東京異動後、プロフェッショナル班に所属。 「バイオリニスト・樫本大進」「脚本家・坂元裕二」などを手掛ける。 現在は「本木雅弘スペシャル」を制作しながら、東京オリンピックを目指す体操選手・内村航平さんに長期密着中(今年7月放送予定)。 班では「10 years 1 HIGASHIMORI」といじられる。

次の