総理大臣の年収は。 安倍晋三総理の年収は?親戚に政界の重鎮が!?祖父は岸信介元首相!?

内閣総理大臣の年収・収入のすべてがわかるページ|年収ガイド

総理大臣の年収は

日本の「内閣総理大臣」という職業には、一体いくらのお給料が支払われているのでしょうか?ボーナスの時期になると、今期はいくら支払われたか、をニュースなどでも見かけますね。 ただ、月収や年収についてはあまりご存じない方もいらっしゃるかもしれません。 総理大臣の給料にはボーナスもついてくる 内閣総理大臣というのは、「特別職の国家公務員」という位置付になるそうです。 総理大臣に支払われる給料は、他の公務員や民間の企業と同じように、一年に一度、改定も行われます。 内閣官房の資料によると、内閣総理大臣の給料は平成30年4月1日現在で、月額201万円、それに地域手当20%として40万2000円が加算され、合計すると約241万2000円となっています。 それに年2回の「期末手当」と呼ばれるボーナスを合わせて、年間給与額は、約4015万円にもなるそうです。 日本人の給与所得者の平均年収から見ると、やはりかなり高額な給料が支払われているように感じますが、ネット上では「安い」という意見も少なからずあるようです。 世界的には決して安くない年収 確かに、人気のあるスポーツ選手や芸能人の方が、年収としては多いかもしれません。 日本の行政の代表である「内閣総理大臣」という立場を考えると、「意外と安い」と感じる人が多いのも頷けるような気がします。 しかし、世界的に見ると、外国の大統領や首相たちの年収と比べて、日本の総理大臣の年収は決して「安い」方ではないようです。 為替レートの推移にもよりますが、シンガポールの首相の年収が約1億3000万円と言われています。 シンガポールでは大変高い年収が支払われているようですが、それ以外、たとえばカナダ首相の年収は、約3000万円ほどだそうです。 そして、ヨーロッパのフランス大統領・イギリスの首相でも、年収は約2600万円から2300万円くらいと言われています。 ロシアやイタリアの首相に至っては、さらにそれよりも低い年収が支払われていると言われており、比較すると、日本の総理大臣の年収は決して「安い」金額ではないことがわかります。 では、アメリカはどうなのかというと、現在のトランプ大統領が「大統領としての給料は受け取らない」と公言したことで、1ドルだけ、給料として支払われていると言います。 ちなみに、通常アメリカの大統領に支払われる年収は、約4800万円と言われています。 — 2018年 9月月23日午後7時13分PDT 総理大臣に納税の義務はあるのか? 行政のトップである内閣総理大臣であっても、納税の義務は遂行されます。 一般のサラリーマンや他の公務員と同じように、所得税、住民税、さらに健康保険料も支払っています。 前述した給料、年収はあくまでも支払われた額になりますので、そこから税金を差引いた額が手取り年収となるようです。 さらに、現在の安倍晋三内閣総理大臣は、2011年以降、東北地方復興の財源確保のために、年収の30%を減額しています。 形式上、一旦受け取り、その後返納するという形になっているそうです。 ちなみに2018年冬の安倍晋三総理の「期末手当」は、およそ603万円と報じられています。 そこから30%を減額することになるようです。 以上を鑑みると、安倍晋三内閣総理大臣の実質的な年収は、約2800円ではないかと想像できます。 また、総理大臣には「退職手当」も支払われており、こちらは在職期間4年間で約520万円とされているようです。 減額といえば、東京都知事の小池百合子さんも、「都知事の給料を半減する」という公約を掲げて条例案を通過させた過去があります。 現在、そして改定されない限り今後は、東京都知事の年収は約1450万円となるそうです。 一国を背負って日々戦う「内閣総理大臣」、そして政治家の年収について、「安い」「高い」を論じるのは、受け取り手の自分たちが置かれている環境に寄るところも大きく、とても難しいことに感じられます。

次の

国会議員の年収を徹底解説|内閣総理大臣・議長・国務大臣の年収と各種手当をそれぞれ解説

総理大臣の年収は

麻生大臣はなぜ辞任しない?経歴と年収をチェック! 麻生大臣が辞任しない理由は、 現在の役職の年収が美味しいから ではないかと言われる事がある。 副総理大臣兼財務相の年収は そんなに凄い物なのか? 過去には 首相を務めた経歴も持っているが、 地位を失いたくないのかも知れない。 しかし、麻生大臣が辞任しない理由が まさか、それだけではないだろう。 ではまずは、麻生大臣の経歴から チェックして行こう。 麻生大臣の経歴をチェック! 麻生大臣は福岡県出身の現在77歳だ。 皇族や旧華族が進学する事で知られる 学習院高等科を経て学習院大学の 政治経済学部を卒業している。 父親は麻生セメントの会長であり、 自身にも麻生セメントの代表取締役を 務めた経歴がある。 39歳で政界入りし、 68歳で首相にまで登り詰めた。 また麻生大臣には、アスリートな一面が あり、モントリオールオリンピックに 射撃の選手として出場した経験を持つ。 国会議員としては 珍しい経歴ではないだろうか? 麻生大臣の年収はいくら?? ここからは麻生大臣の年収についてだ。 現在の年収が無くなるから辞任したく ないのでは?と一部では言われている。 麻生大臣の年収に関してリサーチした 結果、2012年の衆議院議員時代の データが見つかった。 公開所得は3186万円である。 ちなみに内訳は下記の通り。 給与:1587万円、 不動産・利子:1241万円、 その他の収入:358万円、 6年前の衆議院時代の年収で 3000万円を越えている。 現在の副総理大臣 兼 財務相 と言う立場なら軽く4000万円は 越えているのではないだろうか? これだけの年収を失うとなると、 一般人の考えでは 辞任したくなるのも当たり前である。 だが麻生大臣が辞任しない理由は 年収の為だけでは無い。 スポンサード・リンク 首相経歴を持つ麻生大臣が辞任しないのは年収の為? 野党から辞任を求められている 麻生大臣は、首相の経歴や、 オリンピックに出場した経歴を持つ なかなか変わった政治家である。 辞任を否定する理由に 年収が噂されているが、 本当に年収が関係あるのだろうか? 森友問題で信頼を損ねたとして、 麻生大臣は1年分の給与を 自主返納しているのだ。 辞任しない理由は年収以外の部分に あるのではないだろうか? 麻生大臣が辞任しない本当の理由 野党からの辞任要求は続いているが、 職責を果たす為と 辞任を完全否定している。 「自分が去ったら内閣が持たない」 との発言も過去にしている様だ。 事実、北朝鮮や東シナ海では 不穏な動きが続いている。 それにも関わらず、国会では未だに 森友学園や加計学園の問題について 話し合うばかりだ。 だが国民が最も関心を向けているのは 北朝鮮の問題や 国内の景気回復についてだろう。 麻生大臣によると、 国の予算委員会で出る話は 森友学園問題ばかりであるそうだ。 どうしても安倍首相と麻生大臣を 引きずり下ろしたい野党は 森友学園問題の責任追求に 執着している。 麻生大臣が辞任すれば自動的に 安倍首相共々、政権は崩壊する。 本来話合うべき事を話し合わずに 安倍政権反対デモを行う野党。 麻生大臣に辞任を否定させているのは 間違いなく野党の行動だろう。 逆に言えば、 ポスト安倍政権が存在していれば、 辞任して早く楽になりたい と言ったところか。 辞任拒否の真の理由は愛国心にある と、筆者は感じる。

次の

国会議員の年収を徹底解説|内閣総理大臣・議長・国務大臣の年収と各種手当をそれぞれ解説

総理大臣の年収は

日本の「内閣総理大臣」という職業には、一体いくらのお給料が支払われているのでしょうか?ボーナスの時期になると、今期はいくら支払われたか、をニュースなどでも見かけますね。 ただ、月収や年収についてはあまりご存じない方もいらっしゃるかもしれません。 総理大臣の給料にはボーナスもついてくる 内閣総理大臣というのは、「特別職の国家公務員」という位置付になるそうです。 総理大臣に支払われる給料は、他の公務員や民間の企業と同じように、一年に一度、改定も行われます。 内閣官房の資料によると、内閣総理大臣の給料は平成30年4月1日現在で、月額201万円、それに地域手当20%として40万2000円が加算され、合計すると約241万2000円となっています。 それに年2回の「期末手当」と呼ばれるボーナスを合わせて、年間給与額は、約4015万円にもなるそうです。 日本人の給与所得者の平均年収から見ると、やはりかなり高額な給料が支払われているように感じますが、ネット上では「安い」という意見も少なからずあるようです。 世界的には決して安くない年収 確かに、人気のあるスポーツ選手や芸能人の方が、年収としては多いかもしれません。 日本の行政の代表である「内閣総理大臣」という立場を考えると、「意外と安い」と感じる人が多いのも頷けるような気がします。 しかし、世界的に見ると、外国の大統領や首相たちの年収と比べて、日本の総理大臣の年収は決して「安い」方ではないようです。 為替レートの推移にもよりますが、シンガポールの首相の年収が約1億3000万円と言われています。 シンガポールでは大変高い年収が支払われているようですが、それ以外、たとえばカナダ首相の年収は、約3000万円ほどだそうです。 そして、ヨーロッパのフランス大統領・イギリスの首相でも、年収は約2600万円から2300万円くらいと言われています。 ロシアやイタリアの首相に至っては、さらにそれよりも低い年収が支払われていると言われており、比較すると、日本の総理大臣の年収は決して「安い」金額ではないことがわかります。 では、アメリカはどうなのかというと、現在のトランプ大統領が「大統領としての給料は受け取らない」と公言したことで、1ドルだけ、給料として支払われていると言います。 ちなみに、通常アメリカの大統領に支払われる年収は、約4800万円と言われています。 — 2018年 9月月23日午後7時13分PDT 総理大臣に納税の義務はあるのか? 行政のトップである内閣総理大臣であっても、納税の義務は遂行されます。 一般のサラリーマンや他の公務員と同じように、所得税、住民税、さらに健康保険料も支払っています。 前述した給料、年収はあくまでも支払われた額になりますので、そこから税金を差引いた額が手取り年収となるようです。 さらに、現在の安倍晋三内閣総理大臣は、2011年以降、東北地方復興の財源確保のために、年収の30%を減額しています。 形式上、一旦受け取り、その後返納するという形になっているそうです。 ちなみに2018年冬の安倍晋三総理の「期末手当」は、およそ603万円と報じられています。 そこから30%を減額することになるようです。 以上を鑑みると、安倍晋三内閣総理大臣の実質的な年収は、約2800円ではないかと想像できます。 また、総理大臣には「退職手当」も支払われており、こちらは在職期間4年間で約520万円とされているようです。 減額といえば、東京都知事の小池百合子さんも、「都知事の給料を半減する」という公約を掲げて条例案を通過させた過去があります。 現在、そして改定されない限り今後は、東京都知事の年収は約1450万円となるそうです。 一国を背負って日々戦う「内閣総理大臣」、そして政治家の年収について、「安い」「高い」を論じるのは、受け取り手の自分たちが置かれている環境に寄るところも大きく、とても難しいことに感じられます。

次の