マギア レコード かえで。 秋野かえで考察

マギアレコード3話ネタバレと無料動画を紹介!かえではどうなるの?

マギア レコード かえで

たるとイベント2が復刻中! アンケートもあり! マギレコ(マギアレコード)における「秋野かえで(木属性・星3-5)」の評価とステータス、マギア・ドッペルの性能、覚醒素材やマギア強化素材などを紹介しています。 さらに「秋野かえで(あきのかえで)」におすすめのメモリアや覚醒絵も掲載しています。 60 Lv. 80 Lv. コネクトのシステム概要と発動方法は。 マギアのシステム概要と効果一覧は。 ドッペルのシステム概要と効果一覧は。 このドッペルは、主の意思とは関係なく出現した途端、その周囲を腐り苔で覆いつくし自らの陣地とするうえに、その陣地を拡張することのみを目的としているからだ。 誤った場所で呼び出せば大切な場所でさえも腐り苔で覆い尽くされ元の姿を保ってはいられないだろう。 このドッペルはその陣地内においては絶大な力を行使することが出来る。 星3排出のキャラなので比較的凸しやすく、メモリア複数装備によって強化しやすくなっています。 対・水属性に特化したマギア 有利属性に対しダメージが上がるマギアは対水属性との戦闘において抜群に力を発揮します。 また、対象が全体のため複数構成の敵相手にも有効であり、水属性が出現するクエストを中心に汎用性が高いマギアと言えるでしょう。 ディスクバランスが良く周回にもおすすめ! アクセル2・ブラスト2(縦横)・チャージ1構成のかえでのディスク。 長所である属性強化マギアの発動しやすさとブラストの範囲攻撃が周回に適したキャラクターと言えます。 またコネクトで味方のMPサポートもでき、全体マギア持ちの魔法少女とチームを組ませることでスピード周回が可能です。 星5覚醒でサポート力が強化! 星5覚醒によって、コネクトは自動回復、マギアはACディスクの効果UPというサポートスキルが追加されました。 特に回復系コネクトは所持キャラが限られているので、長期戦になるクエストや踏破型クエストでは重宝します。 【秋野かえで】の弱い点・デメリット マギアの汎用性がイマイチ メリットにあげた通り、属性特攻に近いマギアを所持しています。 そのため、敵が水属性以外の場合、マギアの効果を100%活かすことができません。 もちろん、通常攻撃よりはダメージ量は大きく、全体攻撃が可能なためマギアを発動するメリットは十分にありますが環境に応じて使い分けが必要です。 耐久面がやや頼りない… 最大HP・DEFが低く、耐久面が頼りない点はやはり気になる点でしょう。 ただ、初期星3キャラのためイベント()やマギアチップでも魔力解放ができ、足りないステータスはメモリアで補っていくことも可能です。 複数装備も可能だが、2枚目以降はが必要になる。 詳しくはをご覧ください。 育成するキャラと同じ属性のジェムを使用することで、異なる属性のジェムに比べ1. あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

【マギレコ】「秋野かえで」の評価と覚醒素材【マギアレコード】

マギア レコード かえで

今回は、マギアレコードの設定、謎についてご紹介していきます。 アニメ5話にて、 いろはとかえでに魔女化のような現象が起きました。 いろははソウルジェムが濁りきってしまう。 かえでは絶望的な状況に追い込まれてしまう……。 そんな状況で魔女のような存在が現れましたが、 戦闘が終わると二人は元の姿へと戻っていました。 魔女化であれば、もう二度と魔法少女の姿に戻ることはないはず。 それなのに、 いろはとかえではまだ生きている。 いろはのソウルジェムは、濁りもなくなっていた。 ……この現象を不思議に思った方は多いはず。 どんなもの、現象なのか、何故そんなことが起こるようになっているのか……といった設定や、マギレコに登場する魔法少女たちの持つドッペルをまとめていきます。 Sponsored Link 【マギアレコード】アニメ5話で、いろはとかえでが魔女化しなかった理由とは? まずは、マギアレコードのアニメ5話で起きた現象について簡単な確認をしていきます。 今回、魔女化したように思われたのは、とかえでの二人。 それぞれ、魔女のような存在が現れて敵を撃退しています。 いろはとかえで、それぞれに起きたことは以下の通り。 環いろはの場合 口寄せ神社にて、マチビト馬のウワサと交戦中。 いなくなってしまったみふゆと出会って、 困惑するやちよを助けるためにいろははグリーフシードを使用しました。 ……ソウルジェムが、濁りきってしまう寸前だったにもかかわらず。 そうしてしまったことによって、 彼女自身が使うグリーフシードは尽きてしまった。 そのときに現れたのは、 仮面を被ったいろはの分身だった。 いろはの分身は魔女のような怪物に豹変し、ウワサを撃退する。 ……しかし。 戦いを終えると、いろはの姿はもとに戻り、ソウルジェムも元の輝きを取り戻していた……。 秋野かえでの場合 落書きの魔女と戦っていたかえで、ももこ、レナの3人。 しかし、かえで以外は倒れ絶体絶命の状況。 このドッペルこそが、マギアレコードのストーリーにおける根幹の1つであり、最も重要な謎となってきます。 以下でドッペルについて詳しく説明していきますが、ネタバレを多分に含むのでご注意ください。 他の街では見られない現象で、これこそが 「神浜市に行けば魔法少女は救われる」という言葉の真意。 ・ソウルジェムに穢れきってしまったとき、その魔法少女が備える魔女の力をドッペルとして行使できるようになる。 ・ドッペルは魔法少女の感情の写し。 本人の後悔、直視したくない悩みなどが性質に影響する。 ・穢れはドッペルへと変換され霧散するため、魔女化することはない。 これが ドッペルの特徴です。 何故こんなことが起きるのかは後述しますが、ともかく神浜市においては、 「魔女になる代わりにその力の一部を自由に使える」し、 「穢れても魔女化することなく、魔法少女でいることができる」ということです。 ざっくりと言うなら、 ドッペルは魔女化よりもかなりマイルド。 前述したように、魔女の力でありながら魔法少女が制御できる上、最終的には 元の姿に戻ることができます。 ソウルジェムがグリーフシードになることもないですし、使い魔や結界が発生することもない。 当然、町の人間に被害が出ることもありません。 なので、 魔法少女にとっての絶望・死である魔女化が、 神浜市においてはプラスに働くということになります。 一応デメリットとして、ドッペル発動後は体力を消耗する、すごく疲れる模様。 ただ、魔法少女の死を迎えるよりひどいことは起きません。 ですが、 これっておかしいよね?とまどマギ本編を見た方なら思うでしょう。 もともと 魔法少女は、キュゥべえがエネルギー回収のために増やしている存在。 魔法少女が絶望し、魔女へと変わるときの大きな感情を使って、宇宙のエネルギー不足を回収しようというのが彼らの目論見なわけです。 が、この ドッペルがあると魔法少女は魔女へと変わることがない。 ソウルジェムは無事だし、魔法少女の穢れもどこかへ立ち消えている……。 これは一体何故なのか?そして、誰かの企みだとすると、一体誰がどうやって、こんなことをしているのか? そのあたりについて、次に説明していきますね。 何故ドッペルが発生したのか?何のため、誰が作ったものなのか? ドッペルという存在は、一体誰が何のために、どうやって作り出したものなのか? 次はここについて解説していきます。 (左からアリナ・グレイ、里見灯火、柊ねむ) 彼女たちが従える、幸福な魔女 「エンブリオ・イブ」。 この魔女は、 感情エネルギーを回収し宇宙へと送り届ける性質を持つ。 そして、回収したエネルギーを利用し、アリナの固有魔法で神浜市を覆う被膜を作る。 つまり、マギウスという組織がエンブリオ・イブという魔女を使って、 魔法少女を救いながらキュゥべえと同じことをしようとしている、というのがドッペル化の真相です。 マギウスの真の目的って?ドッペル化の何がいけないの? それだけを聞くと、マギウス最高!となるんですが……彼女たちの目的はそれだけではなかった。 キュゥべえと同じ役割をすることによって、 「宇宙に認められる」ことがマギウスの真の目的だった。 そうすれば、天才少女の灯火は宇宙の全てを知ることができる。 文学少女のねむは、地球のあらゆる物語を具現化できるようになる。 芸術家のアリナは、宇宙規模のアートを作り出すことができる。 そして、イブの覚醒のためにはたくさんの感情エネルギーが必要になる。 だから、と。 彼女たちは魔法少女以外の、一般人に大いなる被害を与えることも簡単にしてしまうんです。 というわけで、「魔法少女が救われる」というのがマギウスの言い分だったわけですが、本当は私欲のために行ったこと。 ドッペル化のためにたくさんの人を犠牲にしようとする。 それが原因でいろはたちと敵対することになります。 しかし…… 最初は、本当に魔法少女を救うための純粋な願いだった ですが、物語が進んでいくにつれて真実が明らかになっていきます。 ドッペルというのは、 「本当に魔法少女を救うための願いだった」と。 どういうことか? ことの発端は、 いろはの妹であるういと、同じ病院に入院し友だちになった灯火、ねむの二人の考えたことでした。 ういたちは魔女に襲われたことによって、 いろはが魔法少女として戦っていることを知ります。 そして、キュゥべえに勧誘された灯火は、独自に魔法少女のことを調べキュゥべえの目的を理解します。 そこで彼女は考えた。 「3人なら、魔法少女の宿命を消し去ることができる」と。 彼女たち3人は、魔法少女となる代わりにキュゥべえに願った。 「あなたが持つ機能が欲しい」と。 キュゥべえが持つ、「回収」「変換」「具現」。 ういの「回収」によって、穢れを集める。 灯火の「変換」によって、穢れを魔法少女が使える魔力に変える。 そして、ねむの「具現」によって、エネルギーを実体化、宇宙へと送る。 こうすることで、ドッペルのように魔法少女を救っていける。 それは、 ういの穢れを回収する機能が暴走してしまったこと。 魔法少女が魔女に変わるときの、大きすぎる絶望。 それは、彼女一人に収められるものではなかったのです。 だから、咄嗟にねむの「具現」の能力によって、 「ういの魂・存在をこの世界から切り離し、小さいキュゥべえの中に保存する」というストーリーを具現化します。 ……結果、ういのことを忘れてしまい、「純粋に魔法少女を、いろはを救いたい」という本来の目的を忘れて、前述の歪んだ欲望へと変化してしまった。 これが、 ドッペルの生まれた真相です。 要するに、 本来は本当に魔法少女を救うため、キュゥべえの機能を肩代わりしようとした。 ドッペルを生み出す、というのは灯火によって集まった穢れが魔法少女の使える魔力に変換されたがゆえに発生したものだったのです。 けれども、穢れはうい一人に溜め込むことができる量では到底なかったため、彼女の存在はねむによって一時消されてしまった。 しかも、いきなりアニメの3話以降から始まるんじゃなくて、アニメ開始時のストーリーの更に前、 マミさんと杏子の出会いから師弟関係を築くところまで、じっくり見ることが出来ます。 (アニメ本編でもこの二人は師弟関係という設定なので、半分、正史です) (C)Magica Quartet・ハノカゲ まだ初々しい頃の杏子がマジかわいくて最高。 スレてなくて、 マミさんにめちゃくちゃ懐いてるんですよ。 可愛くないですか?? (C)Magica Quartet・ハノカゲ マミさんの方も杏子にベッタリだったりして尊い。 お互いを思い合う、重めの百合要素とか、 3話のとき、もしマミさんが生きてたら……っていう誰もが妄想した展開とか、最高な要素がつまってます! 全3巻でかなり読みやすいのでぜひ。 U-NEXTへアクセス まずはこちらから、U-NEXTへアクセスします。 まずは31日間無料お試し をタップ 目立つ所にある、 「まずは31日間無料体験」 というボタンをタップします。 個人情報・アカウント情報を入力 「姓名(カナ)」「生年月日」「性別」「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」「都道府県」 などを入力します。 プラン確認・決済方法を入力 お支払い方法などを設定する必要がありますが、 これは無料期間を過ぎたときのためです。 クレカ払いか、ケータイ払いかを選びます。 登録完了! これで登録完了となります。 まとめ マギアレコードの ドッペルについての解説でした。 アニメ5話で、 いろはやかえでが魔女化しなかった理由は、ドッペルが原因です。 神浜市でだけ起きる現象で、何故か魔女化せず魔女の力を行使できる夢のような力。 これは、マギウスが持つ エンブリオ・イブという魔女が穢れを回収しているから起きた現象。 しかし、ういの力が暴走してしまい、ういを世界から切り離してしまった。 その結果、灯火やねむは本来の目的を忘れ、人々の被害を無視してでも、イブを孵化させようとしてしまう……というのが、ドッペルについて起こっていることだったのです。 ちなみに、 マミさんがもし生きていたら……っていうスピンオフ漫画がまどマギ好きなら超おすすめです。

次の

『マギアレコード第12話』キュゥべえ対策はドッペル魔女化での感想・考察~魔法少女まどか☆マギカ外伝 | すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

マギア レコード かえで

test -- 2018-02-19 月 20:47:25• 対水属性に特化したマギアとは対照的に、コネクトやディスク構成は癖がなく意外とどこでも戦っていける。 専用メモリアの効果は『同じ属性ドロー』。 PT内の木属性が自分一人であれば実質『自分のDiscドロー』になるが、複数いる場合はそのキャラも含めて選択される。 木属性には優秀なコネクト持ちも多く、編成次第で色んなことが出来る。 -- 2018-04-12 木 03:09:40• 欠点 対水属性以外ではマギア威力が大幅に落ち込む。 ドッペルも未実装の為1Tでの最大ダメージも突出しているとは言えない(2T続けてマギア発動は可能だが)。 -- 2018-04-12 木 03:09:52• コネクト 与えるダメージUP&MP獲得量UP シンプルで相手を選ばず効果が見込める使いやすいバフ。 -- 2018-04-12 木 03:10:04• マギア 敵全体に属性強化ダメージ&霧 先述の通り対水属性限定で非常に高いダメージが出せる全体マギア。 missの確率はさほど高くなく、付与自体も確率のため戦略には組み込みづらい。 -- 2018-04-12 木 03:10:15• 2回発動すれば合計ダメージでは上回る。 回復や防御は出来ないため、場合によっては道中を切り抜けるために他の魔法少女のサポートが必要。 -- 2018-04-12 木 03:12:03• 以上、個人的な使用感ですが叩き台にしていただけたらと思います。 コネクトの効果量は検証の方を見て書かせていただきましたが、計算間違ってたらすみません… -- 2018-04-12 木 03:15:33• コピーと改行だけ加えました。 投稿ありがとうございます! -- しろう 2018-04-12 木 21:44:19• 「呼び水となりて綻び」のボス戦でよく使用しましたが、水属性かつ復数マスボスならぶっちぎりの火力が出た感触。 マミやアリナがいないならかなり優先度高めになる気がしました -- 2018-06-17 日 00:40:25• ドッペル解放の影響で対水単発ダメージ量はマミやアリナを上回るレベルになった。 対水以外では威力が劣り、追加効果も特色が異なる マミ、アリナは行動不能状態異常持ち、かえでは命中減と味方バフ持ち ので、クエストによって使い分けていくとよさそう。 現状、高難度適正Bになっているが、A~EX級の実力を手に入れていると思う。 -- 2018-10-28 日 16:40:18.

次の