土鍋 こげ。 無印良品の土鍋が人気。種類とおすすめ商品の魅力を徹底解説!

土鍋の焦げの落とし方

土鍋 こげ

寒くなると土鍋を囲んでの鍋パーティが楽しいですよね。 「あ、しまった!」 でもついうっかり土鍋の底を焦がしてしまうことってよくありますよね・・・特にしめに雑炊などをしようとするときに特に焦げてしまいます。 豆乳鍋もおいしいのですが、吹きこぼれやすいので注意が必要です。 吹きこぼれて土鍋の外側も焦げてしまうと落とすのがかなり大変です。 皆さんのお宅ではどのように土鍋の焦げを落としていますか? たわしで力任せにこすりまくってますか?私も少し前までそうでした。 でも、簡単に土鍋の焦げを落とす方法があったら知りたいですよね? ここでは、土鍋の焦げの落とし方を伝授したいと思います。 ご家庭にある重曹やクエン酸、酢などで落とせるかも!? ぜひ参考にしてみてください。 もくじ• そもそも土鍋ってなぜ焦げ付きやすいの? 土鍋ってなぜか一度焦げ付くとその次からも何度も焦げ付くようになりませんか? その度にスプーンでこそげ取ったり、たわしでゴシゴシと力任せに擦りまくる日々・・・ 正直地味にしんどいですよね。 「何とかならないの?」って叫びたくもなります。 友人は手入れが大変だから土鍋は手放したと言っていました。 とは言っても土鍋でお鍋をするとなぜかほっこりした気分にもなれておいしいし、体がぽかぽかになれるんですよね。 魅力がある土鍋、簡単に手放したくもないものです。 なぜ、土鍋は焦げるのか・・・ それはそもそも土鍋は「土でできているから」なのです。 土鍋が割れにくいように『目には見えない細かいすき間』があいているのです。 そのすき間に雑炊などが入り込み、焦げてしまうのです。 一度焦げた土鍋は焦げやすい? 土鍋が焦げた場合、皆さんがやりがちな「スプーンなどでこそげ落としてたわしでこすりまくる」方法は実は1番やってはいけないことだったのです。 先ほどご説明した通り、土鍋には細かいすき間があいているのですが、金属のスプーンでこすることでさらに傷を作ってしまうことになるのです。 たわしでこすればこするほど焦げやすい土鍋になってしまうのです。 一度焦げた土鍋は焦げやすい理由が、ここにあったのです。 ではどうすれば土鍋の焦げは落とすことができるのでしょうか。 土鍋の焦げを簡単に落とす方法 方法その1 【重曹】 用意するものは、 「重曹」です。 掃除用として100円ショップでも販売されています。 焦げ付いた土鍋にぬるま湯を入れて、一晩置いておく(スプーンでこそげたい気持ちをぐっとガマン!)• 翌朝、すこし焦げが緩んできていることを確認• 浮き上がってきた焦げを洗い流して、土鍋に水を入れる• 土鍋に重曹を60gぐらい入れる• 火にかけてしばらく沸騰させる• 焦げが剥がれてくるのがわかります• お湯を流して、柔らかいスポンジでこする• 一度で取れない場合は、取れるまで繰り返す 方法その2 【酢】 用意するものは、 「酢」です。 焦げ付いた土鍋にぬるま湯を入れて、一晩置いておく• 浮き上がってきた焦げをスポンジでこすり落とす• 土鍋に水と酢(60㏄ぐらい)を入れる• 火にかけてしばらく沸騰させる• 沸騰したらそのままお湯が冷めるまで置いておく• 土鍋の水を流して、柔らかいスポンジでこする 土鍋の外側の汚れに関しては、多少たわしで力を入れてこすっても大丈夫です。 重曹をペースト状にしたものでこすると、研磨作用もあって簡単に土鍋の外側の焦げを落とすことができますよ。 試してみてくださいね。 【スポンサーリンク】 重曹と酢 どうやって使い分けたらいいの? 「重曹」と「酢」を使って土鍋の焦げを落とす方法をご紹介しました。 実は、「重曹」と「酢」を汚れによって使い分けるとより効果的に土鍋の焦げを落とすことができるのです。 「重曹」はアルカリ性です。 ですのでご飯、お肉、お魚などの 酸性の食べ物を焦がした場合は、アルカリ性の重曹を使った方がよく落とせることになります。 一方、 「酢」はご存知の通り酸性です。 ですので、野菜やキノコ類などの アルカリ性の食べ物を焦がした場合は、酸性の酢を使った方がよいのです。 ただし、「酢」のにおいがキッチンに充満するので、それが嫌な方は「クエン酸」でも同じ効果が得られますよ。 「掃除は化学」とも言われますが、その通りですね。 むやみやたらにたわしで力いっぱいこすりまくっても、疲れるだけです。 化学の力で土鍋の汚れを簡単に落とすようにしましょう。 まとめ 土鍋で鍋をすると、体が温まって幸せな気分になれますよね。 土鍋で炊く御飯もおこげが香ばしくて、最高においしいです。 重曹や酢で焦げが落とせることを知っておけば、もう焦げはこわくないですよね。 熱伝導もよく、保温性も高い土鍋をどんどん活用しましょう! 最後までお読みいただきありがとうございました。 参考になれば幸いです。

次の

土鍋の焦げの取り方落とし方を伝授!焦げない土鍋の選び方!|ママクエ

土鍋 こげ

寒くなると土鍋を囲んでの鍋パーティが楽しいですよね。 「あ、しまった!」 でもついうっかり土鍋の底を焦がしてしまうことってよくありますよね・・・特にしめに雑炊などをしようとするときに特に焦げてしまいます。 豆乳鍋もおいしいのですが、吹きこぼれやすいので注意が必要です。 吹きこぼれて土鍋の外側も焦げてしまうと落とすのがかなり大変です。 皆さんのお宅ではどのように土鍋の焦げを落としていますか? たわしで力任せにこすりまくってますか?私も少し前までそうでした。 でも、簡単に土鍋の焦げを落とす方法があったら知りたいですよね? ここでは、土鍋の焦げの落とし方を伝授したいと思います。 ご家庭にある重曹やクエン酸、酢などで落とせるかも!? ぜひ参考にしてみてください。 もくじ• そもそも土鍋ってなぜ焦げ付きやすいの? 土鍋ってなぜか一度焦げ付くとその次からも何度も焦げ付くようになりませんか? その度にスプーンでこそげ取ったり、たわしでゴシゴシと力任せに擦りまくる日々・・・ 正直地味にしんどいですよね。 「何とかならないの?」って叫びたくもなります。 友人は手入れが大変だから土鍋は手放したと言っていました。 とは言っても土鍋でお鍋をするとなぜかほっこりした気分にもなれておいしいし、体がぽかぽかになれるんですよね。 魅力がある土鍋、簡単に手放したくもないものです。 なぜ、土鍋は焦げるのか・・・ それはそもそも土鍋は「土でできているから」なのです。 土鍋が割れにくいように『目には見えない細かいすき間』があいているのです。 そのすき間に雑炊などが入り込み、焦げてしまうのです。 一度焦げた土鍋は焦げやすい? 土鍋が焦げた場合、皆さんがやりがちな「スプーンなどでこそげ落としてたわしでこすりまくる」方法は実は1番やってはいけないことだったのです。 先ほどご説明した通り、土鍋には細かいすき間があいているのですが、金属のスプーンでこすることでさらに傷を作ってしまうことになるのです。 たわしでこすればこするほど焦げやすい土鍋になってしまうのです。 一度焦げた土鍋は焦げやすい理由が、ここにあったのです。 ではどうすれば土鍋の焦げは落とすことができるのでしょうか。 土鍋の焦げを簡単に落とす方法 方法その1 【重曹】 用意するものは、 「重曹」です。 掃除用として100円ショップでも販売されています。 焦げ付いた土鍋にぬるま湯を入れて、一晩置いておく(スプーンでこそげたい気持ちをぐっとガマン!)• 翌朝、すこし焦げが緩んできていることを確認• 浮き上がってきた焦げを洗い流して、土鍋に水を入れる• 土鍋に重曹を60gぐらい入れる• 火にかけてしばらく沸騰させる• 焦げが剥がれてくるのがわかります• お湯を流して、柔らかいスポンジでこする• 一度で取れない場合は、取れるまで繰り返す 方法その2 【酢】 用意するものは、 「酢」です。 焦げ付いた土鍋にぬるま湯を入れて、一晩置いておく• 浮き上がってきた焦げをスポンジでこすり落とす• 土鍋に水と酢(60㏄ぐらい)を入れる• 火にかけてしばらく沸騰させる• 沸騰したらそのままお湯が冷めるまで置いておく• 土鍋の水を流して、柔らかいスポンジでこする 土鍋の外側の汚れに関しては、多少たわしで力を入れてこすっても大丈夫です。 重曹をペースト状にしたものでこすると、研磨作用もあって簡単に土鍋の外側の焦げを落とすことができますよ。 試してみてくださいね。 【スポンサーリンク】 重曹と酢 どうやって使い分けたらいいの? 「重曹」と「酢」を使って土鍋の焦げを落とす方法をご紹介しました。 実は、「重曹」と「酢」を汚れによって使い分けるとより効果的に土鍋の焦げを落とすことができるのです。 「重曹」はアルカリ性です。 ですのでご飯、お肉、お魚などの 酸性の食べ物を焦がした場合は、アルカリ性の重曹を使った方がよく落とせることになります。 一方、 「酢」はご存知の通り酸性です。 ですので、野菜やキノコ類などの アルカリ性の食べ物を焦がした場合は、酸性の酢を使った方がよいのです。 ただし、「酢」のにおいがキッチンに充満するので、それが嫌な方は「クエン酸」でも同じ効果が得られますよ。 「掃除は化学」とも言われますが、その通りですね。 むやみやたらにたわしで力いっぱいこすりまくっても、疲れるだけです。 化学の力で土鍋の汚れを簡単に落とすようにしましょう。 まとめ 土鍋で鍋をすると、体が温まって幸せな気分になれますよね。 土鍋で炊く御飯もおこげが香ばしくて、最高においしいです。 重曹や酢で焦げが落とせることを知っておけば、もう焦げはこわくないですよね。 熱伝導もよく、保温性も高い土鍋をどんどん活用しましょう! 最後までお読みいただきありがとうございました。 参考になれば幸いです。

次の

土鍋の焦げの落とし方

土鍋 こげ

土鍋ご飯の炊き方の基本 土鍋でご飯を炊くにあたってはじめに 「どういった土鍋を使うか?」「どの分量を炊くか?」ということを確認しておく必要があります。 土鍋には下の写真のように「ご飯炊き専用の土鍋(写真左)」と「普通の鍋料理に使う土鍋(写真右)」がありますが、どちらでも同じように炊くことができます。 ただ、炊く容量だけ気を付けたほうがよく、 炊飯専用は推奨されている量を上限として炊き、 普通の土鍋は炊きあがりの容量が6〜7割以下となる分量を炊くのが吹きこぼれにくく、炊きやすいと思います。 土鍋ご飯を炊く前の準備(米を浸水させる) まず、炊く前に米を研いで浸水させておきます。 夏は30分、冬は1時間が目安です。 米が十分に水を吸ったら、ざるにあけてしっかり水気を切ります。 その後、土鍋に米を移し、 2合に対しては水400〜450ml、3合に対しては水600〜650mlを目安に水を加えてください。 土鍋によって沸騰までの時間や炊きあがりの状態がずいぶん変わってくるので、水の量は目安として、2回目以降にまた好みの加減に調整して炊いてみてください。 土鍋ごはんの仕上げと蒸らし 15分たったら 蓋を開けてみて、水気の残り具合を確認します。 ごはんの表面から水や大きな泡がブクブク出ているようならまだ水気を飛ばし足りていない状態です。 弱火のまま水気がなくなるまで、追加で1〜2分ごとに確認しつつ火にかけてください。 音や目で水気が残っていないことを確認したら、一度火を中火に戻して10秒ほど加熱します(これは後の蒸らしのため。 おこげを作りたいときは鍋によりますが20〜30秒ほど中火にかけることを一度お試しください) 後は火からおろして10分蒸らせば美味しい土鍋ご飯の完成です。 蒸らし終えたら 蓋をとって全体を混ぜ、余分な水分を飛ばします。 土鍋は他の鍋に比べて吸湿性にも優れているので、土鍋にご飯を入れておいてすごくべちゃつくということはありませんが、 蓋と土鍋の間に布巾をはさんでおくとよりよいです。

次の