エベレンゾ 薬価。 エベレンゾ錠について~HIF

11月19日、新医薬品が薬価収載されました

エベレンゾ 薬価

豆知識:標高が8,000 mを超える場所はデスゾーンと呼ばれています。 その標高では人が生存するのに十分な酸素がないそうです。 絶対に登りたくないですね… 低酸素状態になった際、身体はなんとか全身の酸素濃度を上がるよう働きかけます。 酸素は赤血球によって運ばれます。 ですので、 赤血球濃度を上昇させて、酸素運搬力を底上げさせたら 低酸素状態から脱出できます。 その赤血球濃度上昇のキーとなる物質が HIF(低酸素誘導因子)というタンパク質です。 今回のノーベル賞では このHIFがどのように赤血球を上昇させるのかが解明されたことによる受賞です。 「人間に必須の酸素を感知して応答するという基礎的な機能にかかわる仕組みが 極めて幅広い役割を果たしていることがわかった。 HIFに関する論文は年間1700本ほど出ており,必ずノーベル賞が出るだろうと思っていた」 上記のように語っている先生もいるように HIF関連の研究はかなり期待されていたのでしょう。 HIFの役割とは HIF(Hypoxia-Inducible Factor:低酸素誘導因子)の役割は 「赤血球濃度を上昇させる「エリスロポエチン」というホルモンを活性化させる」 ことです。 エリスロポエチンは赤血球産生を促す造血因子の一つ。 腎臓で産生される。 詳しくは以下の画像で。 astellas. html) 普段HIFはHIF代謝酵素によってすぐに分解されるため、エリスロポエチンを活性化させません。 ただし、「低酸素状態」になるとHIF代謝酵素が働かなくなります。 そうすると、HIFがバンバンエリスロポエチンを活性化させますので 結果的に赤血球が増加して、酸素運搬力も向上します。 酸素が豊富な環境で プロリン水酸化酵素(PHD)がHIFに(OH基)をくっつける• HIF-OHに VHL(タンパク質)が結合• 「ユビキチン」がHIF-VHL複合体に結合• ユビキチンという標識をプロテアソームが認識して、これを分解。 低酸素下の場合プロリン水酸化酵素が機能しなくなるため、HIFが分解されなくなります。 分解されなくなるとHIFはエリスロポエチンを活性化させます。 そして、赤血球濃度を上昇させて身体全体に酸素を運べます。 ……複雑です。 HIF-PH阻害薬とは 作用機序が分かったところで 肝心のHIF-PH阻害薬はどこに作用するのか。 HIFにOH基をくっつける役割のプロリン水酸化酵素(PHD)を阻害します。 HIF-PH(低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素)を阻害する薬剤ということです。 HIF活性化作用による鉄の利用効率が向上 腸管で鉄の代謝を調整する ヘプシジンにもHIFは作用します。 ヘプシジンが多くなると鉄の吸収が抑制されることが知られています。 HIFはこのヘプシジンを調節して、より 効率よく赤血球を産生しているようです。 もしかしたらエベレンゾを服用することで、鉄補充剤が不要になっていくのかもしれません。 これまでの「腎性貧血」治療薬と違い、室温でも保存が可能になった これまでの腎性貧血治療剤は静注製剤だったため冷蔵保存が必須でした。 エベレンゾは室温保存なので 薬局側からすると、エベレンゾに切り替えていくと 冷蔵庫のスペースが広がるのでメリットになります。 まとめ HIF-PH阻害薬は画期的な薬剤です。 2019年のノーベル賞の研究テーマにもなっていました。 HIF(低酸素誘導因子)が活性化されることで、エリスロポエチンの分泌が促進されます。 それによって赤血球が産生され、低酸素状態が解消に向かうというものです。 エベレンゾは「保存期」の適応がとれれば、処方数は上がっていくのかなとは思います。 現場の先生はまだまだ様子見をしているようで 本格的な処方は来年以降になりそうな雰囲気です。 また何か情報があれば更新していきます。 それではまた!.

次の

HIF

エベレンゾ 薬価

リン結合性ポリマー セベラマー塩酸塩 ビキサロマー [参照] 本剤と併用した場合、本剤の作用が減弱するおそれがあるため、併用する場合は、前後1時間以上間隔をあけて本剤を服用すること。 本剤をセベラマー炭酸塩と同時投与したところ、本剤のAUCinfが低下した。 多価陽イオンを含有する経口薬剤(カルシウム、鉄、マグネシウム、アルミニウム等を含む製剤) [参照] 本剤と併用した場合、本剤の作用が減弱するおそれがあるため、併用する場合は、前後1時間以上間隔をあけて本剤を服用すること。 本剤を酢酸カルシウムと同時投与したところ、本剤のAUCinfが低下した。 HMG-CoA還元酵素阻害剤 シンバスタチン ロスバスタチン アトルバスタチン 等 [参照] HMG-CoA還元酵素阻害剤による筋障害を増強するおそれがあるため、併用する場合は、患者の状態を慎重に観察すること。 本剤をシンバスタチン、ロスバスタチン、アトルバスタチンと併用したところ、これらの薬剤のAUCinfが上昇した。 また、本剤投与2時間前、本剤投与の4又は10時間後にシンバスタチンを投与した際も曝露量が上昇した。 本剤のOATP1B1/BCRP阻害作用により、これらの薬剤の血漿中濃度を上昇させる。 プロベネシド [参照] 本剤の作用が増強するおそれがあるため、併用する場合は、本剤の減量を考慮するとともに、患者の状態を慎重に観察すること。 本剤をプロベネシドと併用したところ、本剤のAUCinfが上昇した。 プロベネシドのUGT/OAT阻害作用により、本剤の血漿中濃度を上昇させる。 ゲムフィブロジル(国内未承認) [参照] 本剤の作用が増強するおそれがあるため、併用する場合は、本剤の減量を考慮するとともに、患者の状態を慎重に観察すること。 本剤をゲムフィブロジルと併用したところ、本剤のAUCinfが上昇した。 ゲムフィブロジルのCYP2C8/OATP1B1阻害作用により、本剤の血漿中濃度を上昇させる可能性がある。 副作用 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1%以上 0. 5〜1%未満 0. 5%未満 心臓障害 うっ血性心不全、動悸 内分泌障害 甲状腺機能低下症 眼障害 網膜出血 胃腸障害 嘔吐、下痢、便秘、悪心、腹部不快感 腹痛、消化不良、胃障害 一般・全身障害及び投与部位の状態 浮腫 倦怠感 感染症及び寄生虫症 結膜炎 傷害、中毒及び処置合併症 シャント狭窄 臨床検査 リパーゼ増加 CK増加 ALT増加 代謝及び栄養障害 低アルブミン血症 高カリウム血症、高リン酸塩血症、鉄欠乏、食欲減退 神経系障害 浮動性めまい 精神障害 不眠症 生殖系及び乳房障害 女性化乳房 呼吸器、胸郭及び縦隔障害 咳嗽、間質性肺疾患 皮膚及び皮下組織障害 そう痒症 血管障害 高血圧 その他 医療機器内血栓 12. 3 3. 0(2. 0-4. 0) 13. 4 8. 9 1. 0 2. 0(2. 0-3. 0) 43. 9 8. 3 2. 3 2. 0(1. 0-4. 0) 99. 3 9. 1 3. 5 2. 0(2. 0-4. 0) 139. 9 9. 9 4. 3 3. 0(1. 0-4. 0) 168. 0 8. 2 2. 0(1. 0-3. 0) 10. 3 9. 2 12 7 1. 4 2. 0(0. 5-3. 0) 12. 6 10. 8 1. 4 2. 0(1. 0-6. 0) 37. 2 9. 1 12 7 5. 8 4. 0(2. 0-6. 0) 39. 8 9. 6 3. 2 2. 0(1. 0-2. 0) 138. 9 9. 4 12 7 18. 5 2. 0(1. 0-4. 0) 153. 9 9. 1 本剤の薬物動態に対するリン吸着薬の影響 リン吸着薬 リン吸着薬投与量 本剤投与量 本剤の投与タイミング 例数 幾何平均比(90%信頼区間) (リン吸着薬併用投与時/ロキサデュスタット単独投与時) Cmax AUCinf セベラマー炭酸塩 2400mg 1日3回投与 200mg 単回投与 同時投与 24 0. 34(0. 31,0. 38) 0. 33(0. 31,0. 36) リン吸着薬投与1時間前 30 0. 74(0. 68,0. 82) 0. 59(0. 56,0. 63) リン吸着薬投与1時間後 30 0. 88(0. 79,0. 97) 0. 76(0. 72,0. 81) 酢酸カルシウム 1900mg 1日3回投与 同時投与 24 0. 48(0. 43,0. 54) 0. 54(0. 49,0. 58) リン吸着薬投与1時間前 30 0. 81(0. 73,0. 89) 0. 69(0. 65,0. 73) リン吸着薬投与1時間後 30 0. 98(0. 89,1. 07) 0. 83(0. 78,0. 88) HMG-CoA還元酵素阻害剤の薬物動態に対する本剤の影響 併用薬 併用薬投与量 本剤投与量 HMG-CoA還元酵素阻害剤投与のタイミング 例数 幾何平均比(90%信頼区間) (本剤併用投与時/単独投与時) Cmax AUCinf シンバスタチン シンバスタチンを 40mg 単回投与 200mg 隔日投与 同時投与 28 1. 87(1. 56,2. 23) 1. 75(1. 47,2. 09) 本剤投与2時間前 24 2. 32(1. 92,2. 79) 1. 68(1. 44,1. 96) 本剤投与4時間後 24 3. 10(2. 57,3. 74) 1. 74(1. 50,2. 03) 本剤投与10時間後 24 2. 39(1. 98,2. 87) 1. 56(1. 34,1. 82) シンバスタチンアシド体(代謝物) 同時投与 28 2. 76(2. 34,3. 24) 1. 85(1. 54,2. 23) 本剤投与2時間前 24 2. 34(1. 99,2. 76) 1. 89(1. 62,2. 21) 本剤投与4時間後 24 5. 98(5. 08,7. 04) 3. 42(2. 94,3. 99) 本剤投与10時間後 24 3. 37(2. 86,3. 97) 2. 51(2. 16,2. 93) ロスバスタチン 10mg 単回投与 同時投与 28 4. 47(3. 86,5. 18) 2. 93(2. 63,3. 25) アトルバスタチン 40mg 単回投与 同時投与 24 1. 34(1. 11,1. 63) 1. 96(1. 71,2. 26) 腹膜透析施行中の腎性貧血患者56例(ESA未治療の患者13例、ESAからの切替え患者43例)を対象に、ESA未治療の患者には本剤50mg又は70mgを、ESAからの切替え患者には前治療のESAの用量に応じて本剤70mg又は100mgから開始し、Hb値に応じて用量を20〜300mgの間で調整し、週3回24週間経口投与した。 その結果、投与18週から24週の目標Hb値維持率(平均Hb値が10. 3%(5/6例)、ESA未治療の本剤70mg開始群で100. 0%(7/7例)、ESAからの切替え患者で74. 4%(32/43例)であった。 Besarab,A. et al. , N. Engl. Med. , 339, 584-590, 1998• Singh,A. et al. , N. Engl. Med. , 355, 2085-2098, 2006• Pfeffer,M. et al. , N. Engl. Med. , 361, 2019-2032, 2009• 社内報告書:海外肝機能障害患者・薬物動態試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 13)• 社内報告書:ラット・生殖発生毒性試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:ラット・乳母哺育試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:CYP同定・薬物動態試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:UGT同定・薬物動態試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:トランスポーター基質性及び阻害・薬物動態試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:海外健康成人・薬物相互作用試験(セベラマー及び酢酸カルシウム)(2019年9月20日承認 CTD 2. 18)• 社内報告書:海外健康成人・薬物相互作用試験(シンバスタチン及びロスバスタチン)(2019年9月20日承認 CTD 2. 22)• 社内報告書:海外健康成人・薬物相互作用試験(アトルバスタチン)(2019年9月20日承認 CTD 2. 23)• 社内報告書:海外健康成人・薬物相互作用試験(プロベネシド)(2019年9月20日承認 CTD 2. 21)• 社内報告書:海外健康成人・薬物相互作用試験(ゲムフィブロジル)(2019年9月20日承認 CTD 2. 16)• 社内報告書:血液透析患者・二重盲検比較試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 28)• 社内報告書:血液透析患者・長期投与試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 34)• 社内報告書:血液透析患者・ESA未治療患者対象試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 33)• 社内報告書:腹膜透析患者・第III相試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 32)• 社内報告書:健康成人・薬物動態試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:血液透析患者・薬物動態試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:透析患者・母集団薬物動態解析(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:健康成人・食事の影響試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:血漿蛋白結合・薬物動態試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:ヒト代謝物プロファイリング・薬物動態試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:海外健康成人・マスバランス試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:海外腎機能障害患者・薬物動態試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 12)• 社内報告書:海外健康成人・加齢及び性差検討試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 11)• 社内報告書:CYP阻害・薬物動態試験(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:健康成人・薬物相互作用試験(炭酸ランタン)(2019年9月20日承認 CTD 2. 15)• 社内報告書:海外健康成人・薬物相互作用試験(オメプラゾール)(2019年9月20日承認 CTD 2. 19)• 社内報告書:健康成人・薬物相互作用試験(クレメジン)(2019年9月20日承認 CTD 2. 14)• 社内報告書:海外健康成人・薬物相互作用試験(ブプロピオン)(2019年9月20日承認 CTD 2. 20)• 社内報告書:海外健康成人・薬物相互作用試験(ワルファリン)(2019年9月20日承認 CTD 2. 17)• 社内報告書:海外健康成人・薬物相互作用試験(ロシグリタゾン)(2019年9月20日承認 CTD 2. 25)• 社内報告書:ヒトリコンビナント酵素・薬理作用(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:ヒト肝細胞・薬理作用(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:炎症性貧血モデルラット2週間投与・薬理作用(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:炎症性貧血モデルラット4週間投与・薬理作用(2019年9月20日承認 CTD 2. 社内報告書:腎性貧血モデルラット・薬理作用(2019年9月20日承認 CTD 2. 7) 24. 文献請求先及び問い合わせ先.

次の

医療用医薬品 : エベレンゾ

エベレンゾ 薬価

厚生労働省は2019年11月19日、腎性貧血治療薬のエベレンゾ(一般名ロキサデュスタット)や、うつ病治療薬のトリンテリックス(ボルチオキセチン臭化水素酸塩)など、新薬14成分33品目を薬価収載した(表1)。 エベレンゾは、低酸素誘導因子-プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害作用を有し、「透析施行中の腎性貧血」が適応。 ネスプ(ダルベポエチンアルファ[遺伝子組換え])を比較薬とした類似薬効比較方式Iで算定され、20mg1錠387. 4円、50mg1錠819. 0円、100mg1錠1443. 5円となった。 トリンテリックスは、セロトニン作動性・セロトニン再取り込み阻害作用を有し、適応は「うつ病・う... 医療・介護・福祉・歯科業界で働いている方、働きたい方のための総合情報サイト 日経メディカル ワークス 日経メディカル ワークスは、日本最大級の医療従事者向けポータルサイト「日経メディカル」と日本最大級の医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が共同運営する医療・介護・福祉・歯科従事者のための総合情報サイトです。 『エベレンゾ、トリンテリックスなど14成分33品目を薬価収載』のような、医療・介護従事者が気になる情報を毎日提供。 働き方やキャリアについて深く掘り下げたコラム・インタビューも配信しています。 また、そのほかにも病院、薬局、介護施設、保育園、歯科医院などの事業所情報も幅広くカバーし、全国197767件にも及ぶ事業所の情報を掲載(2020年06月29日現在)。 求人の募集状況なども確認することができます。

次の