しじんそうの殺人 面白くない。 『屍人荘の殺人』小説あらすじネタバレ。映画キャストの神木隆之介×中村倫也がゾンビ化するのか⁈

『屍人荘の殺人』は欠陥あり! 本格ミステリーが成り立つ2つの要素を考えてみた

しじんそうの殺人 面白くない

私はミステリーを、ほとんど読まない。 ミステリーとホラーは重なる所が多くて苦手だ。 だけど『容疑者 X の献身』以来のミステリー3冠で、しかも本屋大賞ノミネートともなれば、食わず嫌いしてるわけにもいかない。 なんだろう、この本は良くも悪くも型破り。 いわゆる、ミステリーあるあるが通用しない。 この手のキャラは死なない、というお約束を綺麗に破って真っ先に殺されるキャラがいる。 この人が序盤で死んで、この先の展開が成立するのかと心配していたら、きちんと成立している。 殺人現場の緊張感の中に、ライトノベルのような恋のドキドキが同居して場を和ませ、訳も分からないまま一気に読ませる。 型破りなようでいて、きちんと本格ミステリーとして成立していて、トリックも犯人も、注意深く読んでいけば気付くように書かれている。 この本は凄い。 猿之助がスーパー歌舞伎という型破りな作品を作ったが、この本はスーパーミステリーとも呼べそうな本。 本格ミステリ定番のシチュとパニックホラー定番のシチュを混ぜた意欲作…なのだろうけど パニックホラーの緊張感・絶望感は全くなく、そっちの面白さはまるで期待できない 最後までホラー方面の謎解きや背景描写は一切しないで放置されるし、登場人物もそっち方面にはまったく努力しないばかりか ほとんど真面目に身を守ろうともしない(見張りを立てず、SOSを発する努力もせず、破られそうな扉に対策もしない) 非日常的な設定を持ち込んだ挙句描写が雑なのでクローズドサークルの閉塞感も全くない さぞ独特のパニック状況に陥るんだろうと期待したんだけど そもそも登場人物はほぼ皆パニックに陥らずのんびりイチャイチャ探偵ごっこをしている…死者出まくってるのに また、学生探偵らしいチープさと空回り気味の情熱が微笑ましい明智が安定して物語を引っ張ってたのに、なぜあっさり退場させたのか ヒルコが御嬢様のわりには言葉づかいや行動に品がなく、キャラ付けがいまいちなのもあってもったいない 帯に綾辻行人と有栖川有栖の名前があったから読んじまった。 登場人物紹介、見取図を見たときには久々にテンションが上がった。 こういうミステリを待ってたんだよ! だったのに… 文章が軽い、へた。 会話のノリが寒い。 日本語変。 比留子の描写がちょっと気持ち悪いというか、アニメ系に寄り過ぎているように思う。 美少女なのはありがちなのでどうでもいいけど…。 「はわっ」とかは小説では見たくないかな。 取引でちゅーしてあげる、とかもただの馬鹿女としか思えない。 巻き込まれちゃう系天然鋭い脆いところもある的美少女っていうキャラを作っちゃう作者にドン引き。 上記からラノベ臭がした。 p17のミステリ評は自虐かな?そうでなかったら、キツイ。 これが鮎川哲也の名前がついた賞をとるのかと、ショックを受けるレベル。 評価が分かれるところだと思うので、絶賛する人がいるのもわかるけど。 ただ、この作者には現実にない現象を描写する力はまだないように思った。 前述の通り既存の作品によるイメージ想起しかできていないから。 班目もふわっとしたままで終わりだし、主人公のトラウマと行動の繋がりがイマイチだし、読後感が良くない。 トラウマはわかるけど、だからってああいう行動に出るかね?ちょっと納得できない。 もう読まないと思う。 これが新・新本格なら、新本格のまま留まって欲しいと思った。 小説の表紙、最近漫画っぽいイラストのものが多いけど、嫌だなあ。 読者を増やすためなのか知らんけど、買いたくなくなる。 漫画も好きでたくさん持ってるしアニメも見るけど、小説の表紙に描かれていると萎える。 昔、まだ世に出たばかりの綾辻行人の「十角館の殺人」を読んで衝撃を受けた者から言わせてもらう。 これが受賞作? 導入部分が説明的で、最後の謎解きまでは文章が軽くてラノベ調というのは、綾辻行人以来の新本格の特徴だが、正直、まだ同じやり方でやってるのか!という感じ。 20年以上前から何の成長もしていないし、むしろ劣化している。 良くも悪くも綾辻ありきのジャンルだったのか。 今作では、最後まで、「例の設定」を根本から覆すようなトリックを期待していた。 十角館の時のような衝撃を受けたかった。 しかし、最後まで、展開が変わることはなかった。 これが良いと言っている人は綾辻行人を読んだことがないのか? もう一度言います。 これが受賞作? 新本格は終わってしまったのかもしれませんね… 図書館で借りてよかった… いわゆる新本格もののミステリで、館の見取り図があったりやたらトリッキーな殺害方法が取られていたり、ハウダニットに偏重していたり。 私はそういった物が好きなのでそこまでは良かったのですが、キャラクターが萌え系アニメっぽいというか、ラノベ感が凄まじいのです。 自ら危険な場に乗り込んでいると自覚している少女が白のレースワンピースを着る…? 口調もアニメっぽい軽さで、絶体絶命の状況に陥っているにも関わらず大してパニックになることもなく呑気にお茶していたり…主人公達の呑気さに苛立ってきます。 今後こんなミスマッチが起こらないようにライトミステリというジャンルを作って欲しいですね… 期待しすぎていたのでしょうか。 私には合いませんでした。 キャラクタや文章から感じる「ラノベ感」が苦手に感じたからからかもしれません。 特に女性の造形はあまりにもハーレムアニメ的というか記号的でした。 それでも文章力やストーリーに納得がいけば面白いと感じたと思うのですが……。 小説でこういうファンタジーやSF、「驚きの展開」にするには、読者に説得力を与えるだけの文章力が不可欠だと思うのですが、私にはそれが足りていないように思えました。 そこの部分を絵や声といったほかの何かで補えるような漫画やアニメとのメディアミックスは相性が良いかもしれません。 上述の女性キャラクタ造形もそちら寄りですし……。 この作品がミステリ大賞三冠というのは、いろんな意味で、そういう時代なんだなあと思いました。 小説を小説としてだけで売れない時代なんでしょうね。 これを評価できる頭の柔軟さが欲しいです。

次の

「屍人荘の殺人」 原作小説の登場人物・あらすじを解説!犯人は!? ※結末ネタバレ注意

しじんそうの殺人 面白くない

ネタバレ! クリックして本文を読む DVD間違えた?と本気で思ってしまった。 全然ミステリー要素はなくて まさかのゾンビもの。 笑 ゾンビいる... もっと観たかったのだけれども... ん〜残念。 ストーリー的にはテンポ良く進んでいたのかな..? 犯人は、中盤で丸わかりするし 伏線なども特にないかわりに え、なんで?というところは何も触れられず んんんん〜〜〜 神木隆之介さんと浜辺美波さんの コンビネーションは可愛かった! 他にももっと役者さんの良いところ観たかったな〜 何となく、劇場公開時から気になっており行く機会を逃したのでDVDで鑑賞。 同じ大学に通い、私立探偵の顔も持つ剣崎比留子は、2人に音楽フェス研究会の夏合宿への参加を持ちかける。 実は比留子のもとには「今年の夏合宿で何かが起こる」との犯行予告が届いていたのだ。 夏合宿がおこなわれる山奥のペンション紫湛荘へと向かい、3人は研究会のメンバーと合流する。 そしてその夜、密室状態となった紫湛荘で惨殺死体が発見され……。 まさかの、ゾンビが出てくる。 まさか、そっちの系統の映画だった。 そのゾンビもB級(カメ止めのゾンビに似てる)。 もう少し、恐怖心も持たせてもいいと思う。 で、思ったのがゾンビの設定が統一されてないような気がした。 特に一番最後でそれを感じた。 「なぜ、そこにゾンビ?!」って。 それにしても、中村倫也さんの出番やや少なめ。 豪華な使い方してたなって印象。 でも、謎解きはなるほど!ってなった。 まぁ、小ボケも入ってて面白いと思えば面白い。 一回くらい見ても損はないと思う。 ネタバレ! クリックして本文を読む 『金田一少年の事件簿』風のジュブナイル・ミステリーかと思ったら、意外なジャンルとミックス! 同名ミステリー小説の映画化で、かなり賛否両論激しいが、最高って訳ではないが最低って訳でもなく、それなりに楽しめたかな。 とある大学のミス研部員。 ミステリー好きが生じて学内の小事件を解決もしくはさらにややこしくするホームズ気取りの明智と、彼のワトソン…いや、いいようにこき使われるミステリーおたくの葉村。 フェス研の夏合宿への参加と、その合宿中、何か起こるであろうを示す予告状…。 と言う事は、犯人は内部の者。 犯人は誰か…!? 謎の脅迫状から始まり、舞台は湖畔のペンション、フェス研に纏わる行方知れずの女子部員…。 そして起きた密室殺人…。 『金田一少年』とか好きだったので、イイ!これぞ鉄板! が!そこに思わぬ変化球! 事件が起きる前、犯人が分かったと言う明智。 そんな明智がいきなり死亡! 少々風変わりな美少女探偵とヘタレな助手で事件を解決していく…という、異色コンビではあるが、設定的にはありそうっちゃあありそう。 変化球なのは、思わぬジャンルが乱入。 明智を殺したのは…、ゾ、ゾンビ!? …という声が多いが、原作もそうらしいので、これについていちゃもん付けるのはお門違い。 それを言うなら、ゾンビ映画と思って見たら映画愛コメディだった『カメラを止めるな!』に裏切られた!…と言うのと同じ事。 だから、このジャンルのミックスは全然いい。 きっと原作者も、ジュブナイル・ミステリーとゾンビが好きで、それを併せた作品を作ろう!…と思ったに違いない。 まあ、その原作もかなり賛否分かれてるようだが。 それに、ミステリーとしてもちゃんと面白味アリ。 見終わった後、タネ明かしでもう一度確認再見してしまった。 犯人の動機も哀しいもので、それこそ『金田一少年』的。 せっかくのゾンビとのミックスなので、ゾンビもトリックに使われる。 ちと扱いは雑だが…。 まあ、メインディッシュはミステリーで、ゾンビはスパイス。 ワトソンではなく、時々ホームズのように光る時も。 個人的に、ペンションに向かうバス車内で、お庄屋さんの元に帰るおりんさんがツボった。 まさかジッチャンネタまでブチ込んでくるとは! 何故ゾンビが現れたか。 一瞬だけ登場した怪しい奴ら。 そして、比留子の最後の行動。 ちょっと衝撃的なあれが彼女の本当の目的…!? まだ未解決な部分もあるので、カムバック!迷宮太郎と美少女探偵! ミステリーとかゾンビとかより、実はこれが一番のえこひいき!…かも!? 原作は前半まで読んでいます。 そんなにわかでしたが、出演者さんが好きな方だったので原作を読み切る前につい見てしまいました。 本格というよりB級映画って感じです。 そして、原作にはないコメディ要素が物語をさらに軽くしていきます。 人の死を軽んじているような演出に寒気が少々しました。 まぁ、これもゾンビものと知らずに見てしまった人への配慮なんでしょうがいかがなものかと。 その他物語上の疑問点、ツッコミどころが多々かいま見えました。 そして、ここから良いと感じた点。 まず、俳優さんが皆さん適役だったと思います。 原作と性格の設定が一部変更しているような方々ばかりだったので、この配役は合っていたと思います。 特にメインキャストの3人は個人的に好きな方々だったのでその方々の共演が見れて満足です。 そして、肝心のミステリー要素ですがゾンビという点を抜くとよく出来ていたと思います。 映画なので犯人をわかりやすくしていたようですが、原作の後半部分の展開だともっと分かりにくくなっているんだろうと思われます。 クローズドサークルミステリー 楽しかったですね〜。 総評 本格ミステリーという肩書を被ったB級パニック映画でした。 ただ、役者さんが皆さん素敵だったと思います。 個人的に浜辺美波さんが終始可愛くて癒されました。 続編小説も出ているようなので続編映画の制作を楽しみにしています。 これから原作の後半部分を読んで映画との違いにより注目して読んでいきたいと思います。 ネタバレ! クリックして本文を読む ホームズとワトソン気取りの大学生・明智恭介と葉村譲が剣崎比留子に出会い、音楽フェス研究会の夏合宿先にて体験する謎解きミステリー。 (評価が賛否分かれた理由もコレなんだろうな、と察しも付いた😅。 発想が高慢〜と似すぎて困る。 高慢と偏見とゾンビ公開が2016年。 ゾンビを利用するならば、もっと面白い仕掛け出来なかったかなぁ😰 不完全燃焼💧 けど何故か作品としては憎めない。。。 変わった謎解きミステリーやなぁ💦とは思えました。。。 ネタバレ! クリックして本文を読む 本格ミステリーと言いつつ、ゾンビが出て来る原作をどう映像化するのかと言う怖い物見たさでレンタル。 原作でのゾンビの原因となった、正体不明の組織は出すワケにもいかない(恐らく、続編作る事は無いだろうから)から、何でゾンビが発生したのかも不明。 しかし、予備知識無しに映画館で見た人は「ポカーン」だっただろうな。 その後の展開、演出もゾンビに囲まれたペンションで、仲間がゾンビ化したり殺されているのに呑気な主人公たち。 ゾンビがバリケードを突破して閉じ込められた部屋の中で、謎解きが始まると、ドンドンとドアを叩いていたゾンビが静かになる。 その他諸々に、コメディにしたかったのか、ミステリーとして作りたかったかが分からない演出。 まぁ、原作が原作だからなぁ。 久しぶりの映画鑑賞で選んだ作品。 他の人のレビューを見ていたのでゾンビが出てきても特に驚くことはありませんでしたが、ここで誤解があるといけないので書いておきます。 他の人のレビューで急にゾンビ映画になったような意見が多くあり、タランティーノの「フロム・ダスク・ティル・ドーン」を想像していましたが、ゾンビ映画の上にちゃんと謎解きが乗っている作品です。 ゾンビの部分も早めにスタートしているので、そんなに面食らうことはないはず。 小中学生だったらシンドイとは思いますが。 あと、浜辺美波さんが舌足らずなのかサ行とタ行がとても言いにくそうで口内炎でも出来ていたのかな?と気になるシーンは多々ありましたが、キャラも激しかったので持ち堪えました。 出演者の特定のファンでなければ、楽しめる作品ですが、あまり肩の力も入れずに観ればいいと思います。 お時間あるときに是非劇場でご覧ください。 【賛否両論チェック】 賛:主人公達凸凹コンビが、時にコミカルに謎解きに挑みながらも、その本格的なミステリーを鮮やかに解決していく様が痛快。 「ネタバレ厳禁」のテイストも、非常に斬新。 否:「ネタバレ厳禁」の部分に、かなり賛否や好き嫌いは分かれそう。 グロシーンも結構あり。 一言でいうなら、「これぞまさに新時代の本格ミステリー」といったところです(笑)。 孤立した洋館で起きる、不可解な連続殺人事件。 個性溢れる名探偵・比留子と、終始ポンコツな推理を繰り広げるワトソン・葉村の凸凹コンビが、その謎に真正面から挑んでいく姿は、時におかしくもあり、時に頼もしくもあります。 そして新時代なのは、「ネタバレ厳禁」と囁かれるまさにその部分。 詳しくは実際に確かめていただきたいのですが、なかなか本格ミステリーではなかったシチュエーションなので、その辺りも期待大です。 訳あってグロシーンもかなり多いので、苦手な人には向かないかも知れませんが、ミステリー好きな方もそうでもない方も(笑)、是非チェックしてみて下さい。

次の

今村 昌弘『屍人荘の殺人』が想像以上に面白いので読んでみて|山田の読書感想文

しじんそうの殺人 面白くない

第27回鮎川哲也受賞作 『このミステリーがすごい!』2018年版国内編 第1位 『週刊文集』ミステリーベスト10 2017年国内部門 第1位 『本格ミステリ・ベスト10』2018年版国内ランキング 第1位 『第18回本格ミステリ大賞』 受賞 『史上初のデビュー作にして4冠』という、すさまじい偉業をなし鮮烈デビューを飾った今村昌弘のデビュー作 『屍人荘の殺人』 しじんそうのさつじん この作品は今までのミステリをひっくり返すような、大胆な舞台設定や、トリックを用いたことにより当時ミステリ好きに話題となり大注目されていました。 ミステリ好きの僕は当時、 『屍人荘の殺人』 しじんそうのさつじんを緊張にも似た感情で一気見しました。 映画化決定 『屍人荘の殺人』 しじんそうのさつじんは映画化もすでに決定していてキャストなども公開されています。 大物俳優の起用もあり、話題作になること間違いなしです! 映画の公式HOPは キャスト 物語の語り部でもあり、探偵のワトソン役を務めるのが羽村譲を 神木隆之介 神紅大学ミステリー愛好会の会長で自称ホームズの明智恭介を 中村智也 警察の捜査などにも協力するほどの腕前の「少女探偵」剣崎比留子を 浜辺美波 こちらもそうそうたる顔ぶれです。 この他にも『矢本悠馬・佐久間由衣・塚地武雅・池田鉄洋・江本時生』など、豪華な顔ぶれ。 大注目の俳優の抜擢で映画化の本気度が伝わってきます!仕上がりが今から楽しみですね! あらすじ 神紅大学ミステリー愛好会のメンバーである 葉村譲と 明智恭介は、女子大生の自称「探偵少女」の 剣崎比留子に誘い出されて、同じ大学の映画研究会の夏合宿に参加することになった。 しかし、この映画研究会はいわくつきで知られており、何かが起きることは容易に想像ができた。 事実、肝試しに出かけた合宿初日の夜、思いも寄らぬ事態が発生し、葉村たちは合宿先である 紫湛荘 しじんそうに立てこもらざるを得ない事態になってしまう。 翌朝、紫湛荘の一室において映画研究会のメンバーの1人が他殺体となって発見された。 恐怖に怯える学生たちだが、これはこれから起きる連続殺人事件の始まりにすぎなかった。 果たして、葉村、明智そして剣崎はこの連続殺人事件の真相を突き止めることができるのか。 (Wikipediaより) 主要な登場人物は羽村譲、明智恭介、剣崎比留子のトリプル主人公。 彼らが中心となり物語が進行していきます! 羽村譲(神木隆之介)、明智恭介(中村智也)は「事件のにおいがする」という直感でこの合宿に参加しますが、剣崎比留子(浜辺美波)のもとには『今年の生贄は誰だ?』という意味深な脅迫文が届きます。 毎年行われるこの合宿には何か裏があるようですが、果たしてこの脅迫文を送った人物は?何の目的で・・?剣崎はこれを解明するため合宿に参加することに。 この『屍人荘の殺人』もご他聞のもれず『荘』というキーワードが入っていたのでいわゆる『館もの』であると僕も思っていました。 しかしこの作品には・・・ ゾンビが登場します。 今まで聞いたことがありますか?本格ミステリーにゾンビが登場するなんて・・・。 この型破りな舞台設定が当時話題を呼び、注目されたわけです。 そしてこのゾンビの使い方が秀逸で、通常『館もの』の舞台設定としては、 山奥の山荘に出かけたが大雪や土砂崩れにより外界との行き来が不可能になったり 船などで離島に出かけたが、嵐などで交通手段がなく固定電話の線が切られたりと 『交通手段の限定』や『連絡手段の限定』が必ずと言っていいほど起こります。 『屍人荘の殺人』ではこのクローズドサークルをなんと館の周辺に発生した大量に発生したゾンビで作り上げたのです。 ゾンビ小説、映画はされあれど、発想の転換でミステリに使ってくるとは恐れ入りました。 定番の見取り図 ワクワクしませんか? そしてこのゾンビ。 事件の犯行にも用いられます。 この作品はホラー作品ではなく、あくまで本格ミステリ。 外には大量のゾンビがいるため外部からの協力は得られない状況で『第一の殺人』は行われます。 その内容はゾンビが入らないようにバリケードがされた『密室の部屋』でゾンビに噛み千切られた形で発見されるのです。 そしてその密室の部屋の扉の外側には「ごちそうさま」内側には「いただきます」と書かれた紙が置かれている・・・。 これだけでも、ワクワクしてきませんか・・・。。 まとめ いかがでしたか?普段、ミステリを読まない方もあらすじで興味を持ってもらえたでしょうか? 今回は 『屍人荘の殺人』 しじんそうのさつじんを多くの人に興味を持ってもらい、本を読んだり、映画を見てもらいたいのでネタバレについては一切触れることなく書きました。 そのためややあっさりした内容だったかもしれません。 映画公開までまだ時間がありますので、気になった方は文庫本が出たこの最高のタイミングでぜひ一度読んでみると映画もより楽しめると思います!.

次の