スター ウォーズ パルパティーン。 シーヴ・パルパティーン

『スター・ウォーズ』完結編、不気味な笑い声とともにパルパティーン復活!?

スター ウォーズ パルパティーン

米シカゴで開催されている公式ファンイベント『スター・ウォーズ セレブレーション・シカゴ2019』で、最新作のタイトル『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』(12月20日、日米同時公開)が、現地時間12日に発表された。 同時に映像も初解禁。 2分6秒の映像(特報)の最後に漆黒の闇の中から響く「不気味な笑い声」、その声の主である「パルパティーン」に注目が集まっている。 シリーズ1作目にして伝説の始まりとなった『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)の全米公開から今年で42年。 映画界における数々の金字塔を打ち立てたこの唯一無二のシリーズは、9作目となる『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』で完結。 『新たなる希望』は、帝国の圧制下、それに立ち向かう反乱同盟軍のプリンセス・レイア・オーガナは、帝国の秘密兵器の設計図を入手するが、皇帝の右腕であるダース・ベイダーに捕まってしまう。 辺境の惑星に暮らすルーク・スカイウォーカーは、この大きな戦いに密輸業者のハン・ソロたちやドロイドたちと共に巻き込まれ、新たなる銀河の希望となるべくオビ=ワン・ケノービのもとでジェダイの訓練を開始し、反乱同盟軍の勝利に貢献する、というストーリー。 これに続く、2作目『帝国の逆襲』(80年)、3作目『ジェダイの帰還』(83年)で、ルークとレイアが双子の兄妹で、2人に立ちはだかったダース・ベイダーは実の父アナキン・スカイウォーカーだった。 そして、『ジェダイの帰還』から約30年後が描かれた『フォースの覚醒』(2015年)に登場したカイロ・レンは、レイアとハンの息子で、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、『最後のジェダイ』(2017年)で銀河の圧倒的支配者となった。 このスカイウォーカー家の運命を変えたのが、パルパティーンだ。 4作目『エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)で、惑星ナブー出身の議員だったパルパティーンは元老院最高議長に成り上がる。 6作目『シスの復讐』(2005年)で、パルパティーンこそがすべての黒幕であるシス(古代より、フォースを操る者たちの中からダークサイドに身を投じた者たち)の暗黒卿ダース・シディアスであることをアナキンは知るが、誘惑に屈し、ダークサイドに下ってシスの暗黒卿ダース・ベイダーとなる。 ダース・ベイダーという右腕を得たパルパティーンは、自ら皇帝の名乗り、銀河帝国を設立。 広大な軍事力による恐怖と暴政で銀河を支配していく。 『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』の特報では、ルークの「我々は常に君と共に。 誰ひとり消え去っていない」という言葉のあと、パルパティーンの不気味な笑い声が響き渡る。 『ジェダイの帰還』で、ダース・ベイダーに滅ぼされたはずのパルパティーンとスカイウォーカー家の因縁は続いていたというのか!? 『スター・ウォーズ セレブレーション』では、はじめての映像となる特報が上映された直後、『ジェダイの帰還』でパルパティーンを演じたが登壇し、会場の盛り上がりは最高潮に。 「Roll it again(もう一回)」とだけ言って、会場は暗転し、もう一度特報が上映された。

次の

スターウォーズ、レイはパルパティーン(ダース・シディアス)の孫だった!?

スター ウォーズ パルパティーン

米シカゴで開催されている公式ファンイベント『スター・ウォーズ セレブレーション・シカゴ2019』で、最新作のタイトル『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』(12月20日、日米同時公開)が、現地時間12日に発表された。 同時に映像も初解禁。 2分6秒の映像(特報)の最後に漆黒の闇の中から響く「不気味な笑い声」、その声の主である「パルパティーン」に注目が集まっている。 シリーズ1作目にして伝説の始まりとなった『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)の全米公開から今年で42年。 映画界における数々の金字塔を打ち立てたこの唯一無二のシリーズは、9作目となる『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』で完結。 『新たなる希望』は、帝国の圧制下、それに立ち向かう反乱同盟軍のプリンセス・レイア・オーガナは、帝国の秘密兵器の設計図を入手するが、皇帝の右腕であるダース・ベイダーに捕まってしまう。 辺境の惑星に暮らすルーク・スカイウォーカーは、この大きな戦いに密輸業者のハン・ソロたちやドロイドたちと共に巻き込まれ、新たなる銀河の希望となるべくオビ=ワン・ケノービのもとでジェダイの訓練を開始し、反乱同盟軍の勝利に貢献する、というストーリー。 これに続く、2作目『帝国の逆襲』(80年)、3作目『ジェダイの帰還』(83年)で、ルークとレイアが双子の兄妹で、2人に立ちはだかったダース・ベイダーは実の父アナキン・スカイウォーカーだった。 そして、『ジェダイの帰還』から約30年後が描かれた『フォースの覚醒』(2015年)に登場したカイロ・レンは、レイアとハンの息子で、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、『最後のジェダイ』(2017年)で銀河の圧倒的支配者となった。 このスカイウォーカー家の運命を変えたのが、パルパティーンだ。 4作目『エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)で、惑星ナブー出身の議員だったパルパティーンは元老院最高議長に成り上がる。 6作目『シスの復讐』(2005年)で、パルパティーンこそがすべての黒幕であるシス(古代より、フォースを操る者たちの中からダークサイドに身を投じた者たち)の暗黒卿ダース・シディアスであることをアナキンは知るが、誘惑に屈し、ダークサイドに下ってシスの暗黒卿ダース・ベイダーとなる。 ダース・ベイダーという右腕を得たパルパティーンは、自ら皇帝の名乗り、銀河帝国を設立。 広大な軍事力による恐怖と暴政で銀河を支配していく。 『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』の特報では、ルークの「我々は常に君と共に。 誰ひとり消え去っていない」という言葉のあと、パルパティーンの不気味な笑い声が響き渡る。 『ジェダイの帰還』で、ダース・ベイダーに滅ぼされたはずのパルパティーンとスカイウォーカー家の因縁は続いていたというのか!? 『スター・ウォーズ セレブレーション』では、はじめての映像となる特報が上映された直後、『ジェダイの帰還』でパルパティーンを演じたが登壇し、会場の盛り上がりは最高潮に。 「Roll it again(もう一回)」とだけ言って、会場は暗転し、もう一度特報が上映された。

次の

スターウォーズスカイウォーカーの夜明けのレイの正体はパルパティーンの孫!結末やネタバレについても

スター ウォーズ パルパティーン

「スターウォーズスカイウォーカーの夜明け」レイの正体はパルパティーンの孫 レイはパルパティーンの孫 結論を書きます。 レイはパルパティーンの孫でした! レイの父親がパルパティーンの息子だったようです。 レイの母親については映画の中では特に言及していませんでした。 「フォースの覚醒」のときから強いフォースの能力を発揮してため、パルパティーンの孫説はかなり早い時期からありました。 だから「やっぱり!」という印象でしたが、それでも映画でその事実を知ったときは軽く動揺してしまいました、 パルパティーンが復活 「スカイウォーカーの夜明け」では冒頭から パルパティーンが登場します。 予想はしていましたが、恐ろしかったです(笑。 死んだと思われていたパルパティーンはクローンの技術で生きており、エピソード7,8に登場したスノークはパルパティーンが操っていたのです。 それに対してパルパティーンは「レイを殺せ。 そうすれば自分の軍隊をすべてお前に差し出す。 そしてお前は皇帝になれる」と言います。 レンはレイを殺害する気はないものの、レイを探し続けるのでした レイがついに自分の出自を知る 話は進んで映画の中盤。 レイとカイロ・レンがカイロ・レン艦隊の中で対峙します。 そこでレンは問いかけます。 「自分の両親の事が知りたくないのか?実はもう気づいているのではないか?」と。 レイはすでに気づいており、その事実に目を背けていただけでした。 レンはついに言います。 「 お前はパルパティーンの孫だ。 レイ・パルパティーンだ」 さらに「自分と手を組め!そうすればパルパティーンを倒して2人で皇帝の座につける」と続けます。 ここでレイははっきりと自分がパルパティーンの血筋であることを知ります。 なぜレイは砂漠の星ジャクーに置き去りにされたのか? レイの父親がパルパティーンの息子だったようです。 レイの両親はレイを砂漠の星ジャクーに置いてどこかに行ってしまいます。 レイは廃品回収をしながら、彼らが戻ってくることを待っていました。 両親はレイにパルパティーンのあとを継がせたくない、娘を巻き込ませたくないと思っていたようで、自分たちの同じように普通の人として暮らしてほしかったようです。 そのためレイをジャクーに置いていきました。 すべてはレイを守るためでした。 しかしレイの両親はパルパティーンにより殺害されます。 レイのとてつもないフォースの能力を知っているパルパティーンは、レイがダークサイドの脅威になっては困るので、カイロ・レンにレイの殺害を指示したというわけです。 「スターウォーズスカイウォーカーの夜明け」レイの結末 レイとパルパティーンが直接対決 レイはルークが住んでいたオクトーから戦闘機に乗り、パルパティーンがいるエクセゴルに向かいます。 エクセゴルはレジスタンスとファーストオーダーの決戦の地でもありました。 そこでレイはパルパティーンと対峙します。 パルパティーンは 「長い間待っていたぞ。 お前の両親は臆病だった。 でもお前は違う」 「お前が持つ怒りや憎しみで俺を殺せ!そして シスの最高責任者になれ」 とあおります。 レイはダークサイドの引き入れようとするパルパティーンの思惑を拒否。 そこにカイロ・レンがやってきます。 レイとレンはパルパティーンに立ち向かいますが、パルパティーンのフォースにやられてしまいます。 しかも2人のフォースのエネルギーを吸い取ることで、パルパティーンはさらに力を増していきます。 立ち上がるレイ ここでかつてのジェダイマスターの霊体(?)が次々にレイに声をかけます。 その励ましに応え、レイは立ち上がります。 レイはルークとレイア2人のライトセイバーでパルパティーンの攻撃を跳ね返し、パルパティーンは大爆発を起こして死にます。 しかしレイもその爆発の余波を受け死んでしまいます。 ここにパルパティーンに吹き飛ばされていたベン・ソロ(カイロ・レン)がレイのもとに戻ってきてきます。 そしてフォースのヒーリングの力(?)を使い、レイを蘇らそうとします。 レイは息を吹き返し、2人はキスをします。 しかしベンはここで力尽き、彼の体も消えてしまいます。 レイ・スカイウォーカーの誕生 このころ多数の民間機の援助を受けたレジスタンス軍はファーストオーダー軍をほぼ壊滅状態にしていました。 レジスタンスのメンバーやレイたちは秘密基地に戻り、みんなで勝利の喜びを爆発させます。 後日レイはルークの育ての親の家を訪れ、ルークとレイアのライトセイバーを埋葬します。 通りがかりの人に名前を聞かれたレイは「 レイ・スカイウォーカー」と答え、映画はエンディングを迎えます。 まとめ• レイはパルパティーンの孫だった• パルパティーンの息子がレイの父親• レイの両親はレイを守るために砂漠の惑星ジャグーに置いていった• レイは最後にパルパティーンを倒す• レイは一度は死んだがライトサイドに戻ったベン・ソロ(カイロ・レン)に助けられる• ベン・ソロはレイを救った後死ぬ• レジスタンスは敵軍を圧倒してハッピーエンド あまりにスピーディーな展開の2時間30分だったので、覚えていないことが多いです。 ただスターウォーズ歴が浅い人も、超マニアな方も楽しめる作品になっていました! まあ、つっこみどころや疑問はいくつかありましたけどね(笑。 レイ(デイジー・リドリー)にはエピソード10以降も出演してほしいな! 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の