ファイザー 製薬 株価。 ダウ銘柄最悪のファイザー(PFE)、決算前に改めて株価や企業情報を整理

米国株ファイザー, Pfizer(PFE)は今が買い時か?購入前に株価について検討してみた。 │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

ファイザー 製薬 株価

2019年のファイザーはダウ採用銘柄で最悪の結果に・・・ その前に!こちらは昨年11月のバロンズの記事です。 【バロンズ】ダウ銘柄最悪のファイザー、新戦略の行方 ByJosh Nathan-Kazis2019 年 11 月 26 日 07:14 JST• 年初来のパフォーマンスはNYダウ構成企業の中で最悪 2000年代初め、製薬大手ファイザー(PFE)は買収を通じて、ドラッグストアに並ぶほぼ全ての製品を取り扱うようになった。 過去20年にわたり、同社はこれらの事業を着実に売却してきた。 直近12カ月では、同社最後の消費者ブランドの売却と特許切れ医薬品部門のスピンオフを発表した。 同社は数十年続いたビジネスモデルを捨てて、自社で開発または買収できる新薬からほとんどの収入を得ることになる。 戦略の移行は、焦点の絞り込みによって成長を加速させる基盤を築くが、リスクも存在する。 特許切れ医薬品部門のアップジョンは、消費者部門と合わせて今年第1四半期の売上高の約30%を占める。 アップジョンのスピンオフ発表後、ファイザーの時価総額は1週間で280億ドル減少した。 アップジョンはジェネリック医薬品会社マイラン(MYL)と統合し、世界最大クラスのジェネリック医薬品会社となる。 ファイザーの21日終値は37. 74ドルで、2019年初来のパフォーマンスはダウ工業株30種平均(NYダウ)構成銘柄で最悪のマイナス14%である。 THE WALL STREET JOURNAL 年末に差し掛かるタイミングだったからなのか見落としていました。 ですがバロンズで指摘されている通り、昨年2019年のファイザーの株価は酷いものでした。 下がることが悪いわけではないですが、上昇相場からおいていかれている感は半端ないものでした。 記事中にもありますが、昨年ファイザーはアップジョン部門を手放す決断をしました。 これによりビジネスモデルの転換を図ることになります。 株価の低迷はこの転換リスクを反映したように指摘されていました。 ファイザーの2019年第3四半期決算は予想を上回る! 前四半期のお話ですので、速報性はまったくないのですが資料を見るには落ち着いてできていいかなと思ったりしています。 まずは全体的な結果から。 とはいえ改めて取り上げる部分はありません。 続いて個別のお話。 現在ファイザーはアップジョン部門分割前ですので、バイオファーマとアップジョンの二部門体制と考えることが出来ます。 そんなバイオファーマ部門はどんな医薬品があるのか改めて整理しておきたいと思います。 第3四半期の業績を牽引した医薬品が6つほど上げられていました。 びっくりですが実はそれ以上にびっくりなのがこのリリカ特許失効後、数年は特許の失効がないようです。 つまりファイザーはその数年間新薬を市場に提供出来ていなかったことになります。 特許の失効のインパクト以上に失効する特許がなかったことに驚きました。 新薬の開発は膨大なコストがかかり、常に成功するわけではないのは重々承知です。 ですがだからこそパイプラインを質、量の両面で充実させる必要があるわけです。 (それが無理なら買収しようって話でもあります) そしてファイザーが昨年発表した特許切れ医薬品、ジェネリック事業をジェネリック大手のマイランと統合させる件については、ブーラCEOは規模を縮小していることが奏功しており、我々は科学的基礎に基づく企業になると述べているそうです。 以前懸念していた規模の縮小は会社としては比較的前向きに捉えているようです。 とすると目指すのは超高収益企業ということになるのでしょうか?? ファイザー(PFE)の株価の推移 バロンズに指摘されるまでもなく、ファイザーの株価は昨年半ばの急落以降ぱっとしない展開が続いています。 配当利回りはそれなりなんですけどね。 手が伸びません・・・ 完敗です。 よくもこれだけ下げましたね(笑)しっかり比較するとファイザー株主にとってはあまりよくない1年でした。 それでもファイザーに投資する!? さてファイザーの株価低迷の要因はどうやらビジネスモデルの転換にありそうです。 市場は新薬とジェネリック両方を販売し、規模を生かした事業展開を当然のように考えていたのかもしれません。 ですが、ファイザーは収益性の低いジェネリックや大衆薬といった部門を全て切り離し、新薬に特化していくことにしました。 CEOはこの路線に自信があるようです。 (やる前から自信のない発言はありえないですけどね)つまりファイザーは安定した配当株から成長株になろうとしていると言えます。 私のポートフォリオには成長株と言えるアッヴィがあります。 ファイザーの規模で成長株になりますと言われてもどうしたものか。 安定を求めるならどちらか1社に絞って、ジョンソン&ジョンソンやメルクなどを加えるべきでしょうか。 決算の確認がまず最初ではありますが、開発中の新薬や今後の見通しなど確認しておきたい項目がたくさん出てきてしまった気がします。 このあたりを確認しないとファイザーへの追加投資はそのままアッヴィに流れてしまうかもしれません。

次の

【米国株】世界最大のグローバル製薬会社、それがファイザー(PFE)です|ねるねるの米国株投資

ファイザー 製薬 株価

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスに対抗するワクチンを開発している医薬品メーカーに注目が集まりつつあります。 有名な米国企業として、、ファイザー PFE 、イギリスにはなどがあります。 米ファイザー PFE とドイツのビオンテック社はCOVID-19に対するmRNAワクチン「BNT162」を共同で開発しており、2020年の4月末までに欧米で臨床試験を始める予定していることで、注目度が高いです。 つい04月20日に本業から給料が入ったこともあって、ファイザー PFE の株を買いました。 これで保有する医療メーカーとしては初となる銘柄なので、ポートフォリオが安定してくれたらいいなと思っています。 この記事のポイント 会社名:Pfizer 本社:アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市 設立年:1953年 業種:医療 従業員数:88,300名 時価総額: 約18兆円 2019年の売上高:51,750,000,000ドル 約5. 5兆円以上 ファイザー ティッカーシンボル:PFE はに次ぐ、世界最大手の医薬品・製薬会社です。 世界的に医療用医薬品、動物用医薬品を発見・開発・製造・販売しています。 ファイザーの有力な製薬品として、インポな男性向けの「 バイアグラ」を扱っていることでとても有名です 笑。 名前くらいは聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 2009年1月、PFEは世界9位の製薬会社ワイスを買収後、2015年にはホスピーラ社(注射剤を製造、バイオ後続品の販売や開発)を買収をし、2016年にはバイオ企業メディデーションを140億ドル(約1. 4兆円)で買収しています。 買収を繰り返すことによってファイザーは規模を拡大していますね。 ファイザー PFE の事業 ではファイザー PFE の事業内容です。 こちらの3つのセグメントに分かれています。 イノベーテイブ・ヘルス(売上高の56%)• エッセンシャル・ヘルス(37%)• コンシューマー・ヘルス(7%) イノベーテイブ・ヘルス イノベーティブ・ヘルスは新薬の製造販売を行うセグメントであり、売上高の56%と最大規模を占めています。 エッセンシャル・ヘルス エッセンシャル・ヘルスは、特許切れの医薬品薬をメインとし、総売上高の37%を占めています。 コンシューマー・ヘルス コンシューマー・ヘルスは、ファイザーで最小のセグメントであり、総売上高の7%を占めています。 栄養補助食品、パーソナルケア製品や、処方箋なしで薬局で購入できる医薬品が含まれます。 ファイザー PFE の投資情報 株価 36. 91ドル 2020年04月19日 予想PER 10. 86倍 予想EPS 3. 39 ROE 25. 43ドル 年間 権利落ち日 1月、5月、8月、11月 年4回の配当 WEBサイト 株主から預かっているお金をどれだけ効率的に利用して利益を生み出しているかを測る指標で、一般的にROEが20%以上の企業は優秀と言われています。 米国企業は昔からROE重視の経営を行っている会社が多いため、日本企業と比較しても高ROE銘柄を良く見かけます。 しかし、日本ではこれまでROEを重視した経営をしていない会社が多かったのも事実です。 ファイザー PFE は1株投資するだけでも、年間4回も配当金を支払ってくれる上に2020年には配当支払いを増配してるので、中国発の新型コロナウイルスには強い優良企業だと思います。 ファイザー PFE の株価 ファイザーはリーマンショックの時に15ドルという超安値まで株価は下落していますが、2011年以降は株価は右肩上がりです。 とはいえ、無配に転じたことは一度もないので、2020年以降のファイザーの配当性能には期待しています。 ファイザー PFE の配当実績 ファイザー PFE の配当実績を参考までに過去3年分のデータを掲載しておきます。 2020年もきっちり増配しています。 権利落ち日 1株あたりの配当金 2020-01-02 0. 38ドル 2019-11-07 0. 36ドル 2019-08-01 0. 36ドル 2019-05-09 0. 36ドル 2019-01-31 0. 36ドル 2018-11-08 0. 04ドル 2018-08-02 0. 34ドル 2018-05-10 0. 34ドル 2018-02-01 0. 34ドル 2017-11-04 0. 32ドル 2017-08-05 0. 32ドル 2017-05-04 0. 32ドル 2017-02-01 0. 32ドル ファイザー PFE の売上高 2020年 49,821,657,900ドル 5. 3約兆円 2019年 51,750,000,000 約5. 5兆円 2018年 53,647,000,000 約5. 7兆円 2017年 52,546,000,000 約5. 6兆円 医療用医薬品を販売する製薬企業の2018年世界売上ランキングでは、ファイザーは PFE は3位にランクインしています。 2018年の医療用製薬品の売上高の世界ランキングです。 ファイザー PFE を扱っているETFについて ファイザー PFE に直接しなくても、やといった多くの企業に一括投資しているETFに投資することで、間接的にシスコ・システムに投資することになります。 個人的には長期的に保有したい銘柄であるため、ひょっとしたらそのうち直接投資するかも知れません。 ファイザー PFE は時価総額が2020年04月21日時点では世界ランキング25位のため、良い銘柄にはとことん手を出します。

次の

【PFE】世界最大の製薬会社『ファイザー』の株価を業績から予想!高配当利回りが魅力的。

ファイザー 製薬 株価

ファイザー, Pfizer PFE は売上高世界一の製薬会社 インカムゲイン重視で米国の高配当株や優良株によるポートフォリオ構築を狙う管理人のクロノです。 みなさまはファイザーという製薬会社をご存知でしょうか? 日本では医療用医薬は病院で診察後に処方箋をもらった後、薬局で薬を購入します。 何の薬なのかは気にしても、どこの製薬会社の薬なのか気にする方は実は少数派なのかもしれません。 ファイザーは製薬会社として世界一の売上を誇る米国を代表する企業の一つです。 日本でも大衆薬品も販売しているので社名を聞いたことある方も多いのではないでしょうか。 今回はそんな巨大製薬企業であるファイザーの株式の購入を検討しました! ファイザーの株式の購入を検討されている方はぜひ参考にしてくださいね。 米国株ヘルスケアセクターの株価は好調 他の米国株の記事でも記載しましたが、私は インカムゲインを重要視してシーゲル流の投資を実践中です。 過去の分析からヘルスケアセクター銘柄は素晴らしいリターンを投資家にあたえていた事実があります。 ファイザーの株式情報については米国の同社HPより入手可能です。 英語が読める方は是非そちらで詳しい情報をご覧ください。 参照: ファイザーの株価はリーマンショック後の急落から順調に回復して、既にショック前の株価を上回っています。 最近では35$を超えて、最高値付近でのレンジ相場が続いております。 現在の株価でのPERは17倍を超えており、若干の割高感を感じます(2018年7月27日現在)。 キャピタルゲインを狙うには難しい株価水準にあるといえるのはないでしょうか。 続いてファイザーの配当履歴について確認してみましょう。 こちらの情報も同社のHPで入手可能です。 HPの公開情報がテーブル形式で見づらいため、グラフに変換して下記に示します。 なおこちらのグラフは 株式分割を考慮した配当履歴になっています。 リーマンショック時に減配があったものの、 概ねは右肩上がりの綺麗なチャートです。 ファイザーも米国企業らしく株主還元をしっかりと意識した配当や自社株買いを実施しています。 業績好調な日本企業にも見習ってほしい姿勢ですね。 現在の株価での配当利回りは3. 株価は高値圏にあるものの利回りは魅力的な数字ですね! 今後米国株の調整が起きてもこの配当利回りは維持する限りはファイザーの大暴落はあまり想定できません。 世界経済が停滞すれば業績悪化に伴い利回りの低下と株価大暴落もありえます。 ファイザーの今年度の売上と今後の業績予想は? ファイザーの今年度の売上進捗はどうなっているでしょうか? 同社HPより第一クォーターの進捗報告が確認可能です。 参照: 売上高は昨年比1%の増加です。 老舗の製薬企業だけあって急激な成長はありませんが、安定感はありますね。 株主還元のために積極的に自社株買いや増配を実施しており、EPS増加から着実な利回りの増加が期待できます。 今後の成長に関しての経営陣の考えはどうでしょうか? CEOのコメントを確認してみましょう。 他の製薬企業同様、継続的な新薬の研究開発の継続と新興国での売上高拡大が意識されています。 各疾患領域において重要プログラムのP3や薬価収載が進んでおります。 BRCA変異乳癌の新薬であるPARP(polyADPリボース合成酵素)の阻害剤talazoparib(タラゾパリブ)を筆頭に、オンコロジー領域での売上増加が期待されますね。 ファイザーは今が買い時か?管理人の所感 ファイザーの株式は今が買い時なのでしょうか? 確かに同社の株主還元の施策実施や配当利回りは魅力的です。 しかしながら株価は高値圏を推移しており、PERも高めです。 利上げ局面における昨今の株価の不安定性を考慮すると様子見が良いかと思います。 打診買い程度であれば問題ないと思いますが、全力投資はオススメできないです。 ただし「押し目待ちに押し目なし」の格言もありますので、 管理人は常に株価をチェックして買い注文を入れております。 ポートフォリオに組み込んだあとは下がれば買い増しの長期スタイルでのぞみたいと思います! 管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。 株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。 しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。 私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります! 利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。 また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね! 案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。 まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。 無料口座開設 公式サイト >>> 管理人のOwnersBookでの実績はこちら >>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の