梅雨 時期 の 挨拶 文。 梅雨の挨拶。手紙の書き方や文例。紫陽花などの季語を使ってキレイに!

6月の時候の挨拶・手紙の書き出し・末文の文例

梅雨 時期 の 挨拶 文

およびこの日〜小暑まで 時候の挨拶の言葉、季節の挨拶の言葉、時候の言葉 春 4月 (4月) 陽春の侯、桜花の候、春暖の候、惜春の候(せきしゅん) 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 春もたけなわの頃となりました。 葉桜の季節となりました。 新入生のランドセルが春光に踊る季節となりました。 今年も燕(つばめ)が飛来する季節になりました。 5月 (5月) 新緑の侯、薫風の候(くんぷう)、立夏の候、晩春の候、 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 五月の空が気持ちよく晴れわたっています。 風薫る季節となりました。 田んぼの蛙が鳴きはじめました。 緑芽が日増しにその色を増しています。 田を渡る風が気持ちの良い季節となりました。 6月 (6月) 梅雨の侯、入梅の候、紫陽花の候、向暑の候、 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 長雨に紫陽花の花も濡れています。 長かった梅雨もあけ、初夏の風が爽やかな季節となりました。 一日の長さがずいぶん長く感じられる頃になりました。 清流に鮎が踊る頃となりました。 夏 7月(7月) 盛夏の侯、猛暑の候、大暑の候、炎暑の候、夏祭の候 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じる頃になりました。 天の川がひときわ美しい季節となりました。 七夕の笹がわずかな風に揺れています。 連日厳しい暑さが続いています。 海開きの便りが聞かれる頃になりました。 海山が恋しい季節になりました。 空の青さが真夏の到来を告げています。 入道雲が空に映え、まぶしい夏の到来を告げています。 暑さ厳しき折 8月(8月) 残暑の侯、秋暑の候、晩夏の候、立秋の候、処暑の候 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 残暑お見舞い申し上げます 連日厳しい残暑が続いています。 秋まだ遠く、厳しい残暑が続いています。 立秋を過ぎ、暑さもようやく峠を越したようです。 吹く風に、ゆく夏の気配を感じる頃となりました。 9月 (9月) 初秋の侯、野分の候、白露の候、秋分の候、秋桜の候、 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 秋祭りの子供達が楽しそうに駆けてゆきます。 朝の空気に爽秋の気配が感じられる頃となりました。 燕(つばめ)が南の空に帰ってゆきます。 朝夕はめっきりしのぎやすくなりました。 秋涼の風が野山を吹き渡ってゆきます。 時候の挨拶の言葉、季節の挨拶の言葉、時候の言葉(つづき) 秋 10月 (10月) 秋冷の侯、菊花の候、霜降の候、紅葉の候、仲秋の候、灯火親しむ候、 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております。 今年も田畑の実りがおいしい季節になりました。 スポーツの秋、味覚の秋となりました。 芸術の秋となりました。 天高く馬肥ゆる季節となりました。 いよいよ秋も深まって参りました。 11月(11月) 晩秋の侯、向寒の候、立冬の候、落葉の候、深秋の候 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 吐く息の白さに、秋の終わりを感じる頃となりました。 街路樹もすっかり葉を落とし、ゆく秋の気配に寂しさを感じる季節となりました。 鋪道の落ち葉が冷たい雨に濡れています。 庭の紅葉も終わりを告げ、すぐ近くに冬の気配を感じる頃となりました。 向寒のみぎり 12月 (12月) 初冬の侯、師走の候、歳末の候、冬至の候、大雪の候、 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。 師走に入り何かと多忙な日々が続いております。 年の瀬の、寒さの身にしみる季節となりました。 年の瀬の、寒気いよいよ厳しい季節となりました。 一年で最もあわただしい季節になりました。 師走に入り寒さも本格的になりました。 今年の師走は一段と冷え込むようです。 冬 1月 (1月) 厳寒の侯、初春の候、大寒の候、新春の候、小寒の候、 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 松もとれ、厳しい寒さが続いています。 松の内も過ぎ、寒気ことのほか厳しく感じられます。 年が明け、まだ来ぬ春が待ち遠しく感じられます。 新年早々ではございますが、 寒中お見舞い申し上げます。 2月 (2月) 余寒の侯、立春の候、春寒の候、節分の候、春浅の候 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 春とは名ばかりの厳しい寒さが続いています。 梅のつぼみも膨らみ、日中はいくらか寒さもゆるんで参りました。 余寒厳しい毎日が続いています 立春を過ぎ、本格的な春の訪れが待たれる頃となりました。 雪深い当地では、立春とは言え真冬の寒さが続いています。 3月 (3月) 早春の侯、春暖の候、浅春の候、春寒ゆるむ候、 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 旅立ちの春を迎え、日増しにあたたかさを感じています。 ひな祭りを終え、縁側の陽射しにも暖かさを感じる頃となりました。 桃の節句を過ぎ、今年の春は例年になく穏やかです。 啓蟄を過ぎ、小川の水もぬるんで参りました。 春分を過ぎ、桜の開花が待たれる頃となりました。 手紙の構成と書き方 つづき 順序 解説 2. 本文 3. なるべく具体的に書くのがおすすめ 5. 【例文】 「今後ともよろしくお願いします」 「これからも御指導のほどよろしくお願いします」 「変わらぬご交誼のほどよろしくお願い申し上げます」 など。 「ご自愛ください」は代表的な文例。 お礼状だけでお返しの品はありませんという意味です。 通常の手紙なら、不要です。 似たような文章に「取り急ぎお礼まで」がありますが、「取り急ぎ」がつくと、相手によってはより一層略式であることが強調されてしまう印象になります。 目上の相手には使わない方が無難です。 [結びの言葉・結びの文ワンポイント] 目上の相手あての場合や丁寧な文章にする場合には…「略儀ながら書面にて失礼申し上げます」などと書き添えると丁寧です。 「略儀ながら」は、「礼儀としては略式になりますので、まことに恐縮ながら」という意味です。 そのような場合には「お礼まで」や「取り急ぎお礼まで」などの一文は書きません。 につづく.

次の

時候の挨拶6月上旬の例文と書き出しや結び!梅雨入りの時期に

梅雨 時期 の 挨拶 文

ふさわしい梅雨の挨拶 6月は、梅雨の季節がやってきたと、感じますよね。 紫陽花、カタツムリ、雨のしずくが季節ならではの水の癒しに見えたり、ジューンブライドもあって、結婚式に友人などに挨拶文と祝福の言葉を伝える機会も多いでしょう。 梅雨の挨拶には、「走り雨」、「入梅」、「長雨」、「梅雨が明けるまで」、「梅雨の中休み」、「空梅雨」など言葉が主に用いられるのが一般的です。 雨が降ることの多い季節だからこそ、季語が入った挨拶文を上手に使い分けてくださいね。 そこで、「走り梅雨」、「梅雨入り(入梅)」、「梅雨の中休み」、「空梅雨」、「長雨」、「梅雨明け」といった、梅雨の季節に活かせるフレーズをジャンル別にピックアップしていきます。 走り梅雨(梅雨の始まり、迎え梅雨、梅雨の走り)• 梅雨に塗れ、木々の緑もいっそう深まったように感じられます。 梅雨入りを間近に今から憂鬱な気分になっております。 今年も梅雨入り宣言が気にかかる頃となりましたね いかがお過ごしでしょうか。 梅雨の走りでしょうか、ぐずついたお天気が続いております。 いよいよ梅雨に入りますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか。 入梅を控えて不安定な空模様が続いております。 梅雨入り(入梅)の季節挨拶文• 入梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いておりますが、これも天気とのお付き合いですよね。 今年もまた梅雨の季節がやってまいりました。 梅雨に入り、花のような色とりどりの傘が街に開く季節となりました• 入梅というものの雨が少なく、どうやら今年は空梅雨になりそうですね。 入梅の報に気を曇らせる今日このごろ、洗濯物が乾かない季節ですね。 梅雨の中休み(梅雨晴れ、梅雨の晴れ間)の季節挨拶文• 今日は梅雨の中休み。 よく晴れて日差しが強く、もう夏の足音がそろそろ近づいてきますね。 梅雨も中休みとなったのか今朝は爽やかな青空が広がっておりました。 梅雨晴れの1日、夏本番を思わせる強い日差しとなりました。 梅雨も今日は中休みとか久ぶちのお日様の日差しがまぶしいです。 梅雨も中休みらしく、朝から気持ちの良い青空が広がった1日でした。 久しぶりに覗いた青空はまさに、夏そのものでした。 梅雨の晴れ間には、太陽の有難みをしみじみ感じられます。 梅雨の中休み、久しぶりに青空が気持ちいい一日となりました。 雨後の新緑がひときわ濃く感じられる今日この頃です。 空梅雨(から梅雨、雨が少ない場合)• 今年は空梅雨のようです。 夏休みの計画はお立てになりましたか。 薄暑の候、今年は空梅雨を思わせ津ような天気が続いております。 梅雨というのに雨が少なく、夏場の水不足が気がかりな季節となりました。 今年は空梅雨となるとの予報ですが、水不足が心配ですね。 空梅雨を思わせる天候が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか? ふさわしい梅雨の挨拶(走り雨・入梅など)子どもに教えたい! 理解しやすさがメリット!梅雨の御挨拶文例集 お子さんでも、スマホなど通信機器に頼らず、手書きで心を込めて、手書きの文章で梅雨の挨拶をする方法を教えてあげたいものですね。 成長するにつれて、大人になる前に身に付けておきたい丁寧な言葉遣いの学習にも繋がるのではないでしょうか。 ここで注意すべき点は、お子さんの場合、語彙力の未熟さがあるので、あまり大人向けの言葉をそのまま使うと、難しく感じたり、挨拶を相手に伝えること事態も面倒くさがったりする可能性も・・・。 お子さんには、伝わりやすい季語やフレーズを交えましょう。 そこで、ママ、お友達やおじいちゃん、おばあちゃんに雨の日のお手紙を書きたい・・・なんて書けばいいかな?そんなとき、お母さんが優しく伝えられる、子ども向けの梅雨の挨拶を紹介していきます。 木々の深緑がより一層、深まる季節になりました。 お元気ですか?• 梅雨の季節となり、ちょっと気持ちが滅入ってしまうこともありますが、体に気を付けて元気にお過ごしください。 入梅が近づいてくる頃で、落ち着かない天気が続いていますね。 いかがお過ごしですか?• いよいよ梅雨の時期になりますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか?• 今年もまた梅雨の季節がやってまいりました。 傘があちこち、お花が咲くように開いていますね。 先程、前述した梅雨の挨拶文例をアレンジしたものですが、お子さんというと、伝わりやすさ、理解が大切です。 「体に気を付けて」、「元気でお過ごしください」、「ご機嫌」、「傘」といった言葉を活用することをおすすめします。 ふさわしい梅雨明けの場合の挨拶は?出梅前と出梅後も要チェックです! 梅雨明け(出梅)前の挨拶 梅雨明けの挨拶にはどんな表現を用いると相手とスムーズにやり取り出来たり、自分が梅雨の挨拶の手紙や連絡を受け取っても違和感を感じないでしょうか。 スマホ、パソコンを使うことの多い若年層のママさんも、お子さんに後ほど教えるのに役立ちますよ。 ここで紹介しているフレーズの挨拶文は、「大人の挨拶」になりますが、お子さんの場合、例文の言葉の表現を柔らかくして伝えると良いかもしれませんね。 待ちに待った梅雨明けももうすぐです。 うっとうしい梅雨が明ければ、いよいよ夏本番がやってまいります。 梅雨明けがひたすら待たれる頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。 はや夏至を迎え、梅雨明けもいよいよ近くなってきました。 梅雨明けも間近となり、ますます、お元気でご活躍のことと存じます。 梅雨が明けたかなと思うと、また雨・・・もうたくさんですよね。 お元気ですか?• 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、ご壮健にてお過ごしのことと存じます。 梅雨明け(出梅)後の梅雨の挨拶文• 憂鬱な梅雨も明け、青空が一際、爽快に感じられる今日この頃です。 長かった梅雨もようやく明けましたね。 長かった梅雨もようやく明け、いよいよ夏本番となりましたね。 梅雨が明けたとたん、この猛暑・・・体調などくずされてはおりませんか。 梅雨も明け、海や山が恋しい季節となりました。 梅雨明けとともに猛暑の夏が到来しました。 今年も夏バテが気がかりな季節ですね。 雨上がりに見る草木の緑がすがすがしいこの頃です。 梅雨明け宣言が出ていよいよ夏本番。 今年の夏は暑くなりそうですね。 少しずつ覚えて、お友達やおじいちゃん、おばあちゃん、親戚の御挨拶や、学校の授業で活かしましょう。 梅雨の晴れ間の青空はもうすっかり、夏の色をしています。 青葉を渡る風がすがすがしく感じられる季節になりました。 梅雨が明けたとたん、真夏日が続き、勝手なもので雨が恋しくなります。 めっきり暑くなってまいりました。 汗ばむ陽気に夏の到来を感じております。 衣替えの季節となりました。 我が家の弟(妹)の一年生は、黄色いレインコートで集団登校、その姿はヒヨコの行列のようです。 「登校」、「青葉」、「梅雨」、「暑い」、「汗」、「衣替え」といった簡単な言葉を使い、特に、下の弟、妹の近況や可愛らしい学校へ行く様子を手紙で表現することは、お子さんがイメージしやすいメリットがあります。 ふさわしい梅雨の挨拶 長雨&梅雨寒編 長雨と梅雨寒挨拶!ママもお子さんも知って得する• 青空を忘れてしまいそうなほど長雨が続いておりますね。 お元気でしょうか?• 連日の雨ですっかり気がめいっているこの頃です。 長雨の続く毎日ですが、くれぐれもお体にお気をつけください。 長雨が続き、肌寒い毎日ですが、お風邪など召さずお元気でしょうか。 長雨のみぎり、お変わりは御座いませんでしょうか。 雨また雨の毎日で心から真夏の青空が望まれます。 梅雨がうっとうしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか? 梅雨寒(梅雨冷え)の挨拶編• こちらでは、このところ梅雨冷の日が続いておりますが、そちらではいかがでしょうか。 ここのところの梅雨冷えに、体調を崩されてはいませんか?• お元気でしょうか?思いがけない梅雨寒が続いております。 夏至を過ぎたとはいえ、梅雨寒にふるえるような日もございます。 思いのほか、梅雨寒で、一度しまったストーブをまた出してしまうほどの寒さですね。 まとめ 梅雨の挨拶 ママも子どももいざと言う時に活かせる• 大人も梅雨入りや梅雨明け、長雨、梅雨寒の挨拶を改めて学びましょう。 お子さんに教える際は、大人のフレーズを子ども向けに、「学校」、「梅雨」、「暑い」、「青葉」など使うとお子さんが理解しやすいです。 梅雨の挨拶は相手の健康を思って、心が伝わる挨拶をしましょう。 カテゴリー•

次の

梅雨の季節の挨拶ってどうすればいいの?

梅雨 時期 の 挨拶 文

梅雨の時候の挨拶:書き出し例文集 走り梅雨から梅雨入り 入梅 、 長雨に梅雨の中休み、梅雨明けを願う言葉、 そして梅雨が明けるまで、 梅雨にまつわる言葉、挨拶文の例文です。 走り梅雨 梅雨の走り、迎え梅雨 の季語挨拶文• 走り梅雨に漏れ、木々の緑もいっそう深まったように感じられます。 梅雨入りを間近に今から憂うつな気分になっております。 今年もまた梅雨入り宣言が気にかかる頃となりました。 梅雨の走りでしょうか、ぐずついたお天気の日が続いております。 入梅を間近にひかえ、落ち着かないお天気が続いています。 いよいよ梅雨に入りますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか。 入梅を控えて不安定な空模様が続いております。 梅雨入り 入梅 の季語挨拶文• 入梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いております。 梅雨入り宣言が出され、しばらくはうっとうしいお天気とのお付き合いです。 ことしもまた梅雨の季節がやってまいりました。 梅雨に入り、花のように色とりどりの傘が街に開いております。 入梅の報に気を曇らせる今日この頃、選択物が乾かない季節ですね。 入梅というものの雨が少なく、どうやら今年は空梅雨のようです。 梅雨の中休み 梅雨晴れ、梅雨の晴れ間 の季語挨拶文• 今日は梅雨の中休み。 よく晴れて日差しが強く、もう夏の気配です。 梅雨も中休みとなったのか、今朝はさわやかな青空が広がっておりました。 梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる強い日ざしとなりました。 梅雨も今日は中休みとか、久しぶりのお日様の陽射しが眩しいです。 梅雨も中休みらしく、朝から気持ちのよい青空が広がった一日でした。 久しぶりにのぞいた青空はまさに夏のものでした。 梅雨の晴れ間には太陽のありがたみがしみじみ感じられます。 梅雨の中休み、ひさしぶりの青空が気持ちいい一日となりました。 雨後の新緑がひときわ濃く感じられる今日この頃です。 空梅雨 から梅雨、雨が少ない の季語挨拶文• 今年は空梅雨のようです。 夏休みの計画はお立てになりましたか。 薄暑の候、今年は空梅雨を思わせるような天気が続いております。 梅雨というのに雨が少なく、夏場の水不足が気がかりです。 今年は空梅雨になるとの予報ですが、水不足が心配ですね。 空梅雨を思わせる天候が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか。 梅雨明け 出梅 前の季語挨拶文• 待ちに待った梅雨明けも、もうすぐです。 うっとうしい梅雨が明ければ、いよいよ夏本番がやってまいります。 梅雨明けがひたすら待たれる頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。 はや夏至を迎え、梅雨明けもいよいよ近くなってまいりました。 梅雨明けも間近となり、ますますお元気でご活躍のことと存じます。 梅雨明けが待たれる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨が明けたかな、と思うとまた雨。 もうたくさんですね。 お元気ですか。 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、ご壮健にてお過ごしのことと存じます。 梅雨明け 出梅 後の季語挨拶文• 憂うつな梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃です。 長かった梅雨もようやく明けましたね。 梅雨明けの候、七夕飾りの商店街がにぎやかになってまいりました。 長かった梅雨もようやく明け、いよいよ夏本番となりました。 梅雨が明けたとたんこの猛暑、体調などくずされてはいらっしゃいませんか。 梅雨も明け、海や山の恋しい季節となりました。 梅雨明けとともに猛暑の夏が到来しました。 今年も夏バテが心配です。 雨上がりに見る草木の緑がすがすがしいこの頃です。 梅雨明け宣言が出ていよいよ夏本番。 今年の夏は暑くなりそうですね。 長雨 雨続き の季語挨拶文• 青空を忘れてしまいそうなほど長雨が続いておりますが、お元気でしょうか。 連日の雨ですっかり気が滅入っているこのごろです。 長雨の続く毎日ですが、くれぐれもお身体にはお気をつけください。 長雨が続き肌寒い毎日ですが、お風邪など召さずお元気でしょうか。 梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。 長雨が続き、肌寒いような日もございますが、お元気ですか。 長雨のみぎり、お変わりはございませんでしょうか。 雨また雨の毎日で、心から真夏の青空が望まれます。 梅雨がうっとうしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨寒 梅雨冷え の季語挨拶文• こちらでは、このところ梅雨冷えの日が続いておりますが、そちらではいかがでしょうか。 ここのところの梅雨冷えに、体調をくずされてはいませんか。 お元気でしょうか。 思いがけない梅雨寒が続いております。 夏至を過ぎたとはいえ、梅雨寒にふるえるような日もございます。 思いのほか梅雨寒で、一度しまったストーブをまた出してまいりました。 梅雨の季節の結びの言葉• もうすぐ梅雨がやってまいります。 どうかご自愛専一に。 梅雨入りも間近ですが、お健やかな日々をお過ごしください。 梅雨も間近となっていますので、どうかおからだをおいといください。 思わぬ梅雨寒に、お風邪など召されませんように。 梅雨明けを心待ちにする毎日、どうかお元気でお過ごしください。 梅雨晴れの青空を期待しつつ、皆様のご健康をお祈りいたします。 この梅雨を無事に乗り越えられますようお祈りいたしております。 >>すべての月の例文集.

次の