逆流 性 食道 炎 治ら ない 不安。 逆流性食道炎が薬を飲んでも治らない意外な原因とは?

なぜ逆流性食道炎は、治らないと悩んでいる方が多いのか?

逆流 性 食道 炎 治ら ない 不安

東京ベイweb通信をご覧の皆さまこんにちは。 消化器内科の藤岡です。 今回は、日本人の10人に1人に認められるほど頻度の高い、逆流性食道炎についてご紹介したいと思います。 激増中!逆流性食道炎… それってどんな病気? 逆流性食道炎という病気については、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?その名の通り、胃の酸が食道に逆流することによって、食道に炎症が生じることで様々な症状を招く病気です。 もともと普段から胃酸に曝され、防御機構が出来上がっている胃の粘膜と違って、食道の粘膜は酸に強くありません。 しかし、なんらかの原因で胃酸が食道側に上がってきてしまうと、容易に食道粘膜は障害を受け、炎症を起こしてしまいます。 それが、つらい「燃えるような胸焼け」や、「酸っぱいものが上がってくるような感じ」と言われる症状を来たすことになるのです。 もともと日本では欧米に比べて少ない病気、とされていましたが、食生活の欧米化などの影響で、最近すごく増えてきているとされています。 実際に外来でも、「なんだか食後に横になったりすると、すごく胸が気持ち悪い」とおっしゃる方にはよく出会います。 そんな方に胃カメラをすると、こんな風に、胃と食道のつなぎ目のところに、胃酸が逆流したことによる炎症の傷跡が確認出来ることがあります。 」とはすぐには思わないような、典型的でない症状を訴える患者さんもいらっしゃいます。 例えば、「なんとも言えない胸の痛みがあって、狭心症とか、心臓の病気が心配になって循環器内科に行ったけど、心電図もエコーの検査も問題なくて、心臓の問題ではなさそうですよ、と言われた。 安心したけど、まだ胸の痛みが続いている…。 」「数ヶ月咳が続いていて、肺がんが心配になって呼吸器内科に行ったけど、CTまで撮ってもらったけど問題なくて、咳止めを処方されたけど全然良くならない…。 」そんな患者さんの中にも逆流性食道炎が隠れていることがあります。 ちなみに、咳の症状は、胃酸が喉のところまで上がってきて、刺激することで症状を来たす、と言われています。 咳の症状が胃薬で良くなる!? なんて嘘みたいですが、逆流性食道炎の治療をしっかりすることで、「原因がわからないけど胸が痛い」「原因がわからないけど咳が止まらない」というような症状がすっかり良くなってしまうこともあるのです。 胃薬だけじゃ治らない!? 難治性逆流性食道炎とは。 ちなみに、胃薬、と一般的に言われるお薬には、漢方薬や、胃粘膜保護薬と言われるもの、整腸剤のたぐいまで、いろんな種類のものがあります。 そういった方にも、まずはお薬を飲むタイミングを変えてみるとか、生活習慣指導 ダイエットや、締りのきつい服を着ないようにする、などなど で工夫をして見てみることが多いですが、それでも良くならない場合には、他の種類のお薬を追加してみる、専門施設でより詳しい検査や手術などを検討する、ということもあります。 逆流性食道炎は、これまでweb通信で取り上げてきた癌や、急性膵炎、出血と違って、すぐに命に関わる病気ではありませんが、つらい症状を抱えることは、生活の質 Quality of Life を下げてしまうことになります。 「あ、この症状ってひょっとしたら逆流性食道炎なのかしら」と思ったら、ぜひお近くの消化器内科を受診してみてください。

次の

【医師監修】逆流性食道炎がなかなか治らない理由とは?どうすれば治るの?

逆流 性 食道 炎 治ら ない 不安

毎年1回の人間ドックで15年ほど前から「逆流性食道炎」と診断されています。 日常生活に支障はないのですが、何らかの病気に進行しないか不安です。 逆流性食道炎とはどんな症状で、放置しても大丈夫なのか、普段から何を注意すればいいのでしょうか。 症状としては胸やけ(みぞおちの上の焼けるような感じ、しみる感じなど)や呑酸(どんさん)(酸っぱい液体が上がってくる感じ)などの自覚症状が多いです。 現在は成人の1~2割がこの病気にかかっていると推定されています。 胸やけなどの症状でなくても、胸が詰まるような痛みを感じたり、のどの違和感や慢性的に咳が持続したりする人もおり、逆流性食道炎の治療を行うことで改善することがあります。 胃カメラで逆流性食道炎を指摘されても、症状がある人とない人が存在します。 今回は日常生活に支障がないとのことで、食道の炎症は軽度であると想定されます。 炎症や自覚症状が軽度であれば治療は不要です。 症状出現時に治療の相談でよいでしょう。 食道の炎症が高度(ひどい)の場合、食道からの出血や、炎症が繰り返されることで食道の狭窄(きょうさく)(狭くなること)を引き起こすことがあります。 また、長期的に逆流性食道炎が存在することで食道の粘膜が胃と同じ粘膜に置き換わるバレット食道という変化を生じえます。 バレット食道は、特殊な食道がんであるバレット食道腺がんとの関与が考えられています。 症状が軽度でも、胃カメラで炎症がひどいと確認された場合は、治療開始が望ましいです。 状況により症状があるときに内服を開始し、良くなったら中止する、オンデマンド療法なども選択肢となります。 日常生活において逆流性食道炎を悪化させる要因としては、腹部の圧迫、体重増加、喫煙などがあります。 食習慣で避けたほうがよいことは食べ過ぎ、就寝前の食事です。 高脂肪食・甘いもの(高浸透圧食)・酸っぱいもの(ミカンなど)・アルコールなどは症状を悪化させる要因となっています。 これらの生活習慣、食事面に気を付けることで逆流性食道炎のリスクを減らすことが可能です。

次の

なぜ逆流性食道炎は、治らないと悩んでいる方が多いのか?

逆流 性 食道 炎 治ら ない 不安

胃食道逆流症(英語表記Gastro Esophageal Reflux DiseaseからGERD(ガード)とも呼ばれています)は、主に胃の中の酸が食道へ逆流することにより、胸やけ(みぞおちの上の焼けるようなジリジリする感じ、しみる感じなど)や呑酸(酸っぱい液体が上がってくる感じ)などの不快な自覚症状を感じたり、食道の粘膜がただれたり(食道炎)する病気です。 胸が詰まるような痛みを感じたり、のどの違和感や慢性的に咳が持続する患者さんもいます。 胃酸の逆流は食後2~3時間までに起こることが多いため、食後にこれらの症状を感じたときは胃酸の逆流が起きている可能性を考える必要があります。 胃食道逆流症は命に関わるような病気ではありませんが、日常生活の質(QOL)にさまざまに影響を及ぼすため適切な対処が必要です。 生活習慣を見直したり(食べ過ぎ・高脂肪食摂取・就寝前3時間の食事の回避や、過体重者での減量等)、適切なお薬を服用することで多くの患者さんは症状や食道炎が解消され、精神的、社会活動を含めた総合的な活力、満足度も改善します。 近年は患者さんが増えてきており、その原因として食生活の欧米化、ピロリ菌がいない人が増加していることなどが考えられています(Q2参照)。 Q2 胃食道逆流症の患者さんはどれくらいいるのですか? 患者さんの生活にはどんな影響があるのでしょうか? 胃食道逆流症は、欧米に比較して日本では頻度の低い病気と考えられてきましたが、病気の認知度が高まったこと、食生活の欧米化、日本人でも胃酸を分泌する能力が高くなったこと、ピロリ菌感染率が減少して元気な胃(胃酸が活発に出る胃)を持つ人が多くなってきたことなどから、最近、患者さんの数がいちじるしく増加しています。 現在では成人の10~20%がこの病気にかかっていると推測されています。 胃食道逆流症の患者さんでは、健康な人に比べて日常生活の質(QOL)が低下しているといわれています。 わずらわしい胸やけ症状が日常生活にさまざまな影響を及ぼします。 とくに食事が十分に楽しめない、ぐっすり眠れないといったことがあげられます。 また、症状のためデスクワークなどの仕事がはかどらなくなったり、会社を休んでしまうような場合もあります。 よりよい生活を保つためにも、早く正しい診断を受け、適切な治療を始めることが大切です。 Q3 どうして胃食道逆流症になるのですか? 胃からは胃酸が分泌され、食物の消化を助けています。 胃の壁(胃粘膜)は胃酸が直接触れないように粘液などで守られていて、胃自体が胃酸で消化されることはありません。 しかし、 食道の胃酸に対する防御機能は弱く、食道に逆流した胃酸によって食道粘膜は容易に傷ついてしまいます。 食道が長く酸にさらされると食道粘膜がただれ、逆流性食道炎(びらん性胃食道逆流症)が起こります。 重症の逆流性食道炎の患者さんでは胃酸の逆流時間が長くなっています。 しかし、食後には健康な人でも胃酸が逆流することがあります。 ただし健康な人では食道内に胃酸が逆流している時間は1日のわずか4%以下で、逆流が問題になることはありません。 健康な人では、逆流した胃酸は食道の蠕動運動(食べ物や飲み物を食道から胃に送るはたらき)によりすぐに胃に戻されますが、胃食道逆流症の患者さんではこの蠕動運動に問題が生じていることがあり、胃酸が食道に溜まってしまうことがあります。 また、胃と食道のつなぎ目が上にせり上がる食道裂孔ヘルニアという病気があると逆流防止のはたらきが弱まり、胃酸がより食道に逆流しやすくなり、さらに食道に長時間にわたってとどまることが知られています。 胸やけ、呑酸などの逆流症状を感じるのは胃酸の逆流ばかりではありません。 胃酸以外にも、空気が逆流したときや、酸度の弱い胃液が逆流することでも逆流症状が生じることがあります。 また、食道粘膜のただれが生じていない非びらん性胃食道逆流症の患者さんでは、食道の知覚過敏があり、わずかな胃酸の逆流や酸度の弱い胃液の逆流でも強い自覚症状を感じる場合があることが知られています。

次の