小暮 学 関東。 代表メッセージ | 株式会社インヴァランス

代表メッセージ | 株式会社インヴァランス

小暮 学 関東

暖かみのあるというか、非常におっとりした学校ですね。 来年受験予定の息子も一発で気に入りました。 伝統校らしい風格のある建物と、高台の明るい雰囲気の建物がミックスされ、黄金町という困ったイメージを払拭して余りあると思います。 ただ、親の目で見ると、同レベルでやはり宗教系の藤嶺藤沢(一遍上人の時宗)と比べると、共学か男子校かを抜きにしても、まったく対照的です。 個人的に感じたプラス、マイナスです。 MARCH進学実績で藤嶺に大きく水をあけられるのは確実。 来春あたり、藤嶺は早慶に二桁の合格者を出し、関東を抜いて山手・湘南・青陵といったラインに肉薄するでしょう。 同じ伝統校で、もっと上位の森村よりお嬢さん、坊ちゃんぽい。 迫力は藤嶺の方が感じられた。 マーチングバンドやハンドベル、少林寺拳法などは全国的に有名。 藤嶺は、高入の野球部は実績はあるが、あとはほどほど。 プールがないので水泳部がない。 あとは、どっこいどっこいでしょう。 カラオケでいうと、ど演歌のオンパレードみたいな時代遅れの数学の出題、平和平和とくどい社会の出題は個性的です。 社民党のような雰囲気すらします。 息子が春から関東学院にお世話になっています。 実は第一志望ではなかったし、<この学校、実のところどうなのかな>と不安でした。 確かに年々、大学進学実績も落ちてきているみたいですし。 でも、入れてみて子供は楽しく学校生活を過ごしているみたいだし、友達にも恵まれ・・・。 部活動も盛んですが、定期試験もそれなりに皆さんキチンと?取り組んでいるのか試験の結果はいつも油断できない状態です。 小テストで補習に引っかかると、部活も 出れないし。 校舎は自然にあふれ、学生時代を楽しく過ごすにはとても素晴らしい学校です。 かんらん祭は生徒達が生き生きしてましたよ。 入ってからですが、私はすっかりこの学校のファンになってしまいました。 一流大学を狙うために勉強重視の学校を希望する方はきっと、物足りないと思いますが、これからの時代はコミュニケーション能力や人間関係 にスムーズに適応できる人が将来、有意義な人生を送れるような気がします。 もちろん、学歴は邪魔をしませんけど。 勉強もキチンとする学校なので、あとは本人次第。 流れに乗っかってくれれば良しかな。 今年の一年生から新たな試み(帰りのホームルームで小テスト)を始めているのも確かです。 校長も、学校をありのままにさらけ出してお話されます。 今の関東は<ぬかるみにはまった状態>になっているそうですが、OBから昔の関東に 戻してくれと強い要求があったそうで、校長自身もハッと考え直されたらしく、再来年からは新校舎の増築とともに、学習カリキュラム、授業内容のボリューム、土曜授業と 大きく変ります。 たぶん、入試も再来年からは4科受験のみになります。 今、再び伝統ある関東も大きく変化しようとしているところ。 この、のびのびした雰囲気に惹かれて入学を決めた方はこの変化をどう思うかわかりませんが、多くの保護者は期待しているみたいです。 勉強、勉強と親がうるさくて子供が親を殺してしまう事件も多い中、この学校は癒されますよ。 うちは下から持ち上がりではないので保護者同士のお付き合いもあまりありませんが、知り合いになった方は皆、とても良い方ばかりで私自身も楽しんでます。 私立はそれぞれ学校の雰囲気や特色も違うので要するに<好き嫌い>で分かれますよね。 関東学院はハッキリと分かれる学校ではないでしょうか。 関東学院の保護者です。 もみじ様のおっしゃるような男女交際の件は、共学でありながらも意外と男は男、女は女って感じに見受けられますよ。 とても活気のある学校ですが男女平等にいろんな事にとりくんでいる様子です。 もちろん、女子はファンの先輩とかいてキャーキャー陰で噂しているようです。 この学校、入ってからすごく居心地良いかも。 でも勉強はそれなりに厳しいですよ。 うちなんか小テストの度に補習に引っかかってるみたいです・・・・(泣)先生もやさしそうに見えてグサッと脅しをかけられます。 (笑) まあ、まさにこれから土曜授業やカリキュラムなど変更、改革が始まるので楽しみです。 昔からのこのほのぼのした関東学院が好きで入学させた親御さんはこの改革をどう思うかわかりませんが、中学からの入学組は期待しています。

次の

代表メッセージ | 株式会社インヴァランス

小暮 学 関東

常識にとらわれてる人は見えません。 例えば文教とか玉川って教育学部だけがMARCHレベルなんてよく言われますよね? 実は関東学院、表面工学と栄養がたぶんそれじゃないかと。 関東学院-栄養47. 5 関西学院-生命52. 5 言われてるほど差ありますかね? 第一、関東学院って『私学の特許王』ですよ。 実は4月5日プラスチックメッキ経由で金属を通すミリ波レーダーが完成し、自動運転がカメラ搭載型よりも容易になりました。 これだけでもとんでもない発明ですが、関東学院大出自の発明品出したら博物館1個出来ます。 関西学院なんて過去の栄光しかないじゃないですか(苦言)。 関西学院は生命科学系があるのに、糖尿病患者に大豆パン1個すら発明できない。 研究機関としてどうなんでしょうね?大豆パウダーの発明も関東学院の物。 研究機関、研究実績として見るなら関東学院の圧勝で20年、30年単位で関学東西逆転が起きるのはこれもう間違いないです。 関東学院はこれからも伸びます。 というか文系学生にも特許が取れるように発明品考案の授業があるのです。 発明品の制作能力に偏差値なんか一切関係ありません。 大研究大学として30年後に関東学院が様変わりしてるのは間違いない。 あと関東学院は軽音楽部が活発で大ミュージシャンがもう1ユニット出るのも間違いない。 2000年代はアジカンだったけど。 だから「文化」という面でも関西学院を圧倒してる。 関東学院大なんてFラン大は関西学院大学と比ぶべくもない全く進学する価値と存在する価値がないFランク大学です。 関東学院大の今年の志願者は前年より1000人超以上の減少で、人生目標を立て将来をきちんと考えている受験生からは当然のことながら避けられています。 関東学院大は、運動部寮での大麻栽培・吸引事件、在学中から20年間にも渡る都立高校不法侵入をはじめとした女子高生制服・下着窃盗事件、10年程前には在学生による出会い系サイトを使った婦女暴行事件、在学生による飲酒運転での同乗者死亡事故、卒業生の15歳少女児童買春事件、昭和33年には在学生による主婦刺殺事件等、昔から他の大学では絶対にあり得ない悪質重大で凄惨、陰湿、破廉恥な事件を毎年突出しておこし続けてます。 学力が著しく低いだけならまだしも、この大学の場合、他大学と比べ社会的モラルや一般常識が著しく欠ける人間が異常に多いようで、上記のような事件を昔から次々とおこし世間を騒がせ迷惑をかけ続けています。 もはや大学とは呼べない学力と一般常識が欠ける落ちこぼれ底辺人間収容施設です。 また、過去から現在まで、そんな社会的モラルと一般常識が欠けた上に学歴コンプまみれの人間しかいない大学ですから、知恵袋や2chをはじめとしたネット上で虚偽捏造や妄想でFランク大の自分の大学を良く見せようとしたり、他の大学を貶したりすることを平然と行っています。 ですからネットだけではなく、世間での評判も非常に悪いです。 当然のことながら関東学院大を卒業したところで、就職・出世・結婚等人生において有利に働く要素は一つもありません。 死ぬまで世間からバカにされ続け惨めな人生で一生を終えるだけです。 名前は似てますけどね、関西学院とより縁のある東の大学は青山学院です。 レベル的にも青山学院が1番近いでしょう。 現在は学生交流など殆どありませんが、共にメソジスト派の宣教師によって設立された学校を起源としており、一応今でも関西学院と青山学院は関連校です。 キリスト教主義学校大学史関連の文献を数冊読めば詳しく載っています。 関東学院は神奈川ローカル大学です。 当然、関西学院とは雲泥の差です。 余談ですが神奈川の中堅以下の公立高校の大して頭の良くない私立文系受験生は、MARCHを記念受験し、日東駒専を第一志望にして、落ちたら神奈川大、それも落ちたら関東学院、それも滑ったら横浜商科大という緩やかな流れが有ります。 そんなレベルってことです。 マジレスすみませんでした。。

次の

chapter.01 小暮学×落合陽一 超AI時代、私たちの暮らしはポジティブに変化する

小暮 学 関東

柴田大輔『聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション』(宝島社) 2012年に関東連合メンバーが引き起こした六本木のクラブ「フラワー」襲撃事件から4年。 久しぶりに関東連合にまつわる本が出版された。 『聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション』(宝島社)、著者は「柴田大輔」。 おそらくこの名前を聞いたことのある読者はほとんどいないだろう。 しかし、それが「工藤明男の本名」だといえば、アウトローに関心のある人なら「え、あの工藤の?」という反応を示すはずだ。 関東連合をめぐっては、フラワー襲撃事件の少し後に、関係者によるさまざまな本や手記が発表されたが、その先陣を切り、もっとも大きな反響を呼んだのが、「元関東連合幹部・工藤明男」というペンネームで書かれた『いびつな絆 関東連合の真実』(13年7月刊/宝島社)だった。 同書は、フラワー襲撃事件の首謀者で、現在も国際指名手配中の関東連合元リーダー・見立真一容疑者の歪んだ支配のやり方を批判し、その延長線上に事件が起きたと指摘。 他にも、関東連合をめぐる複雑な人間関係や資金作りの手口、暴力団との関係などをこれでもか、というほど詳細に暴露していた。 そのため、工藤は関東連合元メンバーから「裏切りもの」「仲間を売った」と糾弾され、事件の関係者からも「事件の本質を歪めた」と不満の声があがっていた。 とくに、名指しで批判された見立容疑者に近い人間たちの怒りは相当だったようで、一時は報復の動きも噂され、工藤は警察による保護措置の対象となった。 しかし、そんな状況にもかかわらず、工藤は関東連合に関する発言をやめなかった。 14年7月に2作目となる『破戒の連鎖 いびつな絆が生まれた時代』(宝島社)を発表。 そしてこの10月27日、前述したように第3弾の著書『聖域』が「柴田大輔」名で出版されたのだ。 それがとうとう、自ら正体を明かしたというわけだ。 しかも、内容は前2作よりもさらに踏み込んだものとなっている。 例えば、見立容疑者のシノギの実態、関東連合内の金をめぐるトラブル、事件直後のメンバーたちとのやりとり、そして、海外逃亡直前の見立容疑者との会話……。 こうした記述を読むと、『いびつな絆』以上のハレーションが起こるのではないかとさえ思えてくる。

次の