日本 メジ フィジックス 株式 会社。 新卒者採用情報|日本メジフィジックス株式会社

日本メジフィジックス 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

日本 メジ フィジックス 株式 会社

日本メジフィジックス株式会社 Nihon Medi-Physics Co. ,Ltd. ,Ltd. )は、と折半出資による会社。 日本国内での放射性医薬品の大手メーカーで 、に本社を置く。 主な製品 [ ] 日本の民間企業としては初めてを自社所有し 、や(PET診断)、に用いられるの研究・開発や製造、販売を行う。 (平成17年)に(PET診断)用の薬剤を国内で初めて販売した。 11月には、のHeyl社が製造する体内除去剤「ラディオガルダーゼ」の日本における販売承認を取得。 のによるを受け、Heyl社より緊急輸入した同剤を被災地に無償で提供する。 また同薬は2012年にタリウム中毒への使用の適応が追加された 沿革 [ ]• (48年)3月 - アメリカのメジフィジックス社、住友化学工業(現)、の合弁により会社設立。 (昭和49年)5月 - 宝塚工場竣工。 (昭和50年)3月 - メジフィジックス社が資本撤退、代わってが資本参加。 (昭和58年)10月 - 千葉工場竣工。 (2年)7月 - 兵庫工場竣工。 (平成3年)10月 - 創薬研究所竣工。 (平成6年)3月 - 日本ロシュが資本撤退、同年12月にイギリスの社が資本参加。 (平成8年)10月 - 住友商事が資本撤退。 (平成16年)4月 - GEグループがアマシャムを買収した事により、住友化学とGEヘルスケアの2社の出資となる。 (平成17年) - (PET診断)用の薬剤を国内で初めて販売。 主な事業所 [ ]• 本社 - 〒136-0075 3丁目4番10号• 関西事務所 - 〒661-0976 潮江1丁目2番6号• 創薬研究所・千葉生産部 - 〒299-0266 北袖3番地1• 兵庫生産部 - 〒669-1339 9番地1 不祥事 [ ]• (PET診断)用の薬剤の販売にが低価格で参入した際に、投与装置メーカーに富士フイルムの薬剤に対応する改良を阻止するために圧力をかけ、対応機器の発売後には病院側に虚偽の説明をするなどして富士フイルムの薬剤の販売を妨害。 それらの行為により薬価を高止まりさせたとして、(平成30年)にから違反(私的独占)容疑で立ち入り検査を受けた。 脚注 [ ].

次の

テクマトが上げ幅拡大、子会社のNOBORIが日本メジフィジックスと業務提携 速報

日本 メジ フィジックス 株式 会社

会社概要 社名 一宮運輸株式会社 住所 〒792-8584 愛媛県新居浜市西原町2丁目4-36 設立 昭和36年12月 資本金 9,000万円 代表者 代表取締役会長 一宮貢三 代表取締役社長執行役員 増田幸徳 正社員数 1094名 令和1年12月31日現在 営業種目• 一般貨物自動車運送事業• 貨物利用運送事業• 倉庫業• 自動車解体整備業• 製造工場における構内請負業務• 一般廃棄物・産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物の処理に関する業務• 各種イベントの企画・運営に関する業務• ビルメンテナンス業務• 通関業務• 清涼飲料・嗜好飲料の製造および販売ならびに自動給湯・給水器の販売設置、保守および賃貸• 港湾運送事業• 沿岸荷役事業及び代理業並びに取扱業務 年商 26,002百万円(令和1年12月期) 主要取引先• 住友化学株式会社• 住化ロジスティクス株式会社• 日本メジフィジックス株式会社• DCMダイキ株式会社• 三協立山株式会社• 株式会社しまむら• いすゞ自動車株式会社• 東レ株式会社.

次の

会社概要

日本 メジ フィジックス 株式 会社

会社概要 会社特徴 【専門性の高い特殊な分野でシェアNo. 以来、この専門性の高い放射性診断薬マーケットをリードし、この領域については、医療現場側から相談される存在です。 また、放射性医薬品はガン、脳卒中、心疾患という三大疾患の診断薬として実績を重ねてきました。 近年、罹患者が増加しているアルツハイマー型認知症の診断に用いる新薬の製造販売承認も取得し、高齢化の進む日本において適切な医療を行う一助となるよう、研究開発を行っております。 今後は、Theranostics 治療薬に使用できる分子を診断にも使用する医療)という新しい核医学の概念を基に、新たな事業へのチャレンジが進行中です。 国内で最初に放射性医薬品事業に着手しており、全国に製品を届けることができるインフラ設備が整っております。 そのインフラを活用し、2016年にはイメージング治験薬の受託を開始。 自社以外の製薬メーカーの治験薬の開発にも貢献しております。 ご登録いただいた内容をもとに、業界専任のキャリアアドバイザーが、求人状況についてお調べいたします• 同社にて微生物を用いた物質生産技術開発の補助業務をお任せいたします。 nagase. 研究本部 研究管理部 治験薬品質保証室にて、 治験薬製造センター(CTMC)および細胞プロセシングセンター(CPC)で 治験薬製造を行う際の治験薬GMPに基づいた品質保証業務をお任せします。 【募集背景:増員】:CTMCの増設、CPCの継続稼働等に対応するとともに、これまで以上にグローバル開発が推進される状況となり、グローバルへ治験薬を提供する機会の増加を見込んで海外対応力を強化するための募集です。 【当該ポジションの魅力】 開発段階のQAは、PMDAやFDA、EMAそれぞれの当局や開発フェーズの 違い(early,Late)で微妙な目線の違いを既成観念に捕らわれず、くみ取り柔軟に対処していかなければなりません。 難しいポイントですが、その開発品の品質について一番に切り開いていくミッション性の高い仕事です。 また、コマーシャル品のQAではなく、開発品のQAだからこそタンパク製剤、細胞製剤、将来的にはAAV等多様な品目のQAを経験することが可能です。 決まったことを手順通りに完遂ではなく、課題の本質を探り柔軟に対応しなければならないからこそ、成長機会も多くございます。 取り扱い製品である放射性医薬品の半減期が非常に短く、作り置きが出来ないため 【キャリアパス】 工場管理、他部署への異動、管理職など幅広いキャリアパスを用意しております。 医薬品/医療機器製造工程、製品試験に関しての製品品質保証業務をお任せします。 医薬品原薬の理化学分析試験、品質管理試験をお任せします。 【取扱い品目】医薬品原薬、医薬中間体、一般化成品 【ポジション】スタッフレベルを想定しておりますが、ご経験によってはリーダー的な立場などもお任せする可能性はございます。 【具体的には】 ・QMS省令、ISO13485に基づいたQMSの維持、改善 ・各プロセスの有効性確認 ・CAPAの推進 ・サプライヤーの品質管理 ・内部監査、外部監査の実施 ・業許可の申請、更新、変更管理 関連するカテゴリから求人を探す.

次の