渋谷 西武。 西武渋谷店

西武渋谷店アートミーツライフ|アート&カルチャー|株式会社そごう・西武

渋谷 西武

西武渋谷店は1968年に開店しその歴史は半世紀を超えました。 開店当時から西武渋谷店は常に先進性を追い求め、渋谷を新たなクリエーティブな文化の街に築き上げてきました。 当時のパリ駐在事務所の力により、「エルメス」や「イヴ・サンローラン」など海外ブランドを次々と日本に導入。 さらに後日「DCブランド」と呼ばれる事になる日本人デザイナーの多くを世界に発信した伝説のセレクト売場「カプセル」の創造など多くの冒険を行い、西武渋谷店発の情報が日本中で注目を集めました。 また1986年には現在のモヴィーダ館の前身シード館を開設。 国内外の新進気鋭のデザイナーコラボレーション売場を立ちあげ、翌87年には現在全国に展開する「生活雑貨」ロフト館を渋谷で立ち上げました。 80年代からは現代アートの企画展示や販売を強化。 伝統芸術や有名アーティストではなく、自ら時代性のある若手アーティストを発掘起用してきました。 近年の具体的アート活動としては、「シブヤスタイル」や「現代茶会」などお客さまの生活に文化・アートを取り入れる「アート啓蒙活動」の展開、毎年東京国際フォーラムで開催される「アートフェア東京」への出展、少数民族・先住民写真のヨシダナギ、アクリル樹脂による立体金魚アートの深堀隆介、気鋭の日本画家大竹寛子などの展示イベントの開催とそれらの作品を全館に編集展開した「全館プロモーション」などを実施。 全館プロモーションでフィーチャーされた気鋭の作家の展示イベントは西武渋谷店だけでなく、そごう・西武の各店や地方の競合店へも巡回展示されており、西武渋谷店発の時代性あるコンセプト「Art Meets Life」は日本の多くの都市で歓迎され多くのお客さまを集めています。

次の

西武百貨店

渋谷 西武

西武渋谷店は1968年に開店しその歴史は半世紀を超えました。 開店当時から西武渋谷店は常に先進性を追い求め、渋谷を新たなクリエーティブな文化の街に築き上げてきました。 当時のパリ駐在事務所の力により、「エルメス」や「イヴ・サンローラン」など海外ブランドを次々と日本に導入。 さらに後日「DCブランド」と呼ばれる事になる日本人デザイナーの多くを世界に発信した伝説のセレクト売場「カプセル」の創造など多くの冒険を行い、西武渋谷店発の情報が日本中で注目を集めました。 また1986年には現在のモヴィーダ館の前身シード館を開設。 国内外の新進気鋭のデザイナーコラボレーション売場を立ちあげ、翌87年には現在全国に展開する「生活雑貨」ロフト館を渋谷で立ち上げました。 80年代からは現代アートの企画展示や販売を強化。 伝統芸術や有名アーティストではなく、自ら時代性のある若手アーティストを発掘起用してきました。 近年の具体的アート活動としては、「シブヤスタイル」や「現代茶会」などお客さまの生活に文化・アートを取り入れる「アート啓蒙活動」の展開、毎年東京国際フォーラムで開催される「アートフェア東京」への出展、少数民族・先住民写真のヨシダナギ、アクリル樹脂による立体金魚アートの深堀隆介、気鋭の日本画家大竹寛子などの展示イベントの開催とそれらの作品を全館に編集展開した「全館プロモーション」などを実施。 全館プロモーションでフィーチャーされた気鋭の作家の展示イベントは西武渋谷店だけでなく、そごう・西武の各店や地方の競合店へも巡回展示されており、西武渋谷店発の時代性あるコンセプト「Art Meets Life」は日本の多くの都市で歓迎され多くのお客さまを集めています。

次の

西武百貨店

渋谷 西武

連結売上は、のみ 株式会社西武百貨店(せいぶひゃっかてん)は、までのを運営していた企業。 かつての総合流通グループの中核企業で、以前は(現:みずほグループ)の一員でもあった。 もともとはと同一のグループであったが、西武鉄道創業者の死後、現在のとセゾングループに分裂した。 2009年に株式会社西武百貨店が株式会社と株式会社と3社合併(株式会社そごうが存続会社となり商号変更)したことで解散した。 買い物袋 辻井喬のを持ったでもあるは、で、 最初ににオフィスを構え、、、にはと並ぶコンチネンタル・ルックの旗手としてパリで人気を博していたテッド・ラピドスと提携、 - にかけての第一次ブームや欧米の 高級ブランドをいち早く取り入れ、時をほぼ同じくしての高級DCブランドを次々に導入。 1984年には海外や国内の高級ブランドを一手に取り扱う専門商社「」を傘下に収めた。 1980年代前半には日本橋三越本店を抜き、売上日本一の百貨店となった。 、、、などの日本代理店になり、、、()などを最初に導入したのも西武である。 シブヤ西武(現:西武渋谷店)には、幻のショップ「カプセル」を設置し、デビュー間もない()、、、ら、新手のらを後押しした。 の開発でも当時、日本ではまだ無名であったと契約し、メジャーブランドに育てた。 また、「 SEED館」の試みは、現在では一般的であるセレクト型編集売場の先駆けでもあった。 また「イメージ戦略」を打ち出し、「おいしい生活」、「不思議大好き」などらによる名でも知られた。 更には、、、と提携した家具・インテリア専門館「ハビタ館」、世界中のが入手できるといわれた「」、西武が設立に関わったFMラジオ局「」、大型書店「」、洋書や近代思想、コンテンポラリーアートの画集などを幅広く手掛け、と並び称された「アール・ヴィヴァン」、高級スーパー「」、日本初の総合スポーツ専門館「 西武スポーツ館」、、などの異業態を次々に起こし、、、、、、パルコ出版など、・ソフト事業も幅広く手掛けた。 それは、 と呼ばれ一世を風靡し、西武百貨店の力を強固なものにすることに貢献した。 ブランド力を生かして店舗網を拡大。 また、同じセゾングループのが西武百貨店のブランド力を生かし「西武」を名乗った百貨店型店舗を運営し、全国に西武網が拡大した(西友運営の「西武」は1998 - 2000年にかけてに改称)。 一方、(JMA)事務局により地方百貨店の系列化も目指した。 有数の百貨店グループから日本最大の流通グループへ [ ] 1992年、が会長に就任。 堤清二のもと管理機能が不在となり、あらゆる弊害が顕在化している現状を痛烈に批判した『西武百貨店白書』を公表。 この中で「百貨店は構造不況」だと指摘している。 に伴う過去の不動産への過剰投資が重荷となり、パルコ等セゾン文化の中で養われた独自ブランドを手放し、更に最大の収益力を誇る池袋本店を化して1000億以上の資金を調達するなどして再建に取り組んだ。 しかし1999年「和田との交渉には応じない」とまで言われるほど銀行側との折り合いが悪くなり和田は突如退任を余儀なくされ、完全に身を引いた。 しかしながら、銀行からの要請もあり、にの適用を申請し経営破綻したに特別顧問(のち社長)として和田が就任。 和田は、西武百貨店の経営手法を多く取り入れる手法で(しかし、西武百貨店とそごうとの資本提携は行わずに)そごうの経営再建を進めた。 当時、本部社員が大量に十合に出向したのち一旦退職しそのまま十合でそっくり再雇用という形態で人材を流出させており、後年の西武百貨店とそごうの経営統合まで視野に入れていたとみられる。 西武百貨店の再建にやや明るい兆しが見えて来た所で、の不良債権処理をめぐりの経営危機が表面化。 傘下にあった西武百貨店にも再び経営不安がささやかれた。 再建は2200億円の債権放棄を軸とする「私的整理」という形で進められた。 このとき、西武百貨店を救済したのが、西武百貨店の経営手法を取り入れて経営再建したばかりのそごうを傘下に収めていた「株式会社十合」であった。 からにかけらの支援で十合が西武百貨店の第三者割当増資を段階的に引き受け、さらにを行う形で西武百貨店を完全子会社化し、株式会社十合がに商号変更したことで、そごうと西武百貨店の経営統合が実現。 高島屋に次ぐ国内2位の巨大百貨店グループが誕生することになった。 この方式の経営統合が、双方ののれん(屋号)を維持しながら経営の合理化を実現した点で、のちに行われた大手百貨店どうしの経営統合に少なからず影響を与えている。 その後、再建を確かなものとするためにミレニアムリテイリングはなどを引受先とする増資を行い、事業持株会社として株式上場を目指していたが、野村プリンシパル・ファイナンスと西武百貨店の間で上場時期を巡る意見の対立が顕在化したことに加え、敵対的買収防衛策の観点から、2005年12月にミレニアムリテイリングの代表であった和田がの傘下入りを決めた(自らは健康上の問題が理由として引退)。 この結果、かつてのセゾングループに匹敵する、国内最大級の流通グループが誕生した。 最終的に両社の全店舗に導入される予定である。 日経によると、百貨店の売上不振の原因が高額商品に偏りすぎているため、日常的なアイテムであるPB商品を導入して品揃えを増やして、売り上げを高めるためと報じている。 同年8月1日、そごうがミレニアムリテイリングと西武百貨店を吸収し、「 そごう・西武」が発足。 そごうとの提携開始から9年目で一社化となった。 2006年2月期の西武百貨店全店における、国内百貨店事業単体のは、 4. ちなみに1位がの4. 西武百貨店池袋本店の年間来店客数は(約2600万人)を上回る7000万人 で。 沿革 [ ]• - 後に西武福井店となる「だるま屋」が創業。 - の呉服店系老舗百貨店の(創業)とが共同で設立したが、1935年に「京浜デパート池袋分店」として、「菊屋デパート」の名称で東口に出店したデパートが始まり。 - の前身・が「菊屋デパート池袋分店」を買収。 武蔵野デパートと改称。 - 武蔵野食糧株式会社に商号変更(「武蔵野デパート」の店名は変わらず)。 - 帝都百貨店の吸収を行い、株式会社武蔵野デパートと商号変更。 - 株式会社西武百貨店に商号変更(店名も「西武百貨店」に変更)。 - 西武百貨店第一期開店。 その後、順次増改築を繰り返し、大規模なターミナル型デパートとなって行く。 - が取締役店長に就任。 - 店開業。 社内マーケット部門として「西武ストア」設立。 - 店開店。 - 店開店。 6月 - 商事部特需課に自動車係を設置。 (1961年8月に自動車課に格上げ)• - 店開店。 10月 - 自動車課がとして独立。 4月 - 西武ストアを 株式会社ストアとして分離(後にセゾングループを離脱し、傘下となる)。 - この日定休日だった池袋店で火災、7人死亡。 原因は消毒作業員(未成年)の隠れタバコの不始末。 - 冠水商品の大安売りを告知したところ、約5万人が殺到したため中止となった。 3月 - 日本百貨店共同仕入機構発足。 地方百貨店との業務提携開始。 - 店開店。 2月 - 池袋店に隣接する東京(池袋ステーションビル)を買収し、再建に乗り出す。 - 店開店。 東京丸物を買収し、開店した池袋パルコ• 6月 - 東京丸物閉店。 - 店開店。 - 閉店した東京丸物をとして開業。 以降 - 増田通二が開発したパルコの成功にヒントを得た「文化戦略」を打ち出す。 4月 - 東京丸物を店名と同じ 株式会社パルコに社名変更(後にセゾングループを離脱し、傘下となる)。 - 店開店。 - 店開店。 父・は政治家になって実業を離れていたが、鉄道・流通一体となった「西武企業グループ」の全国展開を目指し、いまだ手腕を振るっていた。 しかし、父が1964年に急死した後、「兄弟会」を設置してグループ内の秩序の維持を行うも、1971年の七回忌を機に「」と「 西武流通グループ」(後の )に分立。 安定基盤である鉄道や不動産を失ったことで、流通グループは『 西武』を名乗りながらも、単独の道を歩み始める。 - 株式会社西武百貨店関西設立。 - 店開店。 - 西武百貨店関西店開店。 9月 - 池袋店が全面改装し、西武美術館開館。 新CIが導入された。 ()と資本提携。 - 西武百貨店関西店開店。 日本百貨店共同仕入機構を 日本百貨店経営協議会(JMA)に改称。 8月 - 緑屋は西武クレジット(後の)に社名変更。 6月 - 西武クレジットが西武流通グループのクレジット・ファイナンス基幹会社としてスタート。 8月 - 西武カード(後のセゾンカード)発行開始。 信販ノウハウを活かした導入で顧客の会員化を目指した。 - 池袋西武が売上高日本一へ(他店舗の売上高などを含む )。 4月27日 - 西武秋田店の前身「本金西武」開業。 - に西武百貨店が進出。 なお、二期ビル(有楽町西武地下2 - 4階など)が完成したのは1987年。 3月 - 西武流通グループから「西武セゾングループ」と改称。 社長・堤清二が西武鉄道取締役を辞任。 - 所沢店開店。 - 株式会社西武百貨店関西を合併。 - 『 西武』を廃し「 」と改称、独立色はより鮮明となった。 10月 - 高級スーパーのを子会社化し、池袋西武の地下二階に「ザ・ガーデン自由が丘」の名称で初めて導入。 10月 - 西武北陸(だるまや西武(現 )、小松西武、富山西武)を吸収合併。 6月 - クラブ・オンメンバーズシステム全店導入。 8月 - 株式会社設立、分社化。 10月、情報化促進貢献企業として「通産大臣賞」受賞。 - 浜松店が閉店。 10月 - ロイヤルスカンジナビア社(デンマーク)との間で業務提携。 4月 - 池袋を池袋西武にオープン(1号店)。 最大の高級百貨店「」社と国内販売権契約。 - 東戸塚店開店。 - 株式会社と事業協力で業務提携。 「株式会社有楽町西武」を吸収合併。 9月22日 - 岡崎店開店。 - 株式会社を清算し、「」が実質的に崩壊する。 十合と包括的業務提携を締結。 株式会社イルムスジャパン設立、分社化。 2月 - 十合・西武統合商品部(SSMG)発足。 2月 - 私的整理に関するガイドラインに基づく再建計画成立。 5月 - 株式会社十合が筆頭株主となる。 6月 - グループ発足。 9月 - ミレニアムリテイリングの完全子会社となる。 3月 -「株式会社」を吸収合併。 9月 - 池袋西武を「西武池袋本店」に名称変更。 - 有楽町西武の構造改善し、「ビューティー館」と「ファッション館」をオープン。 シブヤ西武を約80億をかけて改装。 日本最大のブランド数のラグジュアリーゾーンやビューティーゾーンを設け、食料品を扱うデパ地下を再開。 - 所沢西武リニューアルオープン。 自主編集売場やビューティーゾーン、食のゾーンを展開。 - - 「 ファッションの西武」の復権を賭け、総額400億を掛けて池袋西武構造改善。 開業に伴い、池袋本店と渋谷店を連動させてブランドイメージの復権を狙う。 株式会社が、株式会社と株式会社西武百貨店を吸収合併し、 株式会社そごう・西武に商号変更(店名は、「」「西武」を維持)。 株式会社と株式会社西武百貨店は、法人としては解散。 以後、「西武 百貨店」という表記は一切使用していない。 コマーシャルソング [ ]• 「夢の西武」• 作詞:、作曲:、歌:• 2009年発売のアルバム『越部信義 CM WORKS』に収録。 「女、キラキラ。 男、そわそわ。 」(1979年)• 作詞:、作曲・編曲・歌:• amsミドリヤ開店時のイメージソング。 レコードは非売品であったが1階の総合案内所等で無料配布された(レコード品番はams-2121)。 2016年に矢野のオールタイムベストアルバム『矢野山脈』に収録された。 「」(1982年)• 作詞:糸井重里・矢野顕子、作曲:矢野顕子、歌:矢野顕子。 アルバム『』収録。 「オカイモノ」のうた(1993年 - )• 作詞:、草間和夫、作曲:櫻井順、歌:(初代)、森瑛美、後藤玲子、大久保映見、他• CMキャラクター「 おかいものクマ」のテーマソング。 と経営統合後はそごうのCMソングとしても使われるようになった。 西武百貨店全店で1万枚限定で発売された。 脚注 [ ] [] 注 [ ]• 日本経済新聞 2009年2月10日 朝刊記事より• - Wedge Infinity• 合同会社 西友 会社概要• 朝日新聞社 : p. 朝刊 千葉版. 1967年9月22日• 株式会社クレディセゾン企業情報• 大阪法務局備付「株式会社西武百貨店関西」閉鎖登記簿(1989年6月17日閉鎖) 参考文献 [ ]• 富山市編 『富山市史 第5巻』 富山市、1980年。 因幡町商店街35年史編集委員会編 『因幡町商店街35年史』 天神ビブレ商店会、1984年。 編 『セゾンの歴史 上巻 変革のダイナミズム』 、1991年。 由井常彦編 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』 リブロポート、1991年。 セゾングループ史編纂委員会編『セゾンの活動:年表・資料集』 リブロポート、1991年。 『堤清二とセゾングループ』 、1995年。 大津市歴史博物館市史編さん室『図説大津の歴史 下巻』大津市、1999年10月1日。 関連項目 [ ]• (開業時に西武が支援)• (1979年〜2008年のホームユニフォームの左袖スポンサー。 2016年はプライベートブランドのリミテッド エディションがユニフォームのパンツスポンサーとなっている。 の子会社であるが、優勝時は記念セールを行う。 また、池袋本店8階にグッズショップ「ライオンズストア」が入居している)• (長年スコアボード上部に広告を出している。 所有は西武鉄道)• (かつて西武百貨店が保有していたリボン館)• (系列で放送され、西武百貨店一社提供だったクイズ番組)• (で放送されたテレビアニメ。 西武百貨店一社提供であり、「西武ファミリー劇場」という冠が着いていた)• (・・で放送され、西友と共同提供スポンサーだった番組) ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の