猫 おしっこ でない。 オス猫が家中におしっこをする│猫のよくあるご相談│ニャンとも清潔トイレ│花王株式会社

猫が頻繁にトイレへ行くのに出ない│猫のよくあるご相談│猫と暮らすお役立ち情報│ニャンとも清潔トイレ│花王株式会社

猫 おしっこ でない

オス猫が家中におしっこをする。 これは、 尿のにおいを使ったマーキング(スプレー行為)で、去勢をしていない猫を多頭飼育していれば、ごく当たり前に起こる現象です。 スプレー行為の場合は、比較的少ない量の尿を、尾を立てた姿勢で垂直面に噴射します。 これは、においをかぐのに都合のよい高さに、通常の排泄より広く噴射するためです。 スプレーしやすい場所としては、家や部屋の入り口、人や他の猫の通り道、新しいものや家具など。 とくにオス猫は、自分の縄ばりの通り道、交差点、境界部分に念入りにマーキングします。 Thomasさんは、 まず、猫の排尿姿勢や場所を観察して、通常の排泄か、スプレー行為かを見極めてください。 スプレー行為には、その地域の猫の個体識別や動きを示すだけでなく、繁殖期にメスをおびき寄せるという性的な役割があります。 また、新しい環境に置かれたときや、自分の縄ばりによそ者が侵入してくる不安があるとき、縄ばりを守り、心を落ち着かせるために、スプレー行為(においづけ)をおこなうこともあります。 今回のご相談では、4歳と1歳の去勢していない猫が同居をしていて、以前はそれほどでもなかったのに、家中におしっこをするようになったとのこと。 これは、後に入った猫が性成熟したため、双方がテリトリーを主張して、スプレー行為を行っていると考えるのが妥当でしょう。 壁をよくひっかくようになったのも、ひっかき傷をつくり、目に見える形で、テリトリーを主張するためだと思われます。 例えば、高層住宅に住んでいて、外界からの刺激がなく、テリトリーを主張する必要性も、性的刺激もない場合は、去勢手術を行っていなくても、スプレー行為や、テリトリーを主張するための爪とぎは、見られないこともあります。 しかし、一軒家など、つねに外には魅力的なメスが歩くかもしれない環境で、メスを取り合うオス同士が限られた範囲の中で飼われていたとしたら、 スプレー行為を「しつけ」だけでやめさせることは不可能ですし、猫にとっても苦痛なことです。 縄ばりを侵されるかもしれないという不安と、性的な理由から行っているスプレー行為を、人間が頭で考える「しつけ」という観念では修正することはできないのです。 Thomasさんは去勢をしたくないとのことですが、もし本当にスプレー行為をやめさせたいとお考えなら、猫の健康のためにも、まず去勢されることをおすすめします。 去勢をすることで、性的な縄ばり争いをする必要がなくなるので、同居のオス猫を受け入れやすくなります。 去勢手術後は、血液中のホルモン濃度の関係から、スプレー行為がなくなるまで1週間ほどかかることもあります。 去勢手術で、尿スプレーの問題の約90%は解決するといわれていますが、残りの10%は解決できないことがあります。 また、単頭飼育より、多頭飼育の方が解決しにくいといわれています。 この場合は、猫の通り道の交差点や目立つような位置に、猫が安心できるフェロモン製剤を振りかけたり、それぞれが隠れて安心できる隠れ家をいくつか用意して、テリトリーがかち合わないようにしたりしてみましょう。 それから、 室内にしみついた尿のにおいを徹底的に取り除くことも大切です。 性成熟を迎えたオス猫の尿のにおいは非常に強く、簡単には消えないと思いますが、少しでもにおいが残っていると、再びそこでスプレーをしてしまいます。 それこそ家を改装するくらいの覚悟で、徹底的にお掃除&消臭を行ってください。 (回答:元ACプラザ苅谷動物病院 統括院長 内田 恵子先生).

次の

猫がおしっこをトイレ以外でするのはストレス?粗相の原因を探ってみた

猫 おしっこ でない

未去勢のオス猫は特に臭い 猫のおしっこが臭いもう1つの原因は、おしっこに含まれるフェリニンという物質です。 フェリニンは猫のフェロモンで、大体生後3ヶ月くらいから、良質のタンパク質を食べるほど分泌されます。 タンパク質が食べられる、ということは、自然界では狩りの上手な強い猫である、という事の証明です。 つまり、「猫のおしっこが臭い=いい獲物を食べている=いい獲物が食べられるほど強い猫である」となり、臭いおしっこは猫のモテ要素になっているのですね。 また、フェリニンの分泌は、男性ホルモンに影響されることから、去勢されていないオス猫ほどおしっこの臭いが強烈になるのです。 あまりにも臭く、生活に困るようでしたら、去勢するのも対策の一つでしょう。 また、ニオイ対策用のキャットフードも多く出ているので、餌を変えてみるのもいいですね。 com 自然界ではモテ要素として働くおしっこの臭いですが、人間に向かってアピールされても困ってしまうだけですよね。 特に、疲れて帰ってきた時に布団が臭くなっていると、心理的にも大変なダメージです。 気軽に洗えない布団におしっこをされた時の消臭方法をまとめました。 バイオ分解タイプの消臭剤 まず試したいのが、ペットショップやネット通販などで手に入るバイオ分解タイプの消臭剤です。 臭いの元を微生物で分解して消臭する、という方法で、養豚場の消臭や、排水口のぬめり取りなど業務用に使われてきました。 このタイプの消臭剤は、消臭効果がしっかりしているわりに、自然界にある微生物を使っているので、子どもやペットに害がありません。 反面、殺菌効果のある消臭剤を既に使用してしまった場合や、布団そのものに殺菌効果がある場合は、消臭してくれる微生物が死んでしまうので、効果がイマイチ感じられないことも……。 バイオ系の消臭剤はお風呂のカビ取りなど他の用途があるものも多いので、万一、おしっこの臭いに効かなかった時のために、よく吟味して買ってくださいね。 家にあるもので消臭 消臭剤なんて悠長な事は言っていられない、今すぐ消臭しなくては!という緊急の場合は、熱湯で消臭対策をしましょう。 熱湯には、いわゆる「おしっこの臭い」であるアンモニアを分解する働きがあります。 熱湯をかけ、少し冷めたところで布を使って拭き取れば、それだけでだいぶ臭いが取れます。 まだ臭いが残っているようなら、同じ手順を繰り返したり、洗剤が使える素材ならそれも使ってみてくださいね。 また、台所用の漂白剤など、塩素系の漂白剤もアンモニアの中和に効果的です。 漂白剤を水に薄め、直接布団の該当箇所につけて濯ぐと、臭いが取れますので試してみてください。 酸性の液体で中和 将来のために消臭対策が知りたい、という場合には、すぐに手に入る材料で予め消臭剤を手作りしておくのもいいでしょう。 猫のおしっこはアルカリ性のため、酸性の液体ならニオイ対策ができます。 ここではミョウバン水とクエン酸の消臭剤の作り方を紹介しますので、おしっこの水分を拭き取った後に使ってみてください。 ミョウバン水の作り方 焼きミョウバン50gを1. 5リットルのペットボトルに入れ、ボトルいっぱいまで水を入れます。 あとは溶けるまで2~3日放置するだけです。 出来たミョウバン水は原液として、使うときには10倍に薄めてから使用しましょう。 原液を冷暗所に置いておけば、1ヶ月ほど持ちます。 ミョウバン水は人間用の消臭スプレーとしても人気ですが、猫にとって摂り過ぎると毒になってしまうので、保管には十分気をつけてくださいね。 クエン酸水の作り方 水200mlに対し、小さじ1杯(5g)のクエン酸を溶かすだけ。 作り方は超簡単ですが、上で紹介した塩素系漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生して危険です。 塩素系漂白剤を試した時は塩素系漂白剤のみ、クエン酸水を使った時はクエン酸水のみ、と絶対に一緒に使わないで下さい。 布団丸洗い 最終的な手段が、布団丸洗いです。 湯船にぬるま湯を5cmほど入れてから、重曹を大量に投入して下さい。 100均でも売っているものでも十分効果があるので、思い切って入れましょう。 それから布団を入れ、足で踏み洗いをします。 それからお湯を入れ替えて、今度は柔軟剤を入れます。 踏み洗いを続けながら、適度に水を入れ替えて濯げば、ほとんど臭いはとれます。 乾燥は、洗濯機の容量に余裕があるなら家で、近くにコインランドリーがあるならそこで一気に乾かすのもいいですね。 com ここまでは消臭対策についてご紹介してきましたが、本当はちゃんとトイレでおしっこしてもらうのが一番ですよね。 猫が布団などトイレ以外でおしっこをしてしまうのは、いくつか理由があります。 布団をトイレだと勘違い 猫を飼っている人の話などを聞くと、羽毛布団は特に被害にあいやすいようです。 鳥の臭いに興奮するのか、特有のカサカサとした音がトイレの猫砂に似ているためか……。 真相はわかりませんが、羽毛から洗える布団に切り替えるのも対策として有効です。 特に一度おしっこをして臭いが残っている場合、猫にとってはそこが新たなトイレになってしまいます。 布団への粗相が何度も繰り返される場合は思い切って買い換えてしまいましょう。 ストレスのアピール トイレが汚い、猫砂がお気に入りのものでない、新しい猫が来た……猫は時におしっこをすることで抗議します。 基本のおしっこ対策は、トイレを綺麗に保つこと、十分なトイレ数を確保することです。 トイレの数は猫の数+1を目安に、部屋の隅っこなど猫が安心する場所に設置しましょう。 トイレをしたらなるべく早く猫砂を変え、清潔な状態を保つことでお漏らしの回数はぐっと減ります。 環境の変化に猫がストレスを感じている場合は、あまり怒らず、慣れるまでゆっくり待ってあげてくださいね。 泌尿器系の病気 猫はおしっこの頻度が少なく、濃度も凝縮されていることから、泌尿器系の病気にかかりやすい動物です。 腎臓の働きが弱くなった高齢猫はもちろん、膀胱炎や尿結石など若い猫も油断できません。 環境も変わっていないのに、急にトイレ以外の場所でするようになったのなら、よく猫を観察してみましょう。 排泄の時の様子がおかしいようであるなら、病院に連れて行ってあげてくださいね。 最後に 生き物を飼う上で、排泄の処理は避けられない問題です。 捨て猫を拾った、など急に飼うことになった場合、全てのことが手探りで色々な対策も後手に回りがちですよね。 猫の場合はとても綺麗好きなので、トイレは清潔である限り決まった場所でするという習性があります。

次の

オス猫が家中におしっこをする│猫のよくあるご相談│ニャンとも清潔トイレ│花王株式会社

猫 おしっこ でない

Content• みんなは猫のおしっこのしつけ方ってどうしているのかを、実際にネットでアンケートを取りました! 他のお家ではどのようなポイントで猫のおしっこのしつけをしているのか、どんな経験談があるのかなど、気になるところをチェックしてみてください。 食後すぐにトイレに連れて行くことでしつけました 猫の種類 スコティッシュフォールド しつけ方法 食後にトイレに連れて行く しつけのポイント 食後すぐに根気強くトイレの上に連れて行く うちは子猫から飼ってますが家にきたばかりの頃は、餌を食べ終えたあとは猫のトイレの上に乗せるようにしました。 そしたらすぐにここがトイレだと覚えてくれて、そのあとは餌を食べ終えたあとは、何もしなくてもすぐに自分からトイレにいくようになりました。 なので、変な場所におしっこやうんちをするようなことはなかったので、手がかかりませんでした。 大人になった今は、餌をたべてすぐにトイレにいくってことはなくなりましたけどね。 したい時にトイレにいくって感じになりました。 うちのようなケースは稀かもしれませんが、餌を食べ終えたあとに、すぐに猫のトイレの上に根気強く乗せてあげるってのが、トイレのしつけ方としては良いかなっておもいますよ。 猫がおしっこをした場所にトイレを設置しました 猫の種類 スコティッシュフォールド しつけ方法 おしっこをした場所にトイレを設置する しつけのポイント トイレをされては困るものを全て片付けておく 先にスコティッシュフォールドのオスを子をお迎えしたのですが、最初は自分の臭いがしない場所ですので、どこでトイレをしたら良いのか迷っている様子でした。 というより、トイレを我慢しているようにも見えました。 とりあえず排泄をされると困る物は全て片付けておき、自由にうろうろさせてみました。 ようやく、探索も終わり気が少し抜けたのか今度はトイレ探しを始めました。 すると、部屋の隅っこでおしっこをする体勢に入りました。 ここで使ったのが、使い捨てのレンゲです。 メスはどうかしりませんがオスのおしっこは人間みたいに前ではなく、後ろ向きに飛びます。 ちょうどおしっこが出てくる位置にレンゲを当てておしっこを受け止めます。 猫はおしっこを始めると止めることが出来ないらしいので、少し出てからでもいいと思います。 ちなみに、このレンゲで採る方法は健康診断の時にも役立ちます! これで、この子はここでおしっこしていいんだ!と思い込む事が多いので、そこにトイレを設置して終わりです。 猫を招いた時にトイレのしつけを済ませます 猫の名前 そら しつけ方法 ケージにトイレを入れ、おしっこをするまでケージから出さない しつけのポイント 猫の習性でトイレは砂の上でするので、トイレ砂でおしっこするまで我慢する トイレは、システムトイレで中は紙砂を入れています。 トイレのしつけは、簡単です。 生後1か月で我が家に来た時、ケージの中にトイレ用砂を入れたトイレを入れ、そこでしっかり、おしっこをするまで、外に出しません。 猫は習性で砂の上でトイレをしますので、そこでするまで、じっと我慢です。 砂の上でするようになったら、もう安心です。 猫ちゃんがトイレを覚えるまでの過程、期間は、ほんの数日で覚えました。 砂のトイレを入れておけば、自然にそこでするようになります。 猫ちゃんがトイレに失敗した時の対処法は、トイレに無理やり連れて行き、そこで、手取り、足取りで、おしっこの一連の動作をさせ、覚えさせます。 トイレのしつけで苦労した点は、我が家では特になかったですね。 これからトイレのしつけをする飼い主さんへアドバイスとして、トイレはとにかく、子猫の時にしっかりと覚えさせることです。 大きくなってからでは難しいでしょう。 出来れば、目の空いていない内から、トイレのあるところで、生活させ、自然と覚えさせましょう。 粗相しないように猫のトイレを常に清潔にしています 猫の種類 雑種(キジトラ・白猫) しつけ方法 猫のトイレを常に清潔にしておく しつけのポイント 猫のトイレが一番排泄しやすい場所になるようにする 猫が綺麗な場所にトイレをするという性質があるので常にトイレをきれいにしておかなければいけません。 こういった掃除を怠ると、途端に猫は別の場所、例えば布団やカーペット、こたつの中などのたいへん柔らかい場所や、少し死角になっている場所などでトイレをする恐れがあるため、常にトイレを清潔にしておかなければいけません。 ですので、毎トイレごとや24時間ごとにトイレをきれいにし、また猫砂などにも敏感に反応し、常に綺麗な砂と交換するということに努めておくと、猫のトイレのしつけ方で失敗するというようなことはないと思います。 要は猫がトイレが1番しやすい場所が猫のトイレのトレーである、という状況を必ず作ってあげれば良いのです。 そういった掃除を怠ることさえしなければ、それほど猫のトイレのしつけ方に困るといったようなことはないと思われます。 おしっこのしつけは褒めて伸ばすで覚えました 猫の種類 雑種 しつけ方法 失敗しても怒らない、おしっこをちゃんとできたらしっかり褒める しつけのポイント 怒ってしまうと、トイレを我慢して病気になる場合があるため トイレの種類は、システムトイレとハーフドーム型の2種類を使っています。 屋根や扉があるトイレを嫌う子もいるんで、屋根ありと屋根なしの二種類を隣通りで置いてあります。 そしてトイレ砂にもこだわりがある子がいますが、私の家では丸いボール状の砂を使っており、便にはまとわりついてくれるタイプでおしっこには溶けていくタイプのものです。 おしっこを固めて掃除がしやすくしてくれるものが多いですが、特に綺麗好きな猫は嫌うと思い、おしっこを吸い取ってくれるボールタイプでシートタイプのシステムトイレを使っています。 猫は基本的にトイレは勝手に覚えてくれますが、時に衣類やタオルの上で粗相してしまうことがあります。 そんな時は、決して大きな声を出したり怒ったりしてはいけません。 トイレの場所が分からず粗相してしまっている場合は「トイレをして怒られた」と印象付けてしまい、今後トイレを我慢して病気になってしまう可能性もあるので、もし粗相してしまっても黙って片付けるようにしています。 猫がトイレをしそうな行動をしたらすぐトイレに誘導します。 床の臭いを嗅ぎながらソワソワしているなど。 の行動が見られたら抱っこしてそのままトイレの中に入れます。 そこで「おしっこしていいんだよ」と優しく声をかけて、成功したらおやつやおもちゃで盛大に褒めてあげます。 「ここでトイレをしたら褒めらえた、良いことがある」と覚えるので、粗相は減るはずです。 ですが、飼い主に構ってもらいたくてわざと粗相する子もいるので、そういう子はこれでもかってぐらい構って愛情を注いであげれば収まります。 トイレのしつけは長期戦になることが多いので失敗しても怒らず、猫ちゃんが失敗しても大丈夫な空間作りや、トイレを変えてあげたりなど工夫をして、愛猫にとって過ごしやすいトイレ空間を作ってあげるのが一番幸せなことだと思います。 トイレにおしっこを含ませたティッシュをいれました 猫の種類 雑種 しつけ方法 おしっこを含ませたティッシュをトイレに入れ、猫がそわそわしだしたらトイレに誘導した しつけのポイント 家に来たときは緊張していて、キャリーから出れずに粗相をしてしまうことがあるかも 我が家では、上から入るトイレを使用している。 人から譲ってもらった猫だったので、その猫のおしっこ後の砂を少しもらい、家のトイレに入れた。 が、最初はキャリー(中にふわふわのクッションあり)から出ることができず、そのキャリーのクッションにおしっこをしてしまった。 次に、そのおしっこをティッシュに含ませ、トイレにそのティッシュを入れ、猫がおしっこしそうな時(そわそわ落ち着かない感じ)にトイレに入れてみたら、ちゃんとトイレでおしっこをしてくれた。 その後は失敗はないが、家に来た時は、緊張してキャリーから出ることができず、その場でしてしまうことがあることが分かった。 キャリーに、ふわふわのクッションがいけなかったのかもしれないので、その点を気をつけてもらいたい。 おしっこしそうになったら毎回トイレに連れていきました 猫の種類 4匹(ミックス) しつけ方法 おしっこしそうになったらトイレに連れていく しつけのポイント 粗相しても怒らない、怖がらせない 1ヶ月もすれば4匹ほぼ全員覚えた 私のうちのトイレのしつけの仕方は、おしっこをしたらとにかくトイレに入れるということを繰り返しました。 ベストはおしっこしそうな体勢(腰を少し浮かせて固まっているなど)になった瞬間、抱っこしてトイレに連れていくということですが、仮にすでにおしっこ等してしまった後でもとりあえずトイレにつれて、砂を掘る感覚をわかってもらいました。 何度か床でしちゃうことはありましたが、1か月もすればほとんど全員覚えてくれました! 意識したことは、仮に床でしても大声で怒ったり怖がらせたりするようなことはしないということです。 猫は神経質な部分があるので、家にいるときにストレスを感じたり、飼い主に恐怖心を抱かないように、なるべく居心地のいい空間を作りたかったからです。 おしっこ前の砂かき行動を見たら、トイレにつれていきました 猫の種類 ミックス しつけ方法 おしっこ前の砂かき行動をしたら、トイレに連れて行く しつけのポイント 出かける際にはトイレのルートを確保しておく うちは猫を2匹飼っているので、オープンタイプのトイレを2つ購入しました。 赤ちゃんの頃は布団の上でおもらししてしまったこともありますが、猫は砂かきのしぐさを見せるので、その時にトイレに連れていくという方法でしつけています。 1度使えばにおいがつくので比較的早く覚えてくれたと思います。 トイレの失敗談としては、出かける際にトイレにつづく戸を全て閉めて出てしまい、その間に炊飯器の中におトイレされたことがあります(笑) なので、部屋を閉める時にはいつでもトイレに行けるようにルートを確保しています。 多頭飼いの場合は、一匹の猫ちゃんのうんちがそのままになっていると我慢してしばらくトイレに行かない時があるので、うちは気づいたらできるだけ早く片付けてあげるようにしています。 猫のおしっこのしつけ みんなのしつけ方 まとめ いかがでしたでしょうか? 他のお家では、こういうところをチェックしてるんだ、と参考になったなら幸いです。 うちはこういうところもチェックしてるよ!などあれば、ぜひコメントで教えて下さいね。

次の