お茶の水 女子 大学 附属 高等 学校。 入試情報

教材・論文データベース|お茶の水女子大学附属学校園

お茶の水 女子 大学 附属 高等 学校

1 はじめに 本記事は、2020年1月25日にお茶の水女子大学附属高等学校の沼畑早苗先生に行ったインタビューを編集・記事化したものです。 2022年に新学習指導要領が施行され、約50年ぶりに高等学校において 「地理総合」が必履修化されます。 その中で 地理専門の先生の不足が問題になっています。 これまで、地理歴史科の中では世界史のみが必履修科目であったため、高校で地理を履修していない先生も多いという現状があります。 「地理総合」を歴史の先生が教えることも少なくないと予想されています。 そのため、この記事では 地理を履修していない歴史の先生や 「地理総合」を教えることになる地理の先生に役立つ実践を紹介します。 統計などを地図で示すことで、相手にわかりやすく伝えることもでき、課題の分析や考察にも役立ちます。 このような地図の活用法を最初に学び、その後の学習全般においてこの技能を使って学習していきます。 従来の学習指導要領における「世界の生活・文化の多様性」の項目では、実質的に世界地誌学習になっていましたが、今後は地域を網羅的に扱うわけではありません。 事例地域の生活文化の多様性を踏まえたうえで主題を設定し問いを立てて、国際協力はどうあるべきかを追究していくことになります。 特に防災については、持続可能な社会を構築するうえで、必須のこととして位置づけられています。 新学習指導要領では、「知識及び技能」の習得だけでなく、これらを活用して課題を解決するために必要な「思考力・判断力、表現力等」を育むこと、主体的に学びに向かう力、人間性等を育むことが重視されます。 つまり、 学んだ知識を活用して、生活圏、国、世界といった地域に貢献できる人材を育成することが求められます。 防災などはその典型的な例であり、地図やGISなどの地理的技能を身につけた適切な防災を行うことができる人材の育成を目指します。 そのため、学習過程にあっては、作業的で具体的な体験を伴う学習をより一層重視して、様々な諸課題を日常生活と関連づけて取り扱っていくことが示されています。 教室で教師と生徒が対話するだけでなく、地域の人々やグループでの 対話を通して、生徒が主体的に活動し、課題を追究したり解決を図ることを試みたり、将来の構想を練ったりする授業が想定されます。 座っているだけの授業であれば生徒は楽かもしれませんが、課題解決型の授業では座っているだけで終わりません。 本を読んで調べたり、地域調査を行ったり、レポートを書いたりなどをどこまで授業内でできるかという問題もあり、生徒が本気で取り組むほど授業外の活動が増える可能性があります。 そのため、 教科間の連携をとって生徒の負担が大きくなりすぎないようにすることが大切です。 少し負荷をかけることは生徒の力が伸びることにつながりますが、負担をかけすぎると生徒の主体性を損ねてしまいます。 また、限られた授業時間の中で、確かな知識及び技能の習得とのバランスをどう取っていくかも課題だと思います。 3 お茶の水女子大学附属高等学校におけるフィールドワークの実践 フィールドワーク(地域調査)は、一貫して地理教育の中で重要だと言われてきましたが、実際には安全面の問題や時間的制約などから実施していない高校が多かったと思います。 お茶の水女子大学附属高等学校では2015年度より親睦目的の2泊3日の学年合宿をフィールドワークに目的変更し、課題解決型の地理学習に活かすべく、毎年5月、入学間もない高校1年生が長野県諏訪地域を訪れています。 学習の大まかな流れは、まず事前学習において、 地域の情報や地理的特徴を収集した上で、 地域が抱える社会的な課題を発見し、その背景や解決に向けて実際に行われている取り組みを知ることから始まります。 そのうえで、 自分なりの課題解決に向けた考察を行い、生徒間で共有を行います。 現地調査では実際に自分の目で観察したり、聞き取りを行うことで新たな情報を収集し、地域をとらえ直すことで新たな課題を発見したり、より地域の現状を踏まえた課題解決を模索します。 事後学習では,自分の聞き取った内容や考察を班内や報告会の場で共有し、議論・発表することで考えを深めていきます。 フィールドワークにおける自分の行動を振り返ること、地域の方々へお礼状を出すことや多少なりとも 学習成果を地域へ還元することを心がけています。 高校生にとって、知らない大人から聞き取りを行うことは、はじめはとても難しいことのようですが、1回経験することにより自信がつき、 課題解決型の学習の面白さを生徒自身が感じることができます。 しかし、一番大きい効果は、地域の人とのつながりの中から社会に貢献したいという思いが生まれてくる、つまり 主体性が生まれることだと思います。 例えば、「想像以上に高齢化が深刻である」といった地域社会の現状を踏まえ、あらためて課題解決を考察できるようになっている生徒の成長を見ることができます。 地域の人々との交流や仲間との議論・協働作業が学びに向かう力の向上や人間としての成長に役立っているようです。 そうした経験をする中で、相手の立場や集団の中で立ち位置による違いなどを踏まえつつ、正しい情報をどう選択したらよいということ、自分に都合のいい意見だけ聞いて他の人の意見を無視してはいけないということなど、 多面的・多角的に課題を捉える力が身につく効果があります。 そのために生徒たちには、 過去の地図が課題解決に活かされた事例を紹介しています。 例えばジョン・スノーというイギリスの医師は、コレラの原因がわからなかった時代に感染地図を作り原因の解明に貢献しました。 日本でも、萩野昇医師の作成した地図がイタイイタイ病の原因究明に役立っています。 また、ハザードマップも有効な事例の1つです。 過去の被災地域とハザードマップの被害想定がほぼ一致していることを読み取っていくと、 「地図は防災にも役立つ」と実感するようです。 私は、GISの活用を学ぶことは大切だと思いますが、必ずしもパソコンを使わなくても良いと思っています。 2018年度日本地理学会秋季学術大会高校生ポスターセッションにおいて、「バーチャルウォーターと水問題」というテーマで探究を行なった本校2年生のグループが日本地理学会長賞をいただきました。 これは、生徒たちが手作業で地図上に統計情報を重ねていくことで水問題の分析を行ったアナログ版GISの技能と分析結果が評価されたものです。 GISの概念を理解することは生徒全員にとって必要ですが、GISの技能をどのレベルまで身につけるかは 学校や生徒の状況によると思います。 本校の場合、閲覧を主目的としたGISソフトは、普通教室で4人に1台のタブレットを用いて、手軽に活用しています。 一方、パソコンで地図化を行う作業については、情報科やその他教科の空き時間を縫う形でいかにコンピューター室を確保するかということから始まります。 また、Excel操作のおぼつかない高校1年生を対象に40人単位のクラスでそれぞれにGISソフト(本校ではMANDARA10を使用)を操作させようとすれば、教員一人での対応には限界があります。 幸い本校では情報科の教員が協力的であるため、各クラス1時間ずつサポートをお願いしています。 5 受験科目としての地理について 「地理総合」の必履修化によって、受験がどう変わるかは気になるところです。 今のセンター試験を見ていても地理は知識だけで解くことができる問題ではなく、 思考力が求められています。 ただ、知識と思考力のバランスをどう取るか、探究的な学びにどこまで時間をかけるのかという点は正直難しいと感じます。 6 教員に向けて 「地理総合」が必履修化されることで、地理を学んでいない先生が地理の授業をすることも増えると思います。 新しく地理をご担当する先生方には、まずは 先生ご自身が「楽しんで学んでください」とお伝えしたいです。 地理の教員はこれまで各学校に1人しかいないということが多く、わが身を振り返っても、自分の成果や試行錯誤を積極的に共有してこなかったのかもしれないという反省があります。 新しい地理の先生がたくさん加わることで、世代をこえて協働する機会が増えることと思います。 (2020年1月27日時点のものです) 8 編集後記 今回、沼畑先生にお茶の水女子高等学校の事例を紹介していただき、私自身も高校地理教員を目指している学生としてとても参考になりました。 2022年の「地理総合」必修化に向けて意味のある「地理総合」になるように学生の視点からアプローチしていきたいと思いました。 (EDUPEDIA編集部 辻・伊藤).

次の

表彰一覧

お茶の水 女子 大学 附属 高等 学校

【附属学校園保護者の皆さまへ】新型コロナウイルス感染防止に関するお知らせとお願い(第3報) 授業開始日の再延期に関するお知らせとお願い 2020年3月18日付けで授業開始日の延期等についてお知らせいたしましたが、新型コロナウイルス流行に関して厳しい状況が今も続いております。 一つのキャンパス内に集う大学と附属学校園に、公共交通機関を利用して通われている園児・児童・生徒・学生の安全を考慮し、授業開始日を5 月7 日(木)に再度延期することにいたしました。 なお、文部科学省等からの通知および状況の変化によっては、今後、予定をさらに変更する可能性があります。 詳細につきましては、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議等の提言を受けて各附属学校園から改めてお知らせいたします。 皆さまには、いろいろとご心配のこともおありかと思いますが、状況をご理解の上、子どもたちの命を守るために、ご協力下さいますよう、お願い申し上げます。 お茶の水女子大学長 室伏きみ子 2020 年 4 月 1 日 【令和2年4月入園・入学予定の附属学校園新入園児・児童・生徒および保護者の皆さまへ】 入園・入学式の中止に関するお知らせとお願い お茶の水女子大学は、令和 2 年 4 月に予定しておりました附属学校園の入園・入学式を中止することにいたしました。 門出を祝う最初の行事であることから実現の可能性を検討して参りましたが、新型コロナウイルスによる感染者が日増しに増加している状況のなか、新入生・保護者の皆さまのご健康を守り、新年度を万全の状態で臨んでいただくことを最優先に考え、このたびの決断に至りました。 皆さまには、状況をご理解の上、ご協力下さいますよう、お願い申し上げます。 文部科学省等からの通知および状況の変化によっては、今後予定を変更する可能性があります。 詳細につきましては、各附属学校園から改めてお知らせいたします。 なお、各附属学校園ホームページに情報を掲載する予定です。 あわせてご確認下さい。 お茶の水女子大学長 室伏きみ子 2020 年 3 月 18 日 【附属学校園保護者の皆さまへ】新型コロナウイルス感染防止に関するお知らせとお願い 2020年2月26日 1. 附属学校園の休校について 感染拡大を極力防ぎ、附属学校園の園児・児童・生徒の健康を守るために、本学としての責任と感染予防の観点から、令和2年2月28日 金 午後から、春休みの終了まで、附属幼稚園・附属小学校・附属中学校・附属高等学校を休校とすることにしました。 2. 普段の生活における健康管理 および各校園が発行する「保健だより」をお読み頂き、お子様の健康状態を細かくチェックして下さいますよう、お願い致します。 3. 児童・生徒の学習への影響が心配される場合の対応 休校措置によって、児童・生徒の学習に遅れが生じる可能性があり得ますが、その場合には、自宅学習(家庭学習)の課題などで対応します。 4. 卒業式についての特別措置 各附属学校園卒業式等については、以下の原則に則って実施することにします。 卒業年次の園児・児童・生徒とその保護者1名のみと教職員の出席で実施します。 また来賓の出席はありません。 卒業生ならびに保護者の席は、なるべく周囲に余裕を持って配置し、講堂等での換気には十分に留意しますので、暖かい服装でのご参加をお願いします。 式次第はなるべく簡素化して短時間で実施します。 5. 入学式についての措置 入学式については、状況の変化に応じて、延期も視野に入れて、実施する方向を考えています。 形式については、今後、検討の上お知らせ致します。 自身が発熱、あるいは感染を思わせる症状が生じた際のマニュアル 新型コロナウイルスの対応につきまして、本学でも諸々の対応をしているところ ですが、自身が発熱、あるいは感染を思わせる症状が生じた際の対応マニュアルを作成いたしましたので、そのような状況になった場合には、このマニュアルに沿って行動してください。 1) 1日目 発熱、せき、呼吸困難、倦怠感のいずれかが続くなど、 症状があった場合、まず学校の関係部署に連絡をして、自宅で安静。 附属学校園について お茶の水女子大学の附属学校園は長年にわたり、また時代に応じて、幼児・初等・中等教育において日本の教育実践を常にリードする役割を果たしてきました。 現在は大学や附属学校間の連携を一層深め、以下の役割を果たすことで、日本の教育界への貢献を果たしています。 普通教育として、日々の教育を通し、児童生徒の全人的な発達・成長を図ります。 大学教員との密接な連携・協力のもと、先進的で実験的な教育研究を行っています。 詳細はをご覧下さい。 附属学校園の教育成果についての論文は 公開研究会や学校参観の機会を通し、日々の実践や研究の成果を積極的に学外の教育関係者に発信しています。 附属学校園教材・論文データベースは。 本学所属の学部生・大学院生の教育実習を行うとともに、附属学校園の教員が大学の教職科目の一部を担当することで、実習をより有効かつ円滑に進めています。 お茶の水女子大学附属高等学校 校長 吉田 裕亮 副校長 溝口 恵.

次の

教材・論文データベース|お茶の水女子大学附属学校園

お茶の水 女子 大学 附属 高等 学校

内部進学者を除いた高校入学定員が60人程と狭き門なので、慶應女子と並ぶ最難関になる。 但し、慶應女子や他の早慶附属・系属校や他の国立や公立に合格した場合など入学辞退者も少なからずいる。 小さな頃から東大を目指そうかというような子の多くは、中高一貫校に通うことになる・・俗に言う女子御三家の桜蔭・女子学院・雙葉。 それら学校では高校入試が実施されていない。 つまり高校入試の偏差値とは無縁な人達がいるです。 高校入試が実施されている私立の中高一貫校で東大合格者が多いのは、豊島岡女子学園で偏差値73-74。 お茶の水女子大学との高大連携で10名の進学枠が有ったり、早慶の指定校があったりするので、学力優秀層がそちらに流れる傾向がある。 浪人覚悟でリスクを犯して何が何でも東大や医学部受験ということではなく、現役合格できる大学を志望している傾向が強いと想定される。 ちなみに、お茶の水女子大学の偏差値は66位ということだけど、レベルとしては筑波大学と同等。 筑波大学は旧・東京高等師範学校で、お茶の水女子大学は旧・東京女子高等師範学校。 桜蔭中学・高校は東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)の同窓会「桜蔭会」が寄付を募り設立されたもの。 あなたは大きな勘違いをしています。 中学受験偏差値と高校受験偏差値では10どころかもっと高校の方が高く出ます。 母集団が異なりますから。 お茶附属は高校で極めて少人数しかとりません。しかも全ての受験でもっとも高く偏差値がでる高校受験です。 また、国立大の場合、エスカレーターで進学できず一般入試です。東大はおろか上に進学できる人数も十人前後。 その背景には、放任実験中高のため、学校で受験対策がなく、幼稚園や小学校から上がってきたメンバーが大多数を占めますが、彼らが受けた試験なんて、三角と四角と円の図から三角はどれか選ぶレベルです。 お茶の附属高校から日大に現役ではいれたら優秀と言われます。 有名大学に入るのは中学や高校から外部から入った極少数であり、大多数をしめる4分の3以上にあたるメンバーは短大すら危うい学力レベルです。 なお、マーチの付属中学や高校も受験偏差値は70以上ですが大学偏差値は60程度かそれ未満です。 補足 国立大は私立大に偏差値を10プラスするのが妥当です。科目数が多ければ多いほど、算出上、偏差値は低く出ます。 同じ国立でもセンターも三科目で受けられる首都大学東京の人文系などは私立並みに偏差値が高くでています.

次の