えいごであそぼ 今月の歌。 ATTIC INC.

えいごであそぼ 7月の歌編: 英語で子育て実況中継

えいごであそぼ 今月の歌

2016年9月に「えいごであそぼ with Orton」が放送され、2017年度よりレギュラー番組として昇格した。 出演者は前番組から総入れ替えされ、番組表の上でも新番組(前番組とは別の番組)扱いとしている。 も実施しており、番組の最後には青、赤、緑の3つのクジラのうちお題の単語(1回しか言わないので注意が必要。 )を言ったクジラを当てるクイズもある。 番組終了時にはオートンが手を振るシーンで番組が終了する。 大きなの上に建つ町「オートンタウン」を舞台として、大人や子供たちが英語の音で遊ぶ内容。 実験・・で英語の発音を教える番組。 出演者・キャラクター [ ] レギュラー出演 [ ] ジェイソン博士(Dr. Jason) 演 - 森の中で暮らすをした謎の博士。 一人称は「僕」。 名前は芸名から。 様々な言葉を話す人達がコミュニケーションをとれるよう、英語の音を上手く出せるマシンを日々開発している。 好きな食べ物は。 ニック(NICK 演 - ニコラス・ノートン ジェイソン博士の助手。 アヤカ AYAKA 演 - ジェイソン博士の助手。 きらり(KIRARI) 演 - 物語開始の前日に引っ越してきた、ゆうきの妹。 一人称は「私」または「きらり」。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦する。 スタジオの衣装が2017年度・2018年度・2019年度で異なる。 はくと(HAKUTO) 演 - 2018年度から登場した子供。 一人称は「僕」。 JASONが書いたチラシを見て実験室にやってきた。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦する。 スタジオの衣装は2018年度と2019年度で異なる。 さくら(SAKURA) 演 - 2018年度から登場した子供。 JASONが書いたチラシを見て実験室にやってきた。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦する。 が大好き。 スタジオの衣装は2018年度と2019年度で異なる。 コーナー出演 [ ] カーリー Karlee 演 - 日本が大好きな不思議な少女。 しょっちゅうオートンタウンを抜け出し、視聴者の町へ遊びに行く。 キース(KEITH) 演 - 楽器を使わずに体で音を出すで、1週間で出てきた英語の発音が含まれる単語を並べて歌にする。 イラストとコントもある。 あおやん 声 - 加藤貴博 関西弁で話す青い鳥のキャラクター。 四角いメガネをかけている。 英語の発音が苦手。 データ放送にも登場している。 2019年度では人形で登場している。 ピーチー(PEACHY) 声 - ピンク色の鳥のキャラクター。 英語の発音にこだわっている。 間違った発音をするとすぐに叱る。 データ放送にも登場している。 2019年度では人形で登場している。 オートン(ORTON) 声 - のキャラクター。 冒頭ナレーション、コーナーのナレーションも務める。 番組の途中にも登場する。 データ放送のコーナー終了後(番組の一番最後)に手を振る。 過去の出演者 [ ] 2017年度 [ ] ゆうき(YUUKI) 演 - 英語を話せない子供。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦してきた。 物語開始の前日に引っ越してきた。 きらりの兄。 2018年は4月からはくとと入れ替わる形でレギュラーから離れたが、金曜日のロケコーナーに不定期に出演することがあった。 あいる (AIRU) 演 - 英語を話せない子供。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦してきた。 もとからオートンタウンの住人である。 2018年は4月からさくらと入れ替わる形でレギュラーから離れたが、金曜日のロケコーナーに不定期に出演することがあった。 りえ先生 演 - 「オートンタウン体操クラブ」の講師。 博士の実験で登場した動きをエクササイズに取り入れ、毎週オリジナルの体操を披露する。 2017年度のみ登場。 パイロット版の出演者 [ ] 2015年度・2016年度 [ ] けい(KAY) 演 - オートンという名の大きなクジラの上に建つ「オートン・タウン」の住人。 英語を話せない子供。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦する。 スペースクラフトジュニア所属。 、、ベネッセ、、マクドナルド等で活躍。 ロミオ(ROMEO) 演 - オートンという名の大きなクジラの上に建つ「オートン・タウン」の住人。 父親が米国人・母親が日本人のハーフだが、英語を話せない子供の設定。 ジュネス所属。 あいる(AIRU) 演 - オートンという名の大きなクジラの上に建つ「オートン・タウン」の住人。 英語を話せない子供。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦する。 2017年度からのレギュラー版えいごであそぼ with Ortonも継続して出演する。 特技がチアダンスだけあって、ダンスは群を抜いている。 シュガーアンドスパイス所属。 モデルを中心として、、、、等で活躍。 キース KEITH 演 - 楽器を使わずに体で音を出すで、英語の発音が含まれる単語を並べて歌にする。 NY・『』出身の世界的パフォーマー。 2016年度 [ ] りえ先生 演 - 日本体育大学の荒木達雄教授監修のオリジナル体操を「りえ先生」となって、オートン・タウンの子供たちと一緒に披露する。 2019年4月の歌「SPRING IS HERE! スタッフ [ ]• 総合指導 -• 脚本 - 山田正、日暮美佐、チャド・マレーン 2019年度 -• アートディレクション - モチヲ• 人形操作 - がこさく、中山正子• 人形制作 - スタジオ・ノーヴァ• 実験監修 - 荒井隆行• 体操監修 - 荒木達雄 2017年度• 音楽 - 飯田具延、THE SOUND ROOM• 音楽ディレクター - ノダマサユキ• 音楽制作 - ATTIC INC. 制作 - 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

キラリ(村山きらり)のえいごであそぼの歌が可愛すぎる!動画はある?

えいごであそぼ 今月の歌

2016年9月に「えいごであそぼ with Orton」が放送され、2017年度よりレギュラー番組として昇格した。 出演者は前番組から総入れ替えされ、番組表の上でも新番組(前番組とは別の番組)扱いとしている。 も実施しており、番組の最後には青、赤、緑の3つのクジラのうちお題の単語(1回しか言わないので注意が必要。 )を言ったクジラを当てるクイズもある。 番組終了時にはオートンが手を振るシーンで番組が終了する。 大きなの上に建つ町「オートンタウン」を舞台として、大人や子供たちが英語の音で遊ぶ内容。 実験・・で英語の発音を教える番組。 出演者・キャラクター [ ] レギュラー出演 [ ] ジェイソン博士(Dr. Jason) 演 - 森の中で暮らすをした謎の博士。 一人称は「僕」。 名前は芸名から。 様々な言葉を話す人達がコミュニケーションをとれるよう、英語の音を上手く出せるマシンを日々開発している。 好きな食べ物は。 ニック(NICK 演 - ニコラス・ノートン ジェイソン博士の助手。 アヤカ AYAKA 演 - ジェイソン博士の助手。 きらり(KIRARI) 演 - 物語開始の前日に引っ越してきた、ゆうきの妹。 一人称は「私」または「きらり」。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦する。 スタジオの衣装が2017年度・2018年度・2019年度で異なる。 はくと(HAKUTO) 演 - 2018年度から登場した子供。 一人称は「僕」。 JASONが書いたチラシを見て実験室にやってきた。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦する。 スタジオの衣装は2018年度と2019年度で異なる。 さくら(SAKURA) 演 - 2018年度から登場した子供。 JASONが書いたチラシを見て実験室にやってきた。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦する。 が大好き。 スタジオの衣装は2018年度と2019年度で異なる。 コーナー出演 [ ] カーリー Karlee 演 - 日本が大好きな不思議な少女。 しょっちゅうオートンタウンを抜け出し、視聴者の町へ遊びに行く。 キース(KEITH) 演 - 楽器を使わずに体で音を出すで、1週間で出てきた英語の発音が含まれる単語を並べて歌にする。 イラストとコントもある。 あおやん 声 - 加藤貴博 関西弁で話す青い鳥のキャラクター。 四角いメガネをかけている。 英語の発音が苦手。 データ放送にも登場している。 2019年度では人形で登場している。 ピーチー(PEACHY) 声 - ピンク色の鳥のキャラクター。 英語の発音にこだわっている。 間違った発音をするとすぐに叱る。 データ放送にも登場している。 2019年度では人形で登場している。 オートン(ORTON) 声 - のキャラクター。 冒頭ナレーション、コーナーのナレーションも務める。 番組の途中にも登場する。 データ放送のコーナー終了後(番組の一番最後)に手を振る。 過去の出演者 [ ] 2017年度 [ ] ゆうき(YUUKI) 演 - 英語を話せない子供。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦してきた。 物語開始の前日に引っ越してきた。 きらりの兄。 2018年は4月からはくとと入れ替わる形でレギュラーから離れたが、金曜日のロケコーナーに不定期に出演することがあった。 あいる (AIRU) 演 - 英語を話せない子供。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦してきた。 もとからオートンタウンの住人である。 2018年は4月からさくらと入れ替わる形でレギュラーから離れたが、金曜日のロケコーナーに不定期に出演することがあった。 りえ先生 演 - 「オートンタウン体操クラブ」の講師。 博士の実験で登場した動きをエクササイズに取り入れ、毎週オリジナルの体操を披露する。 2017年度のみ登場。 パイロット版の出演者 [ ] 2015年度・2016年度 [ ] けい(KAY) 演 - オートンという名の大きなクジラの上に建つ「オートン・タウン」の住人。 英語を話せない子供。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦する。 スペースクラフトジュニア所属。 、、ベネッセ、、マクドナルド等で活躍。 ロミオ(ROMEO) 演 - オートンという名の大きなクジラの上に建つ「オートン・タウン」の住人。 父親が米国人・母親が日本人のハーフだが、英語を話せない子供の設定。 ジュネス所属。 あいる(AIRU) 演 - オートンという名の大きなクジラの上に建つ「オートン・タウン」の住人。 英語を話せない子供。 博士が開発した実験道具で英語の音に挑戦する。 2017年度からのレギュラー版えいごであそぼ with Ortonも継続して出演する。 特技がチアダンスだけあって、ダンスは群を抜いている。 シュガーアンドスパイス所属。 モデルを中心として、、、、等で活躍。 キース KEITH 演 - 楽器を使わずに体で音を出すで、英語の発音が含まれる単語を並べて歌にする。 NY・『』出身の世界的パフォーマー。 2016年度 [ ] りえ先生 演 - 日本体育大学の荒木達雄教授監修のオリジナル体操を「りえ先生」となって、オートン・タウンの子供たちと一緒に披露する。 2019年4月の歌「SPRING IS HERE! スタッフ [ ]• 総合指導 -• 脚本 - 山田正、日暮美佐、チャド・マレーン 2019年度 -• アートディレクション - モチヲ• 人形操作 - がこさく、中山正子• 人形制作 - スタジオ・ノーヴァ• 実験監修 - 荒井隆行• 体操監修 - 荒木達雄 2017年度• 音楽 - 飯田具延、THE SOUND ROOM• 音楽ディレクター - ノダマサユキ• 音楽制作 - ATTIC INC. 制作 - 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

えいごであそぼ 7月の歌編: 英語で子育て実況中継

えいごであそぼ 今月の歌

「えいごであそぼ」2015年11月のうたは『COLORFUL AND BEAUTIFUL』です。 カラフルとかビューティフルって、ふだんからよく耳にする言葉ですよね。 もはや日本語化しちゃってるというか。 カタカナで書いてもじゅうぶん意味が通じます。 ピンク、グリーン、イエロー、ホワイト、オレンジ、パープル・・・ そのタイトルのとおり、今回の『COLORFUL AND BEAUTIFUL』の歌詞のなかには、いろんな色が出てきます。 『COLORFUL AND BEAUTIFUL』 作詞:ブライアン・ペック 作曲:赤坂 東児 歌:KIKO さわやかすぎるKIKOおねえさん この『COLORFUL AND BEAUTIFUL』の映像で印象的なのは、たくさん出てくる色とりどりの風船です。 KIKOおねえさんがいるのは白っぽいお部屋のなか。 床のフローリング材まで白だし、さりげなく本棚が白い壁に埋め込んであったり、ナチュラルテイストでおしゃれ!って感じなんですけどね。 その、シンプルなまでに白い背景がカラフルな風船の色を引き立ててるんですよね。 映像はさながらKIKOおねえさんのイメージビデオ。 ゆったりした曲調にのせて、言葉をひとつひとつ、丁寧に歌っていきます。 この色もこの色も可愛い!ってつぶやきながら、ウフフって感じで風船をつついてるようなさわやかなイメージです。 歌の最初、コーラスに続いて「Which one do you like? 」って問いかけるようなセリフではじまるあたりも、ちょっとさわやかさ狙ってる?って思いましたけどね。 素敵なKIKOおねえさんをたっぷり満喫させていただきました。 ちなみにこの『COLORFUL AND BEAUTIFUL』、穏やかでゆったりとしているので、番組のコーナーの合間に自然に流れていく感じで、あまりインパクトはないんですよね。 6歳坊主は「風船のうた?」って言ってました。 風船?そこですか?? 3歳坊主にはまるで空気みたいに扱われていました。 ごめんKIKOおねえさん。 着ぐるみキャラクターのBEAやBOもいないし、ここが面白い!とか笑える!とか、そういうツボにはまるポイントが無いと、子どもの印象には残りにくいのかもなぁ。 大人のテレ子の方が楽しんでたかもしれないです。 公式サイトの「うた」のURLが今月から変わりました ところでNHK公式サイトでは今月のうたの画像や歌詞が見られるようになっています。 「えいごであそぼ」のページの下の方にある「うた」というボタンを押すと、小さなウィンドウが開くんです。 その「うた」のページのURLが今月から変更になりました。 って言っても、このスマホ全盛時代に誰もURLなんて気にしてないと思いますけど。 相変わらず重箱の隅をつつきまくるブログですいません。 例えば、先月のうたのURLはこうだったんです。 最後の「1510」が年・月をあらわしていたわけですね。 だから、前月までの分を見たい場合は、ここの数字だけ変更すれば良かったんです。 でも今月からはこうなってしまいました。 「1511」の後に文字列がくっついてますね。 ということで、URLを直接入力して、過去の月のうたのページを見に行くということができなくなってしまいました。 ちょっとした違いに思えるんですけど。 これ、PC派にとってはけっこう重要な変更事項ですよ。 といっても別に、過去のページを隠すためってわけじゃないでしょうけどね。 制作側にしてみれば、ファイル名をぱっと見ただけでどの歌のことなのか分かれば便利になる、って思っただけのことかもしれませんし。 もし過去のうたのページを見られなくしようという意図があるなら、むしろファイルごと削除するべきでしょうからね。 ということで、ページ自体はちゃんとインターネット上に存在していますので、検索すればわりと簡単に見つかると思います。 うたのタイトルを忘れちゃった場合は、ちょっと探すのが難しいかもしれませんけど。 というわけで毎月、URLを残しておいた方がいいのかな。 「えいごであそぼ」2015年11月のうた『COLORFUL AND BEAUTIFUL』はこちらです。 翌月のうたに変わってしまうと公式サイトからのリンクが消えちゃうんだけど、こうやってメモっとけばいつでも見れるはず(消されない限り)。 カラフル。 関連記事 suna622.

次の