おおく ぼ きよし。 大久保清

☆氷川きよしについて☆

おおく ぼ きよし

西川きよしが三重で地元のおもてなしを受ける! 「西川きよしのご縁です!」が帰ってきた! 今回は過去レギュラー放送の10年間でもお邪魔することが出来なかった三重県尾鷲市へ。 番組は信長に仕えた九鬼嘉隆のお膝元、九鬼漁港からスタート。 まずは港にある町内放送用のスピーカーを使って師匠が「西川きよしがお邪魔しております!皆様良ければ地元のおいしい食材をお持ちになって港にお集まり下さい!」と挨拶。 アナウンス効果もあり、この時期にブリやカツオなど大型魚が水揚げされる港で、地元の漁師から獲れたての鮮魚をご馳走して頂く。 すると地元のお母様方からも野菜や果物と、突然の差し入れが次々とやってくる。 尾鷲の総氏神として地元内外から親しまれている神社。 境内にある2本の大樟(おおくす)は三重県指定の天然記念物とされ、お参りすると縁結びのご利益があるとされている。 「もう一度幸せにならなあかん!」と陣内智則にお参りを勧める師匠。 また港を守る神ならでは、この日揚がったカツオが奉納される。 尾鷲一押しのマダカしゃぶしゃぶを頂く。 地元で育てられたマダカはクエに似た食感。 店主と尾鷲節の話題となり、店内の客も一緒に尾鷲節を熱唱することに。 すると突然アコーディオンの地元流しが登場、師匠も一緒に昭和歌謡に転じていく。 鰹節を売る歴史あふれる店。 4代目大瀬勇人さん、5代目大瀬邦裕さんから店の歴史を聞きながら削りたての鰹節を頂く。 また鰹節をおいしく食べられる料理を紹介してもらい代々受け継がれる鰹節への想いを聞く。 【出演】西川きよし、峰竜太、酒井美紀、陣内智則 第346回 オール巨人、米良美一が愛知・常滑市へ! 第345回 オール阪神、国生さゆりが中津川・加子母へ! 第344回 デヴィ夫人、板尾創路が岐阜・瑞浪市 隠れ名所巡りの旅へ 第343回 峰竜太、未知やすえと愛知・岡崎市へ! 第342回 中川家と愛知・新城市へ! 第341回 板尾創路と岐阜・鵜沼宿~加納宿へ! 第340回 未知やすえと長野・大鹿村へ! 第339回 西川きよし&西川ヘレンが愛知・豊田市へ! 第338回 板尾創路、はしのえみが三重・伊賀市へ! 第337回 五木ひろし、オール巨人と岐阜・可児市へ! 第336回 国生さゆり&板尾創路が三重・亀山市へ! 第335回 白川郷・奥美濃スペシャル第一弾! 白川郷・御母衣へ。

次の

氷川きよし|日本コロムビア

おおく ぼ きよし

山陽新幹線が全線開通した1975年。 北海道を舞台にした「石狩挽歌」が大ヒットした。 石川さゆり、、細川たかし、、水森かおりなど、あまたの歌手がカバーしているが、最初に歌ったのがこの人、北原ミレイさん(67)。 ドスが利いた歌声は強く耳に残っている。 そして、そこには最初、作詞者・なかにし礼さんと作曲者・浜圭介さんの名前が刻まれていた。 「あれは礼先生が最初ので闘病中の12年の初夏だったと記憶してます。 先生は『石狩挽歌』のヒットは作詞者、作曲者、歌手の三位一体の成果だとずっと思ってくださってたんですって。 実際、その年のうちにワタシの名前が『創唱』の肩書で彫られました。 たくさんの歌手の方がカバーされてる中で、最初に歌ったという意味だそうです。 これほど名誉なことはないと、今でも思い出すたびにウルウルしちゃいます」.

次の

長良グループ

おおく ぼ きよし

氷川きよしさんを応援し、その魅力を語り合いたいという志を同じくする皆さまを代表して、とねりこが管理人をお引き受けしています。 氷川きよしさんに関することであれば、どなたでもご自由に投稿してください。 ただし、著作権、肖像権等、他者の権利を侵害する恐れがあるもの、特定の個人を攻撃または中傷する内容の投稿は、固くお断りします。 また、他のファンサイトへの誘導を目的としたURLの貼りつけもご遠慮いただきます。 これらに該当するもの、及び閲覧者に不快感を与えると判断した書きこみについては、とねりこの管理人権限で削除または非表示とさせていただきます。 上記のお約束をお読みいただいた上で、氷川きよしさんについて楽しく和やかに語り合える場として長く継続出来ますよう、皆さまのご協力をお願いいたします。 楽しみに待ってた「J-Pop Talkin」、じっくり聴かせて頂きました。 田家さん、とても含蓄のある言葉できよしクンを語って下さいましたね、聴き応えありました。 きよしクンのフレディ マーキュリーの苦しみ、哀しみを表現する時の「たとえ4畳半一間でも愛する人と?。 」という言葉には泣けました。 好きで選んだ道とはいえ 商品としての歌手には許されない事も多いのでしょうね。 スケールは違っても共感する部分は多いのでしょう。 其れときよしクンが「演歌歌手 氷川きよし」では無く「アーチスト」でありたいと願うもう一つの理由は、演歌歌手であった場合は民放の音楽番組になかなか出演出来ない、という現実も大きかったのではないでしょうか。 現に脱皮した今だからこそ「M ステーション」にも「SONGS」にも「The Covers」にも出演出来たわけで。 そしてあの年末最大の番組でもあれ程話題を集めた曲を歌うのにも拘らず、フルで歌う時間はもらえませんでした。 未だ完全に脱皮してないという事だったのか。 此れまでも 若いキャリアの短いポップス歌手でさえフルで歌えるのに演歌というだけで歌唱時間をカットされるという口惜しさは長年、ファン共々 味わって来ましたよね。 そういう意味でもきよしクンのことは今後は「アーチスト」「歌手氷川きよし」でいいですよね。 生憎の日曜の朝。 kiiさんの コレマデに 深く頷き コレカラにワクワクして…。 田家さんのラジオまだ聴いてませんがとねりこさんのコメントでおおよそ把握させて頂きました。 ジャンル分けをすることで失ったことも多々あるかもしれません。 多くの才能の芽が世に出なかったことも。 ひばりさんのお話し、ひばりさんの生きた時代が違っていたら単に「演歌の女王」ではなく世界に羽ばたかれたかもしれませんね。 コロムビアの後輩でひばりさんとの縁の深い長良会長がきよしくんに託した夢「男版ひばり」という願いもありましたよね。 これからジャンルの壁、性別の壁、人種の壁、世代の壁等いろんな壁を乗り越えてきよしくん、kiiさまがどんな道を切り拓いてくださるか楽しみだなあと。 ところで下村先生のインスタでのバースデーケーキを持った2ショットいいですね、先生おめでとうございます、これからもきよしくんをよろしく。 そしてMF、大好きなあの曲もたのしみ、歌謡曲っぽいノスタルジーがありますね。 うたコンの久しぶりの「母」も。 投稿者: とねりこ 投稿日:2020年 6月28日 日 07時42分29秒 昨日の田家秀さんのJ-POP TALKIN'、きよしくんインタビューの後編、とてもよかったです。 インタビュー後の田家さんの感想、穏やかで静かな口調でしたが、おっしゃった言葉の中身はとても深いと思いました。 演歌も覚悟して歌ってきたから言える、ということでもあるんでしょうね。 そういう意味では、演歌もポップスもロックも根源にあるのはおんなじなのではないかと感じさせる曲ですね。 「白雲の城」と「ボヘミアン・ラプソディ」は僕は共通しているという風に思っています。 演歌、ポップス、歌謡曲と日本の音楽家はすぐ分けますけれども、そうやって分けてきたことの不幸というのもいっぱいあるんだということもあらためて考えてみるといいんではないでしょうか。 それを乗り越えようとしたのが美空ひばりさんでありました。 ひばりさんがなし遂げられなかった「あらゆるジャンルを乗り越えて歌を届ける」ということを、その道をきよしくんは突き進んでいこうとしています。 トークの最後にひばりさんのお名前を出されたことで、田家さんはきよしくんの「覚悟」にひばりさんの姿を重ね合わせていらしたのではないかな?と、そんな気がしました。 2018年の最初のインタビューでの田家さんの感想がこちらにあります。 田家さんにはこれからもきよしくんの挑戦を見守っていただきたいなと思います。 私はそういう形できよしくんの歌に遭遇したのは初めてでした。 わんわんさん、クニコさんのボーカルレビューとmi-mollet 山崎恵さんのブログのご紹介をありがとうございます。 仕事帰りにチェックしないと! そして夜はNACK5「J-POP TALKIN'」、田家さんのきよしくんインタビュー後編。 この曲に関しては称賛される一方でツイッターなどでは日本語で歌うなんてとか直訳過ぎて曲の雰囲気を壊す(湯川先生がクイーン側の要望に応えてあえてオリジナルに忠実な直訳にされた経緯があるわけで)だとか言いたい放題つぶやく方もおられます、まあ感じ方はそれぞれなので仕方ありませんが。 そんな中でクニコさんが日本語の「ボヘミアンラプソディー」は氷川きよしにか歌えないだろうときよしくんの歌手としての力量を認めて称えて下さったことがほんとにうれしいですよね。 ところで我が家にも写真集、届きました。 ゆっくりあとで見ましょう。

次の