図書館 熊本。 公立大学法人熊本県立大学

データベース

図書館 熊本

タイトル 同時利用数 備考 学内 2ユーザ 約50種類の辞事典、叢書、雑誌が検索できる国内最大級の辞書・事典サイト。 右上の「ログインする」よりご利用ください。 なお、利用後は必ず「ログアウト」してください。 雑誌「東洋経済新報」と「週刊東洋経済」の検索も可能です。 学内 2ユーザ 雑誌「東洋経済新報」と「週刊東洋経済」の検索が可能。 <明治28 1895 年~平成27 2015 年> 右上の「ログインする」よりご利用ください。 なお、利用後は必ず「ログアウト」してください。 学内 経葉デジタルライブラリ 4ユーザ HBR誌の日本語版「DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー」の検索が可能。 学内 経葉デジタルライブラリ 4ユーザ 経済専門雑誌「週刊ダイヤモンド」の検索が可能。 学内 経葉デジタルライブラリ 4ユーザ 日本で最初のグラフ誌「風俗画報」の検索が可能。 <1889年~1916年> 学協会刊行物・大学研究紀要・国立国会図書館の雑誌記事索引データベースなど、学術論文情報を検索の対象とする論文データベース・サービス。 科学技術情報発信・流通総合システム。 日本の学協会が出版した最新の論文を簡単に検索し、閲覧することができる。 日本文学研究論文の総合目録データベース(明治・大正・昭和・平成)。 国文学研究資料館で所蔵している日本国内で発表された雑誌紀要単行本(論文集)等に収められた、日本文学・日本語学・日本語教育の研究論文に関する情報を掲載。 日本の学術機関リポジトリ 大学等の研究機関が、その知的生産物を電子的形態で集積し、保存し、無料で公開するために設置する電子アーカイブシステム に蓄積された学術情報(学術雑誌論文、学位論文、研究紀要、研究報告書等)を横断的に検索できるサービス。 Googleが提供する学術論文検索用エンジン。 タイトル 同時利用数 備考 学内 1ユーザ 法人税法・所得税法・相続税法・消費税法をそろえた税務と会計のデータベース。 右上の「ログイン」よりご利用ください。 学内 1ユーザ 法情報の総合データベース。 法令・判例・文献情報などの総合的な検索が可能。 学内 10ユーザ 明治8年の大審院判例から今日までの判例全文等を網羅的に収録したデータベース。 公的判例集データベースともリンクしている。 使い方はをご覧ください。 学内 5ユーザ 法律文献と判例評釈情報に特化した文献情報を検索できるデータベース。 学内 10ユーザ 法令データベース。 過去の法令履歴検索も可能。 使い方はをご覧ください。 学内 10ユーザ 公的判例集24誌をデータベース化し、原本PDFが閲覧可能。 学内 10ユーザ 16の法分野別に、注目の判例や重要な判例の解説を提供するロージャーナル。 学内 日本法の総合オンラインデータベース。 法令、判例、書籍・雑誌・文献情報、司法行政ニュースなど、多様な法律情報、資料群を収録し、総合的な検索が可能。 学内 アメリカ法を中心とする法情報オンラインサービス。 中央経済DBライブラリー タイトル 同時利用数 備考 学内 学内 現代英英辞書。 現代語辞典と言語レファレンスを収録。 学内 コーパスとは:英語の新聞、雑誌、本などに書かれている中身や、文字化した話し言葉を大量に集め、コンピュータでいろいろ検索・分析して調べられるようにしたデータベース。 英語のよく使われる表現を、検索して簡単に調べてみつけることができる。 世界各国の憲法.

次の

菊陽町図書館

図書館 熊本

【本を借りるときは、図書館カードが必要です】 熊本市内にお住まいの方、市内に通勤・通学されている方、熊本市と図書館広域利用の協定締結をしている下記の市町村にお住まいの方であれば、どなたでも無料で図書館カードをつくることができます。 《宇土市・大津町・嘉島町・菊池市・玉東町・甲佐町・高森町・西原村・南阿蘇村・御船町・山都町》(令和元年2月1日現在) 図書館カードをつくる際は、住所を確認できるものが必要となります。 免許証や保険証などをお持ちください。 通勤・通学の方は、勤務先・通学先が熊本市内であることがわかるものをあわせてお持ちください。 この図書館カードは、プラザ図書館のほか、市立図書館(本館)、植木図書館、城南図書館、とみあい図書館、各公民館図書室、はあもにい(男女共同参画センター)、移動図書館でも利用できます。 【本を借りるとき(貸出)】 「借りたい本」と「図書館カード」を、3階か4階の総合カウンターにお持ちください。 また、3階、4階の各フロアに設置してある自動貸出機でも、貸出し手続きを行うことができます。 【貸出冊数・期間】 図書館(室)名 冊数 期間 プラザ図書館 市立図書館(本館) 植木図書館 城南図書館 とみあい図書館 公民館図書室 はあもにい(男女共同参画センター) 議会図書室(予約本のみ) 全館あわせて 1人10冊まで 2週間以内 移動図書館 全館あわせて 1人10冊まで 次回巡回日まで 【本を返すとき(返却)】 返却時間内は、3階か4階の総合カウンターにお返しください。 プラザ図書館の休館日や開館時間以外は、プラザ2階・返却ポストへお返しください。 返却の際は「図書館カード」は必要ありません。 返却は、家族や知り合いの方に頼んでもかまいません。 ただし、返却手続きが完了するまでは本を借りた方の責任になりますので、ご注意ください。 なお、市立図書館(本館)、植木図書館、城南図書館、とみあい図書館、各公民館図書室、はあもにい(男女共同参画センター)、移動図書館であれば、借りた場所に関係なくどこでも返却できます。 ただし、 熊本県立図書館へはご返却いただけませんのでご注意ください。 【借りた図書資料を紛失または汚損・破損した場合】 「熊本市立図書館資料の弁償に関する要綱」に定めてあるとおり、紛失等した場合は弁償になります。 汚損・破損の場合には修復ができない状態で、本文の文脈(意味内容のつながりぐあい)が分からなくなる場合は弁償になります。 その際には、必ず職員にご相談ください。 <弁償について> 1.1ヶ月以内に弁償していただきます。 2.紛失・汚損・破損した資料と同一の資料をもって弁償していただきます。 3.同一の資料が入手できないときは、当該資料の本体価格以上で、内容が当該資料と類似の資料で弁償していただきます。 ただし、類似資料については、汚損・破損した部位の弁償となりますので、当該資料(汚損・破損した資料)は渡せませんので、ご了承ください。 【図書館の本は予約ができます】 一部の貸出禁止本を除き、図書館・図書室に所蔵している本は予約ができます。 <予約方法> 1.予約申込書を図書館(室)の窓口に提出。 2.図書館(室)に設置している蔵書検索機による予約。 3.インターネット(図書館ホームページ)による予約。 4.インターネットによる予約ができない方を対象にした電話による予約(事前にカウンターで登録が必要です)。 2.延滞の本がある場合は、予約することができません。 3.貸出準備ができた連絡の受取方法を必ず選択してください。 予約本の受取りは、貸出準備ができた連絡(電話・メール)があった後になります。 お受取りの際は、図書館(室)が開館していることを確認のうえお越しください。 【貸出延長】 インターネットから貸出延長ができます。 (延長は1回のみです。 ) また、延長できるのは、以下の本です。 ・返却期限を過ぎていない本 ・他の人の予約が入っていない本 インターネットでの貸出延長の操作は以下の通りです。 延長したい資料の「貸出延長」ボタンをクリックします。 延長後の返却予定日をご確認ください。 「貸出延長」ボタンをクリックしてください。 【コピーサービス】(要申込) プラザ図書館の本や新聞などに限り、著作権法の範囲でコピーができます。 3階でのコピーは3階総合カウンターに、4階でのコピーは4階総合カウンターにお申し出下さい。 コピー料金 モノクロ 10円 カラー 30円 ご自身の持ち込み資料(私物)をコピーすることはできませんので、ご注意ください。 【レファレンスサービス・レフェラルサービス】 レファレンスサービス(reference service)とは、図書館の資料を使って調べものや資料・情報探しのお手伝いをするサービスのことです。 日常の暮らしの中で生じた疑問の解決や仕事上での調査・研究に必要な資料や情報の紹介をいたします。 本を探しているときや、調べたいことがあるときは、お気軽に職員にお尋ねください。 ただし、医療・健康相談、身上相談、美術品の鑑定など、お答えできないものもあります。 レファレンスサービスの事例については、以下のリンクより検索が可能です。 また、レフェラルサービス(referral service)とは、調べものの依頼に応じ、必要とする情報の情報源となりうる人や機関・組織をお知らせするサービスです。

次の

ご利用案内 | プラザ図書館

図書館 熊本

(再掲)リサイクル雑誌等の無料配布を行います 図書館では、保存年限の過ぎた雑誌や、定期的に新しい本が発行される本(『るるぶ』、『地球の歩き方』など)、寄贈された本を無料で配布します。 ご注意ください。 [ご来場に際してのお願い] ・検温、ヘルスチェックシートの記入をお願いします。 (発熱のある方の入場をお断りします) ・マスクの着用、手指の消毒をお願いします。 ・体調不良の方は来場をお控えください。 ・その他、感染症対策にご協力ください。 16:44 図書館サービスの一部利用再開について(6月24日から) 図書館について、令和2年6月24日(水)から一部の利用を再開します。 (ただし、今後の状況等によっては、変更となる場合があります。 ) 6月24日(水)から以下の利用を可能とします。 ただし、感染防止策として、椅子、机、機器の利用については、利用できる座席や機器数を減らします。 また、館内滞在時間は 60分を目安としてください。 ご協力をよろしくお願いします。 【6月24日から利用可能なもの】 ・館内での新聞・雑誌・図書の閲覧 ・ 館内での学習(混雑を避けるため、当面の間、 菊陽町民のみとさせていただきます。 ) ・インターネット端末(30分以内) 【引き続き利用中止とするもの】 ・社会人ルーム、グループ学習室の使用 【図書館利用にあたって、ご協力いただきたいこと】 ・ご自身の体調に不安がある場合、また、風邪の症状や発熱がある場合には、来館をお控えください。 ・感染予防のため、 60分を超える長時間の滞在はお控えください。 ・図書館設置の消毒液をご使用いただくとともに、うがい・手洗い・咳エチケットの励行をお願いします。 ・マスクの着用をお願いします。 ・職員は、マスクを着用して対応いたします。 ・定期的に窓を開け、換気いたします。 ・「おはなし会」は、当面中止します。 【開館時間】 午前10時から午後6時まで(当面の間、木曜日の夜間開館は中止します) 【休館日】 毎週火曜日、毎月第3水曜日 ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。 15:21.

次の