アンドレ キャメル。 名探偵コナンの登場人物の知力(頭の良さ)ランキングできたぞwwwwwwwwwwwwww

【名探偵コナン】アンドレ・キャメルは無能でミスをする?声優や年齢も紹介!

アンドレ キャメル

〜もくじ〜• アンドレ・キャメルとは? では、まずアンドレ・キャメルについておさらいしましょう。 冒頭で紹介した通り、 アンドレ・キャメルはFBIの捜査官 です! ドイツ系のアメリカ人であり、27歳独身であるキャメル。 人相は良くないものの、性格は穏やかで心優しい男性です。 パット見、27歳にはとても見えないですけどね(笑)まぁ「外国人は老けて見えやすい」という理論だと思っておきましょう。 キャメルは、 ドライブテクニックは、FBIの中でもピカイチ。 本人も自信を持っていて、幾度とFBIのピンチを救っています。 トレーニングが趣味で、筋肉隆々。 身体能力も高い捜査官です。 アンドレ・キャメルの初登場は? では早速、アンドレ・キャメルが初めて登場した回についてご紹介します。 それがこちらです! ・コミック58巻File. 1-59巻File. ここで今回、増員されたFBI捜査官こそ、アンドレ・キャメルでした。 「キールを再びスパイとして潜入させる」という 赤井秀一からの極秘ミッションの元、動いていたキャメル。 味方の捜査官を欺き、自慢のドライブテクで、見事にミッションを成功させることができました。 大切な任務を託すことから、赤井がどれだけキャメルを信頼しているのか分かりますね!登場当初は、嘘をついたり、同僚のジョディを気絶させたり、怪しい行動が多かったキャメル。 しかし、それが赤井の指示の元の行動と知って、本当に安心しました。 その後は、 千葉刑事に容疑者に間違われたり 、なんだか不憫だったキャメル・・・(笑) 見た目が怖いからこそ、そうした面があるキャメルは、憎めないんですよね。 FBIのマスコットって感じでしょうか。 初登場は、スマートに危機を乗り越えてみせたアンドレ・キャメル。 しかし、その後に語られるエピソードは、彼のドジさが感じられることも。 では、 アンドレ・キャメルの過去と、赤井の組織脱退。 その関係性について迫っていきましょう! 赤井秀一が組織を抜けたこと関係性は? 先程紹介したように、赤井秀一からの信頼が厚いアンドレ・キャメル。 しかし、キャメルは過去に、赤井秀一のその後に大きく関係する、 ある失態 を犯してしまったのです。 そのエピソードを紹介します! それが収録されているのは、同じく 「赤と黒のクラッシュ」にて。 2年前、黒の組織に潜入していた頃、 ジンを捕まえるための大勝負を仕掛けた赤井秀一。 そのFBI捜査員の一人として、日本に来ていたのがアンドレ・キャメルだったのです。 ジンと待ち合わせするために、倉庫に来ていた赤井秀一。 FBIはそこに張り込んでいました。 そんな中、一人の老人が倉庫に来て、座り込んでしまいます。 赤井は無視していたものの、キャメルは、「ここは危ないからいてはいけない」と声をかけてしまいます。 しかし、 その老人は、組織のメンバー。 その行動により、FBIが張り込んでいることが、組織にバレてしまいます。 結果、ジンがそこに姿を現すことはありませんでした。 これが、 赤井の恋人、宮野明美が殺害される原因にも繋がります。 キャメルはその責任も感じていて、命がけとなった水無怜奈の任務を受け持ったとのことでした。 心優しいキャメルならではのエピソード、という感じもしますが、本人は相当悔いていたようですね。 赤井が生きていると判明した今、キャメルにはもっと頑張ってほしいものです。 まとめ いかがでしたでしょうか?アンドレ・キャメルは知れば知るほど、 人間味が溢れてくるキャラクター です。 赤井が信頼していることからも、彼が心強い味方であることが分かりますよね。 今後、FBIと組織の対決も増えてくることでしょう。 キャメルの活躍にも期待したいですね!.

次の

『名探偵コナン』アンドレ・キャメル(あんどれきゃめる)の名言・セリフ集~心に残る言葉の力~

アンドレ キャメル

「なあ、悪いんだがFBIからの潜入捜査官の面接を手伝ってもらえないか?」 「一般人に何てこと要求するんだ」 いやホントに何言ってんだこの旦那様は。 一般人ぞ?我 一般人ぞ? 「大丈夫大丈夫、もう俺の嫁 兼 協力者として認識されてるし正式に手続きも済ませてる。 あ、これ報酬の振り込まれる通帳。 君名義のだから渡しておく」 「あー、協力者とか報酬とかの話は本当なのね。 私何番なの?」 「0番。 覚えやすいからだと。 で、さっきの件についてのご返答は?」 「…まかせてOK」 「さすが俺の嫁さん」 「はは、は…」 …私が0の執行人になってどうすんだよバーロー! [newpage] 数日後、街中のとある商業ビルの一室で潜入捜査官の面接が執り行われた。 警察庁や警視庁で外国人が集まると悪目立ちするからとの判断のようだ。 既に書類選考である程度の振るい落としはされているらしく、ここにいるのはFBIでも優秀な成績の者達らしい。 …そしてその中のいちゃったんだよなぁ、忠犬系コワモテの彼が。 「アンドレ・キャメルです。 新米ですが体力と運転テクには自信があります!」 …いやな予感する。 ピタゴラスなスイッチが入っちゃう気がする。 遠い目をする私に気がついた零さんが小声で声をかけてきた。 「彼に気になる所でも?」 「えーと、技能は問題ないけど…お人好しそうというかなんというか。 これ私から質問するのあり?」 「構わない、気になる点はどんどん突いてくれ」 ぶっちゃけアンドレさんて原作時点で27歳ってことは、例の大失態の時は25歳。 FBIは24歳以上でなければならないという規定があるので、その時は入りたてのホヤッホヤのヒヨコちゃんだ。 あの失態の原因は正直上司の采配ミスだと思う。 悪いけどそこはつつかせてね。 零さんの命がかかってるのよ。 「えー、では貴方は組織の幹部を取り押さえるため、取引現場の物陰に潜んでその幹部が来るを待っています。 そこに一人の老人がヨロヨロと歩いてきて座り込んでしまいました。 貴方はこれにどう対処しますか?キャメルさんどうぞ」 「はい。 大変危険な状況であるため、老人の避難を優先します」 ハイ、アウト。 危険球のため即退場です。 いやね、その心掛けは悪いものじゃないよ?けどね、状況が悪すぎるんだな、この場合。 「その老人が組織の人間であった場合、その時点で作戦は失敗ですね」 「…あ」 「現段階で70歳近い年齢の幹部 ピスコ も確認されています。 年齢だけで弱者、一般人であるという判断は危険です。 しかも組織には変装の名手もいます」 「す、すみません…」 「その優しさを否定するつもりはないです。 むしろ皆が幼い頃、警察になったばかりの頃、目指した理想の姿は貴方のような人なのでしょう。 ですが今はその優しさが命取りになります」 「…はい」 社会に出たばっかりなら致し方ないけどね、疑うことを覚えないと本当に危ない。 その後も面接は数時間に及び、現在一旦休憩を挟みながら選考内容について話し合いをしている。 「うーん、皆それぞれ短所も長所もあるな」 「仕方があるまい。 完璧な人間などそうはおるまいよ」 「…ソウデスネ」 …完璧代表の零さんと黒田さんが言うと説得力ないんだよなぁ。 風見さんも棒読みになってるじゃないか。 ていうか黒田さんてもう起きてたのね。 長野から遥々お疲れ様です、ボス。 「キャメル君…能力的には彼が一番優秀なんだがなぁ」 「奥様の質問に対する返答が致命的でしたね」 だって分かっててつついたもんよ。 でもどうしたもんかね。 キャメルさんを落選させたとしても誰を採用するって話だよ。 下手に原作にいない人を捩じ込んでこれ以上わけわかんない事態になるのは避けたいしなぁ。 「ふむ、経歴を見る限りあまり大きな事件には関わっていないようだな。 アメリカが平和だと言えるのかもしれんが、組織に対峙するには経験が浅すぎる」 奇しくも黒田さんも私と同じ意見のようだ。 それなんだよなぁ、疑うことを覚えててくれれば問題ないポテンシャルなんだけどなぁ…。 「いっそ治安最悪のところで疑心暗鬼になるくらい経験積んでてくれれば即戦力なんですけど」 「それだ!」 「…………はい?」 零さんが『閃いた!』みたいな顔をした。 …まずい、今絶対スイッチ踏んだ。 [newpage] ピタッゴラッスイッチ!!! ヤケクソ うっかりスイッチを踏み抜いた結果、キャメルさんが流された先は意外というか納得できるというか、まぁなんとも言い難い場所だった。 「FBIから研修に参りました、アンドレ・キャメルです。 よろしくお願いします」 「おう、アイツから聞いてる。 警視庁警備部機動隊爆発物処理班の松田陣平。 よろしく」 「同じく萩原研二。 俺らが主に面倒見るからよろしくな」 「…はい!」 零さんがいう治安最悪の所=米花町。 だよね、不名誉な二つ名がつくこの町の爆発物処理班こそ、世界で最も暗鬼が蠢く場所と言っていいもんね。 いや、治安事態はいいんだけどね? キャメルさんは仮採用という扱いになり、足りない部分を補うため話の通じる爆処組に教育されることになった。 爆処の二人は侠犬の安室=降谷零には気づいてたし、『どうせハムの潜入捜査だろう』と察して放置してたらしい。 今回の強引な研修も快く引き受けてくれたとの事だ。 「しかし、テロもほとんどない平和な日本でそうそう活躍する場面がありますかね?」 「わははは、まぁ普通そう思うよな?」 「テロはないよ?ないけどね?うん、ははは!……ところでキャメルはこの町が何て呼ばれてるか知ってる?」 「…え?」 爆処組の瞳から光が消え、虚ろな笑みが浮かぶ。 「「ようこそ日本のヨハネスブルクへ」」 「………え?」 犯罪都市米花の最前線を張る、機動 隊 戦士のありがたいお言葉だった。 「ひっく、ひっく…うぅ、うっく」 三週間後、一月も保たずキャメルさんはメンタルがポッキンしていた。 「何で…うえっく…何で、一般人が、あんな、殺意高いんですか…。 何で、一般人が、そこかしこ、爆発させようと、ひっく、するんれすか…?」 「俺が知りたい。 しかも動機がビックリするくらいくだらねえ時もあるし。 なんなんだよ、『ひまわりが贋作だと思ったから』って」 「何なんだろーね?しかも年々火薬の取り締まり厳しくなってんのにそれでも密輸してくんの。 仕事減らない。 意味わかんない」 ある意味東都で一番のブラック法人である機動隊隊員のぼやきは重かった。 「俺、日本でやってける自信がないです…」 「甘いな。 お前、機動隊の後は捜査1課での研修だぞ」 「え」 「あそこはヤバいよー。 爆破事件は何故かゴールデンウィークとか夏休みとかに集中するけど、殺人事件に関しては交通事故より多いからね。 日常茶飯事、てか三度の飯より多い」 「え」 「爆破されて死ぬ恐れか」 「もしくは過労死する恐れか。 どっちがましなんだろーね?」 「え」 「1課じゃ俺らの同期の伊達ってやつが担当するから、まあ頑張れ」 「…ぅぅぅぅぅ」 10日後 「…キャメル、大丈夫か?」 「もう俺は何も信じません」 「諦めんな!人の善性は必ずあるから!」 「信じません」 1課で殺意の波動を浴び続けたキャメルさんはすっかり人間不信に陥っていた。 仕方がないね、皆ちょっとした事でコロコロしすぎだもんね。 しかもトリックてんこ盛りでなんとしてもバレないように必死だし。 「何なんですかこの町は。 何で今まで話題に上がってこなかったんですか。 何なんですか、動機が『ハンガーを投げつけられたから』って」 「数が異常に多いだけで一つ一つは個人のトラブルレベルだからなぁ。 わざわざ海外メディアも報道しねぇし、国内に至ってはもはや祟り神扱いだ」 「祟り神?」 「……取材するだけでも殺される可能性が格段に跳ね上がるって事だ」 「やっぱり俺は何も信じません」 「諦めんなって!」 南無三。 [newpage] 魔都米花でメンタルの強制レベルアップをさせられたキャメルさんはそれはそれは成長した。 具体的にいうとあらゆる最低最悪のパターンを想定するようになった。 そしてこれならイけると公安警察からgoサインを出され、現在。 「お前が新入りか。 名前は」 「アンディ」 「ふん、まあ精々死なねえことだな」 その強面と鍛え上げられたメンタルを生かして組織入りした。 してしまった。 「…兄貴、アイツ何者すかね」 「さぁな。 ただ普通じゃねえのは確かだ。 目を見りゃわかる」 「目っすか」 「あれは星の数ほどの死と人の悪意を目の当たりにしてきた目だ。 どっかのスラム街育ちか、はては戦場で傭兵でもしていたかというところだろう。 いいじゃねえか、誰も信用しねえ根性は逆に信頼できる」 「な、なるほど」 戦場=米花町ですか、そうですか。 ジンさんて読みは悪くないのに惜しいよね。 だからドジっ子なんていわれるんだよ。 この後キャメルさんは原作の様な失態を犯すことなく、むしろあらゆるパターンを想定するキレモノとして組織及びFBIで名を馳せていくことになる。 …FBIに菓子折を持って土下座しにいく準備はしてる。 誠に申し訳ありませんでした。

次の

#まじコナ腐向け #アンドレ・キャメル ウォカキャメツイッターまとめ

アンドレ キャメル

Contents• 名探偵コナンでFBIの捜査官のメンバー一覧 ジェイムズ・ブラック 初登場:第258話 シカゴから来た男(前編) 日本で黒の組織を追うFBI捜査官のトップ。 主にFBIのメンバーである赤井・ジョディ・キャメルや他の捜査官の指揮を取っている。 ジェイムズ・ブラック自身も推理力や洞察力などにも長けている。 コナンを子供扱いせずに協力関係にあり、必要とあれば、コナンに情報を与えたり、協力を求めたりすることもある。 赤井秀一 初登場:第230話 謎めいた乗客(前編) 黒の組織がシルバーブレッドと呼ぶ最も恐れている人物の一人。 当初は黒の組織のメンバーなのでは? と思わせるような登場の仕方をしていたが、「第345話 黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー」でFBIの一員であることが判明しました。 現在は沖矢昴に変装して、工藤宅に住みながら 黒の組織の調査 灰原哀の護衛 をしているようです。 沖矢昴への変装はFBIのメンバーはすでに知っている。 ジョディ・スターリング 初登場:第226話 バトルゲームの罠(前編) Sponsored Links 蘭の帝丹高校に英語教師として赴任してきた外国人教師。 その正体は黒の組織を追うFBIの捜査官。 父親はFBI捜査官。 ベルモットに両親を手にかけられ後、証人保護プログラムを受けて、FBI捜査官になった。 コナンのことは 「Cool Kid」 「Cool Guy」 などと呼んでいる。 コナンのことを普通の小学生ではないと思っているが、その正体が工藤新一なのは知らない。 コナンに正体を明かしてからは情報提供をしたり・事件を推理解決してもらったりと協力関係にある。 ちなみに赤井秀一とは以前恋人同士だった。 アンドレ・キャメル 初登場:第496話 赤と黒のクラッシュ 侵入 卓越したドライブテクニックを持ち、赤井にも信頼されているFBI捜査官。 初登場からしばらくは 見た目の怖い人相 捜査をかき乱す言動 で黒の組織のメンバーでは? という登場の仕方をしていたが、後にこの行動はすべて赤井の作戦だったことが明らかになる。 過去にキャメルの失態が原因で黒の組織に潜入していた赤井の正体が組織にバレてしまったことがあった。 さいごに 名探偵コナンに登場しているFBIのメンバーは4人。 ジェイムズ・ブラック 赤井秀一 ジョディ・スターリング アンドレ・キャメル FBIの中でさすがに赤井秀一よりも濃い登場人物は今後出てくることはないと思いますが、この4人以外にもFBI捜査官のメンバーは登場する可能性はありますね。 Sponsored Links 【期間限定】劇場版名探偵コナン全23作品が無料!! 現在期間限定ではありますが、 Huluという動画配信サービスへ登録すれば、劇場版名探偵コナン全23作品を無料で見ることが可能です! 例えば 最新作の劇場版名探偵コナン 紺青の拳 他にも 劇場版 名探偵コナン から紅の恋歌 劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人 など 劇場版の名探偵コナンの人気作を無料で見ることができます。

次の