エスカノール 死亡。 七つの大罪 最強!エスカノールは王族?正体、闘級を徹底検証!!【七つの大罪】

【七つの大罪考察】最強エスカノールが血を吐く!?ザ・ワンでも勝てない!?敗北する可能性!

エスカノール 死亡

ついに本編にも登場!七つの大罪 最強のエスカノール バンたちを救った!衝撃の登場シーン 出典: エスカノールの登場は、十戒に追われたバンたちが逃げこんだ酒場の店主が、 実はエスカノールだった、という、わざとらしいほど偶然の再会でした。 エスカノールは、メリオダスの 「エスカノールは俺よか強ぇぞ」という発言からイメージされる人物像を、まずはひ弱そうなルックスと、気弱で腰が低い酒場の店主そのものという態度で、ガツンと粉砕してくれました。 出典: しかし、時間の経過とともに エスカノールの闘級は上昇し、体格、風貌、態度のすべてが変わりました。 そして、バンを敗走させた 十戒のガラン、メラスキュラを、苦もなく倒してしまったのです! まさしく 〈七つの大罪〉最強か?という前評判を裏切らない強さでした。 エスカノールの魔力は「太陽(サンシャイン」 妖精族のキングや巨人族のディアンヌとは違い、 エスカノールは人間ですが、その魔力は特異です。 エスカノールの魔力「太陽(サンシャイン)」は、 万物の生命の源である太陽を根源としています。 そのため、 太陽の運行の影響を受け、時間のサイクルにあわせて魔力が変動します。 その影響で、 闘級が変動するのです。 そして、変化が生じるのは闘級だけではありません。 体格、人格まで豹変するんです! 出典: エスカノールの闘級は、 太陽が昇りきる正午が強さのピークとなり、午前0時に向かって刻々と下降していきます。 正午の時点では メリオダスすら凌駕するほどに強くなりますが、 午前0時には聖騎士最弱になってしまいます。 唯一、変わらないのは マーリンへの想いです。 エスカノールは、マーリンに 強い思慕の情を寄せており、それは昼でも夜でも変わらないようです。 「七つの大罪」の一員。 人間ながら特異な力を授かった存在。 元金剛の称号の持ち主。 通称「傲慢の罪(ライオン・シン)のエスカノール」。 印となる獣は獅子。 刺青の位置は背中。 罪状「不明」 神器「神斧リッタ」 エスカノールの身長をはるかに超える巨大な片手斧。 メリオダスは運搬に苦労し、ガランは持ち上げることすら難儀するほどの凄まじい重量。 ガランに、相当な名匠のものと言わしめるほどの斧である。 この特性は「充填&放射(チャージ&ファイア)」 エスカノールの発する莫大な熱量を全吸収し蓄え、任意で放つことを可能にする 魔力「太陽(サンシャイン)」 先天的に生まれついたもの。 呪いか加護か詳細不明。 あらゆる種族のものと異質にしてすべての生命の根源の魔力。 太陽のごとき灼熱ですべてを焼き尽くす。 出典: エスカノールの初登場は、七つの大罪 番外編「エジンバラの吸血鬼」 出典: 12年前の<七つの大罪>に与えられたあるミッション。 それはエジンバラ城でのヴァンパイア制圧であった。 出典: 「エジンバラの吸血鬼」は、アニメ「七つの大罪」DVD・BDディスクの購入特典として書き下ろされた、 七つの大罪の番外編です。 封印を破って蘇った吸血鬼族がエジンバラ王国を征服し、リオネス王国にも魔手を伸ばします。 吸血鬼を制圧するため、〈七つの大罪〉全員でエジンバラに出向く、というストーリーです。 聖騎士時代の〈七つの大罪〉が活躍する楽しい作品で、いくつかの伏線が散りばめられています。 そして、本編に先駆けて エスカノールが初登場したのです。 七つの大罪 最強!エスカノールの闘級が凄い! 〈七つの大罪〉の中で比較してみる 出典: まずは〈七つの大罪〉全員の闘級を比較してみましょう。 やはり、本来の魔力と神器を取り戻したメリオダスが高いですね。 そして、エスカノールは・・・メリオダスを上回っています! メリオダス (憤怒の罪/ドラゴン・シン) 魔神族 闘級 32,500 バン (強欲の罪/フォックス・シン)人間(不死) 闘級 3,220 ディアンヌ (嫉妬の罪/サーベント・シン)巨人族 闘級 3,250 キング (怠惰の罪/グリズリー・シン 妖精族 闘級 4,190 ゴウセル (色欲の罪/ゴート・シン) 人形(十戒?)闘級 3,100 マーリン (大食の罪/ボア・シン) 人間(魔術士)闘級 4,170 エスカノール(傲慢の罪/ライオン・シン) 人間 闘級 50,060超 出典: 「俺よか強ぇ」というのは嘘ではなかったんですね。 余談ですが、バンは神器を失ったままなので、本来の闘級ではないかもしれません。 いずれにしても、 エスカノールとメリオダスが飛び抜けた存在であることがわかります。 とは言うものの、エスカノールの強さには制限があります。 何しろ、 一日の半分は使えない 失礼! 状態な訳ですから。 闘級が安定している他のメンバーの方が、戦力としては期待しやすいはずです。 七つの大罪でも、ジョーカー的な存在 出典: 聖騎士団時代、エスカノールは 「強い時間帯だけの戦力」として考えられていたようです。 「エジンバラの吸血鬼」の中で、メリオダスは時間を確認してから〈七つの大罪〉全員での出撃を決めています。 ゴウセルの 「大停電の矢 ブラックアウトアロー 」をマーリンの 「魔力増強(パワーアンプリファイ)」で増幅して、エスカノールにぶつけるという段取りまでキッチリできていました。 エスカノールは ジョーカー的な存在として、飛び道具か爆弾のような感覚で起用されていたのでしょう。 それは生まれて間もない赤ん坊を囲む、幸せそうな家族の姿でした。 王族らしき両親が、赤ん坊を エスカノールと名づけています。 それを見つめる兄らしき男の子。 小さな子供にありがちな、両親の関心を独り占めする弟に嫉妬しているようです。 兄デモンドは、幼い弟エスカノールをいじめるようになります。 エスカノールが 特異な力を持って生まれていたため、それは単なる兄弟ゲンカで終わらなかったのです。 兄に怪我をさせたことがきっかけとなって、エスカノールは 呪われた力で国に災いをもたらす存在として、命を狙われるようになります。 ローザという女性の助けで国を逃げ出します。 エスカノールは、 リオネス以外のどこかの国の王族だったのでしょう。 その中で、ものすごく気になったのが、 エスカノールの母親らしき女性のコマです。 エスカノールを拒絶する母の背後に、とてつもなく 怪しい人物が!手にした水晶球や衣装から魔術士か予言者と推察しますが、 エスカノールが国に災いをもたらすと言ったのも、おそらくこの人物だと考えます。 そして、エスカノールの母の 不自然に硬直し、涙を浮かべた表情!操られている感、満載です!! 何者かが、エスカノールの父母、国全体に働きかけ、 エスカノールを亡き者にしようとしたのではないでしょうか。 どちらもれっきとしたエスカノールの人格ですが、多重人格の症例と同じように、昼夜のいずれかが主導権を持つ主人格である可能性はあります。 日中の行動を反省しては 自己嫌悪に陥ってしまうため、日中は寝て過ごすことが多く、「エジンバラの吸血鬼」の時のように、呼ばれた時だけ任務についていたようです。 エスカノール自身、 昼夜の人格の違いや 特異な能力に苦しみ、傷ついてきたはずです。 常人には理解しづらい、 ゴウセルの闇を受けとめられる器を感じさせるエピソードでした。 弱さや心の痛みを知っているからこその 心の強さが、夜のエスカノールにはあるように思えます。 Twitter エスカノールへの賞賛の声、多数! 最強!エスカノールの戦闘シーンの画像3選 十戒のガランを一刀両断! 出典: 闘級26,000、化け物のように強いと思っていたガランを一刀両断!ガランが、愛しの マーリンを石化させた仇であることを知りませんでした。 知っていたら、 こんなものじゃすまなかったでしょうね! ゴウセルを一撃! 出典: 擬似的な強化で、 闘級28800(注:計測最高値の50%程度)ですが、ゴウセルを片手の一撃でふっとばしてしまいます! 心を弄んだ罰!神斧を解放した一撃 周囲を巻き込まずにおかない、 強烈な威力をうかがわせる迫力!近くにいるジェリコとホークを案じたバンが、思わず止めに入ろうとしたほどです。 最後に エスカノールの正体にまつわる謎 エスカノールの正体についての検証、いかがでしたでしょうか。 ここまでの情報から、以下の疑問が生じます。 ・エスカノールの魔力は「呪い」か「加護」か? ・どこかの王族の出身か? ・国を追われたのは陰謀ではないか ・エスカノールの罪状 エスカノールの 魔力の秘密が明らかになれば、国を追われた陰謀やそれを画策した者の正体、出身もわかるでしょう!エスカノールの過去が描かれる時を待ちましょう! エスカノールの登場はいつ?TVアニメ「七つの大罪 聖戦の予兆」2016年8月より4週連続放送!.

次の

七つの大罪39巻のネタバレ考察!エスカノールを死亡させた理由は?

エスカノール 死亡

エスカノールの初登場シーン 思えば、七つの大罪の中でも一番最後にその姿が明らかになったのがエスカノールでした。 単行本で言えば19巻、十戒が封印から解放されてからのとを考えると、実は初登場はかなり後。 初登場シーンは、十戒ガランとメラスキュラの圧倒的な闘級差に手も足もでないバンとジェリコが、逃げこんだ酒場にいたのがエスカノールでした。 出典:七つの大罪19 鈴木央 講談社 エスカノール初登場シーン! 七つの大罪メンバーの中でも最強、団長よりも強いと言わしめるほどの実力の持ち主がどんな人物なのかと思ったら、まさかのヒョロヒョロ。 のちに能力の特徴が明らかになるものの、初登場シーンは「コイツが団長よりも強いのか!?」と意表をつく謎登場シーンだったのは確か。 ちなみに、本編ではなくアニメBDの特典として鈴木先生書き下ろしの短編漫画「エジンバラの吸血鬼」にて、若かりし日のエスカノールの姿が描かれており、 本当の初登場はここだった。 エスカノールの最強伝説! 初登場のエスカノールがヒョロヒョロだったのは、彼が持っている能力の特徴によるものでした。 ここではエスカノールプロフィールから、強さや闘級について詳しくみていきます! エスカノールのプロフィール 身長 165~325cm 体重 49~355kg 誕生日 7月1日 年齢 40歳 魔力 太陽(サンシャイン) 出身地 カステリオ王国 体重と身長ともに開きがあるのは、夜と昼とで闘級だけでなく体格も変化するため。 血液型はAB型、昼と夜とで二面性のあらわしている? エスカノールの傲慢の罪とは、彼の性格にあります。 太陽が昇るに従い傲慢になっていき、正午の5分間に頂点に達する。 この状態をザ・ワン(天上天下唯我独尊)といい、アサルト状態のメリオダスさえも倒しています。 闘級は10万を軽くこえ、怪物的な力を発揮。 背中にはライオンの刺青がある。 ライオンは百獣の王、食物連鎖の頂点に君臨する生物、エスカノールも自分が最強であると保持するため背中に刻んだものか、傲慢の罪らしい刺青。 魔力「太陽(サンシャイン)」の秘密 出典:七つの大罪19 鈴木央 講談社 エスカノールが「最強」と言われるゆえんは、魔力「太陽(サンシャイン)」によるもの。 エスカノールの魔力ついては謎が多かったものの、今ではほぼ明らかになっています。 魔力の根源は太陽、日の出とともに闘級はズンズン上がっていき、正午になるとピークになる。 逆に、日が沈むにつれエスカノールの闘級はスカスカになっていく。 そして、真夜中の闘級は王国騎士団の中でも最も最弱となる。 もちろん、その中には残飯処理 騎士団団長のホークも含まれますwww ザ・ワンとはどんな状態? ザ・ワンとはエスカノールの闘級がピークになる正午1分間の状態のこと。 時間的制約があるものの、名実ともにブリタニア最強の男になれる1分間です。 ザ・ワン時のエスカノールは、自分でも制御できないほどの魔力があふれ出る状態になる。 神斧リッタをもってしても、魔力を完全に吸収できずにいました。 アサルト状態のメリオダスとの戦いではザ・ワン時の闘級は11万越えていますが、実際は測定不能なほど魔力が溢れ出ているもよう。 出典:七つの大罪23 鈴木央 講談社 ザ・ワン時のエスカノールは、傲慢すぎるゆえに危険な存在と思いがちだが、対エスタロッサでは王都の状況を考えてその場に留まっていた。 エスカノールの地面がドロドロに溶けているのは、彼から溢れ出る魔力「太陽」によるもの。 あまりの熱さに地面が溶けてしまったのだ! 神斧リッタ 出典:七つの大罪19 鈴木央 講談社 神斧リッタとは、エスカノールの愛用武器。 その特徴は、エスカノールから発する莫大な熱量を「補填(チャージ)&放射(ファイア)」すること。 溜めこんだ熱量は敵に向けて放つ一撃必殺技になる。 対ドロール・グロキシニア戦では一撃で大ダメージをくらわせている。 正午になるにつれて闘級が上がっていくエスカノールにとって、リッタは魔力を暴走させないために必須。 ただ、ザ・ワン時のエスカノールの魔力はリッタをしてもすべて吸収するのは不可。 そのため、基本的に正午時には人がいない場所へと移動。 ちなみに、リッタの名前の由来はエスカノール曰く太陽の愛でられた 乙女の名前なんだそうだ。 傲慢ゆえに・・・ 正午になるにつれて闘級が上がるとともに、エスカノールの性格は傲慢になっていきます。 まずは口調が変わってきます。 もちろん口調ばかりではなく、態度も傲慢になっていく。 すべてが自分中心、オレ様キャラとして誰の指示も耳を貸すことはない、ただ一人マーリンを除いて。 エスカノールとマーリンの関係性 エスカノールを語る上でマーリンの存在は欠かせない。 エスカノールの一方的な恋愛感情ではあるものの、マーリンは彼の気持ちには当然気づいている。 そもそも、エスカノールがなぜマーリンを好きになったのか、そのきかっけになったエピソードは本編にて描かれています。 エスカノールの過去 幼少期のエスカノールは不遇の待遇でした。 カステリオ王国の王子として生まれながらも、魔力「太陽」を持ったばかりに、怪物扱いされ自国から逃亡せざるおえなくなります。 味方するものは一人もなく、両親でさえも「 あの子は呪われている」として殺害を命令。 そんな彼に唯一味方し逃亡に協力したのがローザという女性。 出典:七つの大罪21 鈴木央 講談社 マーリンとそっくりな女性、ローザ エスカノールとローザの関係は不明ですが、唯一愛情を注いてくれた女性なのかもしれません。 そして、エスカノールがマーリンを好きになったのもローザが関係している。 マーリンと初めて会ったとき、ローザとあまりにも似ていたことから気になりはじめます。 ただ、このときは好きという感情には気づいていなかったようです。 出典:七つの大罪21 鈴木央 講談社 マーリンを好きになったのは、エスカノールを「魅力的」と言ってくれたから。 呪いの魔力「太陽」を持ったばかりに両親からも恐れられたエスカノール。 そんな彼がに、はじめて魅力的と言ってくれたのがマーリンでした。 この言葉がきっかけで、エスカノールはマーリンに好意を寄せていきます。 ちなみに、エスカノール初登場時に登場していた酒屋は「My sweet Gluttony」。 「Gluttony」とは英語で「暴食」、「愛しの暴食=愛しのマーリン」とマーリンが店名なっています。 エスカノールの圧倒的最強バトル! エスカノールの戦いはこれまで何度も描かれています。 そのいずれもが規格外の力により敵を倒していきました。 そんなエスカノールの最強バトルを見ていきます! vsガラン戦 出典:七つの大罪19 鈴木央 講談社 石化したガラン 初戦にして圧倒的力量差で勝利したのがガラン戦。 このとき、復活した十戒がいずれも闘級数万レベルとなり、七つの大罪メンバーでも相手にならないほどパワーバランスが崩れていました。 そんなときに登場したのがエスカノール!ガランの「 臨海突破」により、闘級5万超えを果たすもエスカノールには一切通用しない。 逆にエスカノールの圧倒的闘級にガランが震え上がることになり、最後は己が化したルールを破ったことで、真実の戒禁により石化してしまった。 vsエスタロッサ戦 出典:七つの大罪23 鈴木央 講談社 無慈悲な太陽で吹っ飛ばされるエスタロッサ エスタロッサ戦ではエスカノールの必殺技がはじめて披露されたバトル!エスタロッサの戒禁は「慈愛」。 エスタロッサの前で憎悪を抱くものすべてが一切の攻撃ができないという呪いだ。 だが、一人だけ戒禁をもろともせずエスタロッサに向かっていった一人の男。 エスカノールです。 傲慢ゆえに戒禁すら無効化してしまったのだ。 エスタロッサにとってある意味天敵。 エスタロッサの攻撃はエスタノールに傷はつけたものの、太陽が正午の位置に登ったことで ザ・ワンが発動、圧倒的パワーによってエスタロッサを倒してしまう。 この戦いではザ・ワンのほかに、無慈悲な太陽( クルーエル・サン)や炸裂する傲慢( ブライド・フレア)を発動している。 vsメリオダス【殲滅モード】戦 出典:七つの大罪29 鈴木央 講談社 アサルトモードに入ったメリオダスとの戦いでは、ギリギリではあるもエスカノールが勝利。 このバトルでは、魔力の制御が効かなくなったメリオダスが相手、闘級は10万を軽く超える。 一方エスカノールも負けてはいなかた。 闘級11万超えを果たすも、戦況はメリオダスがやや有利な状況。 戦況が動いたのは正午直後の1分間。 ザ・ワン状態になったエスカノールが聖剣エスカノールという手とうを繰り出し辛くも勝利。 ただ、その後意識を失い倒れてしまった。 vsゼルドリス戦 出典:七つの大罪35 鈴木央 講談社 聖戦がはじまり、強襲部隊の一人としてゼルドリスとのバトルを繰り広げたエスカノール。 このときのバトルでは、残念ながら勝敗はつかなかった。 止めをさすことはできなかったが、このときもエスカノールはザ・ワンを発動させたことで、一時は不利な戦況をくつがえすことに成功する。 ゼルドリスの奥の手「 凶星雲(オミノス・ネビュラ)」を打ち破ったのがゼルドリス。 このとき使用した技が聖剣エスカノール。 単なる手刀ではあるものの、その威力は聖斧リッカ以上の攻撃力を誇る。 さらに、聖槍エスカノールによってゼルドリスを大ダメージを与えた。 ちなみに聖槍エスカノールはものすごい早い指突きだった。 エスカノールの弱点と闘級推測 エスカノールの弱点 ここまでエスカノールのバトルを見てきました。 最強がゆえに決着がつかないバトルはあったものの、エスカノールが敗北したバトルは一つとしてない。 ただ、エスカノールの弱点をつかれたバトルもありました。 それが聖戦でのゼルドリス戦。 このときゼルドリスに止めをさせなかったのは、エスカノールの弱点をチャンドラーが見抜いたためといっていい。 出典:七つの大罪35 鈴木央 講談社 夜を操れる上級魔神族のチャンドラーはキャメロット城周辺を強制的に夜にすることで、エスカノールの太陽の力を無効化させてしまう。 エスカノールの魔力「太陽」は確かに強大ではあるものの、時間制限付きの能力。 敵にうまく付け込まれてしまった。 この時は神斧リッタにため込んでいた太陽をチャージしてもとに戻っていた。 また、疑似的な太陽を作ることで、真夜中でも力を使用することは可能です。 大喧嘩祭りではマーリンを疑似太陽に力を出現。 闘級は2万を越えていた。 エスカノールの闘級は? ちなみに、エスカノールの闘級はどのくらいだと推定できのだろうか。 一番分かりやすいのがアサルト状態のメリオダスとのバトル。 このとき、メリオダスの闘級は14万2000まであがっており、エスカノールはほぼ相打ちという状態で辛くも勝利していた。 ということは、闘級は14万以上、当ブログでは 15万前後と予想。 もちろんこのときのエスカノールはザ・ワン状態になっているとき。 エスカノール死亡説浮上!? 四大女神マエルと恩寵「太陽」 今まで「七つの大罪」の最大とも言っていいエスカノールの太陽の謎。 人間族でありながらも、なぜに闘級10万以上もの力を手に入れることができたのか。 実は、この太陽の正体とは、女神族の四大天使に与えられる 恩寵の能力でした。 恩寵とは最高神(エリザベスの母親)によった与えられた能力。 そもそも「太陽」はマエルが所有していたんですが、十戒ゴウセルによって闇落ちしてしまったことで恩寵「太陽」を手放してしまいます。 そして月日が流れ、恩寵がなんの因果かエスカノールが受け継ぐことになったわけです。 長い年月をかけてエスカノールを選び能力を与えたという流れ。 人間族には負担が重すぎる力!? 恩寵はそもそも女神族に与えるために最高神が生み出した力。 エスカノールが恩寵に選ばれたとはいえ、彼は女神族ではなく人間族、身体の負担は相当なものでした。 出典:七つの大罪31 鈴木央 講談社 聖戦前に吐血する場面も。 てっきりメリオダスとの戦いでキズが癒えていないと思っていたんですが、実際は恩寵を使い続けたことで身体が悲鳴を上げていたようです。 出典:七つの大罪36 鈴木央 講談社 マエルに恩寵「太陽」を貸すときにエスカノールは、「 僕には太陽に耐える体力がない」と言っており、さらに寿命も長くないと衝撃の事実を発言しています。 人間族のエスカノールにとって、恩寵を扱うことがいかに大変だったのか、身体への限界はもうとっくに来ていたんですね。 エスカノールは恩寵を使いこなせなかった説 恩寵「太陽」を借りたときにマエルの戦いは、エスカノール以上に見えます。 本来あるべき持ち主に戻ったとことで、太陽を最大限に使いこなしていたのではないか。 技の違い たとえば、原初の魔神との戦いで見せた 偉大なる太陽(グレイテスト・サン)。 この技はエスカノールは一度も発動させていません。 ただ、エスカノールは似たような技は繰り出しています。 それが、十戒エスタロッサ戦で見せていた 無慈悲な太陽(クルーエル・サン)です。 エスタロッサを海の吹き飛ばし威力は十分ありました。 とはいえ、このときの太陽の大きさは、せいぜいエスタロッサの2~3倍程度でした。 出典:七つの大罪36 鈴木央 講談社 偉大なる太陽 ところが、対原初の魔神で見せたマエルの技は何十倍ものデカさの太陽だった。 無慈悲な太陽の上位版が 偉大なる太陽とも言えそうです。 こうした技を見る限り恩寵を使いこなしているのは明らかにマエルのほう。 女神族と人間族の差が出てしまったようにも思います。 エスカノールは、アサルトモードのメリオダス戦のときに繰り出していたのも 無慈悲な太陽だったことを考えると、エスカノールには出せない技なのかもしれない。 マエルvsゼルドリス ゼルドリス戦でもマエルの太陽の使い方がエスカノール以上の力を発揮しています。 ゼルドリスが 凶星雲(オミノス・ネピュラ)を繰り出してマエルと交戦。 出典:七つの大罪31 鈴木央 講談社 このときマエルは、太陽の力を体全身に張り巡らせます。 超高温の太陽の鎧を全身にまとっている感じでしょうか。 そのため、マエルの体に触れたゼルドリスの剣がドロドロに溶けてしまいます。 技名は不明ですが、実はエスカノールも以前に似たような技をリュドシエルの前で披露しています。 その場面は、聖戦がはじまる前のこと。 出典:七つの大罪31 鈴木央 講談社 リュドシエルが、エスカノールに恩寵「太陽」が授かっていることに気づき手合わせをしたときのこと。 このときエスカノールは指に太陽をまとわせているようなコマが描かれています。 これ以外の戦いの中で、エスカノールが自身の体に太陽を纏わせている描写はありません。 神斧リッタで熱を吸収したり、ザ・ワン時は自分でも魔力をコントロールできない。 マエルの戦い方から、もしかしたらエスカノールは完全に太陽を自分のものできていなかった、つまり制御できていなかったのではとも言えそうです。 マエルはエスカノールの上位版? 出典:七つの大罪36 鈴木央 講談社 エスカノールとマエルの戦い方を比較してきましたが、やはりマエルのほうが恩寵「太陽」を使いこなしているように思えます。 つまりマエルはエスカノールの上位版とも言えそうです。 種族の違い 恩寵はもともと最高神が生み出した能力。 人間族よりも女神族の方が適応しやすいのは納得できます。 そして、この世界では女神族と魔神族が上位種です。 それは魔力量や身体のつくりからしても言えます。 人間族のトップである聖騎士は、上位魔神族に手も足も出ない状態。 魔神族に唯一対抗できるのが女神族。 聖戦のきっかけも女神族と魔神族のパワーバランスが崩れたことがはじまりでした。 そして、この戦いに多種族が巻き込まれたわけですよね。 女神族マエルの闘級 なら、マエルの闘級はどのくらいなのでしょうか。 原初の魔神を瞬殺で倒したことを考えると闘級は相当なものなのは確かです。 原初の魔神は最上位魔神のキューザックとチャンドラーが合体した存在です。 そのため個々の闘級以上の力はあるはずです。 最上位魔神の闘級• チャンドラー:闘級17万3000• キューザック:闘級16万8000 単体でも闘級15万以上、しかも、この状態は魔神王に魔力を封印されていた状態での数値。 原初の魔神になることで封印が解放され闘級は爆上げ。 闘級20万は軽く超えてくるはずです。 この圧倒的な闘級を持つ原初の魔神をあんなにもあっさりと倒してしまったマエル、ここから当ブログでは 闘級25万以上はあるのではと思っています。 この数値はあくまで最低ライン。 なんたってマエルは女神族最高の戦士というのはリュドシエルが言っていたことです。 四大天使リュドシエルの闘級が20万だったことから、マエルはそれ以上なのは確実。 エスカノールの技には正午1分間のみ使用できる天上天下唯我独尊(ザ・ワン)がありますが、マエルにもこの技は使えるはずです。 アサルト状態のメリオダスとの戦いではザ・ワン時の闘級が判明してますが、このときの闘級は11万越えです。 正午以前と比べ約2倍ほどのの上昇がありました。 となると、単純にマエルのザ・ワン時の闘級は 40~50万レベルのものになるのでしょうか。 ただ、エスカノールよりも恩寵を使いこなしているので、闘級はさらに上がる可能性あり。 エスカノール最強伝説まとめ ここまでエスカノールの活躍を見てきましたが、インパクトのある初登場、さらには、夜と昼とで全くの別人になる能力、魅力的なキャラであるのは確か。 ですが、太陽の正体が恩寵であることが判明し、マエルに貸した状態にはなっているものの、恩寵はエスカノールには戻ってこない可能性もありえます。 ただ、マエルは闇に落ちた自分に恩寵を授かる資格はないとも言っています。 そのため恩寵を受け継ぐ意志はないとも言えます。 とはいえ、エスカノールは恩寵を授かるほどの体力がないのも事実。 最終的に誰が持ち主になるのか、そしてエスカノールの活躍はまだ見られるのでしょうか?.

次の

七つの大罪ネタバレ333話確定と334話|エスカノール死亡!マーリンと別れのキス

エスカノール 死亡

行っちゃったねと淋しそうに言う、エリザベス。 誰も話さないで沈黙の時が流れます。 すると、エスカノールは七つの大罪メンバーに向かって、「さぁ、みなさんも、みんなが待っています」と。 ディアンヌは、「みなさんも」ではなく君もでしょ?とツッコミながら、涙しています。 エスカノールの最後の言葉 キングも同様に涙を流しながら、エスカノールに対して「いつまでもそんなところにつっ立ってないで、一緒に帰ろうよ」と声を掛けています。 メリオダスは悲しそうな表情。 エスカノールの体は、燃え続けており、さらに崩れてきていました。 もう身体が自由に動かせないようです・・・ エスカノールは自分の最後を感じていました。 どうやらここまでのようだが、この人生に悔いはないと言います。 そして、ここまで一緒に戦った七つの大罪に対して、自分と出会ってくれてありがとうと感謝します。 ゴウセルに対しては、自分の良い話相手だったと言い感謝しているようですね。 そして、キングとディアンヌに対しては、結婚式に行くことができそうにないと言い、残念がっていますが、どうかお幸せにと。 また、エリザベスには、陛下やへンディ達によろしくお伝え下さいと言って、マエルには、最期までお世話になったと言いました。 バンには、お酒の飲み方を注意 笑 メリオダスには、自分の生涯の恩人であるとともに、無二の友だと言います。 最後にマーリンに告白します。 ずっとあなたが好きでしたと。 その理由として、ローザに似ていたからという訳ではなく、マーリンが他の誰とも分け隔てることなく接してくれたことが嬉しかったようです。 そんなマーリンは、エスカノールから告白されて、しかも感謝されていますが、自分を買い被りすぎだと言います。 エスカノールのことを、マーリンは興味深い観察対象として見ていただけだったのかもと言います。 エスカノールはもしそうだったとしても、十分嬉しいと言います。 マーリンはエスカノールに悲しい表情を向けながら、あなたの心の片隅にでも住むことができたのならばと言いました。 マーリンは、もっと早い段階で私を見つけてほしかった・・・できれば3千年前にと。 その言葉を聞いたメリオダスは、「マーリン?」と不思議そうな表情をします。 エスカノールは、この先どんなことが起こってもマーリンの味方だと言います。 例え、それがマーリンが何を決断しても、どんな罪を背負おうとも変わらない。 マーリンは少し驚いた表情をしながら、エスカノールに「気付いていたのか?」と問いかけますが、「いいえ、勘です」と答えるエスカノール。 エスカノール死す! そんな間にも、エスカノールの身体が更に崩れはじめており、いよいよ最期の時になります。 エスカノールの全身は炎で包まれており、危ないので自分から離れるように言います。 メリオダスはエスカノールに最後まで一緒だと言い、エスカノールは優しい笑顔を見せています。 マーリンにさようならと伝えたエスカノールに対して、突然マーリンが向かっていって、炎に包まれているエスカノールにキスをします。 最後の時に、自分の口元を燃やしながらマーリンとのキスは、悲しいシーンでしたよね。 エスカノールの想いに応えることは叶わなかったですが、ここまでエスカノールの生きた証と、自分を愛してくれた、ただ一人の男の印をこの身に焼きつけようとマーリンは言います。 そのマーリンの口元には、大きな火傷がありました。 涙を流しながらマーリンを見つめて、エスカノールは最後にポエムを歌います。 「君は孤独な愛、心を甘く酔わせる至極の果実酒」 「けれど僕はそれを受け入れる杯にはなれない」 「願わくば神よ・・・いつかその愛を受け入れる杯が現れんことを・・・」 このポエムを歌い終わると、エスカノールの身体が完全に消滅してしまいました。 そして、細かい塵となって空へ飛んでいってしまったのです。 スポンサーリンク 七つの大罪ネタバレ最新334話「エスカノールの影響」 七つの大罪エスカノールの死が凄く悲しい。 七つの大罪にもっといて欲しい気持ちが大きい。 でもマーリンに告白できて良かったのかな。 それはさておき、マーリンのキス、見ているこっちがドキドキしましたよね! 最後にエスカノールの恋が報われてよかったです。 エスカノールの死後はどうなる? 魔神王との戦いに勝利したものの、その代償はかなり大きいものになっています。 エスカノールは、本当に力を使い果たしたようで、燃えていく様は、涙が止まりませんでした・・・ マーリンが口に火傷を負ってまで証を残すという、マーリンの行動も凄かったです。 そんな最強の男だった、エスカノールが死んでしまった後はどうなっていくのでしょうか? これまで、幾度となくピンチを救ってきたエスカノールですから、ここで消滅するのはかなりの戦力ダウンになるでしょうね。 作者から言わせれば、エスカノールは生命力を回復するという選択ではなく、死を選んだともいえます。 まさに、エスカノールとマーリンが話の展開で、基本的には漫画の主要な仲間キャラクターというのは、あまり死なないような気がしますが、こうもあっさり死んでしまうこの展開は、多くのファンが予想外だったことでしょうね。 そして、エスカノールが死んでしまって、バランスが崩れた時にマーリンが暴走する可能性もあり得るでしょう。 最後にエスカノールと交わした言葉の中で、マーリンが「三千年前に見つけて欲しかった」と言っていましたよね。 マーリンは、これまで魔神王と最高神を欺き、それによって強大な力を手にしてきました。 そして、今回魔神王を倒したことによって、微妙な感じで保たれていたバランスが崩れて、マーリンが暴走するという展開も見えてきます。 そうなると、最高神への対決にというストーリーに繋がりそうですよね。 マーリンの過去が明らかに? そして、マーリンの本当の過去が明かされるかもしれません。 マーリンと言えば、未だにはっきりとした「暴食の罪」の由来が、明かされていないです。 もし仮にですが、故郷が滅んだことが何かしらの理由だとしたら? 魔神王と最高神によって、滅ぼされたというのは表向きの見解で、実際にはマーリンが何らかの理由で、滅ぼしてしまったという可能性も捨てきれません。 となると、その行為は神々の焚きつけによるものかもしれませんよね。 そして、最高神との対決に繋がるという展開に。 タイトルが、「一つの時代の終わり」ですからね。 魔神王を倒したことで、神々の時代の終わりを意味しているのであれば、最高神が話に絡んでくるのも納得できるでしょう。 そして、エスカノールの死後の展開は、マーリンが鍵になりそうです! 最高神との戦いに進んでいくのか?また、マーリンの過去が明かされて、伏線が回収されるのか?注目です。

次の