白 ごはん ハンバーグ。 煮込みハンバーグ(和風の簡単レシピ/作り方):白ごはん.com

白ごはん.comの”麻婆豆腐”レシピが素晴らしい。|一路庵 BLOG

白 ごはん ハンバーグ

ハンバーグの玉ねぎの炒め方 基本となるハンバーグの材料は 『合びき肉、玉ねぎ、パン粉、牛乳、おろしにんにく』で、ここに塩や胡椒といった基礎調味料を加えて作ります。 まず、 玉ねぎは事前に炒めて粗熱を取っておく必要があるので、一番はじめに取り掛かります。 玉ねぎ1個分をみじん切りにします。 フライパンにサラダ油大さじ1を入れて強めの中火で熱し、みじん切りの玉ねぎを加えて時おり混ぜながら炒めます。 色が軽くついてきたら、弱めの中火に火加減を落とし、 合計8〜9分ほどじっくり炒めて甘みを引き出します。 このくらいのキツネ色になれば火を止めて、タネに合わせるためにそのまま粗熱を取っておきます。 ひき肉250gなら大さじ4、ひき肉300gなら大さじ5が目安となります。 ボウルを左手で押さえ、右手でしっかり材料を練り混ぜ、ハンバーグのタネを作ります。 はじめは手をグー、パー、グー、パーとひき肉と調味料を握るようにして全体を混ぜ、全体が混ざったらぐるぐるとかき混ぜるように練ってタネを作ります。 タネが出来上がったら、作る個数にざっくりとボウルの中で切り分け、手に取って成形していきます。 楕円形に軽くまとめたら 表面をならして形を整え、片手から片手へ軽く投げるようにして空気を抜きます(10~20回くらい)。 最後に、楕円形のハンバーグの中央部分を軽く押さえたら成形の完了です。 残りのタネも同じように成形します。 ただ、押さえすぎると中央のボリュームがなくなって平べったくなるので、軽く押さえる程度でOKです。 まず、片面に焼き色をつけます。 火加減は弱火を少し強くしたくらいにして2〜3分ほど焼きます。 2〜3分焼いてこんがりと片面に焼き色がつけば裏返します。 すべてを裏返したら 弱火にして、蓋をして7〜9分ほどじっくり蒸し焼きにします。 状態を見ながら適宜時間の調整をしてください。 蒸し焼きが終わったら一度いちばん厚みのあるハンバーグの中央に竹串を刺します。 竹串を抜いた部分から透明な肉汁が出てくれば火が通っている証拠です。 焼けたハンバーグは先にお皿に取り出します。 まず、調味料を合わせる前にフライパンに残った脂の分量を確認します。 焦げが固まっていれば箸で取り除いたりキッチンペーパーで軽くふき取ったりして、脂が多いようなら(ヘルシーに仕上げたいなら)スプーンで適宜先に減らしておくとよいです(脂が多い分には特に問題はないので、気にしないのであればそのままでOKです)。 ソースに使う脂の分量が決まれば、フライパンにBの調味料をすべて合わせます。 あとはフライパンを火にかけ、混ぜながら軽く煮詰めてソースを作り、先に盛り付けたハンバーグにかけて完成です。 好みでトマトやきゅうりなどの生野菜、ブロッコリーやアスパラなどのゆで野菜など好みのものを盛り合わせてください。

次の

白ごはん.com の「基本のハンバーグ」レシピで作ったらマジうま!|一路庵 BLOG

白 ごはん ハンバーグ

今月のヤマサ醤油さんでは、先日白ごはん. comでアップした「合わせ薬味」にも似た、たっぷり薬味でさっぱり仕上げる 「ぽん酢ハンバーグ」レシピをアップいただいています! このレシピはちょっと大人っぽく辛味もきかせたかったので「カイワレ菜」を細かく刻んで合わせています。 comの「合わせ薬味」のページは) スーパーでの買い物中に「家で試したいことがあるんだけど…」と嫁さんを説き伏せてうなぎを購入(笑)。 合わせ薬味とうなぎというミラクルなストックがある方、こちらもぜひお試しください コメント一覧• 2016年06月30日 00:59• 薬味がダメなんて人がそんなに入るとは知りませんでした。 私は、子供の頃から薬味が大好き、私の周りの子供も大人もみんな揃って薬味好き。 ちょっとびっくりしました。 冨田ただすけ• 2016年06月28日 09:57• まめ助さん、りおさん、薬味で食べるのはうちも娘は無理なのですが、大人はすごく喜んで食べています。 りお💖• 2016年06月26日 18:01• まめ助• 2016年06月26日 12:44•

次の

白ごはん.comの”麻婆豆腐”レシピが素晴らしい。|一路庵 BLOG

白 ごはん ハンバーグ

煮込みハンバーグの具材と出汁 玉ねぎの粗熱を取っている間に 煮込みハンバーグの具材を用意し、簡単に出汁も取ってしまいます。 まず、きのこは2〜3種類くらいあれば十分。 今回は しめじ50g、えのき茸50g、椎茸2枚を使いました。 それぞれ石づきを切り落とし、えのきは長さを3等分に、椎茸は薄切りにします。 ブロッコリーも加えると彩りがよく、 きのこと一緒に煮汁の中で直に入れて火を通せるので手間もさほどかかりません。 小房に切り分け(大きければ縦に半分に割って)、ため水の中で洗います。 それから、煮込むためのだし汁は、カツオ節の小袋パックに熱湯を注ぐだけでOKなので、ぜひだし取りしてみてください。 耐熱容器にカツオ節を計4gほど入れて熱湯を400mlそそぎ入れます。 はじめは手をグー、パー、グー、パーとひき肉と調味料を握るようにして全体を混ぜ、全体が混ざったらぐるぐるとかき混ぜるように練ってタネを作ります。 ひき肉250gなら大さじ4、ひき肉300gなら大さじ5が目安となります。 タネが出来上がったら、作る個数にざっくりとボウルの中で切り分け、手に取って成形していきます(今回は3つに分けましたが、煮込みハンバーグなら4〜6個の小ぶりにしてもOK)。 楕円形に軽くまとめたら 表面をならして形を整え、片手から片手へ軽く投げるようにして空気を抜きます(10回くらい)。 最後に、楕円形のハンバーグの中央部分を軽く押さえたら成形の完了です。 火加減を少し落として片面2〜3分ずつ焼いて、両面に焼き色をつけます。 焼き色がつけばハンバーグを端に寄せて、Bのだし汁、醤油、みりんを加えます。 続けて空いたところにきのこを入れ、沸いてきたら火を少し弱め、 ぐつぐつと煮汁が軽く煮立つ状態で8〜9分煮ていきます。 4〜5分経ったタイミングで、一度ハンバーグの上下を入れ替えます。 その時にブロッコリーも加えます。 厚みのあるハンバーグの中央に竹串を刺して、透明な肉汁が出るかを確認し、火通りがOKなら器にハンバーグとブロッコリーだけ取り出します。 あとは煮汁にとろみをつければ完成です。 小さめの容器にCの片栗粉と水を合わせてよく溶き、沸騰させた煮汁を混ぜながら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 とろみがついた後にも、弱火で1分ほどぐつぐつと煮立つ状態を保ち、とろみを安定させるとよいです。 先に盛り付けたハンバーグの上にあんをかけてできあがりです。

次の