念仏 類語。 馬耳東風って本当の意味は?語源は何?類語や気象に関係あるかもチェック

馬耳東風って本当の意味は?語源は何?類語や気象に関係あるかもチェック

念仏 類語

「馬の耳に念仏」の意味と由来とは? 「馬の耳に念仏」の意味は、ありがたみがわからないことのたとえ 「馬の耳に念仏(うまのみみにねんぶつ」とは、馬に念仏を聞かせても、そのありがたさを馬は理解できず、少しも効果がないことから、ありがたみのわからないことのたとえとして使われることわざです。 「猫に小判」「豚に真珠」「犬に論語」なども同じ意味のことわざで、人の忠告や意見に耳を貸そうとしない、愚かな様子を表します。 「馬耳東風」が「馬の耳に念仏」の由来 「馬の耳に念仏」と同じような意味のことわざに「馬耳東風」がありますが、実は「馬耳東風」こそが「馬の耳に念仏」のことわざの由来です。 「馬耳東風」とは、人の意見に耳を貸さないことという意味を表し、中国の詩人である李白の詩が出典です。 「王十二の『寒夜に独酌して懐にあり』に答う」という詩の中に「東風は馬耳を射るがごとき」というくだりがあり、良い詩を俗物は認めようとしないことを憤る様子が詠まれています。 「馬耳東風」の「馬耳」は「馬の耳」のことで、「東風」とは「東から吹く春風」のことです。 「東風は馬耳を射るがごとき」とは、馬の耳に風といったあんばいだ、というように、聞き流されてしまう様子を表しています。 「馬耳東風」の故事成語が日本に伝わると、「何を言っても馬の耳に風」と歌舞伎のセリフなどで言われるようになり、「馬の耳に風」ということわざができました。 やがて「風」が「念仏」に変わり、「馬の耳に念仏」ができたと言われています。 「馬の耳に念仏」の使い方と例文 「馬の耳に念仏」は相手を愚かだとする意味があるので使い方に注意する 「馬の耳に念仏」の由来は「馬耳東風」であるため、両者の意味はほぼ同じですが、「念仏」と「風」の違いが異なる意味合いを加えているため、「馬の耳に念仏」については使い方に注意が必要です。 「馬耳東風」は人の意見に耳を貸さないこと、何を言っても聞き流すことを表しますが、「馬の耳に念仏」はそれに加えて「ありがたいことがわからない愚かさ」という意味合いが含まれていることがポイントです。 そのため、目上の人に対して「部長は馬耳東風で何も聞き入れてくれない」と言うのは「何を言っても聞き流されてしまう」という意味の中立的な発言ですが、「部長は馬の耳に念仏で何も聞き入れない」と言うときは、部長を愚かな馬にたとえていることになるため、失礼な表現となってしまいます。 「馬の耳に念仏」を失礼にならないように用いる例文 「馬の耳に念仏」は、相手がありがたみや価値がわからない人だという前提で使うことわざであるため、自分の身内や自分自身を謙遜する意味で使うと公の場でも失礼になりません。 例文:• うちの子どもは馬の耳に念仏で、本を与えてもまじめに読もうとしない• 馬の耳に念仏と言われないように、先輩のアドバイスには真摯に耳を傾けたい また、相手のかたくなな考え方や態度を批判するときに次のように使うことがあります。 例文:• ジャンクフードの食べ過ぎはよくないと忠告したが、馬の耳に念仏のようだ• 馬の耳に念仏と言うが、向上心のない人には何を言っても無駄だ 「馬の耳に念仏」の類語とは? 価値がわからない人を見くだす意味の類語は「馬に経文」「猫に小判」 「馬の耳に念仏」と同じように、価値がわからないことを見くだすような意味で使われることわざはたくさんあります。 「馬に経文」「猫に小判」「犬に論語」など、身近な動物にありがたいものを対比させています。 動物にたとえていることもあり、人に対して使うことは基本的に失礼なことわざだといえます。 何も聞き入れないこと表す類語は「馬耳東風」「暖簾に腕押し」 相手を見くだすニュアンスは含まず、相手が何も聞き入れないことを中立的に表すことわざが「馬耳東風」「暖簾に腕押し」です。 右から左、押しても手ごたえがないという状況をたとえており、ことわざ自体には相手を低める意味合いはありませんが、用いるときの状況や前後の言葉づかいによっては相手に不快感を与えてしまうことがありますので、使い方には注意が必要です。 「馬の耳に念仏」の英語表現とは? 「馬の耳に念仏」に違い英語表現は「praying to deaf ears」 「念仏」は、英語では神への祈りという意味に置き換えられますが、祈りと動物を対比させることにより、価値がわからないことを表す英語表現はないようです。 「馬の耳に念仏」に似た表現としては「praying to deaf ears」(耳の聞こえない人に説教をする)という表現があります。 また、「右から左に聞き流す」「馬耳東風」に近い表現には「In one ear and out the other」(一つの耳に入ったらもう片方の耳から出てしまう)があります。 例文:• 「彼に忠告してもまるで馬耳東風だった」 Giving him advice was like preaching to the deaf. 「彼女に助言しても右から左に聞き流されてしまう」 Advice given to her goes in one ear and out the other. まとめ 「馬の耳に念仏」とは、李白の詩が出典の故事成語「馬耳東風」をもじって「何を言っても馬の耳に風」と言うようになり、転じて「馬の耳に念仏」ということわざになったものです。 「馬耳東風」も「馬の耳に念仏」も、何を言っても聞き入れないという同じ意味を持ちますが、「馬の耳に念仏」は、念仏がわからない愚かな馬に相手をたとえることになるため、使い方には注意が必要です。

次の

馬耳東風って本当の意味は?語源は何?類語や気象に関係あるかもチェック

念仏 類語

公開日: 2018. 03 更新日: 2018. 03 「馬耳東風」の意味と使い方、類語、「馬の耳に念仏」との違い 「馬耳東風」という言葉をご存知でしょうか。 「馬耳東風に聞き流す」「馬耳東風な姿勢」といったように、一度は何となく耳にしたことがあると思います。 では、「馬耳東風」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 誰かに「君は本当に馬耳東風な人だね」「あなたは馬耳東風ね」と言われた場合、どのように解釈するでしょうか。 読み方もなかなか難しいため、意外にも知らないという方が多いはずです。 内容を理解するためには意味を押さえておく必要があります。 そこで今回は「馬耳東風」の意味や使い方、類語、「馬の耳に念仏」との違いについて解説していきます。 「馬耳東風」を正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「馬耳東風」の使い方と例文 他人からの意見や注意を聞き流し反省をしない、どんな事を言われても一切動じないという場合に「馬耳東風」を使います。 他に、世の中の情報に疎いという場合にも「馬耳東風」が用いられます。 例えば、「いくら周りのみんながアドバイスしてあげても、彼は馬耳東風に聞き流すばかりだ」といった場合は「周りのみんながアドバイスしても、彼は聞いただけで心にも留めないこと」を意味します。 「自分には関係ない!」「無関係である」という意味で「周りでは近くで起きた事件の話題で持ちきりだが、私にとっては馬耳東風である」などと使うのは間違いなので注意してください。 言い回しとしては、 ・馬耳東風だ ・馬耳東風に聞き流す ・馬耳東風に過ぎる ・馬耳東風の姿勢 ・馬耳東風の態度 ・馬耳東風な人 などとなります。 それでは例文を見ていきましょう。 例文 ・彼に何を言っても馬耳東風である。 ・周りの人の忠告を馬耳東風と聞き流す。 ・君が何回も同じ失敗を重ねるのは、人の話を馬耳東風と聞き流しているからだ。 ・いい加減、あなたは馬耳東風の姿勢を続けるのをやめた方が良いと思うよ。 ・何でも途中で投げ出す彼に批判が殺到したが、馬耳東風であった。 ・とても面白い話であったが、彼女にとっては馬耳東風で驚くほど興味を示さなかった。 ・あの男は他の人の話はしっかりと聞くのに、私の言うことには全く馬耳東風だ。 ・馬耳東風の態度を示されてしまうと、こちらとしても何も言うことがない。 ・馬耳東風な人だと思われないように、普段から相手の忠告を冷静に聞き入れるようにする。 ・国民が必死に訴えたとしても、国は馬耳東風に過ぎないよ。 「馬耳東風」と「馬の耳に念仏」の違い 「馬の耳に念仏」は 「馬に念仏を聞かせてもそのありがたみが分からないように、いくら説き聞かせても何の効もないたとえ」を意味します。 「念仏のありがたみが分からないなんて愚かな奴である」という意味合いが含まれます。 「馬耳東風」は「他人の意見や忠告を聞き流して、心にも留めずに聞き流すこと」 「馬の耳に念仏」は「いくら言い聞かせてもその価値がわからないさま。 効果がないさま」 2つとも「他人の意見を聞き入れないこと」を表していますが、「馬耳東風」は「良い話を聞き入れない」、「馬の耳に念仏」は「良い話を理解できない」といったニュアンスの違いがあります。 「馬耳東風」も「馬の耳に念仏」もほぼ同じ意味ですが、「馬の耳に念仏」は「全く効き目がない。 無駄である」という意味から「馬耳東風」よりも間抜けさの加減が高いと言えます。 例文 ・私たちがいくら説得したとしても、彼には馬の耳に念仏だ。 ・だからそんな無駄遣いはするなって言ったのに、全く馬の耳に念仏だね。 ・何度注意してもどうせ馬の耳に念仏だから、もう諦めるしかないね。 「馬耳東風」の類似語 暖簾(のれん)に腕押し (意味:相手に対するとき、力を入れても手応えがなく張り合いのないことのたとえ) 「色々注意しているが、暖簾に腕押しで全く聞き入れない」 糠に釘<ぬかにくぎ> (意味:手応えがなく、効き目のないことのたとえ。 意見しても効果のないこと) 「遅刻してばかりの社員を説教したが、糠に釘で効果なし」 蛙の面に小便 (意味:どんな仕打ちにあっても平気でいるさま) 「悪口を言われても彼は蛙の面に小便である」 豆腐にかすがい (意味:意見をしても、少しの手応えがなく、効き目のないことのたとえ) 「彼女は機嫌が良くないときは豆腐にかすがいだよ」 焼け石に水 (意味:援助や努力がわずかで効果のないこと) 「一人でやっても焼け石に水だから、皆で協力して手伝おう」 豚に真珠 (意味:高い価値のあるものでもそれの分からない者には無価値に等しいこと) 「高いお酒を味覚音痴の彼にプレゼントしても豚に真珠だ」 猫に小判 (意味:貴重な物を与えても何の反応もないことのたとえ) 「良い洋服を彼女に着させても、猫に小判だろう」 犬に論語 (意味:道理を説き聞かせても益のないことのたとえ) 「お金を払って講演を聞いても、理解できず犬に論語だった」 柳に風 (意味:すこしも逆らわず巧みに受け流すこと) 「どんなに陰口を叩かれようとも、彼女は柳に風とこなす」 対牛弾琴<たいぎゅうだんきん> (意味:せっかくの好意や努力というものが、何の効き目もなく無駄なこと) 「やる気のない人に教えても対牛弾琴だよ」 「馬」を用いたことわざ・慣用句 「馬耳東風」や「馬の耳に念仏」以外にも「馬」を用いたことわざや慣用句があるので紹介します。 ・「馬に経文(きょうもん)」:牛に経文を聞かせても、何の効き目もないことのたとえ ・「馬の耳に風」:人の意見に少しも感ぜず、聞き流していることのたとえ ・「馬が合う」:気が合う。 意気投合すること ・「馬は馬づれ」:同類のものは集まりやすいこと。 似たもの同士が集まると上手くいくこと ・「馬の目に銭」:どんなに貴重なものであっても、価値のわからない人が持っていては役に立たないことのたとえ ・「馬の籠抜け(かごぬけ)」:馬が曲芸の籠抜けをやろうとするように、無理に無理を重ねること ・「馬の鼻を立て直す」:旅立つとき、馬の首を行こうをする方に向ける ・「馬は馬方」:その道の専門家というのは、専門家であるだけに優れていること ・「馬を牛に乗り越える」:良いものを捨てて悪いものに変えること ・「馬を鹿に通す」:理屈に合わないことを、権力によって無理に押し通すこと ・「馬の背を分ける」:馬の背の片方には雨が降り、片方には降らない意で、ある地域を境にして一方では夕立が降っているのに、他方では晴れているさま 私はいつも他人の意見は馬耳東風に聞き流すようにしている。 (直訳:他人の意見が自分の心の声を押し流さないようにしている) これらの表現をすればよいと思います。 ()内に直訳も書いておいたので、参考にしてみてください。 おすすめの英会話教室「NOVA」《英語部で一番人気!》 当サイト「英語部」で一番人気の英会話教室が、NOVAです。 全国展開(270校舎)をしている大手英会話教室の中で圧倒的に価格が低いのが特徴です。 しかも講師は全員ネイティブ! ・グループレッスン(最大4人)月額1万円 ・マンツーマン月額2万円 ・月謝制 ・入会金ゼロ 「格安で週一回NOVAのネイティブ講師と会話し、あとは自習する」という英語学習法が非常におすすめです。 ご興味のある方はホームページから無料体験レッスンをぜひ!.

次の

馬耳東風って本当の意味は?語源は何?類語や気象に関係あるかもチェック

念仏 類語

北に面した窓によりかかり、詩を吟じ、賦(詩や歌のこと)を作る。 そして、たくさんの優れた言葉を並べても、一杯の水の価値にも値しない。 それというのも、世間の人は詩や歌を聞いても、その意味を理解せずに、頭を振るだけだ。 馬の耳に東風が吹いても、馬は何も感じないように、世間の人も何も気にすることはない このような意味になるんです。 これは、世間では、世渡り上手な人が出世し、本当に能力のある人は認められないということを言っているんです。 このことは、李白自身の価値が世間で認められずに、自分の力を発揮する場所が与えられない、ということを嘆いたものです。 いつの時代でも、世間を当たり障りなく渡っていく、世渡り上手が、出世していくことは、あるんですね^^ そして、この漢詩の「有如東風射馬耳」から、 馬耳東風という言葉が生まれたんです。 馬耳東風の類語 それではつぎに、この四字熟語であり、故事成語である馬耳東風の類語を見ていきましょう。 馬耳東風の類語• 蛙の面に水• 柳に風• 牛に経文• 馬の耳に風• 兎(うさぎ)祭文に• 暖簾(のれん)に腕押し• 猫に石仏• 糠(ぬか)に釘 どの言葉も、いくら注意、意見しても、相手は聞く耳持たずで、一方通行になってしまうという言葉です。 この類語は、探せばもっとたくさんあります。 人の忠告を、まったく聞き入れない人は、昔から多かったせいかもしれませんね^^ 今は、他の人に注意、意見しても、うるさがられるだけだからと、相手に何も言わない人が増えています。 以前の社会の様な、人のために注意する人がいなくなってきましたね。 このままでは、ことなかれ主義になってしまい、社会の進歩が止まってしまうような気がします。 馬耳東風と馬の耳に念仏とは違う意味!? 馬の耳に念仏 馬耳東風と馬の耳に念仏は同じ意味の言葉だと思いがちです。 たしかに、どちらも価値あることを言っても、相手は意に介しない、ということで似ています。 しかし、似ている様で、肝心なところが違うんです。 なので、この2つの四字熟語は、似ているようで、意味が違うんです。 馬耳東風は、相手の意見を受け入れないんですから、 主人公は、意見を受け入れない相手になります。 それに対し、馬の耳に念仏は、相手に対し言っても無駄だと決めていますから、 主人公は、意見を言う人になります。 なので、この2つ四字熟語は、同じ意味として使う気持ちはわかりますが、違う意味の言葉になります。 とくに、馬の耳に念仏は相手を自分より下に見ています。 なので、絶対に年上や会社の上司に使ってはいけません。 人生の先輩には、自分の方が能力があると思っても、一歩引いた言い方をするべきです。 あなたが知らない時代を生きて、みんなのために頑張ってきたんですから。 馬耳東風の使い方 この四字熟語でもあり故事成語でもある言葉の使い方をみていきましょう。 馬耳東風の使い方• 何度言っても同じミスをするのは、私の話を 馬耳東風と聞き流して覚えようとしないからだよ。 他の人からの注意は、耳が痛いだろうが、 馬耳東風の姿勢でいると、誰もあなたに注意しなくなるよ。 馬耳東風の態度をつらぬくんなら、もっと結果を出してからにしなさい。 先輩は、あなたを成長させようと意見しているんだから、 馬耳東風の態度はよくないよ。 私は営業として後輩の面倒も見ています。 なので、もし後輩がこの使い方の様な態度をとったら、がっかりしますし、もう面倒みきれないなと思うかもしれません。 人は、口がひとつで、耳が2つあるのは、自分のことを話すより、他の人の話を聞く方が大切だからです。 あなたは、そんなことはないと思いますが、ご注意を^^ まとめ 馬耳東風と言う言葉の意味は、他の人の意見や忠告を受け入れずに、ただ聞き流すだけの状態ということです。 読み方は「ばじとうふう」と読みます。 この四字熟語であり、故事成語の馬耳東風は、唐の詩人であった、李白の詩が語源になっています。 日本は、昔は中国からいろんな文化、文明を学んでいます。 なので、中国の言葉や逸話(いつわ)からきている、四字熟語などが多くあります。 ところで、あなたはまさか、馬耳東風の態度、とっていませんよね^^ 人と人は、どんな時代になっても、お互いに助け合いの心が大切です。 能力がある人でも、他の人の助けは、必ず必要になるときがあります。 他の人に迎合ばかりする必要はありません。 しかし、人から好かれる人が、最後には勝つ人なんです^^.

次の