ケーキ マーガリン。 バターとマーガリン2つの違いは?ケーキに使用するなら?

さっきスーパーで「ケーキ用マーガリン」なるものを買いました。無塩バターの約半...

ケーキ マーガリン

バターの変わりに「ケーキ用マーガリン」 「雪印メグミルク ケーキ用マーガリン」 私は上記のマーガリンを使用してます。 理由としては無塩バターの代わりになるのと入手性が良いからです。 値段も200gで200円程度で買えるのもコスパがいいです。 ただ私は最初、代わりに使ったのが オリーブオイルです。 オリーブオイルはどうだったのか? 正直失敗ってほど失敗ではなかったのですがやはり微妙でした… というのもバターを投入した時と較べて膨らみが2~3割少なかったんです。 調べてみると液体油脂は膨みが悪いということでした。 そんなわけで次はマーガリンを使用してみました。 ところでなぜ最初にマーガリンを使用しなかったのだと思います? マーガリンはトランス脂肪酸で危険なイメージ 最近のインターネット上ではマーガリン批判はもう溢れんばかりされてます。 とりあえずマーガリンの話になれば絶対というほどトランス脂肪酸で危険なんて書き込みを見ます。 なので自然とトランス脂肪酸は危険物でマーガリンはやばい物と思っていました。 実際のところトランス脂肪酸は危険? 私が色々と調べた結果では基本的に摂取は控えた方が良いという感じはしました。 ではなぜマーガリンを使うのかというと… トランス脂肪酸についての記事は農林水産省の物がオススメです。 最近のマーガリンはトランス脂肪酸の含有量がかなり少ない。 日本人が一日に消費するエネルギーは平均で約1,900 kcalですので、平均的な活動量の場合には 一人一日当たり約2グラム未満が目標量に相当します。 まぁざっくり言えば1日に2グラムほどなら問題ないとの事です。 では「雪印メグミルク ケーキ用マーガリン」のトランス脂肪酸の含有量どれくらいあるのでしょうか? ケーキ用マーガリンのトランス脂肪酸の量 雪印メグミルク ケーキ用マーガリンについては トランス脂肪酸含有量が10gに対して0. 06gとの事です。 パン一斤に対しては10? 20gほどしか使わないので、0. 12g程度です。 200g全部使っても1. 2gです… 正直こんな微量のトランス脂肪酸に恐怖し、高いバターを買ってたのかと思います。 ただやはり体に良いものではないので多量に毎日取る場合はバターとかのほうが良いかもしれませんね。 バターは飽和脂肪酸が問題になるのでそれもやめたほうがいいですが。 ちなみに商品名は忘れましたが小岩井のマーガリンは0. 01gだそうです。 ただ個人的に無塩の物が良かったのでケーキ用マーガリンを使用しています。 他にもパーム油やココナッツオイルのマーガリンはトランス脂肪酸0の物もあるみたいです。 ただ元から固形油脂なので飽和脂肪酸はあるそうです。 コレも企業努力のお陰でかなり減ったみたいです。 騒がれた当時は今の数倍から10倍近くもあったとか。 ケーキ用マーガリンを使用してのパン焼きは? これを使用してパンを作ってます。 結果として全然問題なく膨らみました。 塩分も含まれてないので無縁バターの代わりとして使えます。 安くて、バターなどの動物性油脂と比べ肥満に効果的なのもポイントです。 トランス脂肪酸が含まれているので健康的と言いづらいところはありますが… それとバターと比べると風味が落ちます。 やはりバターの代替品なのだなとは感じます。 食感はふんわりしてバターより柔らかい気もしました。 まとめ というわけで最近のマーガリンはトランス脂肪酸がかなり少ないという事で普通に使う分には問題なさそうな気がするので、私は使用してます。 コスパもよく ただそれでも気になる方にはトランス脂肪酸フリーのマーガリンかバターを使いましょう。

次の

明治ケーキマーガリン|株式会社 明治

ケーキ マーガリン

「Thinkstock」より マーガリンや ケーキ、ビスケット、スナック菓子、ドーナツ、マヨネーズ、ファストフード、インスタント麺などに含まれるトランス脂肪酸は、心血管疾患のリスクを高めるとして、規制している国は多い。 例えば、世界保健機関(WHO)は、トランス脂肪酸の摂取量を摂取エネルギーの1%(約2g)未満にするよう2003年に勧告。 デンマークでは03年6月から食品中のトランス脂肪酸の量を全脂質の2%までとする罰則規定のある行政命令を制定。 08年にはスイスが油脂100g当たり2g以上のトランス脂肪酸を含む商品の国内流通を禁止、09年にはオーストリアも同様の規制を決定した。 南米ではブラジル、アルゼンチン、チリ、パラグアイ、ウルグアイが06年にトランス脂肪酸の表示を義務化。 アジアでは、韓国が07年から、台湾は08年から、香港は10年から、表示義務を課した。 北米では、カナダが05年から、アメリカが06年から表示を義務化。 そして今年6月16日、ついに米国食品医薬品局(FDA)はトランス脂肪酸の食品添加物を18年6月から原則禁じるという決定を下した。 他方、まだ日本では表示すら義務づけられていない。 理由は、「大多数の日本国民のトランス脂肪酸摂取量は、WHOが推奨する総エネルギー比1%未満を下回っており、通常の食生活では健康への影響は小さい」という食品安全委員会の見解に基づいている。 しかし、平均値でWHOの目標をクリアしていても、トランス脂肪酸を食べすぎている人はいると思われ、現在摂取量が少ない人でも、将来オーバーする可能性が高い食生活を送っている人もいるはずだ。 表示義務を課せば、普段から心がけた食生活を送れるようになり、トランス脂肪酸の摂りすぎを未然に防ぐことにつながると期待できる。 つまり、消費者にとっては、トランス脂肪酸含有量が表示されているに越したことはない。 特に日本の場合、近年、国内の酪農家の減少が深刻になり、原料の生乳も減って国産バターは不足、高価格化が続いており、バターの代替品として、やむを得ずマーガリンを買っている人も多い。 そういう人の中には「自分の買っているマーガリンには、トランス脂肪酸がどれだけ入っているのか」と気になっている人もいるだろう。 情報開示に応じない明治、セブン、ヤオコー そこで国内で流通している下記合計18社、94商品のトランス脂肪酸含有量を調査した。

次の

マーガリン・ショートニング製品

ケーキ マーガリン

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の