変わらずの石 特性。 まぼろし劇場 サンムーン リージョンフォームの遺伝メモ

石の品質とエネルギー

変わらずの石 特性

石の品質とエネルギー この地球上にたくさんあるパワーストーン。 そして、たとえ同じ石でも一つ一つ個性が違います。 それは言わば、私達日本人が同じ性格や顔をしているのではないという事と同じようなものなのです。 参考: ですが、このサイトでは石のエネルギー特性や傾向について書いてはいます。 もちろん個体差にまで言及できないからです。 しかし、石を深く調べていくと、どこかで個体差についてある程度の認識を持たなくてはならないとずっと思っておりまして、今回、少しまとめてみました。 ただ最初に申し上げておきますが、ここでも非常にざっくりとしか書けません。 あくまでも概念として捉えていただければと思います。 石の色によるエネルギーの違い まずパワーストーンの色ですが、その差は石によって大きく違います。 色によって大きく個性としての影響を受ける石もあれば、それほどでもない石もありました。 例えば、ムーンストーンは色によって大きくエネルギーの特性を変える石の一つです。 ムーンストーン自体俗称であり、【月の石】というくらいですから、やはりカラーは白のものが最も月と関連した性質を持ちます。 実は鉱物上ではペリステライトであるブルームーンストーンやホワイトラブラドライトとも呼ばれるレインボームーンストーン(レインボームーンストーンはやや遠いですが)も、オレンジカラーやブラウンカラーのムーンストーンよりもエネルギーの特性としてはムーンストーンらしい特性を持つのです。 逆に色の違いでエネルギー特性がさほど変わらない石も存在します。 今回の測定で特徴的だと思ったのは、ガーネットや、クンツァイト、アパタイトなどでした。 もちろん全く関係がないわけではありません。 でも、思ったほどは関係が少ないという感じでした。 ちなみに多くの石の場合、色の違いは【エネルギーの性質、特性の違い】となってあらわれる事がほとんどでした。 石の透明度によるエネルギーの違い そして透明度、これはエネルギーの強さを表すようです。 ただし、全ての石が一様に同じような変化をするわけではありません。 変化の強い石もあればやや変化する程度の石もありました。 品質が上がれば透明度が高まる石はそんな感じだったのですがでは透明では無い石はどうなのでしょうか?? 例えばラピスラズリ等は不純物の割合が少ない、より深いブルーが鮮やかな物の方がエネルギー自体が強い傾向にありました。 また、ブルーレースアゲートやマラカイト等は模様がはっきりしているものの方がエネルギー傾向が強いことが分かりました。 逆に個体差のほとんど無かった石は、タイガーアイ、アラゴナイト、アベンチュリン等でした。 (ちなみにアラゴナイトは原石の状態では形状でエネルギー特性が大きく変化するようです。 ) パワーストーンの大きさ・産地によるエネルギーの違い 大きさについてはもちろん大きなものはそれなりにエネルギーの影響範囲、フィールドは強い傾向にあるようですが、これは本当に物や形状によるところもあり、一概には言えない感じで今回は検証がお預けとなりました。 そして、産地、この産地による影響が著しく大きいと感じた石の代表はターコイズでした。 エネルギーの特性はあまり変わらなかったのですが、とにかくエネルギーの強さが産地によって、とてつもなく変わる石のようです。 他の石でも産地の影響を受ける石もありますが、産地については影響の無い石もかなり多かったです。 色は特性、透明度はエネルギーの強さでしたが、産地については石によって特性であったりエネルギーの強さだったり、本当にまちまちと言った感じでした。 石の加工によるエネルギーの違い こちらは今回のテーマから少しそれるのですが、物凄く意外だった事が一つありました。 それはです。 これはで詳しく書いておりますので、ここではほんの少しだけ触れると、処理された石がエネルギー的に弱いと言う事は、基本的には間違いである!と言う事です。 もちろん処理の仕方にもよります。 石の力を殺してしまう処理もあります。 しかし、人為的な処理によって石の力がかえって引き出される場合も多く存在している事が測定で分かりました。 一番驚いたのは持ち込んだ「再生琥珀」のサンプルの方が、鑑別でナチュラルと出た物よりもエネルギーそのものがかなり強かったことです。 ナチュラルで出た物はとても綺麗だったのですが、もちろん再生物が天然よりも良いというわけではありませんが、そういうこともありえるのだという事に驚きました。 本当に…何年も石の研究を続けていますが、未だに驚くことばかりです。 だから、ずっと続けていられるのでしょうね。 今調べている事はあくまでも私自身の石との関わり方であって、それ自体が全てだとは思っていません。 しかし、皆さんが石と関わっていく時のちょっとした参考や道しるべになれれば幸いです。

次の

【ポケモンORAS】「かわらずのいし」入手方法や場所と効果の解説!|ぽけすたいる

変わらずの石 特性

大谷石は約 2300万年ほど前に自然現象により生み出されたものと考えられています。 大谷石の地質岩石学上の名称は「流紋岩質溶結凝灰岩」世界で栃木県宇都宮市大谷地区でしか産出されない有限の 唯一無二の石です。 加工性に優れ、温かみのある優しい自然の風合いで、和洋を問わず空間を演出する品ある 自然素材です。 ただし、大谷石の柔らかな特性上、加工中に角欠けなどは生じますので、あらかじめご了承ください。 農水省により天然ゼオライト(吸着性、増粘性、団結性があり水処理、公害物質処理、油処理、脱臭処理、土壌改良資材に利用)を含有、植物の老化を早めるエチレンガスを吸着させることにより生花物などの鮮度保持効果が認められています。 などに重宝されています。 また腐臭の元となるエチレンガスの吸着効果も高いので防臭効果もあり、食物を腐らせないともいわれています。 3)長石類(4. 9)黒雲母(0. 2)普通輝石(0. 2) 不透明鉱物(0. 1)マトリックス(軽石部分)ガラス(25. 9)微細粘土(33. 4)ゼオライト(25. 3)塊状粘土(2. 7)有効空隙率(37. 0) 遠赤外線の効果 太陽はガンマー線から電波に至るまであらゆる波長の電磁波を放射しています。 その中で0. 遠赤外線は太陽だけでなく身の回りの温度を持つすべてのものが、大なり小なり遠赤外線の波長をもち放射し、人間も放射しています。 放射だけでなく吸収することもできる。 赤外線は放射という形で伝わるため、ワインなどに関しても遠赤外線がガラスの瓶も通過するため、熟成が進むと考えられています。 そうすると水分子はクラスター破壊され小さな構造となります。 小さな構造となることで水分子は活性化し、そうすることで 腐敗の進行を抑制、つまり 鮮度を保持しながら熟成を進ませる遠赤外線効果により カビの発生も抑えられ日持ちが良くなる利点もあります。 お支払い方法について お支払いは、代金引換・銀行振込・クレジットカード決済がご利用いただけます。 領収書につきまして 銀行振込みの場合は銀行振込みと記入、印紙なしの領収書。 または銀行振り込み明細書をもって領収書の発行といたします。 下記の領収書については発行いたしておりません。 下記の書類が税務上正規の領収書として認められます。 代金引換の場合:運送会社が発行する送り状控えの「領収書」• クレジットカード決済の場合:クレジットカード会社から送られる「利用明細書」 配送・返品・交換について 破損がある場合は商品到着時にE-mailまたはTELにて連絡ください。 必ず商品到着時にご確認ください。 その時の受領サインでお客様検品にて問題なしという確認済とのことで手続き完了となります。 その後の破損については責任を負いかねます。 あらかじめご了承ください。 万一配送中の破損、不良品、あるいはご注文と違う商品が届いた場合は即ドライバーにお申し付けください。 事故処理で扱い、代替え品を製造配送いたします。 破損品はそのままにしてください。 手続きのため返送します。 引き取り手続きなどはこちらで行います。 また返送料はこちらが負担いたします。 端材特価など商品によってまた2級、3級品はすでに欠けのあるものです。 角欠け、割れ返品不可です。 イメージと異なるなどお客様のご都合の返品はお受けできません。 5m、高さ3. 5m 4t車進入可能(Uターン、右折、左折必要な場合、走行可能)到着日指定可能。 時間指定不可。 (大抵午後着です) 必ず進入、停止、荷降ろし可能かご確認ください。 万が一宅配便の方で進入、配達不可となった場合、荷降ろしのお手伝いをしていただけなかった場合幣社では一切責任を負いかねます。 特殊重量荷物ですのであらかじめご了承ください。 ご注文確定の際は宅配便配送伝票ナンバーをお知らせできます。 到着日当日お客様の方で宅配便と直接配送状況を確認することが可能かと思われます。 御要望の場合お申し付けください。 宅配便配送で到着時フォークリフトがない場合、梱包を解いてお客様の方で数枚ずつ荷降ろし可能、またお品物が重量上、片方持っていただくことが必要な場合、荷手降ろしお手伝い可能としてお受けしていただいたこととなります。 お品物ご到着は大抵午後着になります。 あらかじめ御了承ください。 送料について 特殊重量物扱い配送。 大谷石比重は約1. 7となり重さを計算できます。 数量1枚でもかなり重量がある場合がございます。 薄板1枚でもパレット梱包補強は割れ防止のため必須です。 薄い大谷石はガラスより強度がありません。 補強なしは少しの衝撃で割れてしまうので宅配便の方で配送不可です。 数量が少なく石の価格がお安くとも重量物で配送料の方が商品代よりもかなりお高くなる場合がございます。 前もってパレット梱包代をご確認、ご検討いただけますようよろしくお願いいたします。 送料:パレット代、梱包費別途。 送料込お見積りご希望の際は宅配便配送条件の(左記)をご確認いただき数量、サイズ、行先ご住所(町名くらいまでわかれば正確にお出しできます)をEメールお問い合わせください。 その都度きちんとした送料込お見積りをお送りします。 (送料も変動します) 数量、重量がある場合はユニック車チャーター配送(午前着)で配送込お見積りをお送りいたします。 配送料の負担軽減のため宅配便との特別契約で可能となっているサービスです。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。 お送りする際は日通、西濃運輸 特殊重量物扱い)でお送りしています。 石材で特殊重量物のため送料がかかります。 前もって良くご検討ください。 各商品ご注文フォームはお見積り依頼として使用できます。 送料込のお見積りを再度送信いたしますので1度目(自動送信)の送料別途ご注文メール送信では確定とはなりません。 お気軽にお見積りお問い合わせとしてご利用いただけます。 その後、送料込のお見積り合計金額をご確認いただきお支払い手続き完了、ご連絡いただきご注文確定となります。 よろしくお願いいたします。

次の

【ポケモン剣盾】孵化厳選(タマゴ厳選)のやり方|個体値や特性の遺伝条件は?【ポケモンソードシールド】

変わらずの石 特性

石の品質とエネルギー この地球上にたくさんあるパワーストーン。 そして、たとえ同じ石でも一つ一つ個性が違います。 それは言わば、私達日本人が同じ性格や顔をしているのではないという事と同じようなものなのです。 参考: ですが、このサイトでは石のエネルギー特性や傾向について書いてはいます。 もちろん個体差にまで言及できないからです。 しかし、石を深く調べていくと、どこかで個体差についてある程度の認識を持たなくてはならないとずっと思っておりまして、今回、少しまとめてみました。 ただ最初に申し上げておきますが、ここでも非常にざっくりとしか書けません。 あくまでも概念として捉えていただければと思います。 石の色によるエネルギーの違い まずパワーストーンの色ですが、その差は石によって大きく違います。 色によって大きく個性としての影響を受ける石もあれば、それほどでもない石もありました。 例えば、ムーンストーンは色によって大きくエネルギーの特性を変える石の一つです。 ムーンストーン自体俗称であり、【月の石】というくらいですから、やはりカラーは白のものが最も月と関連した性質を持ちます。 実は鉱物上ではペリステライトであるブルームーンストーンやホワイトラブラドライトとも呼ばれるレインボームーンストーン(レインボームーンストーンはやや遠いですが)も、オレンジカラーやブラウンカラーのムーンストーンよりもエネルギーの特性としてはムーンストーンらしい特性を持つのです。 逆に色の違いでエネルギー特性がさほど変わらない石も存在します。 今回の測定で特徴的だと思ったのは、ガーネットや、クンツァイト、アパタイトなどでした。 もちろん全く関係がないわけではありません。 でも、思ったほどは関係が少ないという感じでした。 ちなみに多くの石の場合、色の違いは【エネルギーの性質、特性の違い】となってあらわれる事がほとんどでした。 石の透明度によるエネルギーの違い そして透明度、これはエネルギーの強さを表すようです。 ただし、全ての石が一様に同じような変化をするわけではありません。 変化の強い石もあればやや変化する程度の石もありました。 品質が上がれば透明度が高まる石はそんな感じだったのですがでは透明では無い石はどうなのでしょうか?? 例えばラピスラズリ等は不純物の割合が少ない、より深いブルーが鮮やかな物の方がエネルギー自体が強い傾向にありました。 また、ブルーレースアゲートやマラカイト等は模様がはっきりしているものの方がエネルギー傾向が強いことが分かりました。 逆に個体差のほとんど無かった石は、タイガーアイ、アラゴナイト、アベンチュリン等でした。 (ちなみにアラゴナイトは原石の状態では形状でエネルギー特性が大きく変化するようです。 ) パワーストーンの大きさ・産地によるエネルギーの違い 大きさについてはもちろん大きなものはそれなりにエネルギーの影響範囲、フィールドは強い傾向にあるようですが、これは本当に物や形状によるところもあり、一概には言えない感じで今回は検証がお預けとなりました。 そして、産地、この産地による影響が著しく大きいと感じた石の代表はターコイズでした。 エネルギーの特性はあまり変わらなかったのですが、とにかくエネルギーの強さが産地によって、とてつもなく変わる石のようです。 他の石でも産地の影響を受ける石もありますが、産地については影響の無い石もかなり多かったです。 色は特性、透明度はエネルギーの強さでしたが、産地については石によって特性であったりエネルギーの強さだったり、本当にまちまちと言った感じでした。 石の加工によるエネルギーの違い こちらは今回のテーマから少しそれるのですが、物凄く意外だった事が一つありました。 それはです。 これはで詳しく書いておりますので、ここではほんの少しだけ触れると、処理された石がエネルギー的に弱いと言う事は、基本的には間違いである!と言う事です。 もちろん処理の仕方にもよります。 石の力を殺してしまう処理もあります。 しかし、人為的な処理によって石の力がかえって引き出される場合も多く存在している事が測定で分かりました。 一番驚いたのは持ち込んだ「再生琥珀」のサンプルの方が、鑑別でナチュラルと出た物よりもエネルギーそのものがかなり強かったことです。 ナチュラルで出た物はとても綺麗だったのですが、もちろん再生物が天然よりも良いというわけではありませんが、そういうこともありえるのだという事に驚きました。 本当に…何年も石の研究を続けていますが、未だに驚くことばかりです。 だから、ずっと続けていられるのでしょうね。 今調べている事はあくまでも私自身の石との関わり方であって、それ自体が全てだとは思っていません。 しかし、皆さんが石と関わっていく時のちょっとした参考や道しるべになれれば幸いです。

次の