特別 支給 の 老齢 厚生 年金 働き ながら。 年金もらいながら働く場合の収入はいくらまで?減額されない働き方は?

年金をもらいながらの働き方、60~64歳だけの3つのお得とは

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 働き ながら

スポンサーリンク 特別支給の老齢厚生年金とは 60歳~64歳の間にもらえる支給される年金のこと。 通常の老齢厚生年金とは別。 60歳以上で月28万円以下の給与所得であれば、何の影響もない。 男性は1961年4月1日以前、女性は1966年4月1日以前に生まれている人が対象。 老齢基礎年金において10年の受給資格期間。 厚生年金保険等の加入期間が1年以上。 年金制度ができた当初、厚生年金の支給開始年齢は男性が55歳、女性は除外でした。 昭和60年に年金は65歳からになり、それ以前に生まれた人は「聞いてないよ~」となるので救済措置として60歳~64歳の間に「特別支給支給の老齢厚生年金」を支給することになった経緯があります。 私の親の場合、20歳頃から働き始めて60歳まで厚生年金を落としなく払い続けていたので月5万円程度もらえるようでした。 現在勤めている職場の給与は28万円もないので、何の影響もないと判断して受給することにしました。 特別支給の老齢厚生年金の障害者特例 私の親は60歳で、障害者(身体障害者3級、要介護)でもあるので、障害者特例も利用することにしました。 障害年金と同時に請求することも可能です。 (障害年金を受けていない場合は、請求日直近1カ月以内に作成された診断書の添付が必要) これを申請するには、 ・現在厚生年金に加入していない ・障害等級が3級以上 ということになります。 特別支給の老齢厚生年金は繰り下げ受給、繰り上げ受給はできない 60~64歳の厚生年金を「特別支給の老齢厚生年金」 65歳からの厚生年金を「本来の老齢厚生年金」 と区別して話します。 「特別支給の老齢厚生年金」は、繰り上げ受給、繰り下げ受給はできません。 「本来の老齢厚生年金」は、 繰り上げ受給すれば年金は減額されます(65歳より前にもらうと減る)。 繰り下げ受給すれば年金は増額されます(65歳より後にもらうと増える)。 「55歳だけど、早く特別支給の年金を受けよう」とか、「66歳まで遅らせて特別支給の年金を受けよう」とかはできません。 原則60~65歳まで限定なのが特別支給の老齢厚生年金なのです。 逆に特別支給の厚生年金を受給しない場合、61歳、62歳、63歳などで受ける場合も「受給するのが2年分遅れたから2年分上乗せで。 」ということはできません。 私の親の場合、特別支給の厚生年金は月5万円程度でした。 ただ60歳の現在でも働いており、60~65歳までの5年間、非常勤でもパートでもアルバイトでも何らかの形で働けるという見込みがあるので受給することにしました。 もし働けなくなって、特別支給の厚生年金だけでは生活できなくなった場合は、 「本来の老齢厚生年金」の繰り上げ受給を追加して受けることになります。 65歳になったら・・ また日本年金機構から手紙が届くので、それに沿って「本来の老齢厚生年金」の手続きを行います。 65歳になる誕生月の初め頃に、日本年金機構から「国民年金・厚生年金保険老齢給付年金請求書」をお送りします。 年金請求書に必要な事項を記入のうえ、誕生月の末日までに日本年金機構へ提出してください。 誕生月の末日までに提出されない場合は、年金の支払いが一時止まることになります。

次の

年金もらいながら働く場合の収入はいくらまで?減額されない働き方は?

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 働き ながら

在職老齢年金とは 60歳以上の方で老齢厚生年金を受け取る権利がある人が、勤務先で社会保険に加入すると、会社からもらう給料・ボーナスに応じて年金が減額される仕組みになっています。 これを「在職老齢年金制度」といい、定年後も(社会保険に加入して)働きながら年金を受給する場合は、減額された年金「在職老齢年金」が支給される場合があります。 減額後の年金額の調べ方 在職老齢年金制度によって減額された後の年金受給額(月額)を調べるには、まず 「基本月額」と 「総報酬月額相当額」を確認する必要があります。 「基本月額」とは、年金(年額)を月額に直したものですが、加給年金は除きますので、以下の計算式で求めます。 ) 続いて、 「総報酬月額相当額」についてですが、こちらは「給料」になります。 ただし、この給料にはその月以前1年間のボーナスを12等分した額も加えて計算しますので、計算式は次のようになります。 ) 在職老齢年金は、年齢が 「60歳~64歳まで」と 「65歳以上」で計算方法が異なりますので、それぞれ別々に解説していきます。 スポンサーリンク 60歳~64歳までの在職老齢年金の調べ方 在職老齢年金の計算は、ちょっと複雑なので、まずは早見表を使った調べ方から解説していきます。 早見表を使って調べる方法 下記の早見表を使うと、おおよその年金受給額(月額)を確認することができます。 ) <早見表の見方> この表は、おおよその年金受け取り額(月額)を表したものです。 (約5万円の年金が減額されることになります。 このように、稼げば稼ぐほど、受け取れる年金が少なくなる仕組みになっています。 続いて、計算式を使って減額後の年金受給額(月額)を調べる方法を解説していきます。 (支給停止額は0円です。 (支給停止額は85,000円です。 ) スポンサーリンク 65歳以上の在職老齢年金の計算方法 65歳からの在職老齢年金の計算方法は、60歳~64歳までの計算方法とは大きく異なっています。 こちらも、まずは早見表を使った調べ方から解説していきます。 早見表を使って調べる方法 下記の早見表を使うと、おおよその年金受給額(月額)を確認することができます。 ) <早見表の見方> この表は、おおよその年金受取額(月額)を表しています。 続いて、計算式を使って減額後の年金受給額(月額)を調べる方法を解説していきます。 計算式を使って調べる方法 65歳以上の方で減額後の年金の受給額(月額)を計算する場合は、次の計算式を使って求めます。 (支給停止額は0円です。 また、70歳以降は、原則として厚生年金には加入しませんが、70歳以降も同じ計算式で減額されることになっています。

次の

年金受給者のパート・アルバイトはok?年金が減額されない働き方を確認

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 働き ながら

2019年4月12日 16:00 定年後も再雇用で同じ会社に勤め続けたり、別の職場に再就職したりする。 そうやって「働きながら年金を受け取る」ことが当たり前の時代となった。 ところが、ここで大きな問題となるのが、「在職老齢年金」の仕組みだ。 60歳を過ぎても厚生年金に加入して働きながら年金を受け取る場合、65歳未満の人は『給料と年金の合計』が28万円を超えると、年金の一部がカットされてしまう(65歳以上は47万円超)。 働けば働くほど、年金の減額幅が大きくなっていくのだ。 だが、「たくさん稼いで、年金もカットされない」という最強の方法がある。 それが、もともと働いていた会社と業務請負契約を結んで仕事をすることだ。 個人事業主になれば、厚生年金には加入しない。 年金を満額もらいながら、報酬を得ることができる。 ファイナンシャル・プランナーの大沼恵美子氏がいう。 「私の知る例では、電気工事会社に勤めていた男性が、年金カットがゼロになる働き方を実現していました。 60歳の定年を迎えるにあたり、特別支給の老齢厚生年金が受け取れる歳までの継続雇用契約を結び、受給開始後は個人事業主として元勤務先から仕事を受注していた。 60歳定年を前にしたタイミングで、将来の独立・業務請負契約について会社ときちんと話し合っていたので、退職後もスムーズに発注を受けられました。 他にも、金融機関に勤務していた社員が定年退職前にファイナンシャル・プランナーの資格を取り、定年後に事務所を立ち上げたケースがありました。 この人は、元の勤め先で築いた人脈を生かしたことで、仕事を順調にスタートできた。 やはり、勤務先と信頼関係を損なわずに独立することが、『働きながら年金満額受給』を実現するためには大切だと思います」.

次の