さつまいもダイエット 痩せた。 さつまいもダイエットの効果と成功するやり方や口コミ!

韓国で痩せた成功事例が多い「さつまいもダイエット」の効果と方法

さつまいもダイエット 痩せた

さつまいもダイエットってなに? さつまいもダイエットは、置き換えダイエットの一種です。 置き換えダイエットとは、1日に食べるご飯の1食をダイエット食品に置き換えるというダイエット法です。 さつまいもに含まれる成分を利用することと、置き換えダイエットをすることで、効果的に痩せることが可能だと言われています。 さつまいもダイエットの効果とは? それでは早速ですが、さつまいもダイエットの効果について見ていきたいと思います。 どのようなダイエット効果があるのでしょうか。 ・便秘の解消効果 さつまいもを食べるとおならが出るなどといわれることがありますが、これはさつまいもを食べることによって腸の蠕動(ぜんどう)が活発になることと関連していると考えられています。 さつまいもにはヤラピンという、野菜の中でもさつまいもにしか含まれていない特有の成分があります。 ヤラピンには 便を軟らかくしたり、腸の蠕動を活発にしたりする効果があるということです。 また、さつまいもには豊富な食物繊維が含まれていることもよく知られていることと思います。 食物繊維には、便通をスムーズにしてくれる働きがあり、やはり 便秘の解消に効果的です。 ・美肌効果 肌が荒れたり吹き出物ができたりする原因にはいろいろありますが、一つには腸内環境が悪化していることがあげられます。 腸の調子と肌のコンディションは直結していますから。 そして、腸内環境が悪化する原因の一つが便秘です。 便秘は単に不愉快なだけでなく、体内にとどまった便が腐敗することで、さまざまな有害物質が発生します。 その結果として肌荒れも起こるわけです。 さつまいもには 、便秘を解消する効果があるということなので、腸内環境が改善されるとお肌のコンディションもよくなることが期待できます。 ・ダイエット効果 さつまいもダイエットをおこなうと、体重の減少効果も期待できます。 ここでひとつお断りなのですが、本来ダイエットには痩せるという意味はありません。 ダイエットとは健康や美容のために、食事を制限したり食事内容を改めたりする、いうなれば食餌療法(食事療法)のようなものです。 糖尿病や肥満といった生活習慣病から脱却し、健康的に美しく生きられるためにおこなわれるものであり、単に体重を減らすことだけを目的としている訳ではないのです。 ただ、ダイエットの結果として痩せることが多いこと、また、日本ではダイエット=痩せると理解していらっしゃる方が多いことから、さつまいものダイエット効果に関しても、痩せるという意味を含めて解説しています。 ダイエットとは結局のところ、消費カロリーよりも摂取カロリーが下回るようにすることが重要となります。 さつまいもを食事とすることによってカロリー摂取を減らせば、結果として痩せることが可能だという訳です。 スポンサーリンク ・アンチエイジング効果 さつまいもを切っておいておくと、断面が変色することをご存知の方も多いことと思います。 あれは、さつまいもの抗酸化作用によるものであり、りんごの断面が茶色くなるのとおなじメカニズムなのです。 さつまいもに限らず、野菜のほとんどにポリフェノールが含まれています。 ポリフェノールや、太陽の紫外線から野菜を守るために産生されるものであり、ポリフェノールを含む野菜を食べた人間にも、その恩恵をもたらしてくれます。 つまり、 さつまいもの抗酸化作用によって、老化から身を守ってくれるということなのです。 ・むくみの解消効果 さつまいもに含まれている成分としては、カリウムの存在も忘れてはいけません。 カリウムには、体内の老廃物を体外に排出する働きがあることから、さつまいもダイエットにはむくみの改善効果も期待できます。 さつまいもダイエットをするメリットって? ダイエット法にはいろいろありますが、さつまいもダイエットを選ぶことのメリットとしては、どのようなことがあげられるのでしょうか。 ・甘くておいしい 石焼きイモが大好きという方もいらっしゃることと思いますが、さつまいもは甘くておいしいということから、多くの方に愛されています。 埼玉県の川越市もさつまいもの産地として有名ですが、川越市ではクリより甘くておいしいということから、9月13日をさつまいもの日としているそうです。 いわく、九里(9、クリ)四里(4、より)甘い十三里ということです。 さつまいもダイエットのメリットは、さつまいもを美味しく食べながらダイエット効果が得られるということでしょう。 ・腹もちがよい さつまいもを始めとした野菜類には、不溶性の食物繊維が多く含まれています。 不溶性食物繊維とはその名の通り、水に溶けない食物繊維のことです。 不溶性の食物繊維は、胃の中で水分を吸って膨張するという特徴があります。 そのため、少量でも満足感を得られ、食事の量を減らすことが可能となるのです。 ・カロリーが低い ダイエットを成功させる秘訣は、「消費カロリー>摂取カロリー」の状態を維持することです。 それには、運動をするか食事量を減らすかのどちらか(あるいは両方)しかありません。 そのため、同じ量の白米と比べるとカロリーが低いということです。 また、 お茶碗1杯分のご飯ならサクッと食べられるという人でも、同じ量のさつまいもを食べるとなると時間がかかることとなります。 そのうちに満腹中枢が刺激されるため、食事の量を抑えることが可能となるのです。 さつまいもダイエットをする際の注意点! さつまいもダイエットは、食事をさつまいもに置き換えるだけの簡単なダイエット法ですが、おこなうにあたっては以下のようなことに気をつけるようにしてください。 ・皮ごと食べる さつまいもを食べると胸やけがするという人もいらっしゃいますが、そのような人はさつまいもを皮ごと食べるようにするといいそうですよ。 また、さつまいも特有の成分としてヤラピンといわれるものがあり、便秘の解消に効果的ということでしたが、実はこのヤラピン、皮の付近に存在しているそうなのです。 そのため、やはり皮ごと食べることが重要となります。 参考にしてください! ・食べるときには水を一緒に飲む さつまいもダイエットをするときには、水を一緒に飲むようにしましょう。 そうすることによって、さつまいもに含まれている不溶性の食物繊維が胃の中で膨張し、おなかがいっぱいになるのが早くなります。 ・食べすぎないように注意する さつまいもダイエットに限ったことではありませんが、何かを食べて瘠せるようなことはあり得ません。 あくまでも、食事量をコントロールする手段として、何らかの食物を利用するだけです。 さつまいもダイエットが効果的だからと言って、いくらでもさつまいもを食べていいわけではありません。 カロリーを計算して、必要量だけを食べるようにしましょう。 さつまいもダイエットは痩せられる?効果や注意点を徹底検証!のまとめ 飽きたらほかのダイエット食品と併用しよう!さつまいもダイエットはとても簡単なダイエット法ですが、さつまいもばかり食べていると飽きてしまいますよね。 そんなときには、ほかのダイエット食品と併用して置き換えダイエットを続けましょう。

次の

私がさつまいもダイエットで痩せなかったワケ…失敗の口コミまとめ

さつまいもダイエット 痩せた

さつまいも(生・皮なし)の主な栄養素 100g 300g エネルギー 134kcal 402kcal たんぱく質 1. 2g 3. 6g 脂質 0. 2g 0. 6g 糖質 29. 7g 89. 1g 食物繊維 (水溶性・不溶性) 2. 2g (0. 6g・1. 6g) 6. 4g (1. 8g・4. 8g) ナトリウム 11mg 33mg カリウム 480mg 1440mg カルシウム 36mg 108mg マグネシウム 24mg 72mg リン 47mg 141mg 鉄 0. 6mg 1. 8mg 亜鉛 0. 2mg 0. 6mg 銅 0. 17mg 0. 51mg マンガン 0. 41mg 1. 5mg 4. 5mg ビタミンB1 0. 11mg 0. 33mg ビタミンB2 0. 04mg 0. 12mg ナイアシン 0. 8mg 2. 4mg ビタミンB6 0. 26mg 0. 9mg 2. 7mg ビオチン 4. さつまいもののカロリー さつまいものカロリーは、100gあたり134kcal。 炭水化物と比較すると、白米168kcal、食パンは264kcal、うどん(ゆで)105kcal、そうめん(ゆで)127kcal、中華麺(ゆで)149kcal、パスタ(ゆで)165kcal。 さつまいもは決してカロリーの高いものではありません。 さつまいものの糖質 さつまいもの糖質は、100gあたり29. 炭水化物と比較すると、白米36. 8g、食パンは46. 8g、うどん(ゆで)20. 8g、そうめん(ゆで)24. 9g、中華麺(ゆで)27. 9g、パスタ(ゆで)30. 食物繊維が豊富 さつまいもは、食物繊維が豊富です。 100gあたり2. 2g(皮なし)。 特に不溶性食物繊維が多く1. 6g含まれています。 ビタミン・ミネラルが豊富 さつまいもには、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。 その中でも含有量の多い、ビタミンB群・E・C・カリウムです。 ビタミンやミネラルはエネルギーの代謝に欠かせない栄養素。 さつまいもを食べることで、体に必要な栄養が摂取できます。 レジスタントスターチ さつまいもには、難消化性デンプンとも呼ばれる特殊なデンプン、レジスタントスターチが含まれています。 レジスタントスターチは、小腸で消化されずに大腸まで届き腸内環境を整える働きがあります。 また、消化されにくいため、カロリーは糖質の半分とも言われています。 ヤラピン ヤラピンは、さつまいもだけに含まれている成分です。 さつまいもを切った時に出てくる乳液状のものがヤラピンです。 ヤラピンには、便を柔らかくしたり腸の蠕動(ぜんどう)運動を刺激するなどの整腸作用や、胃の粘膜を保護する作用を持っています。 ポリフェノール さつまいもには、ポリフェノールが含まれています。 その中でもクロロゲン酸と呼ばれるものが多く含まれています。 さつまいもでダイエット効果が期待できる理由 低GI値で血糖値の上昇が緩やか さつまいもは、カロリーや糖質量は、白米と比較すると多少低いのですが、大差はありません。 それでもダイエット効果が期待できると言われる理由は、低GI値食品だからです。 GI値は血糖値の上昇スピードを表したもので、数値が低いと太りにくい食品と考えられています。 さつまいもは55の低GI値、白米は80で高GI値になります。 さつまいもが低GI値食品である理由は、食物繊維、レジスタントスターチ、クロロゲン酸が含まれているからです。 これらには、血糖値を緩やかにする作用があるためと考えられます。 そのため、カロリーや糖質量は決して低くありませんが太りにくい食べ物になります。 満腹感がある さつまいもは、血糖値の上昇が緩やかなため腹持ちが良く、お腹が膨れやすい食べ物です。 そのため、満腹感を得やすく食べ過ぎの防止にもつながります。 脂肪燃焼・糖質吸収を抑制 ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸には、脂肪燃焼効果や糖質の吸収を抑制してくれる働きがあります。 クロロゲン酸は、脂肪をエネルギーに変える働きを持つミトコンドリアの働きを活性化させます。 そのため、代謝が促進され脂肪燃焼効果が期待できるのです。 また、クロロゲン酸には、糖質を分解する酵素の働きを阻害するために、糖質の吸収を抑制してくれることがわかっています。 整腸作用による便秘改善 さつまいもに含まれる、食物繊維、レジスタントスターチ、ヤラピンの持つ整腸作用により便秘改善をサポートしてくれます。 腸内環境は、ダイエットと関連が深いことで注目されています。 便秘の人は、余分な栄養まで吸収しやすく太りやすい体質と言われます。 また、腸内細菌にはデブ菌・ヤセ菌と言われるものが存在し、デブ菌が多い人ほど太りやすいと指摘されています。 さつまいもの不溶性食物繊維、レジスタントスターチ、ヤラピンが、便のカサを増やす、便を柔らかくする、善玉菌のエサになるなど、腸内環境を整える働きをするため、太りにくく痩せやすい体質に近づくことができるのです。 むくみ改善 さつまいもには、カリウムが多く含まれています。 カリウムは、ナトリウムと共に体内の水分バランスを整える働きがあります。 ナトリウムの摂り過ぎやカリウム不足になると、バランスが崩れ体内に水分を溜め込もうとします。 その結果、むくみにつながります。 加工食品をよく食べたり外食が多い人は、ナトリウムを摂り過ぎる傾向にあり、カリウムをしっかり摂取することが必要です。 Sponsored Link ダイエット以外に美肌効果も期待できる ビタミンEとビタミンCの相乗効果 さつまいも100gには、ビタミンEが1. 5mg、ビタミンCが29mg含まれています。 これは、1日の必要量で見ると、ビタミンEは25%、ビタミンCは30%に当たります。 ビタミンEは抗酸化作用を持ってるため、「若返りのビタミン」とも呼ばれています。 そしてビタミンCは、ビタミンEの抗酸化作用を向上させるサポート役になるため、ビタミンEとビタミンCの同時摂取は、アンチエイジング効果が期待できる組み合わせです。 またビタミンEは、血流の改善や紫外線から守るの働きを持っているため、美肌効果が期待できます。 クロロゲン酸の抗酸化作用 ビタミンEと同じく、クロロゲン酸にも抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果や美肌効果が期待できます。 腸内環境を整えることも美肌に繋がる 腸内環境が悪化していると肌にも悪影響を及ぼします。 腸は栄養を吸収する器官ですが、腸内環境が悪化していると必要な栄養が吸収されず肌の健康も残ってしまうのです。 さつまいもに含まれる食物繊維、ヤラピン、レジスタントスターチの働きで腸内環境を整えることで、肌の健康を取り戻します。 さつまいもダイエットの方法 炭水化物の置き換え さつまいもダイエットの方法のひとつは、白米などの炭水化物をさつまいもに置き換える方法です。 さつまいもに置き換えることで適度な糖質を摂取できますし、血糖値の上昇を緩やかにし太りにくくします。 また体に必要なビタミン・ミネラルも摂取できます。 おかずは通常どうりにします。 1日3食のうち1〜2食をさつまいもに置き換えましょう。 さつまいもは、1食につき150g。 これはごはん1杯分の重さで、さつまいも中サイズの約半分になります。 置き換える時間帯は、夜が理想的です。 夜は食べたものが脂肪に変わりやすい時間帯です。 白米をさつまいもに置き換えることで、太る原因のひとつである糖質を抑えることができるからです。 1食を置き換える 朝食をさつまいもに置き換える方法です。 この方法は、美容家の鈴木絢子が考案した『朝さつまいもダイエット』になります。 夜は外食や友人と一緒に食事する機会が多く、さつまいもが食べられない人にオススメの方法です。 詳しくは以下の記事でご紹介しています。 おやつの代用 間食をしたいなら、お菓子やファーストフードをさつまいもにしましょう。 さつまいもは程よい甘みがあり、お腹が膨れやすいため満足感を得られます。 また、ビタミン・ミネラルも摂取できるため、理想的な間食になります。 さつまいものダイエット効果を高める食べ方 皮も一緒に食べる クロロゲン酸などのポリフェノールは、表皮から5mmのところに全体の80%が存在しています。 つまり、皮を捨ててしまうと、クロロゲン酸が持つダイエット効果や抗酸化作用を捨ててしまうことになります。 さつまいもダイエットでは、皮も一緒に食べるようにしましょう。 60〜70度の加熱で甘みアップ ダイエットが長続きする秘訣は、おいしくしっかり食べること。 どれだけダイエット効果がある食べ物でも美味しく食べられないと食べ続けることができません。 さつまいもを調理するときは、60〜70度程度でじっくり加熱しましょう。 低すぎると分解がされず、高すぎると壊れてしまいます。 おかずはバランスよく食べる さつまいもには、糖質・ビタミン・ミネラルが含まれています。 しかし、必須栄養素であるたんぱく質・脂質が含まれていないため、さつまいもだけにしてしまうと、栄養バランスが崩れ、痩せにくいカラダになってしまいます。 おかずはバランスよく食べるようにしましょう。 さつまいもダイエットで12キロ減に成功した人は? お笑い芸人の赤プルさん(旧・赤いプルトニウム)は、テレビ番組でさつまいもダイエットに挑戦しています。 【ダイエット前】• 体重…58. 1キロ• 体脂肪率…30% そしてさつまいもダイエットを1ヶ月続けた結果、 【ダイエット後】• 体重…46. 5キロ(マイナス11. 6キロ)• 体脂肪率…18. 9%(マイナス11. 1%) たった1ヶ月で約12キロのダイエットに成功しています。 ただし、ここまで大きく痩せた理由は、さつまいもに置き換えただけでなくエステやランニングを加えています。 赤プルさんのブログによると、置き換えるだけで3〜4キロは落とすことができたようですが、更に痩せるためには、食べること、寝ること、運動することが大事だと述べています。 また、季節を選ばずに購入できる食材なので、取り入れやすいことも嬉しいですね。 炭水化物をさつまいもに置き換えるだけでもダイエット効果が期待できますが、綺麗に痩せるためには、栄養バランスを考慮した食事や運動などが必要になります。 これはダイエットの基本なので、忘れないようにしましょう。 イモ類については、以下の記事でもご紹介しています。 以下の記事もオススメです。

次の

さつまいもダイエット成功で痩せた食べ方やレシピは?【主治医が見つかる診療所】横澤夏子

さつまいもダイエット 痩せた

スポンサーリンク 夜、夕飯にさつまいもを食べると太るは嘘! さつまいもダイエットを夜する、さつまいもを夜食べると太るのでは?と思う方も多いです。 しかし、夜さつまいもを食べてもらって問題ないです。 むしろ夜がオススメです。 その理由は主に 2つです! さつまいもには 「食物繊維が豊富で満腹になりやすく持続しやすい」、 「カロリーが意外と低い」とダイエットに嬉しい効果を持ち合わせているのです。 なんとサツマイモにはキャベツの約1. 3倍の食物繊維が含まれているんですよ! ではなぜ夜、夕飯時に食べてる方がいいのでしょうか? 基本的に朝昼晩といつ食べても良い「さつまいも」ですが一般的に カロリー摂取量が高い「夜」にカロリーの低めで満腹感を感じやすいサツマイモを食べることでカロリー摂取を抑えることが可能だからです。 美味しく栄養満点なサツマイモ食べつつダイエットすることもできるということです。 さつまいも 131. 9 kcal 糖質30. ご飯 356. 1 kcal 糖質55. 食パン 268. 9 kcal 糖質44. うどん 270. 1 kcal 糖質41. 玄米 349. 9 kcal 糖質34. さつまいもを食べるなら、ごはんやパンを少し減らして! さつまいもは 食物繊維が豊富で、満腹感を感じやすく持続しやすいというメリットがありますが、何事も食べ過ぎは禁物です。 手軽になるべく努力せずダイエットをしたい方はこちらの記事も読んでみるといいかもです。 スポンサーリンク さつまいもは食事の最初に食べるようにして! 食物繊維が豊富なさつまいもを食前、食事の始めの方で食べるメリットは2つあります。 「食物繊維が膨れて、満腹感を感じやすい」、 「血糖値の上昇を穏やかにして糖が脂肪になるのを抑えてくれる」の2点です。 さつまいもは食べ過ぎを抑える! さつまいもは「 食物繊維が膨れて、早く満腹感を感じやすい」です。 さつまいもには 「水溶性食物繊維」、「不溶性食物繊維」の2つがあるのですがその両方が多く含まれています。 食物繊維を食事の始めの方に食べることで胃の中で水分を吸って膨張するため、満腹感が得られやすいのです。 食事の後半よりも、胃が空いている食事の始めの方に食べることでより水分を吸って膨張しやすくなります。 食物繊維が豊富な「ごぼう」を思い浮かべるとわかる通り食物繊維が豊富な野菜は必然的に咀嚼回数が多くなります。 咀嚼の回数が多いと満腹中枢が刺激され食べ過ぎを抑えることができます。 消化しにくい「 不溶性食物繊維」が多く含まれていることで、消化がゆっくりと行われるので必然的に胃腸での滞在時間が長くなります。 不溶性食物繊維をたくさん摂取することでお腹が減りにくくなるため、結果的に満腹感を持続しやすくなるということです。 ただし調子が悪く、風邪を引いている時などは消化に時間が掛かってしまうと体の負担になってしまうため控えた方がいいです。 さつまいもは太るのを防ぐ働きがある! さつまいもには「 血糖値の上昇を穏やかにして糖が脂肪になるのを抑えてくれる」効果があります。 血糖値の上昇が著しいと特に「太りやすい」と言われ、太っている人の多くがこちらの右のような血糖値、急激な血糖値の上昇と下降サイクルにあるといいます。 より引用 太らないためには左のような血糖値の上昇と下降を穏やかな状態にしなくてはいけません。 「さつまいも」にはその鍵となる 「水溶性食物繊維」が含まれ、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。 水溶性食物繊維はその名の通り、水に溶ける食物繊維ですが溶けることでドロドロ、ネバネバ状態になります。 食事の最初にとることで胃の中で先にバリアを張って、その後の食べ物を包み込みます。 そんなネバネバに覆われている食べ物は体内でゆっくりと吸収されていくため、糖が一気に吸収されることが抑えれられ血糖値を上げるインスリンの分泌も穏やかになります。 何も考えずに食事の始めにご飯やうどん、パンなど食物繊維が少なく糖質の多い食材を取ると「糖」が分解されてできた「ブドウ糖」を体内で勢い良く吸収しようとするため、血液中のブドウ糖の濃度は上昇します。 ブドウ糖が血中に増えると、濃度の濃い砂糖水のようにドロドロした血液になっていき、血流の流れを悪くするだけでなく、血管や毛細血管にもダメージを与えます。 それを防ぐ目的で 膵臓からインスリンが分泌され、血中で上昇した「 ブドウ糖」を押さえ込もうと「 脂肪」として体に吸収します。 つまり、食事の始めに炭水化物を食べてしまうと、ブドウ糖が勢いよく吸収されるため太りやすくなるのです。 それを抑えるためにも 事前に食物繊維が豊富な「さつまいも」を食べておくことで、例え同じ量の炭水化物を食べたとしても太りづらくなるのです。 (血糖値の上昇を抑えられるため) 食事の前に食物繊維が豊富なサラダなどの野菜系を食べる方が良いと良く聞くのは理にかなっているという事です。 手軽になるべく努力せずダイエットをしたい方はこちらの記事も読んでみるといいかもです。 スポンサーリンク さつまいもには美肌効果も!肌荒れやニキビを防ぐ! 美肌を作るきれいな腸内環境に効果的! さつまいもには食物繊維が豊富に含まれ、血糖値の急上昇を防ぐだけでなく最終的に腸内で善玉菌のエサになることで腸内環境を改善していき便秘や軟便などの症状を緩和します。 腸内環境が悪いと悪玉菌が増える事で、食べ物が腸内で腐りやすく、毒素となって腸内で吸収され血液を通じ体を巡ります。 「肌は腸の鏡」と言うように肌の調子が悪い人は腸内環境が悪い可能性があります。 便秘や下痢、おならが臭いと現在感じている人は腸内環境が悪い証です。 また 食物繊維以外にも「 ヤラピン」という腸内環境を整える成分がさつまいもの身や皮に含まれています。 ヤラピンとは糖脂質の一種で、さつまいもをカットした時にに包丁につく白い液体のことで、摂取する事で腸のぜんどう運動を促す働きがあることがわかっています。 ヤラピンは熱によって変化しないので、どんな食べ方でも効果が減少しません。 皮にも含まれているので「焼き芋」を食べる場合は皮ごと食べる方が最終的に「綺麗」に繋がると言う事です! 腸内環境を整える「さつまいも」を食べる事で見た目から美しくなりましょう! ダイエットを成功させるには代謝をあげて脂肪が燃焼しやすい体にすることが挫折しないためにも大切です! 栄養を吸収し、体に取り組む「腸」の調子が悪いと体の巡りにも大きく影響するので、脂肪を燃焼しにくい「痩せにくい体」になります。。 ダイエットをする前に 痩せない大きな原因である「便秘症状」を改善することが大切です。 リバウンドしないためにも良い腸内環境を維持することがオススメです! 綺麗な肌を作る豊富なビタミン類 肌に良いとされる「ビタミンB群、C、E」が含まれており、ビタミンB群は肌の新陳代謝を良くし肌の再生サイクルを整えます。 (ターンオーバーを整える) ビタミンCは肌にハリを与え、コラーゲンの生成を促すことで「 しみ・そばかす・シワ」を防ぎます。 ビタミンCには抗酸化作用があり、風邪や感染症予防にもかなり効果的でガン予防をはじめ生活習慣病予防に摂取する人も多くいます。 鉄との相性も良く、吸収率を高めることができるので「貧血気味」の方にもさつまいもはオススメできる食材と言えるでしょう。 ビタミンCは加熱によって流れやすいので、そのことを考えると「蒸したさつまいも」が一番適していますが、さつまいもは調理の際にでんぷん質が糊化し、膜を作るのでビタミンCの流出を抑えることができます。 その上、さつまいもには加熱してもビタミンCが壊れにくいという長所があるので他の野菜と比べてもビタミンCが効率よく摂取できます。 抗酸化作用が強いビタミンEは「 老化防止のビタミン」とも言われ、 紫外線や老化、ストレスなどで肌の調子が悪くなる原因とされる「過酸化脂質」が体内に発生するのを防いでくれます。 また肌の再生サイクルを整え、乾燥した風、直射日光など外からのダメージに備えバリア機能を高めてくれます。 さつまいもを毎日摂取すると細胞の老化を遅せる効果が望めるので結果として 美しい肌をいつまでも保てることに繋がるのです。 また ビタミンEには血行促進効果があるのでくすみ、くまなども改善、予防できます。 手軽になるべく努力せずダイエットをしたい方はこちらの記事も読んでみるといいかもです。 ダイエットって 継続することが痩せ続けるためにも大切です。 ダイエットが面倒だったり、疲れてしまった方はダイエット商品を併用しつつ、理想の体型になりましょう。 の記事で 安価でありながらもリピーターの多いダイエット商品を紹介しています。 本当に痩せたいなら、色々と試して自分にとって継続できる方法を見つけるのが本当に大切です! 痩せるも綺麗も両方叶える「さつまいもダイエット」の食べ方は? ここまでさつまいもが太らなく、美容効果もある食材であることを説明しました。 食べ方としては 「夕飯」でさつまいもを食べ、炭水化物の置き換えをすることで摂取カロリーを抑えることが大きなメリットとなります。 慣れてきたら1日2食をさつまいもに置き換えてみても、効果を感じやすいでしょう。 もちろんその際に炭水化物は控えなくてはいけませんが、野菜等は食べてOKです。 さつまいもは決して糖質が少ない野菜ではありませんが、私たちが普段食べる炭水化物よりもカロリーやGI値が低く、ダイエットのベースをつくる為に必須な腸内環境を整えてくれます。 さつまいもダイエットは美味しく、満腹感もあるので手軽なダイエットと言えます! ダイエットを意識するなら「カロリー」だけでなく 「GI値(グリセミック指数)」も意識しなくてはいけません。 この「GI値」って良く聞きますが、なんだかわかりにくいですよね。 簡単に説明するとGI値は「 食べ物に含まれる炭水化物が分解された後、糖に変わるまでのスピードを数値化したもの」です。 GI値が低いと糖に変わるまでのスピードが遅いということで「 分解、吸収されるまでの時間が長い」ことを表します。 つまり「 血糖値が急激に上がることを防いでくれる」のです。 先ほどお伝えした通り、血糖値の上昇を穏やかにすることは糖が脂肪として吸収されるのを防いでくれるので結果として太りにくくなります。 ちなみにGI値が高い食べ物はと言いますと「 白米、パン、かぼちゃ、人参、お菓子系」が主に挙げられます。 食べ方(蒸す、揚げる、焼くなど)は何でも良いのですがオススメしたいのが「 冷やした焼き芋」です。 焼き芋にする際にさつまいもの糖が分解されて、吸収しやすい形になるため血糖値の上がりやすくなってしまいます。 その対策として 冷やすことが大切なのです。 まとめ さつまいもは栄養豊富で美容効果もあるので食べるべき食材の1つです。 ただ、焼き芋にするとGI値が上がってしまい、血糖値の急上昇に繋がります。 せっかくの焼き芋が太ると聞くとガッカリですよね。 そこで行って欲しいのが しっかりと冷やすということです。 そうすることででんぷん質が変化し、血糖値を上げにくい美容効果のある「焼き芋」に変身しますよ! 最後までお読み頂きありがとう御座います。 手軽になるべく努力せずダイエットをしたい方はこちらの記事も読んでみるといいかもです。 Yota あつきんまるまる様 コメントありがとうございます。 ご回答させて頂きます。 確かに焼き芋にすることででんぷん質が分解され吸収されやすくなるのでGI値も上がります。 GI値の部分だけを見るとアツアツのまま食べるのは、あまり良いとは言えないです。 その対策として焼き芋を一度「冷やす工程」が重要です。 冷やすことででんぷん質が老化し、「レジスタントスターチ」という消化されにくいでんぷん質に変化します。 消化されにくくなるので、血糖値の上昇も穏やかになります。 つまり冷やすことでGI値も下がるということです。 もし、アツアツの焼き芋を食べる際は食べる前に食物繊維を含むサラダ系など野菜を食べ血糖値の上昇を抑えるか、食べる量を少量にしてゆっくり食べるようにしてください。 嫌でなければ食物繊維が含まれる「皮」ごと食べるとより良いです。

次の