労働 基準 法。 夜勤の労働基準法について|休憩時間・休日の取らせ方を徹底解説

第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)

労働 基準 法

日雇い労働とはどういうものなのか 労働者の労働方法には様々なものがあります。 一般的には正社員として働く人が多いですが、主婦であればパートとして働く人も多くいます。 それと同様に日雇いという働き方もあります。 日雇いは主に1日単位で労働をする労働者のことです。 また日雇いとは言っても30日以内の短期間の労働も日雇いに含まれます。 日雇いという働き方は、1度の労働が1日からと非常に短期間なので、自分の時間に合わせて働くことができ、比較的自由度の高い働き方と言えるでしょう。 日雇い労働は労働基準法が適用される? 日雇い労働は特殊な働き方ともいえますが、この場合、労働基準法は適用されるのでしょうか。 もちろん日雇いであっても労働者には変わりないため、労働基準法が適用されます。 しかし、日雇い労働と似たもので日雇い派遣がありますが、こちらは労働基準法が適用されません。 その理由は、日雇い派遣は労働者派遣法で禁止されており、違法行為に当たるためです。 日雇い労働と日雇い派遣は似ているため注意が必要です。 賃金はどのようにして決められるのか? 労働基準法では労働者の最低賃金が定められていますが、日雇いの場合は1日の賃金となるため、どのようにして決められるのでしょうか。 日雇いの賃金については厚生労働大臣が定めた平均賃金と決まっています。 日雇い労働は一般的ではないものの、賃金についてもしっかりと規定がされており、安心して働くことができます。 そのため、時間の自由度を高めたい場合は日雇い労働という働き方も良いのかもしれません。

次の

労働基準法違反となる15のケースとそれぞれの罰則|労働問題弁護士ナビ

労働 基準 法

第三十二条の三 使用者は、就業規則その他これに準ずるものにより、その労働者に係る始業及び終業の時刻をその労働者の決定に委ねることとした労働者については、当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、次に掲げる事項を定めたときは、その協定で第二号の清算期間として定められた期間を平均し一週間当たりの労働時間が第三十二条第一項の労働時間を超えない範囲内において、同条の規定にかかわらず、一週間において同項の労働時間又は一日において同条第二項の労働時間を超えて、労働させることができる。 中「第三十二条第一項の労働時間」とあるのは「第三十二条第一項の労働時間 当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、労働時間の限度について、当該清算期間における所定労働日数を同条第二項の労働時間に乗じて得た時間とする旨を定めたときは、当該清算期間における日数を七で除して得た数をもつてその時間を除して得た時間 」と、「同項」とあるのは「同条第一項」とする。 並びに一年について労働時間を延長して労働させることができる時間 同号に関して協定した時間を含め七百二十時間を超えない範囲内に限る。 を定めることができる。 この場合において、第一項の協定に、併せて第二項第二号の対象期間において労働時間を延長して労働させる時間が一箇月について四十五時間 第三十二条の四第一項第二号の対象期間として三箇月を超える期間を定めて同条の規定により労働させる場合にあつては、一箇月について四十二時間 を超えることができる月数 一年について六箇月以内に限る。 を定めなければならない。 を厚生労働省令で定めるところにより与えることを定めた場合において、当該労働者が当該休暇を取得したときは、当該労働者の同項ただし書に規定する時間を超えた時間の労働のうち当該取得した休暇に対応するものとして厚生労働省令で定める時間の労働については、同項ただし書の規定による割増賃金を支払うことを要しない。 第三十八条の四 賃金、労働時間その他の当該事業場における労働条件に関する事項を調査審議し、事業主に対し当該事項について意見を述べることを目的とする委員会 使用者及び当該事業場の労働者を代表する者を構成員とするものに限る。 が設置された事業場において、当該委員会がその委員の五分の四以上の多数による議決により次に掲げる事項に関する決議をし、かつ、使用者が、厚生労働省令で定めるところにより当該決議を行政官庁に届け出た場合において、第二号に掲げる労働者の範囲に属する労働者を当該事業場における第一号に掲げる業務に就かせたときは、当該労働者は、厚生労働省令で定めるところにより、第三号に掲げる時間労働したものとみなす。 」と、第三十二条の三第一項、第三十二条の四第一項から第三項まで、第三十二条の五第一項、第三十四条第二項ただし書、第三十六条第二項及び第五項から第七項まで、第三十七条第三項、第三十八条の二第二項、前条第一項並びに次条第四項、第六項及び第九項ただし書中「協定」とあるのは「協定又は決議」と、第三十二条の四第二項中「同意を得て」とあるのは「同意を得て、又は決議に基づき」と、第三十六条第一項中「届け出た場合」とあるのは「届け出た場合又は決議を行政官庁に届け出た場合」と、「その協定」とあるのは「その協定又は決議」と、同条第八項中「又は労働者の過半数を代表する者」とあるのは「若しくは労働者の過半数を代表する者又は同項の決議をする委員」と、「当該協定」とあるのは「当該協定又は当該決議」と、同条第九項中「又は労働者の過半数を代表する者」とあるのは「若しくは労働者の過半数を代表する者又は同項の決議をする委員」とする。 以下この項及び次項において同じ。 の日数のうち五日については、基準日 継続勤務した期間を六箇月経過日から一年ごとに区分した各期間 最後に一年未満の期間を生じたときは、当該期間 の初日をいう。 以下この項において同じ。 から一年以内の期間に、労働者ごとにその時季を定めることにより与えなければならない。 ただし、第一項から第三項までの規定による有給休暇を当該有給休暇に係る基準日より前の日から与えることとしたときは、厚生労働省令で定めるところにより、労働者ごとにその時季を定めることにより与えなければならない。 ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、その期間又はその時間について、それぞれ、健康保険法 大正十一年法律第七十号 第四十条第一項に規定する標準報酬月額の三十分の一に相当する金額 その金額に、五円未満の端数があるときは、これを切り捨て、五円以上十円未満の端数があるときは、これを十円に切り上げるものとする。 又は当該金額を基準として厚生労働省令で定めるところにより算定した金額を支払う旨を定めたときは、これによらなければならない。 第四十一条の二 賃金、労働時間その他の当該事業場における労働条件に関する事項を調査審議し、事業主に対し当該事項について意見を述べることを目的とする委員会 使用者及び当該事業場の労働者を代表する者を構成員とするものに限る。 が設置された事業場において、当該委員会がその委員の五分の四以上の多数による議決により次に掲げる事項に関する決議をし、かつ、使用者が、厚生労働省令で定めるところにより当該決議を行政官庁に届け出た場合において、第二号に掲げる労働者の範囲に属する労働者 以下この項において「対象労働者」という。 であつて書面その他の厚生労働省令で定める方法によりその同意を得たものを当該事業場における第一号に掲げる業務に就かせたときは、この章で定める労働時間、休憩、休日及び深夜の割増賃金に関する規定は、対象労働者については適用しない。 ただし、第三号から第五号までに規定する措置のいずれかを使用者が講じていない場合は、この限りでない。 職業訓練に関する特例 第七十条 職業能力開発促進法 昭和四十四年法律第六十四号 第二十四条第一項 同法第二十七条の二第二項において準用する場合を含む。 の認定を受けて行う職業訓練を受ける労働者について必要がある場合においては、その必要の限度で、第十四条第一項の契約期間、第六十二条及び第六十四条の三の年少者及び妊産婦等の危険有害業務の就業制限、第六十三条の年少者の坑内労働の禁止並びに第六十四条の二の妊産婦等の坑内業務の就業制限に関する規定について、厚生労働省令で別段の定めをすることができる。 ただし、第六十三条の年少者の坑内労働の禁止に関する規定については、満十六歳に満たない者に関しては、この限りでない。 ごとの一箇月一人当り平均額 常時百人未満の労働者を使用する事業場については、厚生労働省において作成する毎月勤労統計における当該事業場の属する産業に係る毎月きまつて支給する給与の四半期の労働者一人当りの一箇月平均額。 以下平均給与額という。 が、当該労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかつた日の属する四半期における平均給与額の百分の百二十をこえ、又は百分の八十を下るに至つた場合においては、使用者は、その上昇し又は低下した比率に応じて、その上昇し又は低下するに至つた四半期の次の次の四半期において、前項の規定により当該労働者に対して行つている休業補償の額を改訂し、その改訂をした四半期に属する最初の月から改訂された額により休業補償を行わなければならない。 改訂後の休業補償の額の改訂についてもこれに準ずる。 法令等の周知義務 第百六条 使用者は、この法律及びこれに基づく命令の要旨、就業規則、第十八条第二項、第二十四条第一項ただし書、第三十二条の二第一項、第三十二条の三第一項、第三十二条の四第一項、第三十二条の五第一項、第三十四条第二項ただし書、第三十六条第一項、第三十七条第三項、第三十八条の二第二項、第三十八条の三第一項並びに第三十九条第四項、第六項及び第九項ただし書に規定する協定並びに第三十八条の四第一項及び同条第五項 第四十一条の二第三項において準用する場合を含む。 並びに第四十一条の二第一項に規定する決議を、常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付することその他の厚生労働省令で定める方法によつて、労働者に周知させなければならない。 一 第十四条、第十五条第一項若しくは第三項、第十八条第七項、第二十二条第一項から第三項まで、第二十三条から第二十七条まで、第三十二条の二第二項 第三十二条の三第四項、第三十二条の四第四項及び第三十二条の五第三項において準用する場合を含む。 、第三十二条の五第二項、第三十三条第一項ただし書、第三十八条の二第三項 第三十八条の三第二項において準用する場合を含む。 、第三十九条第七項、第五十七条から第五十九条まで、第六十四条、第六十八条、第八十九条、第九十条第一項、第九十一条、第九十五条第一項若しくは第二項、第九十六条の二第一項、第百五条 第百条第三項において準用する場合を含む。 又は第百六条から第百九条までの規定に違反した者 第百三十二条 前条第一項の規定が適用される間における同項に規定する事業に係る第三十二条の四第一項の規定の適用については、同項各号列記以外の部分中「次に掲げる事項を定めたときは、第三十二条の規定にかかわらず、その協定で」とあるのは「次に掲げる事項及び」と、「労働時間が四十時間」とあるのは「労働時間を四十時間 命令で定める規模以下の事業にあつては、四十時間を超え四十二時間以下の範囲内において命令で定める時間 以内とし、当該時間を超えて労働させたときはその超えた時間 第三十七条第一項の規定の適用を受ける時間を除く。 の労働について同条の規定の例により割増賃金を支払う定めをしたときは、第三十二条の規定にかかわらず、当該期間を平均し一週間当たりの労働時間が同条第一項の労働時間」と、「労働させることができる」とあるのは「労働させることができる。 この場合において、使用者は、当該期間を平均し一週間当たり四十時間 前段の命令で定める規模以下の事業にあつては、前段の命令で定める時間 を超えて労働させたときは、その超えた時間 第三十七条第一項の規定の適用を受ける時間を除く。 の労働について、第三十七条の規定の例により割増賃金を支払わなければならない」と、同項第二号中「四十時間」とあるのは「第三十二条第一項の労働時間」とする。 の労働について同条の規定の例により割増賃金を支払う定めをした」と、「一日について」とあるのは「一週間について同条第一項の労働時間を超えない範囲内において、一日について」と、「労働させることができる」とあるのは「労働させることができる。 この場合において、使用者は、一週間について四十時間 前段の命令で定める規模以下の事業にあつては、前段の命令で定める時間 を超えて労働させたときは、その超えた時間 第三十七条第一項の規定の適用を受ける時間を除く。 の労働について、第三十七条の規定の例により割増賃金を支払わなければならない」とする。 第百三十三条 厚生労働大臣は、第三十六条第二項の基準を定めるに当たつては、満十八歳以上の女性のうち雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等のための労働省関係法律の整備に関する法律 平成九年法律第九十二号 第四条の規定による改正前の第六十四条の二第四項に規定する命令で定める者に該当しない者について平成十一年四月一日以後同条第一項及び第二項の規定が適用されなくなつたことにかんがみ、当該者のうち子の養育又は家族の介護を行う労働者 厚生労働省令で定める者に限る。 以下この条において「特定労働者」という。 の職業生活の著しい変化がその家庭生活に及ぼす影響を考慮して、厚生労働省令で定める期間、特定労働者 その者に係る時間外労働を短いものとすることを使用者に申し出た者に限る。 に係る第三十六条第一項の協定で定める労働時間の延長の限度についての基準は、当該特定労働者以外の者に係る同項の協定で定める労働時間の延長の限度についての基準とは別に、これより短いものとして定めるものとする。 この場合において、一年についての労働時間の延長の限度についての基準は、百五十時間を超えないものとしなければならない。

次の

賠償予定の禁止(第16条)解雇(第18条の2)解雇制限(第19条)解雇の予告(第20条)退職時の証明(第22条)

労働 基準 法

労働時間・休憩・休日関係 Q 勤務時間の上限は法律で決まっていますか? A 原則は労働基準法第32条で1週間40時間、1日8時間と決まっています。 また、一定の条件を満たした場合には1ヶ月を平均して1週40時間にする制度(1ヶ月単位の変形労働制)や1年の労働時間を平均して1週40時間にする制度(1年単位の変形労働制)があり、これを超える労働を法定時間外労働と言い、いわゆる残業ということになります。 なお、法定時間外労働については、という告示があります。 休憩時間は労働者が権利として労働から離れることが保障されていなければなりません。 従って、待機時間等のいわゆる手待時間は休憩に含まれません。 ご質問にある昼休み中の電話や来客対応は明らかに業務とみなされますので、勤務時間に含まれます。 従って、昼当番で昼休みが費やされてしまった場合、会社は別途休憩を与えなければなりません。 Q 休憩時間は法律で決まっていますか? A 労働基準法第34条で、労働時間が 6時間を超え、8時間以下の場合は少なくとも45分 8時間を超える場合は、少なくとも1時間 の休憩を与えなければならない、と定めています。 Q パートタイマーには、有休は無いと聞きましたが本当ですか? A いわゆるパートタイム若しくはアルバイト労働者であっても、一定の条件を満たせば年次有給休暇を取得する権利が発生します。 ただし、週所定労働時間が30時間未満の短時間労働者については、付与日数がフルタイムの方と異なります。 Q 改善基準って何ですか? A 改善基準とは、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(大臣告示)のことを言い、タクシー等の自動車運転者について、労働時間等の労働条件の向上を図るため拘束時間、休息時間等の基準を定めているものです。 詳しくは以下のページをご覧ください。 A 「休日の振り替え」とは、予め休日と定められていた日を労働日とし、そのかわりに他の労働日を休日とすることを言います。 これにより、予め休日と定められた日が「労働日」となり、そのかわりとして振り替えられた日が「休日」となります。 従って、もともとの休日に労働させた日については「休日労働」とはならず、休日労働に対する割増賃金の支払義務も発生しません。 一方、いわゆる「代休」とは、休日労働が行われた場合に、その代償として以後の特定の労働日を休みとするものであって、前もって休日を振り替えたことにはなりません。 従って、休日労働分の割増賃金を支払う必要があります。

次の