ネタバレ まんが。 まんがと暮らす

『汝、隣人を×せよ。』のネタバレ!衝撃的な漫画の魅力とは?

ネタバレ まんが

異世界の皇妃 最終回! 【外伝第47話】のネタバレ 異世界の皇妃 最終回! 【外伝第47話】 日本の女子高生倉内紗良は、列車事故にあう直前、異次元に飛ばされ、知らない土地に降り立ちます。 一ヶ月後。 そこの貴族のお嬢様の身代わりとして、皇帝の浮気相手として皇城に送られる紗良ですが、その夜、皇太子ルークによって皇帝は殺されてしまいます。 新しい皇帝となったルークは、紗良を皇后として迎えました。 紗良は、日本の衛生管理の考え方を子育てに導入した数々の制度改良を行い、優れた皇后として名を馳せます。 それを良く思わないのが先の皇帝の妻である大后。 大后は、新しい皇帝・ルークが自分の子供ではないので色んな方法を使って殺そうとします。 ルークが戦争に出ている時、遂に大后は紗良を殺そうとします。 先の皇帝暗殺の濡れ衣を着せられ、あわや殺されそうになったその時、大后の策略を読んでいたルークが戦争を素早く終わらせて帰還。 そして大后を皇后殺害未遂の罪で打ち首にしました。 それまでは、紗良はルークの事をあまり好きではなかったのですが、共に障害を乗り越えた事で二人は強く結ばれます。 ルークと紗良には2人の娘ができました。 娘が20歳になった時、紗良とルークは皇位を娘に譲り引退します。 引退した後、領地の色んなところを見物に旅する二人。 二人の娘は上が女帝に、下が大公となって共に帝国を支えていきます。 スポンサーリンク 異世界の皇妃 最終回! 今回のお話を簡単にまとめると、 紗良が、自分と同じように異世界から飛んできた人、特に日本人を助けようと準備していた。 という内容でした。 紗良が、皇帝の義母である大后の陰謀で殺されかけた時、さっそうと現れて紗良を助けた皇帝がかっこよかったです。 また、ルークの后の座を狙っていろんな女性が暗躍するわけですが、ルークと紗良によって見破られてすべて退けられるのは良かったですね。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

次の

『汝、隣人を×せよ。』のネタバレ!衝撃的な漫画の魅力とは?

ネタバレ まんが

『信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~』はこんな漫画 あらすじ 戦国時代のカリスマとして知られる織田信長に対して、明智光秀が謀反を起こしたと言われているのが本能寺の変です。 日本史の中で最大のミステリーと呼ばれているこの事件に真説があることをご存知でしょうか。 多くの人々が習った歴史に対して警鐘を鳴らす 『信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~』! 今回は現在も多くの謎が残されている大事件の真相に迫る物語について、ネタバレを魅力を含みながらご紹介していきます。 学生時代を思い返しながら作品の世界観を満喫してみてください。 『信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~』の魅力紹介(ネタバレ含む) 前編 歴史の真実は常に勝者が書き換えてきたと言われています。 1582年6月2日、日本で最も有名なカリスマが家臣の謀反によって殺されました。 なぜ明智光秀が主君である織田信長を裏切ったのか、その理由は現在に至っても解明されていません。 しかし2016年、明智光秀が逆賊であるという定説に異を唱える人物が現れました。 男性の名前は明智憲三郎といい明智光秀の末裔にあたる人物です。 彼は今でも先祖が逆賊の汚名を着せられていることに納得していませんでした。 本能寺の変によって明智光秀に付いたイメージは、信長に功労を認められず逆恨みをして謀反を起こした逆賊というものです。 ですが明智憲三郎はこの定説に疑問を抱いていました。 彼が疑問を解消するため本能寺の変について信憑性の高い資料を調べ直すことにしたのです。 すると本能寺の変についての研究が資料価値の低い軍記に依存したものだということが判明しました。 明智憲三郎は徹底的な調査をした結果、ある事実に辿り着いたのです。 果たして彼が辿り着いた真実とは一体どのようなものなのでしょうか!? 物語はここから明智憲三郎の調査に基づきながらスタートしていきます。 1582年6月3日、本能寺の変から3日が経った安土城に明智光秀の姿がありました。 「急げ!一刻も早く戻るのじゃ!信長様の仇討ちじゃー!逆賊光秀を退治せよー!」 それが後に豊臣秀吉として関白になる羽柴秀吉の存在だったのです。 一体ここから明智光秀はどのような運命を辿っていくのでしょうか!? 誰もが織田信長は日本史の英雄で、彼を殺した明智光秀は逆賊だというイメージを抱いているのではないでしょうか。 この作品はそんな定説を根底から覆していく斬新なスーリーになっています。 歴史の見方を変えてしまうかもしれない 『信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~』! 日本史が好きな人はもちろん、あまり歴史に興味がない人でも楽しめる漫画になっています。 意表を突かれる展開から目を離さないでください。 後編 明智光秀が本能寺の変を起こした時、羽柴秀吉は毛利軍を攻略中でした。 そのため安土城に戻ってくるまで時間がかかると思われていたのですが、信じられない速度で秀吉は安土城の近くまでやって来たのです。 ここで明智光秀はある仮説を立てました。 「我らの計画を秀吉に漏らした内通者がいる!」 ですがこの時点で内通者が誰なのかは分かっていません。 仕方なく明智光秀は秀吉軍を迎え討つことにしました。 ここから始まるのが歴史の教科書に記載されている秀吉の中国大返しになります。 しかし明智憲三郎の調査によるとこの史実は誇張されたものでした。 明智光秀の謀反を内通者から前もって知っていた秀吉は、京都へ戻る準備を事前に始めていたのです。 本能寺の変を起こした後、明智光秀は朝廷や近江の隣国を権力下に置いていました。 ですが秀吉が演出した中国大返しによって形勢は一気に逆転してしまったのです。 そして本能寺の変から10日後の6月13日、秀吉の軍勢は明智光秀を追い詰めるようになっていました。 「諦めるな・・・援軍が来れば必ず状況は好転する・・・あの方の援軍が来れば・・・」 実は本能寺の変を起こしたのは明智光秀の独断ではありませんでした。 賛同者がいたため明智光秀はこの謀反を実行に移したのです。 そのため援軍を待ちながらひとまず軍を退却させることにしました。 しかしその道中で農民の一揆によって命を落とすことになったのです。 こうして亡くなった明智光秀の遺体は、首と胴をつないだまま東海道の入り口に晒されることになりました。 その中で明智光秀は傍若無人な信長を恨んで謀反を起こした人物として表現され、対照的に秀吉は忠義の家臣として描かれました。 こうして豊臣秀吉は英雄として歴史に名を残し、明智光秀は逆賊という認識が歴史の事実として書き換えられたのです。 果たして明智光秀が阻止した信長の企てとは・・・!? そして明智光秀を裏切り秀吉に秘密を明かした人物とは一体誰なのでしょうか!? この物語はその真実を全て解き明かしていきます。 歴史の裏側に隠された驚愕の真実は実際に漫画を読んでお確かめください。 『信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~』を読んだ感想 日本史が好きなのでタイトルに興味を引かれてこの作品を読むことにしました。 本能寺の変を新たな視点で描いているため、新鮮な感覚を楽しめる漫画になっていますね。 多くの人が明智光秀はヒールな人物だという印象を抱いていると思います。 しかしこの作品を読むと納得しながらイメージを覆す人が多いのではないでしょうか。 歴史に対する新たな印象を持つきっかけとなる 『信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~』! 見応えが盛り沢山の傑作コミックを見逃してはいけません。 是非この機会に斬新な歴史漫画を夢中になってご覧ください。

次の

【アシガール】ネタバレ&感想 13巻88話【ご懐妊】

ネタバレ まんが

羽柴みず(はしばみず)先生の漫画「 お前のすべてを抱き尽くす~交際0日、いきなり結婚!? お前のすべてを抱き尽くす21話ネタバレ 今二人が立っている一面ガラスの窓からは、街の夜景が綺麗に見えています。 外に見せつけるように、清子を弄る成悟。 片手は清子の中を掻き回しています。 いくら外からは見えないといっても、かなりいやらしい状況で、イッたばかりの清子は腰をうねらせました。 お仕置きは、イジワルな言葉攻めと深い愛を伝えてきます。 成悟はいつものように言葉で攻めてきて、清子の抑制も一気に吹き飛ばしました。 もっと乱して、理性を奪ってほしい清子。 成悟も、清子のこんな言葉で抑えきれなくなりました。 後ろから、激しく奥を突いていく成悟。 清子の中に挿ったまま、抱き上げてベッドへ移動します。 その衝撃で、さらに奥深くを突き上げられる清子。 またイキそうです。 ベッドに寝かせ、さらに追い打ちをかけていきました。 服を脱ぎ、さらに清子をめちゃくちゃにしたい成悟は口移しで飲み物を飲ませます。 そしてまた、清子の中に挿って激しく腰を動かして果ててしまいました。 翌朝、食事中に成悟は落ち込んでいました。 昨夜の反省かと思いきや、もう一泊したかった成悟。 人間には限界があり、二人もこれから式の準備で忙しいのです。 そろそろ招待客の名簿を作らないといけませんが、清子は親戚が多く悩んでいました。 一方成悟は、やはり両親を呼ぶつもりはありません。 二人の絆が深まっても、家族の話になれば壁を作られてしまう・・・ 挨拶だけでもしたいとお願いする清子ですが、取りつくシマもありませんでした。 今朝のホテルは人が多く、清子は人とぶつかってしまいます。 ぶつかったのは上品な着物姿の女性で、清子は謝りました。 するとそこに成悟がやって来て、女性と成悟は顔を合わせて驚きます。 女性の名前は愛佳で、昔の知り合いのようでした。 愛佳に紹介された清子は、二人の雰囲気がなんだか変だと感じます。 そう感じた瞬間、愛佳は成悟の実家の話をして連絡先を渡しました。 違和感を感じた清子ですが、愛佳がフラついて倒れてしまいます。 とっさに支える成悟。 このホテルに部屋を取っている愛佳を、成悟は部屋まで連れて行くことにします。 清子は二人を見送りながら、胸がざわついていました。 登録無料で今すぐ漫画がお得に読めるまんが王国がおすすめですわ! まんが王国は会員登録が無料です。 心配や不安、恐怖を体で埋めていく二人。 素敵な夫婦ですね。 羨ましいのですが、ちょっと雲行きが怪しくなってきましたよ。 朝食時に会った愛佳、彼女の登場でひと騒動ありそうな感じです。 しかも、清子が触れることの出来ない、成悟の実家のことも知っているようですね。 気分が悪くなった愛佳ですが、部屋に二人っきりになっても大丈夫でしょうか!? 次回が楽しみです。

次の