青森銀行 振込手数料。 振込手数料

青い森信用金庫(青い森信金)

青森銀行 振込手数料

イオンカードセレクトなら 特典がいっぱい イオン銀行に口座を開設すれば、お買物も銀行のお取引きも、とってもおトクになります!• ATM入出金 手数料0円! イオン銀行口座はイオン銀行ATMでの入出金手数料が24時間365日、0円!他行ATMでの入出金手数料も毎月最大5回、0円!• 振込手数料0円! イオン銀行間の振込なら振込手数料が24時間365日、0円!他行宛の振込も毎月最大5回、0円!• おトクな 普通預金金利 2020年7月10日現在 イオン銀行Myステージの適用ステージに応じて、普通預金金利がアップします!• 詳しくは、店頭に備付け、または当行ホームページ上の商品概要説明書をご参照ください。 オートチャージで ダブルの電子マネーWAONポイント WAONのお買物ポイントに加えて、オートチャージ200円につき電子マネー1WAONポイントプレゼント• イオン銀行ATMご利用時の注意事項について• ご使用できるカードおよびサービス内容と時間帯、手数料などについては、ご利用の前に画面でお確かめください。 利息制限法その他関係諸法令の定めに従い、一部のお客さまにつきましては手数料が減額になる場合があります。 ATMの設置店舗が24時間営業でない場合、ATMが利用可能な時間帯であっても、設置店舗の営業時間外にはご利用できません。 次のお取扱いはありません。 通帳によるお取引• システムメンテナンスなどにより、ご利用いただけない場合があります。 ATMに異常が発生した場合は、ATMに設置されているオートフォンにてお知らせください。 復旧までに時間がかかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

次の

振込手数料|岩手銀行

青森銀行 振込手数料

例え自分の名義でも、銀行や支店が違えば自動的に取られてしまう振込手数料。 できるだけ安く済ませたいところだが、銀行や振込方法、宛先など、状況によって細かく料金が分けられ、わかりにくいところが厄介だ。 そこで、この記事では、銀行や状況ごとの振込手数料を比較してみる。 シチュエーション別に変わる振込手数料の比較 振込手数料は、振り込む金額や方法、他行の口座に振り込む場合など、状況によって金額が変わる。 さまざまなシチュエーションの振込手数料を比較してみよう。 他行への振込手数料を比較 同じ銀行同士でやり取りをするより、ほかの銀行への振り込みする時のほうが手数料は高くなるのが一般的だ。 みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行を比較してみると、ATMでカードを使って3万円未満の振り込みをする場合、最も安く他行に振り込めるのはみずほ銀行と三井住友銀行。 その手数料は、どちらも1件あたり216円だ。 振込手数料が比較的高くなる法人口座でも無料で振り込む方法 法人口座は、振込手数料も個人口座よりも高くなる銀行が多い。 ネットバンクであれば、法人口座でも無料で振り込めるところもある。 GMOあおぞらネット銀行やイオン銀行は、同じ銀行への振込手数料はかからない。 振込手数料比較! 窓口でも安い銀行は? 3万円以上の振込を窓口ですると、都市銀行では864円かかる。 3万円未満なら、みずほ銀行と三菱UFJ銀行、三井住友銀行は648円で振り込める。 ネット銀行の振込手数料は比較的安い ネット銀行は、同じ銀行の口座間での振り込みなら手数料がかからないところもある。 他行宛てでも300~400円程度でできるところが多く、都市銀行などと比べても振込手数料は安い。 振込手数料の比較、コンビニATMの場合は? 振り込みはコンビニに設置されているATMでもできるが、手数料は銀行のATMと同じくかかる。 各銀行の定めた手数料の違いはあるが、コンビニによる違いはほぼない。 色々な銀行の振込手数料一覧 ここで、いくつかの都市銀行とネット銀行の振込手数料一覧へのリンクを貼っておく。 細かい違いを比較してみよう。 例えば、ほかの銀行は3万円を境に振込手数料が変化するのに対し、ゆうちょ銀行は5万円から手数料が切り替わる。 このような、ゆうちょ銀行ならではの振り込み手数料の特徴を紹介しよう。 【参考】 振込手数料の比較、ゆうちょ銀行と都市銀行はどっちが高い? ゆうちょ銀行と都市銀行の振込手数料を比較してみると、ほぼ横並びであまり変わりない。 ただし、先述した通りゆうちょ銀行は5万円から手数料が高くなるため、3万円以上5万円未満の金額を振り込む場合には、ゆうちょ銀行がお得といえる。 ATM振込手数料はゆうちょ銀行同士なら無料の場合も ゆうちょ銀行同士での振替は、ATMなら月1回無料。 ゆうちょダイレクトを利用すれば、月5回まで無料でできる。 振込手数料はゆうちょ銀行のコンビニATMを使うとどうなる? ゆうちょのATMが設置されているファミリーマートであれば、ゆうちょ銀行の口座からの振込ができる。 振込手数料は、郵便局に置いてあるATMと変わらない。 振込手数料は、ゆうちょダイレクトを使うと安くなる? ゆうちょダイレクトでの振込は、ゆうちょ同士なら月5回までは無料で、6回目以降は113円となる。 他行宛ての場合は、5万円未満なら216円、5万円以上なら432円だ。 【参考】 振込手数料が安いのはゆうちょ銀行、みずほ銀行どっち? ゆうちょ銀行とみずほ銀行の他行宛て振込手数料を比較してみると、手数料自体はどちらもほぼ変わらない。 ただ、先述の通りゆうちょ銀行は料金の切り替えが5万円からのため、3万円以上5万円未満であれば、ゆうちょ銀行のほうが安く振込できる。 振込手数料は、ゆうちょ銀行のATMを土日に使うと平日より高くなる? ゆうちょ銀行のATMで振込をした場合、土日でも手数料は平日と変わらない。 振込手数料を無料にしたいならゆうちょダイレクトがおすすめ ゆうちょダイレクトは、パソコンやスマホ、電話などから口座の照会や振り込みなどができるサービスだ。 ゆうちょ銀行間なら、月5回までは無料で振り込みできる。 振込手数料がかからない方法は、ネット銀行を使うこと! ネット銀行なら、他行宛てでも条件付きで振込手数料を無料にできるところは多くある。 ソニー銀行と住信SBIネット銀行は、無条件で月1回まで無料で他行へ振り込みできる。 さらに、Visaデビットカードやクレジットカードを作ることで、月3回まで無料となる。 【参考】 振込手数料は1回数百円程度とはいえ、積み重なれば出費も大きくなる。 できるだけ安いところを利用したり、無料で振り込みできるネット銀行を使ったりして、上手に振込手数料を節約してほしい。

次の

青森銀行

青森銀行 振込手数料

ご利用時間 ご利用手数料 北洋銀行のATMでご利用いただけるお取引一覧です。 (但し、他行との共同ATMの一部については、他行所定の「振込手数料」がかかります。 北洋銀行のキャッシュカード(または通帳)をご利用の場合• (但し、他行との共同ATMの一部については、他行所定の「振込手数料」がかかります。 (コンビニATMの利用を含む) なお、平成24年10月1日以降に開設された個人口座(個人事業主を除く)のキャッシュカードについては、1日1口座あたり50万円となります。 紙幣は100枚までです。 硬貨は容量に制限があります。 (10円硬貨換算で100枚まで)• 詳しくは「店舗・自動サービスコーナー」にて個別にご確認ください。 (但し、他行との共同ATMの一部について無料とならない場合がございますので窓口までお問い合わせください)• 現金でお振込みする場合• (振込手数料は含みません) 紙幣は100枚までです。 硬貨は容量に制限があります。 (10円硬貨換算で100枚まで) 青森銀行・空知信用金庫のキャッシュカードをご利用の場合• (但し、他行との共同ATMの一部については、他行所定の「振込手数料」がかかります。 (ただし、青森銀行・空知信用金庫のご利用限度額の範囲内となります。 (ただし、青森銀行・空知信用金庫のご利用限度額の範囲内となります。 ) 提携金融機関のキャッシュカードをご利用の場合• (但し、他行との共同ATMの一部については、他行所定の「振込手数料」がかかります。 (ただし、提携先により異なる場合があります)• 1日につき200万円以内です(振込手数料は含みません)。 ただし、提携先により異なる場合があります。 なお、ゆうちょ銀行のキャッシュカードによるお振込みはご利用いただけません。 ゆうちょ銀行のキャッシュカードをご利用の場合• ご注意事項• (但し、他行との共同ATMの一部については、他行所定の「振込手数料」がかかります。 (ご利用時間は平日8:45 〜 18:00までとなります。 ただし、一部の出張所内についてはご利用時間が異なります).

次の