シェリー 歌詞。 Shelly 歌詞「DEAN FUJIOKA」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

DEAN FUJIOKA Shelly 歌詞&動画視聴

シェリー 歌詞

Contents• 尾崎豊の人生を見出す歌詞 写真: blogs. yahoo. jp 尾崎豊さんの「シェリー」では、転がり続けてという表現が好まれる傾向にあります。 不満さを垂れ流すこんなとこ、にたどりつき、シンガーソングライターとして、俺はあせりすぎたのか、むやみに何もかも捨てちまった、という歌詞から哀愁が漂います。 捨てざるを得ないものに対して呼び起こされる罪悪感は共感を得やすく、いつにいなれば這い上がれるだろう、と低い位置にいる現状に満足していない様子を強調しています。 愛すべきものすべてに、とシンプルに締められる「シェリー」には色褪せない、真摯で優しいという印象を聞く人に与えます。 尾崎豊さんの本音が詰まっていると評される「シェリー」は、高校を中退してシンガーソングライターデビューした行動に対する正当性の有無、迷い、葛藤を読み取らせる魅力があります。 point 425 1 900万に近い再生回数 写真: YouTube 動画共有サイト、Youtubeにはいくつも尾崎豊さんの「シェリー」が投稿されています。 2017年11月29日現在、Googleでyoutubeとシェリーにスペースを入れて検索し、トップに表示される動画の視聴回数は890万回を越えています。 2007年9月12日にアップロードされた動画はじきに900万回へ到達する勢いを見せ、コメント欄では歌詞と自身の人生と照らし合わせて尾崎豊感謝の意を述べる者、コメントに返信する動画投稿者のコメントが見られます。 2014年5月31日には、1987年に有明コロシアムで「シェリー」を歌う尾崎豊さんの動画が投稿されました。 視聴回数は39万6604回で、98件のコメントが寄せられています。 50代と自称するコメント投稿者が10代の青春は尾崎豊と述べる他、リズムにも安定感があると賞賛する声などがあります。 point 443 1 おまえと呼びかけられるシェリー 写真: Yahoo! ブログ 尾崎豊さんの「シェリー」のシェリーは、モデルになった女性の存在について、ファンの間で度々議論が起こります。 自身の人生を自問自答する、語りかける内容であることからシェリーは母、元彼女、イギリスの詩人、あるいは架空の人物であるとの見解が出されています。 架空の人物から想像を膨らませれば、タルパや人工精霊の類である可能性も浮上します。 シェリーに対してお前、と呼びかけているため身近な人物であり、優しく叱ってくれ、おまえみたいにうまく笑えやしない、と続けています。 尾崎豊さんにとってシェリーは悩みをさらけ出せる、あるいはさらけ出したい相手であることは明らかです。 魅了された人々の間で溢れる解釈の1つには、聖母マリアに甘えている、救いを求めているようだとの意見も見受けられます。 尾崎豊さんは1992年4月25日に亡くなり、本人から明かされることがない「シェリー」の解釈とシェリーの正体は、ファンを惹きつけています。 point 485 1.

次の

尾崎豊の名曲『シェリー』これは誰のこと?歌詞からみえる苦悩

シェリー 歌詞

シェリーはその曲名のまま、シェリーという女性 ? に向けて歌われている曲です。 歌詞の9割にシェリーと言う言葉が入っているのではないでしょうか。 ではそのシェリーとは一体誰のことでしょう。 尾崎豊自身は明言していない 一説には母親への気持ちを歌った歌ですとか、奥様の繁美さんへの曲ですとか、はたまたイギリスの詩人メアリー・シェリー、パーシー・ビッシュ・シェリーのどちらかという説。 歌詞全体を読むとどれも違って読めます。 母親に対してだったら少し異常な様な気もしますし、 繁美さんとは出会っていないときに発表されていますし。 詩人に至っては 転がり続ける 俺の生きざまを 時には無様なかっこうでささえてる シェリー 優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれ おまえの愛が すべてを包むから この部分で違うかな、と。 実際、尾崎豊がシェリーのモデルを明言していません。 ただ、奥様の繁美さんによると 「尾崎豊がお付き合いしていた元・交際相手」 という話があるようです。 それがもし本当であるならば、よほど思い入れのある女性だったのでしょうね。 また、尾崎豊と交流のあった知人からは「高校生の時にお付き合いしていた女性である」という証言もあるようです。 しかし、本当のことはこれから先も明らかになることはないでしょう。 若くして苦悩し前に進む もし元・交際相手だったとしたら、よほど悔いの残る別れ方をしたのでしょう。 そして、その彼女に懺悔するかのように、今の彼の現状を訴え、許しを願っているかのように聞こえます。 しかし救済を願っている訳ではなさそうです。 苦悩し、後悔し、それでも前に向かって進んでいく姿が目に浮かびます。 苦しみながらそれでも歌い続ける、シェリーは尾崎豊がどんな人間なのか、その内面を一番強く映し出されている名曲かもしれません。

次の

Shelly 歌詞「DEAN FUJIOKA」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

シェリー 歌詞

シェリーはその曲名のまま、シェリーという女性 ? に向けて歌われている曲です。 歌詞の9割にシェリーと言う言葉が入っているのではないでしょうか。 ではそのシェリーとは一体誰のことでしょう。 尾崎豊自身は明言していない 一説には母親への気持ちを歌った歌ですとか、奥様の繁美さんへの曲ですとか、はたまたイギリスの詩人メアリー・シェリー、パーシー・ビッシュ・シェリーのどちらかという説。 歌詞全体を読むとどれも違って読めます。 母親に対してだったら少し異常な様な気もしますし、 繁美さんとは出会っていないときに発表されていますし。 詩人に至っては 転がり続ける 俺の生きざまを 時には無様なかっこうでささえてる シェリー 優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれ おまえの愛が すべてを包むから この部分で違うかな、と。 実際、尾崎豊がシェリーのモデルを明言していません。 ただ、奥様の繁美さんによると 「尾崎豊がお付き合いしていた元・交際相手」 という話があるようです。 それがもし本当であるならば、よほど思い入れのある女性だったのでしょうね。 また、尾崎豊と交流のあった知人からは「高校生の時にお付き合いしていた女性である」という証言もあるようです。 しかし、本当のことはこれから先も明らかになることはないでしょう。 若くして苦悩し前に進む もし元・交際相手だったとしたら、よほど悔いの残る別れ方をしたのでしょう。 そして、その彼女に懺悔するかのように、今の彼の現状を訴え、許しを願っているかのように聞こえます。 しかし救済を願っている訳ではなさそうです。 苦悩し、後悔し、それでも前に向かって進んでいく姿が目に浮かびます。 苦しみながらそれでも歌い続ける、シェリーは尾崎豊がどんな人間なのか、その内面を一番強く映し出されている名曲かもしれません。

次の