シチズン プラザ アイス スケート リンク。 「シチズンプラザ アイススケート」(新宿区

シチズンプラザ アイススケートリンク

シチズン プラザ アイス スケート リンク

プラザのリンクが、山手線、、がクロスする「」から歩いて約10分という、都会のど真ん中にある意味について、今日は考えたいと思います。 まず、だれの目にも明らかなのは、交通が便利な場所だからこそ、いろいろなところに住んでいる人がアクセスしやすい、使いやすいであるということです。 練習のために通ってくる人たちはもちろんのこと、レクリエーションとしてやってくる人たちにとっても、便利な場所にある。 とても素敵で、大切なことです。 リンクには、大人のスケーターもたくさんいます。 そう、このブログの名称は「に存続してほしい 大人スケーターのブログ」ですけれども、じつのところ大人スケーターの人口はかなりな数になると思います。 現在、プラザでは月曜日と火曜日、日曜日の午前中と、火曜日と土曜日の夜に、中学生以上向けのスケート教室が開かれていますが、いつも通っている人でも翌月の継続手続きを忘れると、翌月通えないことがあるくらいいつも定員いっぱいで、何年も入れるのを待っている人がいる、といった具合でした。 (昨年、営業時間が短くなって教室の規模が拡張されたことで、かなり緩和はされていますが。 ) 大人スケーターの多くは、30代、40代で初めてスケート靴を履くという人。 そうやってもう何十年もスケートをやっているという60代、70代(もうすぐ80という人も!)も少なくありません。 それでも、教室や個人レッスン、で技を磨き、スピンもジャンプもできるようになっていきます。 東京では毎年5月に全国からスケーターが集まってくるマスターズの大会がありますし、それ以外でも軽井沢や福岡、新潟など、大人スケーターが参加できる大会はいくつもあって、積極的に試合に出ている大人たちは少なくありません。 それどころかISU()主催の国際大会も開かれていて、毎年のように国外へ出かけて行って出場している人たちもいます。 もちろん、プラザの大人スケーターのなかにも! 大人の貸し切り風景 大人スケーターにとって、が都心にあることはとても大切な要素です。 スケートをやっている大人の多くは、まだ仕事を持って働いている世代の人々です。 家のことも仕事も忙しい!だけどスケートもやりたい!!という人達が大多数なのです。 そうすると、アクセスがいい、あわよくば週に1回くらいは残業せずに早く上がって仕事終わりに練習したい!そんな願いがかなえられるリンクはいまのところプラザのリンクだけなのです。 アクセスがいいうえに、日にもよりますが19時45分まで一般営業しているからです。 午前中に貸し切りがとれたときでも同じです。 半休とって午前の貸し切りで練習をして、午後から仕事に行く!というも可能なのです。 スポーツがしたい、体を動かしたいというのはわかる。 でも、別にスケートじゃなくてもいいじゃないか、と言う人もいるかもしれません。 じつのところ、スポーツが嫌いという人の多くは、球技が嫌い、走るのが嫌い、泳ぐのが嫌いとか、たいていは学校の体育で強制されてやったことが嫌いだったりするもの。 でも、スポーツってほんとうはそんなに狭いものじゃなくて、とにかく自分が好きなことが見つかって、楽しんでやれればそれでいいと思うんです。 というか、自分が楽しんでやれる好きなことがみつかることがとても大切なんだと思うんです。 みんなが体を動かして健康に年を取っていくことができる世の中になるには、やっぱりたくさんの選択肢があるほうがいいのではないでしょうか。 そうしてみんなが好きなことをして10年、20年、続けて体を動かし続けていくことで、もあがりますし、ひいては公のの支出も減るはずなんです。 って、ちょっと話が大きくなってしまいましたが。 どこからもアクセスしやすいこのリンクでしかできないことが、これからもあるのです。

次の

シチズンプラザ アイススケートリンク

シチズン プラザ アイス スケート リンク

プラザのリンクが、山手線、、がクロスする「」から歩いて約10分という、都会のど真ん中にある意味について、今日は考えたいと思います。 まず、だれの目にも明らかなのは、交通が便利な場所だからこそ、いろいろなところに住んでいる人がアクセスしやすい、使いやすいであるということです。 練習のために通ってくる人たちはもちろんのこと、レクリエーションとしてやってくる人たちにとっても、便利な場所にある。 とても素敵で、大切なことです。 リンクには、大人のスケーターもたくさんいます。 そう、このブログの名称は「に存続してほしい 大人スケーターのブログ」ですけれども、じつのところ大人スケーターの人口はかなりな数になると思います。 現在、プラザでは月曜日と火曜日、日曜日の午前中と、火曜日と土曜日の夜に、中学生以上向けのスケート教室が開かれていますが、いつも通っている人でも翌月の継続手続きを忘れると、翌月通えないことがあるくらいいつも定員いっぱいで、何年も入れるのを待っている人がいる、といった具合でした。 (昨年、営業時間が短くなって教室の規模が拡張されたことで、かなり緩和はされていますが。 ) 大人スケーターの多くは、30代、40代で初めてスケート靴を履くという人。 そうやってもう何十年もスケートをやっているという60代、70代(もうすぐ80という人も!)も少なくありません。 それでも、教室や個人レッスン、で技を磨き、スピンもジャンプもできるようになっていきます。 東京では毎年5月に全国からスケーターが集まってくるマスターズの大会がありますし、それ以外でも軽井沢や福岡、新潟など、大人スケーターが参加できる大会はいくつもあって、積極的に試合に出ている大人たちは少なくありません。 それどころかISU()主催の国際大会も開かれていて、毎年のように国外へ出かけて行って出場している人たちもいます。 もちろん、プラザの大人スケーターのなかにも! 大人の貸し切り風景 大人スケーターにとって、が都心にあることはとても大切な要素です。 スケートをやっている大人の多くは、まだ仕事を持って働いている世代の人々です。 家のことも仕事も忙しい!だけどスケートもやりたい!!という人達が大多数なのです。 そうすると、アクセスがいい、あわよくば週に1回くらいは残業せずに早く上がって仕事終わりに練習したい!そんな願いがかなえられるリンクはいまのところプラザのリンクだけなのです。 アクセスがいいうえに、日にもよりますが19時45分まで一般営業しているからです。 午前中に貸し切りがとれたときでも同じです。 半休とって午前の貸し切りで練習をして、午後から仕事に行く!というも可能なのです。 スポーツがしたい、体を動かしたいというのはわかる。 でも、別にスケートじゃなくてもいいじゃないか、と言う人もいるかもしれません。 じつのところ、スポーツが嫌いという人の多くは、球技が嫌い、走るのが嫌い、泳ぐのが嫌いとか、たいていは学校の体育で強制されてやったことが嫌いだったりするもの。 でも、スポーツってほんとうはそんなに狭いものじゃなくて、とにかく自分が好きなことが見つかって、楽しんでやれればそれでいいと思うんです。 というか、自分が楽しんでやれる好きなことがみつかることがとても大切なんだと思うんです。 みんなが体を動かして健康に年を取っていくことができる世の中になるには、やっぱりたくさんの選択肢があるほうがいいのではないでしょうか。 そうしてみんなが好きなことをして10年、20年、続けて体を動かし続けていくことで、もあがりますし、ひいては公のの支出も減るはずなんです。 って、ちょっと話が大きくなってしまいましたが。 どこからもアクセスしやすいこのリンクでしかできないことが、これからもあるのです。

次の

全日本フィギュアスケート選手権

シチズン プラザ アイス スケート リンク

概要 [ ] 歴史 [ ] (11年)、・で日本初の日本スケート会主催の全日本競技会が開催され、(大正14年)には学生によるが開催された。 (昭和5年)に全日本・フィギュアー・選手権大会として第1回全日本フィギュアスケート選手権が開催された。 による中止と直後の未開催を挟み、(昭和22年)から再び開催され現在に至る。 戦時中は第13回、第14回が中止となった。 これは(昭和16年)9月の全国大会停止令により今後は連盟主催として開催できず、加えて11月厚生省によりフィギュアスケート競技は除外されたため、神宮国民体育大会でもフィギュア競技会が開催できなかったためである。 終戦直後の第15回は、第1回と兼ねて実施された。 続く第16-18回は第3-5回国民体育大会と同じ会場で続けて開催された。 第20回は、日本スケート連盟内の紛争によって時期はずれの5月開催となり、参加者1名であったため流会となった。 各種目の実施は、男子シングルは第1回、女子シングルは第6回、ペアは第21回、アイスダンスは第25回から始まった。 開催時期は当初1月~4月に設定されていたが、(昭和41年)から11月~1月に開催することになった。 同年のみ経過措置として3月に第34回大会が、11月に第35回大会が開催された。 参加資格等 [ ] 現在の参加資格は、男女シングル、ペア及びアイスダンスで開催年度の7月1日までに15歳に達していること、男女シングルはバッジテスト7級以上、アイスダンスはパートナーのいずれかがプレゴールド以上を保有している必要がある。 ペアには制限はない。 ただし、15歳未満でもフィギュア委員会にて出場を認められた選手は参加資格を有する。 予選と本戦 [ ] 東北・北海道ブロック、関東ブロック、東京ブロック、中部ブロック、近畿ブロック、中四国・九州ブロックの6つのブロックで予選が行われ、各ブロックの上位選手と予選免除者はそれぞれ東日本ブロックと西日本ブロック大会へと進む。 東日本ブロックと西日本ブロックの上位選手と予選免除者が本戦となる全日本フィギュアスケート選手権へ出場することができる。 なお、前年の同大会で好成績を残した選手は予選が免除される。 メダリスト・オン・アイス [ ] 本大会終了の翌日には全日本選手権と全日本ジュニア上位入賞者によるエキシビション『オールジャパン メダリスト・オン・アイス』が開催されており、が特別協賛されている。 またイベントは実行委員会とが主催し、日本スケート連盟が共催する。 1978-1979シーズンから2002-2003シーズンまでは系列が放送し大会に杯争奪大会の冠が付いていた。 2003-2004シーズンからは系列がISU選手権(スピードスケート含む)と一括で放映権を取得して放送している。 原則として男女シングルは前半はCSで放送。 後半は地上波で生中継。 エキシビション(メダリストオンアイス)は当日深夜1時間ダイジェスト放送。 なお後日で2時間版が放送される。 ペア・アイスダンスも関東ローカルでダイジェスト放送。 脚注 [ ] []• 『毎日新聞』 昭和27年5月29日 4• 『日本のスケート発達史』p. 389• はで実施• 2位以下は規定の得点が規定に達しなかったため、選手権順位はあずかりとされた。 全員の規定の得点が規定に達しなかったため、選手権順位はあずかりとされた。 規定得点が規定に達しなかったため、選手権あずかりとされた。 「日本のスケート発達史」pp. 386-389• 163• オープン実施• 「日本のスケート発達史」pp. 386-389• ただしネット配信は著作権の都合上配信されない。 出典 [ ]• 日本スケート連盟編『日本のスケート発達史』 1981. 11 pp. 386-389(歴代メダリストの第49回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• (第70回大会まで)• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の