ロール カーテン 付け方。 ロールスクリーンをカーテンレールに取り付けたい!選び方&おすすめ商品紹介|基礎知識・読み物| Re:HOME

自分でできる! ロールスクリーンの取り付け方

ロール カーテン 付け方

ニトリでカーテンを探していてロールスクリーンを買った理由 我が家の窓 我が家の窓は、全部で3箇所です。 横幅は標準的ですが、高さは少し高めかもしれません。 残り2箇所はサンルームの2面です。 サンルームは雨の多い金沢で洗濯物を干すために日光を取り込める部屋です。 横幅・高さともに標準より大きめです。 ニトリのカーテン 窓の大きさをしっかりとメモして、ニトリに行きました。 そこでサイズを確認してみると、横幅は100cmか150cm、高さは90cm~230cmまであります。 しかし、サンルーム用のカーテンについては、まず、横幅130cmに合うものがありません。 それなら横幅は余るけど150cmのカーテンにしようかと思いましたが、横幅150cmのカーテンはなぜか高さ200cmまでなのです。 つまり、横幅100cmカーテンでは横幅が足りず、横幅150cmカーテンでは高さが足りないのです。 既成品が無いなら1cm単位で指定できるオーダーカーテンという手もあるのですが、なにしろ高い・・・。 2枚で1万円弱くらいになってしまいます。 2面で2枚必要な僕には2万円弱・・・。 ロールスクリーンを発見! どうしようか悩んでいると、カーテンコーナーの隣にロールスクリーンを発見しました。 サイズを確認してみると、横幅は30cm~180cm、高さは180cmと220cm。 そして我が家の窓にピッタリな、横幅130cm、高さ220cmがあったのです! 価格はオーダーカーテンより安く、1枚3,500円(2枚で7,000円)でした。 ということで、最初はニトリでカーテンを探していましたが、ロールスクリーンを買うことにしました。 ニトリのロールスクリーンの種類 ロールスクリーンにもカーテンと同じように、いくつか種類があります。 採光ロールスクリーン• 麻入りロールスクリーン• 調光ロールスクリーン• 遮光ロールスクリーン 我が家はサンルームで使う予定でしたので、遮光はいりません。 調光も良いかなと思ったのですが、調光のためのボーダーデザインがイマイチ気に入らなかったです。 採光は明るすぎるように思いましたので、最終的に消去法で麻入りに決めました。 ニトリの口コミを見てみると、2018年5月時点で、採光・調光・遮光は5つくらい口コミがありますが、麻入りは口コミがありません。 麻入りは人気が無いのかも・・・。 お店に在庫が2本しかなかったのでとりあえず2本購入し、残り2本はWEBサイトで発注しました。 このロールスクリーンをカーテンレールにつけていきます。 取り付け方は分かればとても簡単です。 取り付け方を解説しますので、これに目を通せば、実際に取り付けるときには5分もあれば十分だと思います。 カーテンレールに取り付ける ロールスクリーンは、カーテンレールに取り付けます。 壁にも取り付けられるように説明書や釘が入っているのですが、それらは全て不要です。 というか無駄に混乱してしまいます・・・。 カーテンレールに取り付ける人がほとんどだと思うので、壁に釘を打ち込むような説明や部品は省いてしまってよいのではないでしょうか? カーテンレールのストッパーやランナーを外す まず、ロールスクリーンを取り付ける前の準備として、カーテンレールのストッパーとランナーを外します。 上の写真は、カーテンレールの端にあるストッパーです。 ネジを回せば簡単に外れます。 次にランナーです。 (恥ずかしながら、この部分が「ランナー」という名前であることを初めて知りました・・・。 ) ストッパーを外せば、そこからランナーたちも簡単に外すことができます。 ストッパーとランナーは失くさないように大切に保管しておきましょう。 ちなみに、我が家のカーテンレールは反対側の端のストッパーが壁に密着しており、外せない状態になっていました。 こうなっていると、反対側からしかロールスクリーンのブラケット(フック)を入れられません。 2枚のロールスクリーンをつける場合には、左右の取り付け順番に注意しましょう。 (我が家の場合は、ストッパーが外れない左側に先にロールスクリーンを取り付け、次に右側にロールスクリーンを取り付けるという順番になります。 ) ブラケット(フック)をカーテンレールに取り付ける ロールスクリーンに入っている説明書と部品です。 右上のベージュの部品は、スクリーンを上下させる紐を挟むためのもので、我が家は使っていません。 (子供がいる家庭向けの安全器具です。 ) 右中の部品がブラケット(フック)で、右下にある部品と合わせて使います。 右下の釘は不要です。 こちらが説明書。 色々と書いてあるのですが、必要なのはカーテンレール付けのこの部分です。 1~5の絵の通り進めていきます。 手順1~2に書いてあるブラケット(フック)です。 この2つの部品を使います。 2つを合わせてネジは仮止めしておきます。 これでブラケット(フック)が出来上がりなので、これをカーテンレールに取り付けます。 このようにカーテンレールの端から、ブラケット(フック)の上部をカーテンレールの中に入れます。 この状態で、ロールスクリーンの左右の端になる位置に移動させ、ネジを回して固定します。 我が家ではロールスクリーンの横幅は130cmなので、両側から5cmくらいの位置(端から5cmと125cm)になるようにブラケット(フック)を固定しました。 ブラケット(フック)にロールスクリーンをはめ込む ブラケット(フック)の奥側にロールスクリーンをはめ込み、手前を上に引き上げるとカチッと音がして取り付け完了です。 ちゃんとカチッと音がするので、分かりやすくて安心できます。 2枚のロールスクリーンを取り付けた状態です。 窓の横幅が130cm2枚で、ロールスクリーンとピッタリなので、取り付けはギリギリでした。 普通に1枚ずつ取り付けようとすると、2枚目を取り付けるときに1枚目にぶつかって取り付けられないのですが、1枚目の片側を外して、同時に取り付けるようにすれば両方を取り付けることができます。 上の写真でいうと、左のロールスクリーンをA、右のロールスクリーンをBとして説明します。 ロールスクリーンAを取り付ける• ロールスクリーンBを取り付けるために、まず右端のブラケット(フック)に取り付ける。 このとき、ロールスクリーンBの左端のブラケット(フック)に取り付けようとすると、ロールスクリーンAの右端にぶつかって取り付けられません。 ロールスクリーンAの右端のブラケット(フック)から外す。 ロールスクリーンAの右端のブラケット(フック)と、ロールスクリーンBの左端のブラケット(フック)を同時に取り付ける というふうにすると、ロールスクリーンを2枚とも取り付けることができます。 ロールスクリーンの使用レビュー しばらく実際に使ってみて、良かったところと、イマイチなところをレビューしたいと思います。 カーテンならオーダーメイドになってしまうため高額ですが、ロールスクリーンは既成品なのでコスパも良かったです。 ちょうど良い採光加減 我が家ではサンルームにロールスクリーンを設置しました。 そのため、閉めているときでもある程度の採光のために、麻入りロールスクリーンにしたのですが、これがちょうど良かったです。 採光ロールスクリーンは試していないのでどちらが良かったかは分かりませんが、麻入りロールスクリーンで満足しています。 カーテンのように場所を取らない ロールスクリーンはカーテンよりもフラットな形状なので、全く邪魔になりません。 カーテンは波打っているので、その分、場所を取っているということに改めて気が付きました。 そのためロールスクリーンの場合の方が部屋が大きく見えるという効果もあるようです。 ホコリが気にならない カーテンといえば意外にホコリを吸着して汚れているというイメージがあり、たまには洗濯しないといけないという気分になります。 しかし、ロールスクリーンはホコリを吸着するような素材ではないので、ホコリや汚れが気になりません。 気が楽です。 また、カーテンがあると窓際の掃除もちょっと面倒ですが、ロールスクリーンは巻き上げてしまえば全く邪魔ではなくなり、窓際の掃除も簡単です。 カーテンレールへの取り付けが簡単 最初にロールスクリーンを見つけたときは、取り付けが難しいのではと心配になりましたが、実際にやってみると驚くほど簡単でした。 少なくとも、取り付けが難しそうだからロールスクリーンはやめようという選択は無いと思います。 イマイチなところ 紐(チェーン)が安っぽい ロールスクリーン自体はすごく良い感じなのですが、なぜか紐(チェーン)だけは安っぽさがにじみ出ています。 巻き上げ、巻き下げの動作はスムーズなのですが、見た目は如何ともし難いです。 風でカタカタする 窓を開けて風を入れると、ロールスクリーンの下端が壁やガラスに当たってカタカタ音がします。 窓を開けるときには、ロールスクリーンを1番上まで巻き上げるしかないと思います。 ロールスクリーンが2枚だと間が空いてしまう問題 上の写真を見てお分かりいただけるように、我が家では横幅130cmのロールスクリーンを2枚左右に取り付けました。 そうするとロールスクリーンの構造上、2枚の間に隙間ができてしまいます。 気にならないならそれでも良いのですが、我が家は1階なので外から見えないようにしたかったので困りました。 解決案として、ガラスフィルムを貼ることにしました。 まとめ ニトリでカーテンを探していて、ロールスクリーンにたどり着き、購入・取付してみたので仕様レビューをお届けしました。 良いところ、イマイチなところがありますが、初めてロールスクリーンを使ってみた感想としてはかなり満足しています。 これまではカーテンという選択肢しか思い浮かびませんでしたが、ロールスクリーンは場所を取らず、掃除も楽で、部屋が広く見えるので、場所によってはロールスクリーンにした方が良いところも多いのではないでしょうか? ロールスクリーンにしようか迷っている方の参考になれば幸いです。 ちなみに、ニトリで無くとも、Amazonでもロールスクリーンを買うことができますので、こちらもチェックしてみてください。

次の

ロールスクリーンをカーテンレールに取り付けたい!選び方&おすすめ商品紹介|基礎知識・読み物| Re:HOME

ロール カーテン 付け方

そうなると「部品の交換」や「故障した箇所を特定」する必要がありますので、自分で修理するのは難しくなります。 DIYが得意な方でしたら直せる可能性もありますが、難しいと感じたらロールスクリーンを購入したお店に問い合わせてみましょう。 国内メーカー「ニチベイ」「タチカワ」「トーソー」のロールスクリーンであれば、 購入してから3年間の保証が付いています。 但し、故障の内容によって 1年以内や 対象外となるケースもありますので、一度確認してみるといいですね。 因みにメーカーへ連絡する場合は、ロールスクリーンに付いている メンテナンスシールをみながら詳細をつたえると、製造日や品番などの確認がスムーズになります。 ロールスクリーンを使う時の注意点 ロールスクリーンは多くの部品で構成された「メカもの」ですから、長く使い続けていると何らかの不具合が出てきたりします。 とはいえ、スクリーンが巻き上がらなくなったり巻きずれがおこる場合は、改めて操作方法も見直してみましょう。 カーテンのような柔らかな素材とは違って、機械で操作するロールスクリーンはある意味デリケートな商品とも言えます。 操作の際には、優しく水平に扱ってあげることで長持ちにもつながりますよ。 ロールスクリーンを買い換える場合は「つっぱり式」もお勧めです また、使えなくなったロールスクリーンを買い換えるときは、「つっぱり式」も便利です。 名前の通りつっぱり式なので、取り付ける場所は「壁と壁の間」や「窓枠の内側(枠内の天井付け)」に限定されますが、ネジ留めしなくても良いので手軽に設置できます。 壁や窓枠に穴をあけられない場所にお勧めです。

次の

ロールスクリーンを洗ってみよう [カーテン・ブラインド] All About

ロール カーテン 付け方

スクリーンが上がらない• スクリーンの巻き乱れで斜めになる• スプリングが外れた• スクリーンがほつれた• チェーンが切れた このようなものが挙げられます。 「スクリーンが上がらない」とか「巻き乱れで斜めになる」というのは、故障というよりも不具合なのですぐに直せる場合があります。 では、壊れてしまったロールスクリーンに保証期間はあるのでしょうか? 大手国内メーカーの「ニチベイ」「タチカワブラインド」「TOSO(トーソー)」の商品は、 購入から3年の保証期間があります。 ロールスクリーンの 正しい使い方をしているにも関わらず故障した場合の保証ですが、 故障の原因や部位によって期間が異なります。 つまり 部品の故障や破損(内部構造の破損)に関しては 3年保証。 生地や 操作コード類に関しては 1年保証ということになります。 但し、激しい操作などでコードやチェーンが切れてしまった場合は、その対象外となるので注意しましょう。 保証書と取扱い説明書があれば対応がスムーズ 修理の際には、国内メーカーの場合、購入時の保証書が必要になります。 またロールスクリーン本体にはメンテナンスシールがついているので、予め確認しておけば、スクリーンの「仕様」や「生産日」が判明しやすく、メーカー側の対応もスムーズです。 取り扱い説明書とセットで保管しておきましょう。 ロールスクリーンを通販で購入した場合の保証期間は? ではネットで購入した場合も、同じ期間内での保証が受けられるのでしょうか? 調べたところ、殆どのネットショップでは 1年保証になっています。 中には 2年保証(メーカー保証1年間+販売店の保証1年間)というお店もあるので、購入時の販売店に確認してみましょう。 ロールスクリーンの保証期間についてまとめると、 取扱説明書に記載通りの正常なご使用状態で、万一故障した場合は、商品の引き渡し日より 3年間は無料にて修理。 消耗品部(操作コード等のコード類)は初期に不具合があった場合を対象とし、その 保証期間は1年。 「生地部」は保証の対象外。 外観不良については、商品の引き渡し後7日以内が原則。 下記のような場合は 無償保証期間内でも修理等に関しては有償となります。 保証期間内に正常な使用状態で故障した場合には無料で修理。 消耗部品(操作コードなど)の無料修理サービスは購入から 1年以内。 トーソーではロールスクリーンの部品(パーツ)が直接購入できます。 故障した部品が特定できれば早く欲しいときに便利ですね。 TOSO(ロールスクリーンパーツオンラインショップ) ロールスクリーンの耐用年数(寿命)は? では、ロールスクリーンはどれくらい長持ちするのでしょうか? ロールスクリーンの耐用年数は、メーカー担当者の話では約5年~8年だそうです。 ほぼ妥当な年数だと思いますが、ロールスクリーンはメカ製品。 カーテン等の繊維製品とは違い、使い方でも故障を早める原因となります。 比較的に早い段階で壊れるケースというのは、やはり使用頻度が高いことが挙げられるでしょう。 また、スクリーンを 手で巻き上げすると、冒頭でお伝えしたように「巻き乱れ」や故障の原因につながります。 基本的な使い方として、 ゆっくりと水平に開閉するようにしましょう。 壊れた部品を特定し交換ができるのか ロールスクリーンは、壊れた部品を特定することで自分でも交換できる可能性があります。 自分で修理する 自分でできる範囲の修理であれば、わざわざ業者に頼まなくても直せますので、DIYが得意な方はチャレンジしてみると良いです。 壊れた箇所が特定できていれば、まずはメーカーに部品の在庫があるか確認しましょう。 但し、廃盤で生産が終了している可能性もあるので、部品がなければ修復できないことも…。 その場合は新しいロールスクリーンに交換するか、あるいはカーテンやブラインド等の別のアイテムに変えるという選択肢もありますね。 修理店に問い合わせる ロールスクリーンの修理をしてくれるお店もあります。 購入時のお店が分からないときは、修理店に問い合わせてみると解決法がみつかるかもしれません。 まとめ 今回は、「ロールスクリーンの故障」こわれたときの対処法についてお伝えしました。 最後に記事をまとめます。 壊れた部品を特定すれば自分で交換もできる(部品の在庫がある場合) 正しい使い方をしていても、原因不明の不具合が生じる可能性は十分あります。 故障だと感じたら、まずは購入時のお店やメーカーのお客様相談を利用して、気軽に問い合わせてみましょう。

次の